テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年10月10日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
53歳女性から、息子が娘の子供に腹を立てて、その子を蹴ってしまって、それが原因で娘は息子と縁を切ると言うんだけれども、娘と息子の仲を取り戻させたいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は53歳女性、夫50歳、娘31歳(離婚し独身)、孫7歳との4人暮らし。息子(弟)夫婦には2歳の孫がいる

加藤諦三氏の〆の言葉『親は必ずしも子供に対して同じ態度で接するわけではありません』

目次

スポンサーリンク

娘と息子の仲を取り戻させたい

加藤諦:もしもし?
相談者:はい、もしもしぃ?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:はい、
加藤諦:最初に、年齢を教えてください。
相談者:53歳です。
加藤諦:53歳、(はい)結婚してます?(はい)ご主人何歳ですか?
相談者:50・・歳です。

加藤諦:今は、お二人で暮らしてるの?それとも、お子さんは(はい)、いるんですか?
相談者:30・・1歳の娘とぉ、(はい)7歳の孫と住んでいます。

加藤諦:31歳のお嬢さんは結婚してるわけですね、
相談者:え、結婚はしてたんですけど、今は離婚して一人です。
加藤諦:あ、今は、離婚して、(はい)子供が7歳ということ・・
相談者:はいそうです。
加藤諦:はぁいわかりました、(はい)それでどんな相談ですか?

相談者:娘とぉ・・それからもう一人わたしに息子がいるんですけどぉ、(はい)別のとこに住んでるんです、息子夫婦は、(はい)、でぇ、その息子と、娘が、ある、ことをきっかけにちょっと喧嘩になってしまってぇ、

相談者:今、絶縁、状態になってぇ、いるんですぅ、
加藤諦:そうすっ・・(はい)あることってのはぁ、(えっと、はい)言って、差し支えなければ、
相談者:お互いに子供がいるんですけどぉ、(うん)子供同士の、物の取り合いでぇ、息子の子供方がまぁちょっと、小さいのでぇ、(うん)まだぁ・・

相談者:息子がちょっとぉ、娘の方の子を、怒る感じでちょっと、蹴ったみたいな感じになってしまったんですけどぉ、(うん)その場に娘は居なかったんですけど、後で娘がぁ、(はい)息子に電話をしてぇ、そこで息子がぁ、「ちょっとやり過ぎた」って、謝ればよかったんですけどぉ、(はい)

相談者:「躾」だとか言ってしまったのでぇ、
加藤諦:あ、ああ・・
相談者:それで、娘がもう、「あなたとはもう・・縁を切ります」みたいなことを言ったらしくてぇ、(うん)そこからもう、みんなで、仲良く、ご飯を食べたりとかいう、ことがもう出来なくなってしまってぇ(苦笑)、

加藤諦:まあ・・子供同士の喧嘩が、(はい)大人の喧嘩になっちゃったって言う、(そうですねぇ)考え方も、できますけれども、(はぁい)ただ、もともとぉ、お嬢さんと息子さんとのほうがぁ、(はい)上手くいってれば子供同士の喧嘩は子供同士の喧嘩で収まるんでしょうけれども、(はぁい)そこが収まらないところに、(はい)もともと、この31歳のお嬢さんと、(はぁい)息子さんとの間に、(はい)、対立があった、ということですよね?

相談者:そうなんですよね、あとでぇ、わたしも息子と話をしたんですけど、(ええ)息子は娘に対してぇ、(ええ)いつまでもぉ、親の側にいてぇ、(うん)親に、お、まあ、わたしですね、わたしに、(どっちの?)甘えて、っていう反面、自分は羨ましかったのかなぁ・・と思った(ああ・・なるほどねぇ)りもしたんですけどぉ、

相談者:はぁい、
加藤諦:そうするとこれはあのぉ・・単純に、子供同士の喧嘩というよりも、(はい)息子さんのあなたに対する気持ちも、あったんだねぇ、

相談者:そう・・ですかねぇ?
加藤諦:だからぁ、外から見るとぉ、(はい)みんなして仲良くやってたんですけれどもぉ、(はい)実はぁ・・心理的にはぁ(うーん・・)、お互いに、(うん)敵対するところがあったんじゃないですかねぇ?

相談者:うーん、というのも娘もぉ、いつかこうなる、とは思っとったっっていうのは、あた別の理由でぇ、息子夫婦に子供ができるまでは娘、の子供を、すごく可愛がってくれてたんですけどぉ、(ええ)息子夫婦に、子供ができた途端に、なんか、息子もすごい自分の子ぉ、がぁ、「かわいい」「かわいい」でぇ、(うん)

相談者:でぇ、娘ぇ、の子供が、触ってきてもぉ、「汚い手で触るな」とかぁ、すごく神経質に、言ってたりぃ、は、したんでぇ・・

加藤諦:な、考え方によっては、(はぁい)、よかったんじゃないですか?
相談者:そうですかねぇ?・・うん、
加藤諦:そういう、いろんな問題はぁ、表に出なかったのにぃ、(うん)いや、実はぁ、こういう問題抱えてますよということを、(うん)ちゃんとみんなに、教えてくれた、事件ですから、
相談者:ああ、そうですよねぇ・・はい、

加藤諦:でぇ、今日の相談というのはぁ?(はぁい)、息子と、(***)娘、が、(はい)「もう、あんたとは縁を切ります」という、ことを言ったんで、これを、「もっと仲良くしようよ」っていうふうにもっていきたい、っていうことですか?

相談者:そうですねぇ、言う事も、今、出来ないんですけれど、時間、がぁ、解決するのかなぁ?ということも、(ああ、ああ・・)思っているんですけれどもぉ、
加藤諦:ということを言う事も出来ないけれども、(はぁい)とにかくこの問題を、(はい)放っといていいのか?それとも、何等かのぉ、対応をしなけれならないか?っていうことですね、
相談者:そうです。

加藤諦:はいわかりました(はい)、今日はあのぉ、スタジオにですね、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA