テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2022年9月30日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
43歳女性から、夫と別居し実家に住む姉が脳梗塞で倒れ両親が介護しているが今後は両親の介護も必要になるので姉の娘と話をしたいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の野島梨恵さんが回答者です。

相談者は43歳女性、夫43歳の2人暮らし。離れた実家に暮す両親80代、要介護の姉(3年前に脳梗塞)、働いている姉の娘達(20代半ばと前半)、姉は10年くらい前から姉夫と別居中

加藤諦三氏の〆の言葉『仲間への最大の義務は、自分が自分自身であること』

スポンサーリンク

介護の件で姉の娘達と話し合いがしたい

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもし?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いいたしまっすぅ、
加藤諦:はい、最初に、年齢教えてください。
相談者:わたくしは40、3歳です。
加藤諦:43歳、結婚してます?
相談者:はい、結婚しておりまぁすぅ
加藤諦:ご主人何歳ですか?
相談者:43歳です。
加藤諦:43歳、お子さんは?
相談者 おりません。
加藤諦:今、お2人で暮らしてんですね?
相談者:はい・・2人暮らしです。
加藤諦:はいわかりました、で、どんな相談ですか?

相談者:実家に、住むですねぇ、姉家族とぉ、両親の関係、あとは、ちょっとぉ、姉が倒れてしまったので、姉と両親のぉ、今後の介護についてのご相談です。
加藤諦:姉、と、両親?
相談者:はい、実家が離れたところにありましてぇ、(え、ええ)そちらにですねぇ、10年ぐらい前に、姉と子供達がぁ、ちょっと、夫ぉ、との問題があったようで、姉は、離婚はしていないけれども、別居して、(はい)子供と、姉が、(そ、**)実家にいると、(はぁい)

加藤諦:それで?
相談者:3年ん、ぐらいですかねぇ、前にぃ、姉がぁ、脳梗塞でぇ、倒れてぇ、(ああ)介護がぁ、必要な、状況なんですね、(ええ)

相談者:でぇ、現在はぁ、姉の、20代の娘たち、が、いるのと、80過ぎの、両親でぇ、その介護を、しているんですけれどもぉ、(はい)、子供ぉ達は、まあ、働かなきゃいけないのでぇ、(はい)日中は、老齢の、両親が看ている、状況なんですね、(
ええ)

相談者:ただ、倒れる前からなんですけれども、やはりこう、両親とぉ、姉一家との、こう軋轢がある程度あったみたいでぇ、(はい)ストレスは溜まってるようだったんですがぁ、(はい)今後、介護をして行くぅ、にあたってぇ、両親も、高齢なのでぇ、(ええ)

相談者:姉の介護プラス、両親・・の、介護も始まるのでぇ、わたしも含めて、その子たちと、ちゃんとコミュケーションを取った上でぇ、進めて行かなきゃいけないん、と思うんですがぁ、(はぁい)

相談者:ただ子供達も、たぶん、姉もだと思うんですけれどもぉ、ちょっとこう、両親に対してぇ・・ちょっと反抗的なところがあるのかなぁというふうに思っていてぇ、
加藤諦:つまり、お嬢さんは20代でぇ、あなたのお姉さん、彼女たちからすれば母親ですねぇ、(はい、そうです)脳梗塞で、介護があると、(はい)

加藤諦:80代の・・ご両親のほうは、(はい)むしろ、介護されるんではなくてぇ、(はい)今、介護する側に回ってるっていうこと?
相談者:そういうことなんです。
加藤諦:これは僕も、もう・・80代だから、わかるんですけれども、(はぁい)

加藤諦:80代で、介護、されるんじゃなくて、するっていうのは、大変なことですよねぇ、
相談者:そこを、介護してかなきゃいけないので、ただ、ちょっと離れているのでぇ、(うん)わたしもぉ、あの近くに家を借りるなりしてぇ、やって行きたい、とは思っているんですけれどもぉ、

加藤諦:というか、今日の相談という(あはぁい)のはぁ、(はい)こういうことですか?(はい)あなたのお姉さんがぁ、(はい)脳梗塞になって今、介護を必要とされていると、
相談者:はい、そうです。

加藤諦:それでそのお嬢さん達が20代でぇ、(はい)このお嬢さん達が、その自分の母親と、祖母の、介護を、しなければならないけれども、人間関係がうまく行っていないという、そういうこと?

相談者:はい、それが影響をしてぇ、わたしとも、あまりコミュケーションが、こう、取りづらい、のかなぁ、という気がしていてぇ、 なのでぇ、話をしなきゃいけないと思っているんですね、(ええ)今後、わたしの姉、(はい)彼女たちの、母親、(はい)の、介護とぉ、彼女たちは一緒に住んでいるのでぇ、そこのぉ、コミュケーションがうまく行ってないのは、良くないとおもっ・・て(思って)いましてぇ、 なのでぇ・・まず彼女たちと話をしなきゃいけないなと思ってるんですね、

加藤諦:ええ、
相談者:相談っていうのは、わたしはぁ、子供もいないのでぇ、姉の子として、子供、として話をしたことはありますけど、介護だったりとか、将来についての話なんていうのは、したことがないのでぇ、どういうふうに、アプローチしてぇ、彼女たちに、個別に話したほうがいいのかとか、

相談者:全員家族揃って・・話をしたほうがいいのかっていうのを・・ご相談できないかなぁと思ってぇ、連絡、させていただきました。
加藤諦:はぁい、わかりました、今日あのスタジオにですねぇ、(はい)弁護士の、野島梨恵先生がいらしてるので、(はい)伺ってみたいと思います。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA