テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年10月06日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
54歳女性から、母と妹は10年間絶縁状態だが母は認知症になり妹との関係も忘れている。もう一度、笑顔で会えるような関係にしてあげたいというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は54歳女性、夫59歳、子供はいない。母84歳(認知症)、父は12年前に他界、妹52歳、高校生の息子、妹夫47歳

スポンサーリンク

絶縁状態の認知症の母と妹

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですかぁ?
相談者:あ、10年間、絶縁状態にある妹が居るんですがぁ、(はぁい)その妹と、あのとの間にもう一度交流を取り戻したいと思いましてぇ、
柴田理:あ、ああ・・えっと、あなた今おいくつですか?
相談者:わたしは今、54歳です。
柴田理:はい、えっと、ご結婚なさってますか?
相談者:はぁい、
柴田理:ご主人はおいくつでしょうか?
相談者:59歳です。
柴田理:お子さんいらっしゃいますか?
相談者:あ、おりません。
柴田理:妹さんは、(はい)ご結婚なさってらっしゃるんですか?
相談者:はぁい、え・・52歳で、息子が高校生です。
柴田理:旦那さんはおいくつですか?
相談者:40・・7歳です。
柴田理:ああ、えっと、お母さんもおいくつですか?
相談者:はい、母は今、84歳です。
柴田理:うん、
相談者:父はあの、12年前に他界いたしましたぁ、
柴田理:あああ・・ああ、そうですか、えっと10年間、(はい)妹さんと、(はい)絶縁状態って事は、お父様がお亡くなりになってぇ、
相談者:少し経ってからです。
柴田理:あ、ん、ん、ん、何が原因だったんでしょうか?
相談者:もともとぉ、母と妹は、あの同居してた頃から仲が悪かったんですけれどもぉ
柴田理:はぁい、はい、
相談者:ちゅう・・(「同居中」を略?)はぁ、母、のことをとても頼っていたんですけれどもぉ、(うん)小学校に入って以降、(うん)まあ、ある程度子供ぉ、が手を離れたのでぇ(うん)、また、以前のようにこう、言いたい、ほ、ことを言うようになりましてぇ、

柴田理:ほうほう、え?お母さまが?
相談者:母に対してぇ・・です。
柴田理:あ、母に対して、(はい)妹さんが、か、
相談者:いろいろこう、わがままを言うようになりましてぇ(はい)・・あの、ほんとに軽いひと言、「もっと頑張れ」っていうひと言、を、母が言ったところ、(うん)

相談者:「これ以上何を頑張るんだ?」っということでぇ、(うーん)あのぉ、怒ってぇ、実家からぁ、え、帰省してたんですけれどもぉ、(うん)出て行ってしまってぇ、それ以降一切連絡がないという状態です。

柴田理:えっ?たったそれだけのことで、ですか?
相談者:あっ、(うん)あのぉ・・
柴田理:いろいろあったわけで・・
相談者:本人の話によるとぉ、(うん)はい、あのぉ、塵も積もればということでぇ、
柴田理:ああ・・なるほど、(はぁい)つまりその、お母さまのぉ、うーん、物言いと、いうかぁ、(はい)そういうのが・・こう、妹さん、は、ちょっと気に食わない(そうですねぇ)ところがある(はい)っていうことなんですかね、(はい)

柴田理:お母さまっていうのは、割と厳しい方なんですか?
相談者:そうですねぇ、あの、ち、割とこう、学生時代「やるな」「やるな」ということが、結構あったんですけれどもぉ、(うん、うん)妹はそれを、あのぉ・・無理に、あの、押し切ってやってしまいましてぇ、(うん、うん)

相談者:でぇ、結局失敗して、親が尻拭いをするということを、ずーっと繰り返していたのでぇ、(あ)親を、まあ、恨んで、いるし、親のほうは子供、に、呆れているというようなぁ・・

柴田理:例えばどういうことでですか、そのぉ、
相談者:あっ、た、例えばぁ、
柴田理:「やるな」って言われたこと、うん、
相談者:はい、え・・まあ、「勉強を、しろ」っとやはり言ってましたのでぇ、(あはぁい)、「部活をやるな」とかぁ、(はい、)

相談者:何かこう、「外に遊びに行くな」とか、(うん)割と細かい、ことをいろいろあれこれ、(うん)干渉していたんですけれどもぉ、(うん、うん)ま、そういうことを、ま、強行してやってましてぇ、(うん)

相談者:そうすると結果的に、成績が落ちるとかぁ、希望した学校に入れないとかぁ、(うーん)いろいろなことがあってぇ、結局そこは親がぁ、被るというふうになりました、例えば、こう、浪人させたりですとかぁ、(ああ・・)

相談者:あの、まに、、就職にしても、こう、いろいろな人のコネを、
柴田理:ああ、はあ、はあ、はあ、
相談者:たどるかぁ、

柴田理:すぅぅ、まあでも、そんなこと当たり前のことですよねぇ、
相談者:はああ・・はい、そうですねぇ、
柴田理:どこんちにでもあることじゃないんですか?
相談者:ただまあ、わたしはあのぉ、第三者的というか、(うん)母とぉ・・両親と、妹の間に、こう、入って(うん)両方見てますとぉ(うん)、どうしてもあのぉ・・親側のたち、ば(立場)に立ってしまうというかぁ、(うん、うん)

相談者:妹がぁ、言うことをきかないからぁっていうふうに、なんとなくこう、思ってしまうところも(うーん)あるのかもしれません、
柴田理:お母さんがおっしゃってることはぁ、(はい)お姉さんにとってみてもぉ、お姉さんが見て、「厳しいなぁ、お母さん」って思う、よりは、「お母さん、もっともだなぁ・・」と思われるわけですか?

相談者:やはり厳しいなぁと思いました。
柴田理:ふん、厳しいなと思うけどぉ、(はぁい)「お母さんの言うこともわかるわぁ・・」(はい)と思ってぇ、(はい)

柴田理:でもまぁ、妹さんもそれでぇ・・例えば、入りたかった学校に入れないとかぁ、(はい)ような、当然じゃないですか、(はぁい)そ、あのぉ、勉強しなかったら、(はい)学校入れない、遊んでたからぁ、(はい)就職できない、とかっていうことってぇ、まあ、普通のことでしょ、

相談者:そうですねぇ、はぁい、
柴田理:うん、だから、それはそれでもうしょうがないことじゃないのか、(ああ・・)っていうふうに、
相談者:いえ、どちらかというとぉ、、
柴田理:は、思わない?
相談者:やはり、お、親のせいに、するというかぁ、
柴田理:えっ?、むす、うん、
相談者:自分が、あのぉ、不幸なのは親のせいだっていう言い方を、割としてました。
柴田理:妹さんが?(はぁい)

柴田理:あ、それはどうしてですかぁ?
相談者:やりたいことを自由にさせてくれなかったのでぇ、(うん)こう、すべてが中途半端に終わってしまった、っていうような、

柴田理:そうことを、あなたにもおっしゃるわけですか?
相談者:はぁい、
柴田理:具体的にこう・・何が中途半端でぇ・・何がそんなふうに思うんでしょうねぇ?だって親ぁはちゃんと、面倒看て就職の、面倒まで看てくれてたりするわけでしょう?

相談者:それも自分の力で、こう、勝ち取ったと思っているのでぇ、(うん)親がぁ、(うん)裏でこう・・動いたということはあんまりこう、考えてなあかったようなんですぅ、
柴田理:でも今はそれわかってらっしゃる(はぁい)、わかってるんですか?
相談者:おそらく、感じていないと思います。

柴田理:それ、言ったりしなかったんですか? お姉さんは、親が全部やってくれたじゃないと思ってらっしゃるでしょう?
相談者:あっ、はい、思ってます。
柴田理:うん、そしたらそれ、妹さんに、言ってあげたりしましたかぁ?
相談者:ああ・・はい、それも言いましたけれども、(うん)そうすると、あのぉ、今度はわたしのほうに、な、対してなんですけれどもぉ、(うん)世の中を知らないからだとかぁ、こう、勉強ばっかり、して来たからだとかぁ、世間が狭いとかぁ・・

相談者:そういう言い方でぇ、攻撃というかぁ、あのぉ、わたしはぁ、妹ほど、抵抗しなかったのでぇ、いい子でぇ、来てしまったのでぇ、(はい)抵抗しなかったんですぅ、はぁい、なのでぇ、あのぉ、自分の苦しみは、わ、わからないっていうようなぁ、(ああ・・)

相談者:そういう言い方をしてました、
柴田理:ほんでぇ、まあ、妹さん、はぁ、(はい)そのまんま絶縁状態になってるってことなんですね、(はぁい)

柴田理:でぇ、あなたはぁ、(はい)そのぉ、妹さんとぉ、お母さんが絶縁状態になってぇ、なにかお母さんがこう、苦しんでるとか、妹さんが困ってるとかなんか、そうことぉ
・・でぇ、仲直りさしてあげたいと思ってらっしゃるんですか?
相談者:ああ、はぁい、母は今認知症になってましてぇ、(うん)

相談者:あのぉ・・なぜ妹が来なくなったかということも忘れてしまってるんですねぇ、
柴田理:ああ・・はあ、はあ、はあ、はあ、(はぁい)うん、
相談者:そうしますとぉ、あのぉ、「妹のご飯を作らなきゃあ」とかぁ、(ふぅーん)「妹はなぜ来ないのぉ?」っていうようなことを(うん、うん)言いましてぇ、まあ、毎回説明するのも、ちょっと苦しいですし、(うん)

相談者:これから先もそう長くはないと思うのでぇ、(うーん)もう一度、ちょっとこう笑顔でぇ、話ができる、(うーん)状況を作ってあげたないなぁ・・と思ったのが、(うんうん)あのぉ、今回お電話したきっかけにも(なるほどぉ)なってるんですけれども、

柴田理:妹さんに、おっしゃいました?
相談者:あの、連絡は取るんですけれどもぉ(うん、うん)、既読ぅ・・スルーの状態でぇ、

柴田理:はああ・・
相談者:返事が特に、はぁい、ありません。
柴田理:じゃあ、伝わってはいるんですねぇ?
相談者:はぁい、
柴田理:どう言ってったらいいかわからないと思ってんのかぁ・・

相談者:いえ、あのぉ、拒否してるんだと思います、あの母もぉ、いつも毎日電話をしてるようなんですけれどもぉ、
柴田理:あっ!お母さん、電話してるんですか?
相談者:はい、着信拒否の既読がたくさん残ってます。

柴田理:でも、お母さんは、じゃあ、妹さんに・・(はい)会いたいと思ってらっしゃるんですねぇ?
相談者:はぁい、
柴田理:わかりました、じゃあ、ちょっと先生に聞いてみましょう。
相談者:あっ、はぁい(はい)、お願いします。
柴田理:はい 今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。先生お願いします。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. さすがは三石さんですね。慧眼です。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA