テレフォン人生相談
柴田理恵・高橋龍太郎

柴田理恵・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2022年9月22日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
36歳女性から、17歳の息子は小学生の頃から時々不登校になり高校では遅刻やさぼり癖があり学力が伴わない。息子をどう導けばいいか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、精神科医の高橋龍太郎さんが回答者です。

相談者は36歳女性、夫33歳(初婚)、長男17歳(高校2年生)、長女7歳(小学1年生) ※息子は未婚・シングルで6年ほど育てる

スポンサーリンク

息子をどう導けばいいか

柴田理:もしもし?(あっ)テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですか?
相談者:息子の、(はい)え・・学校のこと、進路のことと言いますか、(はい)ま、親としてどのように、今、難しい状況なんですけれども、(はあ・・)どうやって導いていけばいいかっていうところを、ちょっと、ご相談したくてお電話しましたぁ、

柴田理:はい、あなたおいくつですか?
相談者:え、36歳です。
柴田理:ご主人は?
相談者:え、33歳です。
柴田理:はい、んでぇ、息子さんは、おいくつですか?
相談者:え、息子は、高校2年生です、17歳です.
柴田理:お一人だけですか?あと、ごきょうだいいらっしゃいます??
相談者:えっとぉ・・はい、あのぉ、娘が下に、小学校1年生、7歳です。
柴田理:7歳、はい、じゃあ、この4人家族なんですね?
相談者:はい、そうですぅ、
柴田理:はい、どういうことなんですかねぇ?

相談者:む・・すこ自身がぁ、(うん)え・・反抗期の頃からだいたい小学校高学年ぐらいから、(うん)まぁ学校に行ったり休んだり、(うん)夏休み明け宿題やってなくて、すぐ一日休んだりっていうこととかを、(うん)ま、中学に入るぐらいまで繰り返してましてぇ、(うん)、

相談者:ただ不登校ってわけではなく、(うん)行けている状態なんですけども、(ふん、うん、うん)、高校に入っても、(うん)やっぱりあの、そこまで休む事は少なくはなったんですが、(うん)

相談者:どうしても遅刻してしまったりとか、(うーん)学校を、気持ちが乗らずに、足が向かなくて、遅刻したと思ったら結局、「来てないです」ってことで学校から連絡が(うん、うん、うん)あったりとかっていうことでぇ、

相談者:今またぁ、再びそのサイクルに入ってしまってぇ、(うん、ふん)ま、今日も学校の先生の方から、ちょっと連絡があって、(うん)「来てないんですけど」ってことで(うーん・・)、ええ、ええ、

柴田理:中学に入ってからは・・そういう事はなくなったわけですか?

相談者:ただその理由をつけて、ま、宿題やってないから休み明け行かないとかぁ、(うんうん)そういう事は、ま、小学生よりは減ったけれども、(うん)あるにはありましたねぇ、(うん)

柴田理:どのぐらいの割合でぇ?
相談者:まっ・・たく休まない日もあれば(うん)、一日二日休みたいって、(うーん)今日は行きたくないとかって言って行かない日もあるっていう感じですねぇ、

柴田理:じゃあ、月二回ぐらい・・
相談者:ちょっと・・
柴田理:い、行きたくないなぁ・・っていうのが、あったぐらいだったんですね、中学校んときは、

相談者:う、そうですねぇ、多くてそれぐらいで、少なければ全くない月もありました。
柴田理:じゃ、高校の時はもっとそれより増えてるってことですか?
相談者:あっ、いいえ減ってはいます・・でぇ、
柴田理:じゃあそんなに・・

相談者:まあ、もともとちょっと、勉強面でも、(うん)ちょっとぉ・・やれるようになるのが、一般的な子たちよりも、1、2年遅いかな・・っていう気はしててぇ、あの、(うん)あたしも、夫のほうも、(うんうん)時間をかけてぇ、

相談者:遅れてできるようになっているっていうところがあったのでぇ、(ふぅーん)良くはなってきてるんですけどもぉ、ズゥゥ、また今回、ちょっとそういうことがあってぇ、のぉ、高校に関しては休むと言うよりは遅刻ですね、とにかく遅刻が多くてぇ、(うーん)

柴田理:例えばそのぉ、学校の中で、人間関係がうまくいかないとか、そういう、お休みではないってことでしょうか?うん、
相談者:ま、いじめられてるとかぁ、(うん)そのぉ、何か嫌な事してくる子がいるっていうことでは、たぶんないと思います(うーーん)、

相談者:文を読むぅ・・力とかぁ、(うん)・・なかなか人が一回で言ったことを、理解しづらい時もぉ、あるんですよ、少し難しい言葉を使ってしまうとぉ、(うんふんうんうん)なのでやっぱり、同年代の子と、

相談者:その辺の理解力って言うのの、ギャップがちょっともしかしたら、(うーーん)学校では大きくてぇ、(うーん)あのぉ・・本人としてもなんで自分、こんなに、遅いというかぁ、(うーん、うん)俺だけわかんないんだろう?みたいなところはあるのかなぁ?(うん)・・って予測してるんですがぁ、

相談者:なのでなんか、うん、
柴田理:学校の先生はなんておっしゃってるんですかねぇ?そのぉ、(あのぉ・・)生活態度みたいなとこととかは?

相談者:生活態度に関してはやっぱり、遅刻が多すぎるし、やっとこのままの評定だとぉ、(うん)ま、大学進学は厳しいかもしれないっていう話・・とかはあってぇ、(うん)あとは欠席が多過ぎても就職に響いてしまう(ああ・・)、しぃ(そっかそっか)就職するにしろやっぱり、(うん)相手は見ているからぁ、(ああ・・なるほど)就職するにしても、やっぱりそれは、態度として改めないと・・(うーん)っていうところは、聞きました。

柴田理:おうちではどうですか?
相談者:気分がいいときにはすごくよくしゃべり、ますしぃ、(うん)いろんなことが自分の中で上手くいってるって、たぶん、感じるときはぁ、(うん)

相談者:すごく饒舌ぅ、というかぁ、(うん)よくしゃべりますけど、(うん)もともとあのぉ、ま、わたし自身がちょっと小さいときに、あの、息子のこと、未婚、シングルで育ててたのでぇ、
柴田理:ふんふんふん、

相談者:ま、今の主人とは、お互い初婚ではあるんですけれどもぉ、(うん)遺伝子的な父親ではないのでぇ、彼の勉強とか、甘えとか、そういう、ものにかまってあげられないと言うか、手をかけてあげられなかったっていうか、こうわたしの中での後ろめたさが、(ああ・・)すごくあってぇ、

柴田理:未婚、で、シングルだったときっていうのは何年間ぐらいだったんです?
相談者:6年ぐらいですね、
柴田理:ちゃんと見られてないなぁ・・っていう、お気持ちもあるんですねぇ、
相談者:スゥ、そうですねぇ(うん)、だから、なんか、そこでもうちょっとこう、成功体験とかを積ませてあげてたらぁ・・もうちょっと良かったのかなぁ、とかぁ、(うーん)こう、やっても、やっても、やっぱり・・うまく、行かないっていうのは積み重なって、もうやりたくないっていうふうに彼ん中でぇ、(うーん)結論になってしまったんじゃないかなぁ(うん)とかっていうふうに、ま、ちょっとわたしのぉ、後ろめたい部分もありましてぇ、(ふぅーん)

柴田理:今の、お父さん、(ええ、ええ)との仲はどうですか?
相談者:人間ん、として尊重してくれてると思うので、夫のほうは(うん、うん、うん)、すごい人として大切にしてくれてると思う、いますしぃ、(うん)

相談者:隠し事とかも特に、ないのでぇ、(うん)、反抗期の、ときは夫と大喧嘩してぇ、(うん)ま、それこそ・・あ、殴り合い、(うん)のような感じになってたときもありますしぃ、(うーん、うん)ま、夫にも・・ま、息子としてぇ、あ、息子はちょっと気分が悪くなると、わたしに対してぇ、(うーん)

相談者:「なんでこんな男と結婚したんだ」とかぁ、(う、うーん)ま、そういうことも、父親自身にも言いますしぃ、(うーん、うん)「俺は父親と思ってない」とかぁ、(う、うん)自分の気分が悪いとそういう・・(うん)ふうに・・言ったりもするのでぇ、(うん、うん)

相談者:ま、ある意味、本音で話はできてるんじゃ(うーん)ないかな(うんうん)っていうふうに、わたしはおも・・ってはいます。(なるほどねぇ)はぁい、

柴田理:じゃあ、学校に・・を休みがちで、その学力が伴わないっていう、ことが一番の今のお悩みでしょうかねぇ?
相談者:そうですねぇ、でぇ、そのことをちょっと夫と話をしていてぇ、(うーん)、高校を卒業するっていうことを、こう、目標にしてぇ、息子と三人で話し合うのかぁ、(うーん)

相談者:それとも、もう、息子の希望、を、もちろん、踏まえてですけどぉ、(うん)ま、そこを目標ではなくてぇ、(うん)、今行ってる高校は終わりにしてぇ(うん)、なにか、違う形でぇ、親として支援できることを?(うん)して行くのか・・って、いうことを今ちょっと話し合わないとねぇ(うーん)っていう、

相談者:ことを言ってるんですけど、ま、もし、後者だった場合、(うん)どのようなとこに相談に行ったりとかぁ、(うん、でぇ・・)
柴田理:わたしのぉ、友人ん・・のぉ、(ええ)お子さんはぁ、やっぱり不登校でぇ、ずっとぉ、学校、行かなかったりしてぇ・・(ええ)たけど、(ええ)

柴田理:大検・・を取ってぇ、それで大学に入りました。
相談者:でぇ、通学してぇらっしゃる?
柴田理:大学ぅ・・は、学校行ってます。
相談者:ああ、そうなんですねぇ、
柴田理:だから、その子の、個性によっても・・違うんだなぁっていうことが、わたし、そのときにはわかったのでぇ、そのぉ・・
相談者:ああ、そうですよねぇ、
柴田理:うん、いろんなお子さんの、(うん、ううん)選択があるんだなぁとは思ったんですけどねぇ、

相談者:ほんとにその息子がやりたいって言えば、そこに賭けてあげたいっていう気持ちがあるんですけどぉ、(うーん)どうしても、なんか、今までそこに賭けてぇ、(うん)裏切られてっていうことが、結構、割と、ま、続いていると言いますかぁ・・(ホウホウ)

相談者:小学校の頃から「これをやる」って言ったのにもう、反故にしてぇ、(うん)こう逃げてぇ、っていうことが、まぁ、何回かいろいろなことであってぁ、(うん、うん・・)なんか親として、こう、信じてあげたい気持ちがありつつもぉ、(うーん)

相談者:また今回もそうなったらな、っていう、ふぅ・・どこかで、
柴田理:うん、うん、うん、うん・・
相談者:あのぉ、信じきれない部分もあってぇ、(うん)たぶん、わたし自身悩んでるぅ、と思います。

柴田理:息子さんとはそういう話はしたことはあるんですか?

相談者:息子は、あのぉ、今の通学の高校に関してぇ、(うん)自分はほんとは、通信に行きたかったのにぃ、お前たちが、通学に行かせたっていうふう、に、言ってるんですねぇ、(うーん・・)

相談者:でぇただ、中学に入るときぃ、(うん)まぁ、そこは話し合ってぇ、やっぱり、ちょっとどちらかというと勉強と、は、相性があんまり良くない、子かな、っていうふうに思ってる、(うん)ところもあるんですけど、(うんうん)わたしがぁ、だから、そのぉ・・通信って自分のペースでこう・・朝起きてぇ、とかぁ、(うん)

相談者:自立的にやらないといけないっていうのがあるのでぇ、(うーん、うん)やっぱりそれが、なかなか厳しんじゃないか、っていうふうに(あ、ああ・・)わたしと夫は思ってぇ、(なるほど)でぇ・・彼自身も、まぁ、楽だから、通信行きたいみたいな(うん、うん)その、行かなくていいしぃ、(うん、うん)っていうところでぇ、言ってたけれどもぉ、(うん)

相談者:それはほんとに楽ぅ、ではないと思うよっていう話をしてぇ、(うん、うん)まぁ、学校の先生からも、そういうメリット、デメリットのお話をしてもらってぇ、(うん)まぁ、一応納得の上でぇ、(うん)受験をしに行ったぁ・・っていう、過程があるんですけれども(うん)、やっぱり、彼の中ではぁ、(うん)

相談者:無理矢理受けさせられた、(うーん)行けと言われたからぁ、行かせられた、っていう意志が強いのでぇ(うーん)やっぱり、未だに、「通信のほうが行きたい」とか、そういうことはぁ、調子が悪くなると言い出します。(ふーぅん)

柴田理:彼は、調子がいいときと悪いときじゃ、ずいぶん、性格が違うわけですか?
相談者:だいぶ違いますねぇ、
柴田理:例えばちょっとほらぁ、思春期外来みたいなところ?(ええ、ええ、ええ)そういうとこってあるのかどうか知らないですけどぉ、(ええ)

柴田理:そういうような、ところに、ご相談とかなさったことっていうのは、あるんですか?
相談者:思春期外来、あります、あのぉ・・本人も「俺は発達障害だから勉強ができない」とかって言い出したことがあってぇ、(はぁい、はい)

相談者:とりあえず、いきなり大きな病院には行けないのでぇ、小ちゃな小児科のほうでぇ、本人は中3だったか高1だったかだと思うんですけどぉ、(うん)

相談者:そちらを・・に、連れて行ってぇ、先生と話をしてもらってぇ、(うん)

相談者:っていったところ、やっぱりその、発達障害の気は・・一切ないと思う(ああ・・)っていうふうに先生からは言われてぇ、
柴田理:ああ、そうなんだ、うん、
相談者:ただぁ、
柴田理:うん、

相談者:去年ぐらいも、なんかそのぉ、わたしもちょっと心配になったので、こんなことぉ・・言うのは申し訳ないけどぉ、(うん)一度、そういうとこに行ってみたら、もしかしたら楽になるかもしれないしぃ、(うん、うん)

相談者:っていうふうな話をしたら、「それは、行かない」(うん)っていうふうに今回は言われてぇ、(うーん、うん、うん)だから、二度目の受診には至ってないですねぇ、
柴田理:ああ・・なるほどぉ、わかりました。じゃあ、17歳の息子さんの進路を・・どういうふうにしてってぇ、アドバイスしてってあげたらいいか?っていうことのご相談でよろしいですね?

相談者:はい、お願いしますぅ、
柴田理:わかりました、今日の回答者の先生は、
相談者:はい、
柴田理:精神科医の高橋龍太郎先生です。先生お願いします。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA