テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年9月19日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
64歳男性から、十数年前から仕事に全くやる気がおきない。なんとかしたくてセミナーに入ったり啓発本を読んだりしたんだけど改善できないというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は64歳男性、妻62歳、子供は娘3人、次女33歳と三女26歳との4人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『最も驚異的な働き手は、復讐的である』

目次

スポンサーリンク

やる気がおきない

加藤諦:もしもし?
相談者:あ、もしもし、お世話になります。
加藤諦:はいテレフォン人生相談です。(はい)最初に、年齢を教えてください。
相談者:64歳です。
加藤諦:64歳、結婚してます?(はい)、奥さん何歳ですか?
相談者:62歳です。
加藤諦:62歳、お子さんは?
相談者:子供は娘が三人です。
加藤諦:三人、でぇ、今一緒に住んでんのは?
相談者:次女三女、
加藤諦:次女三女?(はい)何歳ですか?次女と三女は?
相談者:次女、33・・(はい)、三女、26です。
加藤諦:はいわかりました、そいで、どんな相談ですか?

相談者:特に仕事って言うか、やる気が全くおきなくてですね・・もう十数年前からぁ・・なんか、そういうふうな形が・・ずっとありまして、(はい)何とかしようと思って、いろんなセミナーに行ってみたり、啓発本読んでみたり・・(はい)新しいことにチャレンジしてみたりちゅうかっこうで、右往左往したりですけども、(はい)

相談者:結局、トンネルから抜けられなくって、(はい)、今に至ってるような感じなんですね、
加藤諦:はいはいはい、

相談者:もともと、技術系・・の仕事してたんですが、(はい)、26、7年前に営業系の会社に・・変わりまして、(はい)・・最初まぁ、苦労したんですけども(ええ)、たまたま結果が出たもので、ここは向いてるちゅうようなかっこうで、自分で思ってて、(はい)

相談者:でぇ、頑張ってるとそれなりに結果が出てぇ、会社の方から報奨が出たりとか、(はい)・・いうようなかっこうで、小さな拠点の、責任者を、任せられた(はい)んですね、

相談者:たぶん頑張ってきたんじゃないかと自分で思うんですけども、(はい)、どこかで心が折れてしまいましてですね、(はいはい)・・ちょっと救急車で運ばれたりとか、眩暈とかで、(はい)いうふうなことが、数年前にあって・・

相談者:でぇ、それがぁ、自分の単なる心の甘えなのか、体に異常が出てるのかっていうのは、判断は出来なくってですねぇ、(はい)・・今ぁ、も、そうなんです、怠け癖でやる気が起きない程度のものなのか・・・

加藤諦:じゃあないですね、
相談者:ま、何か自分にはちょっと無理をした結果、今に至ってるものなのかも、ちょっとわからなくってぇ、
加藤諦:うん、そっちだねぇ、

相談者:ただぁ、あのぉ、家族は仲良くてみんなよくしてくれるので、自分がこういう状況にあるっていうのがちょっと、申し訳なくってですねぇ、(はいはい)、なんとか脱出したいと思って、ちょっと一回、相談しようってとこなんです。

加藤諦:はい、あのぉ・・(うん)最初あなた、美術のことをやってたって言いましたよねぇ?
相談者:技術系の仕事をやってました、はい、
加藤諦:でぇ、それで、26年前っていった、営業の、(はい)、結果が出たって言いますよねぇ、(はい)

加藤諦:結果は出たけれども、結局営業の仕事そのものをあなた好きじゃなかったよね?
相談者:当時、頑張ってると、結果も出ていたので、(ええ)水を得た魚のようなつもりで自分ではいたんですけれども、(ええ)

相談者:たぶんなんかもう心は、疲弊してることがだんだんたまってきたんじゃないかなって思うんですね、

加藤諦:随分、きちんと・・分析できてるんですね、結果が出てるんで、(はい)結果に心を奪われて、(はい)で、かなり無理して頑張ったんでしょうね、

相談者:あとから思うとそんな気がするんですね、

加藤諦:それであなたあの、バーンナウト(バーンアウト)って知ってる?
相談者:「燃え尽き」ですか?
加藤諦:うん、要するにあなたの心の問題が、(**)体を通して現れてきてるわけです。

相談者:うーん・・
加藤諦:フロイデンバーガーという人が、バーンナウトっていうこと言い出してるんですけれども、やっぱりバーンアウトのねぇ、(はい)基本は何かって言うと、(うん)・・だんだんと、頑張ってるんだけども、結果がついてこなくなりだすんですよ、

相談者:はいはい、
加藤諦:だけどその分をさらに頑張ることで補おうとしちゃうんです。
相談者:ああ、その通りですね、
加藤諦:ところが、そもそもが・・向いているわけじゃないですから、その仕事に、
相談者:うーん・・

加藤諦:そこで、もう、完全に燃え尽きて・・(ああ・・)何もかも、嫌になってるわけですから、
相談者:ああ、そんな感じです。

加藤諦:だからあなた自身が・・自分がバーンアウトということで・・そのフロイデンバーガーの本は読んだことあります?
相談者:いやないです。

加藤諦:まず原点の・・・バーンアウトの本を読んでみることですね。(はい)・・そうすると、あなた、自分の今までの生活でどこに弱点があったのかってことがわかりますから、
相談者:ああ、なるほど・・うん、

加藤諦:ひと口で言うと、エクスクルーシブ リストライビング(?)
相談者:うん・・
加藤諦:仕事だけを優先して、あなたの人生は生きてきてるんです。

相談者:うーん・・
加藤諦:でぇ、その仕事そのものが、(うん)その人に適していない。

相談者:うーん・・

加藤諦:それでも燃え尽きちゃってんです。

・・

相談者:うーん・・
加藤諦:排他的努力なんです。

相談者:うーん・・
加藤諦:他のことに、努力しないで、(はいはい)、仕事だけなんですよ、(うーん)・・この排他的努力のことを、英語で言うと、エクスクルースリィ、ストライビング(exclusive striving)と言って・・ここが、あなたみたいに、燃え尽きちゃって、もうヤル気がしなくって、もう先が見えないでこのまま死んでくんじゃないかっていって・・なっちゃう人いるんですよ

相談者:残りの人生、もういらないと、思ってるんですけどねぇ、
加藤諦:うん、だからもう、死んだほうがいいと思ってんですよ、
相談者:ただ家族が悲しむだろう、迷惑かけるだろうっていうところだけが、踏ん張りどころなんですけども、

加藤諦:うん、だからあなたの場合には、その排他的努力と言いながらも、家族と言う仕事以外の芽をもってるから、(はい)・・その排他的努力でない部分があったんですよ、
相談者:ああ・・はいはい、

加藤諦:だからそこが、生き残れる・・可能性の部分なんです。

相談者:でぇ、あまりでも、家族ぅに、そういうもの求めると、家族にも重荷になりますからねぇ、
加藤諦:うん、こうあるべきという、意識は強いんです。
相談者:はい、

加藤諦:甘えの欲求が満たされてないんですよ、

相談者:はああ・・
加藤諦:あなた小さい頃から、甘えの欲求満たされてないでしょ?

相談者:それは、思いますねぇ、

加藤諦:だから、それがまだ残ってんですよ、
相談者:うーん・・

加藤諦:大丈夫です、(うーん・・)もうちょっと・・きちんと・・学ぶことを学んで、(うん)・・適切な・・お医者さんを見つければ・・(はい)・・明るい日は来ます。

相談者:うーん・・

加藤諦:今日はねぇ、こういう、問題では・・誠に適切な、アドバイスをしてくれる先生がいます。

・・

加藤諦:幼児教育研究の、大原敬子先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA