テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年9月29日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
39歳女性から、6歳の長男は2歳から吃音があり、女の子からキモイと言われ学校生活に問題が出ている。学校や長男にどう対応すべきか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は39歳女性、夫48歳、息子6歳(小学校1年生)

スポンサーリンク

吃音と学校生活

柴田理:もしもしぃ、テレフォン人生相談です。 今日はどんなご相談ですか?
相談者:小学校1年生の息子のぉ、吃音に伴う学校生活について、
柴田理:えっと、あなたは今おいくつですかぁ?
相談者:39歳、
柴田理:ご主人はぁ、おいくつですか?
相談者:48歳、
柴田理:お子さんはぁ・・その小い・・
相談者:6歳のぉ、小学校1年生です。

柴田理:吃音ん、の・・を、お持ちなんですねぇ、きつ・・
相談者:はい、2歳頃からぁ、(はい)もう、ちょくちょく出だしてぇ、(はい)で、一応、相談とかには行ってるんですけどぉ、(はい)ま、そのうち治るだろうっていうことだったんですけど、やっぱ治らずに、(うん)つい、1年前ぐらいに専門のSTの先生に、(はい)ま、月に、2回ぐらい、受診してるような形です。

相談者:学校生活がぁ、最初は、良かったんですよ、楽しそうに、(うん)行ってたんですけど、(はい)最近になって、お友だちぃ、との、コミュニケーションがなかなか難しかったり、お友だちとお昼休みに、遊べなかったり、1人に、なる時間が多くなったり、(うーん、うん)

相談者:あと、女の子ぉ、から・・嫌な言葉を、言われたり、(ああ・・)まっ、最近、こう真似・・その、吃音の症状の真似をする子が出て来たり?((ああ・・はい)あるみたいでぇ、(はい)「学校に行きたくない」とは言わないんですけど、(はい)

相談者:「そういうことが、あるんだよねぇ・・」みたいな感じで日常の、(うーん)あの、話の中で出て来てぇ、(うん)でぇ、先日、あのぉ・・連絡帳のほうに書かせてもらってぇ、先生のほうからお話があったんですよ、その、女の子から 「キモイ」とか、(はい)「しゃべったら、命がなくなる」とか、なんか言われたみたいでぇ、
柴田理:なんだそりゃあ、酷いですねぇ、

相談者:でぇ、「それを連絡帳に書いてもいーい?」(うん)って、本人に聞いたら「うん、いいよ」って言うからぁ、(うん)渡したんですけどぉ、(うん)った、先生がやっぱり、呼びますよねぇ、本人を、(うん、うん、うん、うーん)でぇ、そのときに、文の組み立てがぁ、上手にできない、のでぇ、(うん)

相談者:たぶん説明がぁ、本人的に、苦痛だったんでしょうねぇ、まっ、先生も・・電話も掛かって来て、こういうふうに、お話して、こういうふうに当事者たちにもお伝えしてますぅ、(うん)うんでぇ、みんなにも、固有名詞はわからないようにしてぇ、「嫌な言葉は言わないようにしましょう」(うん、うん)っていうのを、共有しましたぁ、とは、(うん)おっしゃっていただいたんですけど、(うん)

相談者:まぁ、そういう感じでやっぱ、ちょくちょくあるみたいですねぇ、でぇ、
柴田理:可哀想だねぇ・・

相談者:「学校ではぁ、どう、なのぉ?」みたいに聞くとやっぱ、あ、ちょっと暗い感じみたい、ですねぇ、
柴田理:お友だちぃ、も、なかなかできないしぃ、
相談者:うん(うん)、最初は良かったけどぉ、(うん)たぶん、お友だちも、こう、気づいて来る、じゃないですか、(はぁい、はい)

相談者:なんかそういうのでぇ、難しくなってぇ、行ったんでしょうねぇ、(うーん)幼稚園のときも、(うーん)お友だちは1人しかいなかったっていうような、(うん、うん)タイプぅ・・だったんですよ、(う、うん、うん)

相談者:ねえ、やっぱ、学校でぇ、1、2年生んときとかは明るくてぇ、こう、(うん)そういう子がどうしても目立っちゃう、と思うんですよねぇ、(うん)自分の時代からも考えても、(うーん)

相談者:1人でも図書館に行ったり、したら、いいんじゃなぁーい、っていうようなお話はしててぇ、(うん)あと、自分でもし嫌なこと言われたら、セリフを考えて言うのはぁ、(うん)全然、吃音が出ないんですよ、(うん)

相談者:そういうこと言われたら「やめて」とか、(うん)「そういうこと言わないで」っていうのは自分からちゃんと言わなきゃだよっていうふうにお話してる、うんですけどぉ、
柴田理:うーん、うん、うん、そういうときは(なかなかこう・・)、吃音が、(うん)で、出ないんですか?

相談者:そうですねぇ、もう、ほんとに酷いわけじゃないんですよねぇ、(ああ・・)だから発表とかでは、たぶん出ないんですよ、
柴田理:ああ、なるほど!
相談者:はい!はい。発表とかぁ、(うん)あと音読もぉ、一応、家でも結構練習もしてるしぃ、(うん、うん)

相談者:習い事、でも、音読も結構するのもあって、すごく上手に、読めるんですよ、(うん)決まった文章は、(うん、うん、うん)でもぉ、説明をしたりとか、考えながら言葉をこう、(うん、うん)コミュニケーションとりながら話すっていう、文の組み立てが・・たぶん、苦手なんですよねぇ、(うーん)いっぱい文が、たぶん、頭に浮かんじゃって、どれをチョイスすればいいのか・・(す・・)わからない、(それはでももう)感じな・・

柴田理:我々でもそうですもんねぇ・・わからなくなったりこう、言い淀むと言いますかぁ、
相談者:うん、うん、ありますよねぇ、
柴田理:そうふうに、なりますもんねぇ、(はい)うーん・・

相談者:先生がぁ、質問したことに、(うん)対しても、(うん)たぶん、的を得た解答を、(うん)得るまでに先生に時間がかかる・・と思うんですよ、あたしも・・家で話しててもそうなんですけど、(はい)

相談者:単刀直入に答えがパンって返って来るタイプ、じゃないんですよねぇ、
柴田理:はいはい、はぁい、うん、
相談者:よく、喋るのもあってぇ・・だから、そういうときに、わたしが先生のほう、に、先日・・本人とも相談してぇ、(はい)真似されるようなことは、やっぱり・・おかしなことだから、(うん)

相談者:嫌な体験を増やしてぇ、(うん)ほしくないっていうのが親としてあって、それだったら、もう、カミングアウトしてぇ、(うん)みんなに、このぉ、状況をわかってもらってぇ、(うん)

相談者:こういう、喋り方は・・わざとでもないし、(うん)もう、その子の特徴?・・だよーっていうのを、言ってもら・・ったほうが、いいかなぁと思ってぇ、やっぱり、ねえ、(うん、うん、うん)そういうのってぇ、無知、経験とかぁ・・情報とかないところから、からかいって始まる、なぁと思ってぇ、(はぁい)

柴田理:はぁい、はぁい、
相談者:そういうふうにカミングアウトをしてもら・・うように、お願いしたんですけど、(うん)あたし、あ、あとほかになんか、子供に対して、学校に対して、なんか、どういう対応・・何かあったときにどういう対応をして行けば、親としていいかなぁと思って、(うん)その辺の相談ですね、今日、
柴田理:はああ・・

柴田理:わかりましたぁ、じゃあ、あのぉ、先生に聞いてみましょう・・今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。 先生お願いします。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA