テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2022年9月12日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
22歳女性から、38歳の彼と結婚を前提に同棲しているが、その彼に対して精神的DVやモラハラ行為をしてしまう。やめたいのだがというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は22歳女性(働いている)、彼38歳と9ヶ月前から同棲中、両親は5歳の時に離婚、母に引き取られる

加藤諦三氏の〆の言葉『人生の困難とは、自分が成長する為の機会です』

目次

スポンサーリンク

精神的DVやモラハラ行為をしてしまう

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもし、
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:はい、
加藤諦:最初に、年齢を教えてください。
相談者:22歳です。
加藤諦:22歳・・学生ですか?働いてんですか?
相談者:働いてます。
加藤諦:働いてます、結婚はまだしてないの?
相談者:してないです。
加藤諦:そうすっと、お父さんとお母さんと、一緒ですか?住んでんの?
相談者:いいえ、恋人と、一緒に暮らしています。
加藤諦:同棲してるということですね?
相談者:そうです。
加藤諦:その同棲してる男性は何歳ですか?
相談者:38歳です。
加藤諦:38歳・・どのぐらい同棲してんの?
相談者:9・・ヶ月くらいになります。
加藤諦:9ヶ月・・そいで、9ヶ月同棲していて、籍を入れないっていうのは、何か理由があんですか?
相談者:時期を決めているぅ・・だけで、行く行くはというお話で、今は同棲中、ってう形です。
加藤諦:ということは、なんとなくぅ、結婚式あげて、
相談者:はい、
加藤諦:どうのこうのというのが面倒臭いってこと?
相談者:恋人のほうは、
加藤諦:うん、
相談者:きちんと、家族の、場をもって、
加藤諦:うん、
相談者:やりたいっていう意向はあるのですがぁ、わたしのほうが、家族とか、
加藤諦:うん、
相談者:親戚とか、そういったものへの、イメージが、自分の中では、良くなくて、
加藤諦:ご両親は、どんな、
相談者:え、
加藤諦:関係はどうだったんですか?
相談者:母・・が、
加藤諦:うん、
相談者:わたしが5歳のときに、
加藤諦:うん、
相談者:一度離婚して、
加藤諦:うん、
相談者:再婚して・・また離婚して、今は、近くに住んでいる、っていった感じです。

加藤諦:5歳までの母親との関係ってのは、成長の過程の中では大切なんですけれども、(はい)そこはどうだったんですか?

相談者:思い出せる、範囲ではぁ、(うん)母は夜勤に、出ていたんですね、(うん)それで、夜中、家に、居なくて、(うん)寂しい、かったのは覚えています。

加藤諦:ああ・・それはぁ、大きいねえ・・側に人が欲しい・・自分を抱いてくれる人が欲しい、っていう・・そういう時に・・・お母さんはいないわけですよねぇ、(はい)・・・かなり寂しかったねぇ・・・(そう・・ですねぇ)、んでぇ、そのあと、再婚して、どうだったんですか?

相談者:すぅぅ・・義理の父・・は、ちょっと、わたしを、支配したがる、人でぇ、ま叩いたりぃ、髪の毛を、引っ張ったり・・ランドセルの中身に、時間割を見て、用意を、したりすると思うんですが、「鉛筆が欠けてる」「ノートが入ってない」ってことがあると、夜中の、12時、とか1時まで、わたしを説教するような、(ああ)お父さんとの思い出は、そういうものだったんですが、お母さんは、そん時、(ん、ん、うん)助けてくれない、っていう感じでした。

加藤諦:これはちょっと残酷な話ですねぇ、
相談者:そうですね、
加藤諦:要するに、叩かれている、っていうのも残酷な話ですけれども、それ以上にそれを、止めないで、守ってくれないっていうのはすごい冷たい感じですよねぇ、

相談者:そうですね、

加藤諦:それでぇ・・小学校中学校、高等学校まで、行ったんですか?
相談者:中学の、途中から、学校に行けなくなりました。

加藤諦:いわゆる不登校ということ?
相談者:はい、そうです。
加藤諦:うん・・

相談者:一応、高校には入学したのですが、(うん)入学した年の夏には辞めてしまいました。

加藤諦:うーーん・・でぇ、高校、このぉ、途中から、働きだしたと、(はい)でぇ・・あなたの相談っていうのはどういうことですか?
相談者:一緒に、暮らしている、恋人・・へ、精神的なぁ、DVや、モラハラ行為をわたしがしてしまうんですがぁ・・それを、やめたい。

加藤諦:精神的なDVっていうのはぁ、どういう意味ですか?

相談者:ちょっとしたことでぇ、(うん)不機嫌になってぇ、(うん)なんで・・
加藤諦:そりゃそうですよ・・こういうそのぉ・・幼少期を、送ってくればぁ・・そらいろんな、この怒りが有りますからぁ、些細などうでもいいことで怒ったりはしますよねぇ、

相談者:それでぇ、遊びに出てても・・(うん)その場を、ぶち壊しにしてぇ、何時間も口を利かなかったりとかぁ、(うん)よくある、ちっちゃなケンカなのに、(うん)わたしの方が過剰反応で泣き喚いたり、とかぁ・・叫んだり、とかぁ、(うん)自傷行為をしたり・・(ああ・・)してしう・・

加藤諦:自傷行為っていうのは、どの程度ですか?
相談者:手首・・
加藤諦:手首を切る?
相談者:そうですね、(うん)爪で、血が出るまで引っ掻いたりとかぁ、(うん)やってしまう・・

加藤諦:じゃあ、叫ぶのも、ほんとに心の底から本音は「助けてぇ」っていうことなのかなぁ・・
相談者:そうですねぇ、
加藤諦:うん・・

加藤諦:結局あなたぁ、そういうような、今の自分を・・変えたいということなのかなぁ?
相談者:そうです。

加藤諦:はいわかりました。今日はあのぉ、スタジオに、心についての、エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみてください。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA