テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年10月3日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
57歳女性から、仕事が長続きしない。いつも1年か2年で辞める事に、上司の顔色を伺うのが得意で同僚やお局さんから目の上のたんこぶでいじめに遭う。仕事上の事でも話してくれないし聞いても教えてもらえない。私に原因があると思うのだが・・パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は57歳女性、息子29歳(会社員)、7年前にDVが原因で離婚し息子と2人暮らし。

加藤諦三氏の〆の言葉『人間に大切なのは、自分が自分であること、他人に忠実である人は、自分にも忠実です』

目次

スポンサーリンク

仕事が長く続かない

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもしぃ?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。すぅぅ、最初に、(はい)年齢を教えてください。
相談者:はい、57歳です。
加藤諦:50、7歳、(はい)結婚してます?
相談者:えーっと、結婚して、離婚してます。
加藤諦:何年前ですか?離婚は?
相談者:7年前に、離婚してます。
加藤諦:7年前ですか、(はい)そうすると、今はぁ、おひとりで暮らしてるの?

相談者:えーっと、息子ぉ、と暮らしてます。
加藤諦:そうですか、(はい)息子さん何歳?
相談者:29歳です。
加藤諦:29歳、(はい)はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:今ぁ・・仕事に、行けてない状態なんですけども、
加藤諦:息子さんの方が?
相談者:む、わ、わた、わたしがです。
加藤諦:あなたがね、はい(はい)、
相談者:息子はもう・・同じ所で10年働いてるんですけども、(はい)わたしの方がぁ・・働いても、1年、か2年くらいでぇ、(はい)仕事ぉ、が、続かないんですね、(はい)

相談者:んでぇ・・続く方法?・・(はい)を、ちょっと聞きたくて、お電話させてもらったんですけども、
加藤諦:ああ、そうですか、(はい)その1年か2年ですぐ辞めてしまうっていうことはぁ、例えば人間関係がどうもうまく行かないとかぁ、
相談者:そうですねぇ、
加藤諦:どういった理由ですか?
相談者:あのぉ・・主に人間関係なんですけども、(はい)人の顔色をうかがうのがわたしは、得意なんでね、上司には気に入られるんですね、
加藤諦:はい、

相談者:でも同僚の、先に入った・・お局さんみたいな方、
加藤諦:ああ、はあ、はあ、
相談者:に、なると・・もう、目の上のたんこぶみたいな感じで、いじめ、に遭って、辞める形になるんです。

加藤諦:「いじめに遭う」って、具体的には、どういうイジメですか?
相談者:わたしより先に入ってる先輩の方が、(うん、ふん)仕事上、のことでも、(うーん)しゃべってくれないんです。

加藤諦:それはぁ、あなたの方としては・・すぅぅ、聞いてないから、教えてほしいっていうような形で・・話をすることはなかなか難しい?

相談者:無視されてるなぁと思ったらもうだめです。

加藤諦:でぇ、それはぁ、次の会社に行っても同じようなことが起きるってこと?
相談者:起きるって、もう毎回、同じようなことなんです。

加藤諦:次のところに行ってもねぇ、(はい)また同じようなことが起きるって事はぁ、(はい)・・あなたからみるとぉ、(はい)どういうふうに解釈できるんですか?

相談者:これぇだけ、どこ行ってもだと、(うん)わたし、に、原因があると思います。
加藤諦:あなたすごいねぇ、なかなかこういう時自分に原因があるってことを認めない・・人、そういう人が、仲間から外れるってことが多いんですけれども・・

加藤諦:あなたの中に、(はい)先輩のぉ・・人達に、(はい)なんかこう気持ちが、優越した気持ちっていうのか、そういうものがあるんではないですか?
相談者:たぶんね、自分で言うのもおかしいんですけども、仕事は結構、早く覚える方なんですね、(はい)

相談者:結構できる、先輩の方達は(はい)、二日かけて覚える仕事をわたしは、一日か半日ぐらいで覚えて、(ええ)二日目になったら、その先輩たちよりも、スピードアップしてるんですね、(うん・・)

相談者:それもぉ、たぶん、面白くないと思うんですね、
加藤諦:それはそうでしょうねぇ、

相談者:でもぉ・・上司からしたらぁ、(ええ)ありがたいっていうかぁ、つかえ・・
加藤諦:でぇ上司はぁ、そのことがわかっていてぇ、(はい、はい)あなたのことを、大切に扱うんですか?

相談者:もう、みえみえで扱うもんだから、それが・・同僚の先輩はおもしろくないんですね、
加藤諦:うーん・・あなたぁ、(はい)小さい頃から、(はい)人間関係はどうだったの?
相談者:あっ、いじめられてました。
加藤諦:いじめられていた?
相談者:はい、

相談者:でぇ、
加藤諦:原因は、同じようなことですか?

相談者:そうですねぇ、あの勉強はできなかったんですけども、(ええ)スポーツが得意で、(ええ)男の子とかけっこしても、(ええ)勝つぐらいだったんですね、

加藤諦:でぇ離婚の場合もやっぱり、ご主人との関係は同じようなことでまぁり・・
相談者:そうですね、DVなんで、

加藤諦:あっ・・ご主人が暴力ふるうんですか、
相談者:ああ、そうだったんです、でもその原因はたぶんわたしだと思うんです。

加藤諦:そうするとぉ、(はい)あなたからみると、(はい)ご主人はぁ、「なんでこんなことがわかんないんだろうな」っていうような、(はい)そういう気持ちがよくあったわけですか?
相談者:ありますねぇ、
加藤諦:あった?
相談者:はぁい、

加藤諦:そうすっと、あなたがどう(はい)、夫婦関係にしろ、仕事関係にしろ、人間関係で、(はい)優れているんだけれども、(はぁい?)絶えず人との関係で、優越を誇示するっていうようなことがなかったんですか?

相談者:ただねぇ・・親の顔色は、見ながら小さい時から育ったんで、
加藤諦:親に気に入られるように?
相談者:母親は、兄と弟、すごく可愛がってたんで(うん)、遠足何かあるとお弁当がいるじゃないですか、(うん)そういう、時に、兄と弟の分は作ってたけど、わたしの分は、作ってくれなくて・・

相談者:小学校1年のときに、自分でおむすび作ってぇ、持っていったぁ、お・・
加藤諦:だから小学校のときにぃ、(うん)・・母親との関係でうまくいってなかったんだよねぇ、
相談者:いってなかったですねぇ、でぇ、父親もぉ・・怒るとぉ、包丁もちだしてぇ、追いかけられてましたからね、(うーん・・)それはきょうだい三人ともされてました。でも母親は、わたしだけです。

加藤諦:はいわかりました、そして今日の相談っていうのは、(はい)小さい頃から、あらゆる種類で人間関係うまくいかなかったと、(はい)出来たらそれを治したい(そうです)ということですね?(はい)

加藤諦:はいわかりました。今日はスタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。(ああ・・)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA