テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年9月2日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
壊れる心~若者たちの葛藤~ 心が打たれ弱いと言われている若者たちの「心の問題」を特集します。24歳女性から、幼稚園の頃から熱いフライパンを手に焼き付けるなど酷い虐待をしてきた母が、お金を無心に来るが距離の取り方がわからないというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は24歳女性(独身・一人暮らし)、父は5年前に他界、母61歳

加藤諦三氏の〆の言葉『攻撃性と愛情要求という矛盾した感情を表現しようとした時、人は自分を被害者にします』

目次

スポンサーリンク

虐待をしてきた母との距離の取り方

加藤諦:もしもし?
相談者:あ、もしもし?
加藤諦:テレフォン人生相談です。
相談者:お世話になります。
加藤諦:はい、最初に、年齢を教えてください。
相談者:24歳です.

加藤諦:24歳?(はい)、今、お一人ですか?(一人です)、一人で住んでんの?(はい)それともお父さん、お母さん・・(一人暮らしぃ、してます)一人暮らしですか、はい、(はい)わかりました、でぇ、どんな相談ですか?

相談者:親とのぉ、距離の取り方について、ちょっとご相談したいんですけれども、
加藤諦:親は今何歳ですか?
相談者:父親はもう亡くなってぇ、(あっ)母親が、61歳、
加藤諦:61歳、(はい)お父さんは、亡くなられてからどのくらい経つの?
相談者:だいたいぃ・・5年くらい、ですね、

加藤諦:でぇ今ぁ、その母親との関係で、(はい)ギクシャクしてるんですか?なにか?
相談者:もともとぉ、今で言う、親からですね、虐待というか、を受けてて、
加藤諦:ああ、はあ、
相談者:それでぇ、まぁ大人になってぇ、親がぁ、結構、お金の無心だったりとかぁ、されるんですよね、(ええ)でぇ・・でもやっぱり、親に頼られちゃうとどうしても、応えてしまうっていう・・

加藤諦:虐待されていたっていうのは、(はい)具体的に言うとどういう事ですか?
相談者:今で言うネグレクト的な感じのことで、小さい幼稚園児の時から、ずっと、家で一人で留守番させられたりとか、まぁ後は、親が、すごい、怒ったときに、熱いフライパンを、わたしの、手に、焼きつけてきたりとか、
加藤諦:うーん・・

相談者:あとぉ、普通に殴られたりとか、あんまり、お世話してもらえなかったなっていう、
加藤諦:世話されないと言うよりも、(はい)今フライパンの話し聞きましたけれども、(はい)そういうような肉体的な虐待もあったわけですね?

相談者:そうですね、
加藤諦:それで、それは今ぁ、(はい)あなたの中に、(はい)忘れられない記憶として恐怖として残っている訳ね?

相談者:あんまり恐怖っていう感じじゃないんですけどぉ、すごい、嫌だったって言うかぁ、あのぉ、恨み的な感じ、でぇちょっと残ってて、
加藤諦:恐怖でないっていうのは、どういうことなのかなぁ?

加藤諦:母親とか父親からね・・すごい虐待を受けた人っていうのは、(はい)、恐怖感が残っていてぇ、(はい)その恐怖感が、大人になっても消えないって言う、(はい)フローズンインメモリーっていう、(はい)記憶に凍結した、恐怖感っていう言い方で、怖くない事まで怖がってしまうっていうことはあるんですけど、(はい)あなたの場合はそれはないんですね?

相談者:そうですねなんかぁ、結構その10代の時は、怖かったなっていうのがあるんですけど、20代とか今くらいの年齢になったら、(ええ)なんか怖いなぁっていう感じが消えたんですね、なんか、

加藤諦:そうすると、今はぁ、恐怖感として記憶に凍結されてるわけではなくて、(はい)トラウマと言いますけれども・・強くは残っていないと・・(そうですね、はい)ただとにかく嫌だった・・お母さんが嫌い、っていうことね?

相談者:そうですね母親も嫌いですし、父親、もぉ、暴力的なこともあったので、嫌いっていう感じはあります。
加藤諦:ああ、父親の場合も暴力的なことがあったっていうのは、殴られたの?
相談者:殴られ、たり、寝てるときに、「この家に火をつけて、お前たち殺してやるぞ」っていうような、感じでぇ、機嫌が悪いときに、脅されたりとかぁ、

加藤諦:それでそういう脅されたのはさっき言った(はい)そのトラウマにはなってないわけぇ?
相談者:今はなってないですね、

加藤諦:それでぇ、(はい)あなた一人で下宿というか、
相談者:そうですね、アパートを借りて、
加藤諦:ではぁ、お母さんといつも、会うっていう必要は無い訳ね?
相談者:そうですね、会う必要はないですね、

加藤諦:そうすると、感情的にとにかくもう、(はい)母親が耐えられないっていう事なのかな?
相談者:そうですね、母親がぁ、電話をしてきたりとか、するんですけど、嫌だっていうか、なんで電話してくるんだろうっていうすごい、腹が立つ、なんかむかつくっていう、感じ、がしたりとか、(うん)あとぉ・・

相談者:いっそ、死んでくれれば楽になるのにな、っていうふうに思ったりとか、
加藤諦:うんうん、死んでくれればっていう、レベルですか?(はい)殺したいっていう感じではないのね?

相談者:まあ一時期思ってたんですけどぉ、死んで欲しいって思うように、してますね、

加藤諦:そうすっと今日の相談っていうのはぁ、何が一番気になるかって言うとぉ、母のことがあなたの感情、心を占めてるわけですよね?
相談者:そうです母親が、「お金貸して」とか、言ってくるんですよ結構、

相談者:今までわたしにひどいこと散々してきたのに、なんでそういう態度がとれるんだろう?っていう、そういうのがすごい、モヤモヤしてぇ、

加藤諦:それでぇ、今働いてるわけですね?
相談者:一応、働いてたんですけど、目指したいものがあったので、辞めて、今は、目指したいもの、に、向かって、頑張ってるっていう感じです。

加藤諦:目指したいものがあって頑張ってるっていうのは、心理的に言うと望ましい状況ですけれども、(はい)今日の相談っていうのは、ものすごい虐待に対する激しい憎悪とか、(はい)そういうものでは無いけれども、(はい)今、感情的にとにかくもう、(はい)母親が耐えられないっていうことなのかな?
相談者:そうですねぇ、はい、

加藤諦:でぇ、なんかスッキリしたいという、
相談者:はぁい、スッキリしたい、です。
加藤諦:ということですね、
相談者:はい、
加藤諦:はいわかりました、今日はスタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、(はい)伺ってみたいと(あっ)思います。(はぁい)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA