テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年9月16日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
56歳女性から、兄と絶縁状態で絶対に会いたくないので兄と同居している母の葬儀に行かないつもりでしたが、人として本当にそれでいいのか?といういご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は56歳女性、10年ほど前に離婚し次女と孫との3人暮らし。兄59歳、兄家族と暮らす実母86歳、他に妹あり

加藤諦三氏の〆の言葉『感情の移し替えをやると、いよいよ人間関係は複雑になります』

スポンサーリンク

社会通念上どうなの?

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもしぃ?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いします。
加藤諦:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:56歳です。
加藤諦:56歳ですか、(はい)今、結婚してますか?

相談者:いえ、離婚してます。
加藤諦:離婚してから(はい)、どのくらい?

相談者:10年ぐらいです。
加藤諦:10年ぐらい、(はい)そうすると今は、おひとりで暮らしてるんですか?
相談者:いえ、次女、と・・その子供、孫と(孫・・)三人です。
加藤諦:はいわかりました、(はい)でぇ、どんな相談ですか?

相談者:実家のほうに、(ええ)59歳のど兄家族と、(うん)実の母が、同居して一緒にいるんですね、(はい)それで、わたし、と、兄、家族とが、(ええ)今、ほぼ、縁を切った状態で、いまして、

加藤諦:でぇ、お母さんは、これ何歳ですか?

相談者:母は、 86です。
加藤諦:86歳ですか、あ、はぁい(はい)でぇ、まだ、お元気なんですか?
相談者:一応、まだ元気です。
加藤諦:あ、そうですか、はい、(はい)

相談者:でぇ・・兄、家族とだけ、縁を切ったような状態で、(はい)母とは、妹を通して連絡・・とかができてる状態なんですが、(ええ)・・やっぱり母も高齢になってきたので、(はい)もし、母に何かがあったときに、(はい)どうしても兄たち、とは、会いたくないので、(はい)葬儀とかには行かないつもりでずっといたんですが、(はい)

相談者:やっぱりここ最近、ほんとに、それで、いいのかどうかっていうのをすごく、考えるようになりまして、

加藤諦:あの縁を、切ったっていうのは、どの程度、全然、会いもしなければ、(はい)連絡も一切ない・・

相談者:あ、そうです、
加藤諦:そのぉ、縁を切った状態がどのくらい続いてるんですか?

・・

相談者:もう・・10年ぐらい、ですね、
加藤諦:という事は、ほとんど関係がなくなってきてる(はい)ってことですね、(そうです)・・それでぇこの、今あなたが葬儀の話が(はい)出たんですけど、(はい)、何かあなたがそういうことを、心配し出すような、事っていうのは何かあったのですか?

相談者:母親の、きょうだいがですね、(ええ)最近なくなったりとかしまして、(ええ)、やっぱり・・その時にもオバの葬儀に、あたしは行くことはなかったんですけど、やっぱり兄が行くので、(ええ)ただやっぱりそういうのが、実際、身近で、起きてきたので、(うん)やっぱり、母も・・

相談者:そのうちにはと思いながらもまだまだ元気と思ってたんですやっぱりもう高齢なので、いろいろ考えだして、その時にわたしは、行かないつもりではいたんですけど、ほんとにそれ、人としてそれでいいのかどうかとか・・

相談者:なんかすごく・・
加藤諦:気持ちとしては、(はい)どうなんですか?
相談者:母にはやっぱり・・お葬式も出ないっていうこと、すごく悲しむんだろうな、っとかっていうのはもう思いますし、(ええ)母親は、3年前にも、わたしに、会いに来てくれたりしてぇ、(ええ)いろいろ行き来はあったので・・

相談者:自分がその時に後悔しないようにと思って、妹を通して、例えば、ちょっと、お金を、送ったりだとか、(うん)してもらったりしてるんですけど・・(うん)、縁を切ってるっていう、兄たちとの関係は、気持ちが全く変わりないんですが・・

相談者:さい・・
加藤諦:お兄さんには、一切会いたくないと・・(はい)・・このお兄さんに対する、その強い感情ってのは、小さい頃からあったんですか?

相談者:家庭的に結構複雑で、(うん)母と、お姑にあたる、祖母ですけど、父方の母親が、(うん)、ま、同居したんですけど、祖母の方がかなり、権力あるというか、(はい)家の中では、立場がかなり強くって、(ええ)

相談者:兄が、生まれた時から・・ずっと祖母が、兄を育てたんですね、(うん)、祖母の部屋に(はい)、兄をもうずっと、母には手を出させないみたいな、(ああ、はあ・・)育て方をされて、そのあと、わたしと妹と、きょうだいがいるんですけど、(うん)ほぼ一緒に、遊んだり、食事を一緒にしたりしたことがなく育ったんですね、(うん)

相談者:でぇ、祖母が、わたしが小学校6年生の頃に他界して・・祖母の部屋だけにいた兄が、結局一緒に暮らすようになって・・・でぇ、わたしが中学・・1年、か、2年の頃に、兄、から、ちょっと、ま、性的な、暴力というか・・・

相談者:そういうことがちょっとあって、でぇ、それ、から・・
加藤諦:それはかなり強い感情ですねぇ、

相談者:別に、なにか、行為があったわけではないんですけど、(うん)、「体を見せてくれ」みたいなことを・・・言って・・こられましてぇ、あまりのショック・・(うん)、だったっていうのが・・
加藤諦:そうするとあのぉ・・(はい)お兄さんのほうは、もし忘れてたとしても、(はいはい)あなたのほうは、お兄さんに対して・・

相談者:はい、
加藤諦:感情がしっかり・・心の底に残っている・・(はい)・・ということですよねぇ、
相談者:そうですね、
加藤諦:それで今日のあなたの相談っていうのはどういうことですか?

相談者:ま、母が亡くなった時に・・(うん)・・やっぱりその、葬儀になるんですけど、自分としては、もう自分自身一人で、今いるところで、母の供養をしたいとは思ってるんですけど、(うん)

相談者:それが、普通、一般的にというか、それでいいのかどうか・・わたし・・が、ちょっとそこら辺が無知なので、
加藤諦:ああ、なるほどね、要するに・・社会通念として、お母さんとの、関係を、(はい、はい)きちんとしたいと、(はい)

加藤諦:だけども、それについては・・あなた自身の心の底に・・もう一つ、お兄さんとの複雑な感情持ってるんで(はい)、今どうしようか迷っているという、そういう事ですね、
相談者:はい、
加藤諦:はいわかりました、
相談者:はい、
加藤諦:今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生がしてるので(はい、はい)、伺ってみたいと思います。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA