テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年9月23日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
32歳女性から、結婚前から結納金の事で義理の母と揉め、結婚後も家に来てお金の事ばかり話す義理の母と、どうすれば関わらなくてすむのかというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は32歳女性(自営)、夫34歳、結婚4年目で子供はまだいない。1年ほど前に義両親と同一敷地内に家を建てる。

加藤諦三氏の〆の言葉『ズルさは弱さに敏感である。ズルい人は弱い人を喰い物にして生きていきます』

目次

スポンサーリンク

姑と関わりたくない

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもしぃ?
加藤諦:はぁい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いいたします。
加藤諦:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:32歳になります。
加藤諦:す、30、2歳・・今お一人ですか?結婚してるの?
相談者:結婚してます。
加藤諦:ご主人何歳ですか?
相談者:34歳になります。
加藤諦:34歳・・でぇ、お子さんは?
相談者:子供はまだいないです。
加藤諦:はぁい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?
相談者:義理のぉ・・ご両親、とぉ、(はい)どのようにぃ・・したら、関わらなくぅ・・て済むのかを、ちょっと相談をしたいんですけれども、

加藤諦:結婚してからどのぐらい経つんですか?
相談者:4年・・目になります。
加藤諦:4年?(はい)でぇ、最初っから、両親とは、うまく行かなかったの?

相談者:結婚を・・する少し前に・・あ・・った(会った)ときにぃ、(うん)、ちょっと、いろいろその結婚のことについてぇ、(うん)揉めてしまったというよりかは、一方的に、(うん)いろいろ言われたり、その、対応についてぇ・・

加藤諦:「一方的に言われた」っていうのは、例えばどういうことですか?
相談者:お金のことについてですね、(ええ)・・結納だったりとかぁ、(はい)そういったことなんですけれどもぉ、(はい)

相談者:なんか・・言い方がぁ、結構ズルくてぇ・・ 結婚、するってなったときに、義理のお母さんが、 「結納とかはどうするの?」って言われたのでぇ、(ええ)「ちょっと親に、相談、して、みます」って言ったのですがぁ、(はい)お母さまがぁ、(うん)

相談者:「うちは・・娘のときはやらなかったけどね」って言われてぇ、(ふぅーん)あと、結婚式は、やる予定はなかったんですけども、(うん)後々?・・籍入れてぇ、家を建てたときに、地区とか、お組合とかに、挨拶を、してもらわないといけないって言われ、たりとかぁ、

相談者:向こうの、要望とかを、いろいろ言われてぇ、(うん)・・「はい」としか言えなくてぇ・・

加藤諦:まぁ・・結婚前から揉めていたってことだよねぇ、

相談者:ま、揉めてぇ、一度、結婚する前に・・わたしが、もう結婚はやめようかと、思ったんですよ、(はい)・・でもぉ、当時は彼だったんですけども、(ええ)、今から、こんなに親のことで揉めたりとかぁ、(うん)・・この先、やって行ける自信がないっていうのを言ったんですけども、(うん)

相談者:そしたらぁ、泣かれたりもしたのでぇ、結構わたしが、それに対してぇ、すごく心が揺らいでしまってぇ、ズッ・・その彼に・・条件を出したんですよ、

加藤諦:条件を出した?はい、
相談者:このまま、親のことでぇ、ほんとに、別れてしまっていいのか?(うん)ま、ちょっと、友だちとかにも相談をしたところ、(うん)、自分の気持ちにぃ、整理がつかないのであればぁ、(うん)これだけは譲れないっていう条件を、紙に書いてぇ(うん)、それでぇ・・彼に・・

相談者:サインできるか?・・を、聞けばいいよって言われてぇ、 もしその条件を飲み込んでくれるんだったら、結婚してもいいんじゃないって言われてぇ、(うん)・・

相談者:でぇ、そのときに、ズッ、言ったらぁ・・ま、サインをしてくれたんですけれども(うん)・・でぇ、結婚をしたんですよ・・

加藤諦:うーん・・それで結局、4年間は・・なんとか・・関係は維持できるけれども・・(はい)、今、あなた、ご両親の・・対してぇ、(はい)、感情的に・・面白いもん、くない物を持ってるわけですね、

相談者:そう、ですね、まっ、1年前ぐらいに(うん)、家を建てたんですけれどもぉ、(うん)今ぁ・・住んでいるところがぁ(ええ)、旦那さんの、ご両親・・と、同じ敷地内、になるんですよ、(うん)

相談者:今までは、籍を入れて、結婚したあと、アパートに、出ていてぇ、(うん)2人で暮らしてたんですけれども(うん)、そのときはぁ、そこまで、関わり、合いはなかったんですけれども、(うん)・・

相談者:やっぱり、家を、建ててぇ、同じ敷地内になってしまうと・・お母、さん、とか、に、会う頻度がすごい、多くなってぇ、(うん)結構、こう、デリカシーないこととかぁ、(うん)聞かれたくないことを、言われてぇ、

加藤諦:でぇ、今のあなたの感情っていうのはどうなんですか?
相談者:離婚する気はないです・・旦那さん、とは・・二人・・のこと、でぇ、喧嘩することもないのでぇ、(ええ)今、二人で、いい関係を作ってぇ、(ええ)子供も考えている、んですけどもぉ、(ええ)

相談者:旦那さんの・・お母さまの、話が出て来ると、(うん)やはりわたしも、いろいろ言われてしまうのでぇ、(うん)そこが、耐えられなくてぇ、(うん)、旦那さんに、結構キツく言ってしまうんですよね、あのぉ・・

加藤諦:キツく言うっていうのは例えばどういう、ことですか?
相談者:例えば、お母さまが、(うん)わたしがあのぉ、ちょっと自営を、しているのでぇ、お店のことについてぇ・・「いくら売り上げてるの?」とかぁ、

加藤諦:うん、
相談者:「自分の給料はいくら入れてるのぉ?」とかぁ、(うん)その、お金に関することをすごく聞いて来たりとかぁ、

加藤諦:うーん、でぇ・・あなたの今日の相談っていうのはどういうことですか?

加藤諦:自分は、離婚する気持ちはないって言いましたよね、さっき(はい)・・離婚しないで、この関係を、どういうふうに続けて行ったらいいか?ということですか?

相談者:はい、そうです。

加藤諦:わかりました、今日はですねぇ、スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてんのでぇ、
相談者:はい、
加藤諦:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA