テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年10月13日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
58歳女性から、二番目の父は酒癖が悪く三姉妹バラバラに育ったが、根本的な原因は自分勝手な母だと思うと、母に対する過去の不満が噴出したというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は58歳女性、夫62歳、長男28歳、長女26歳、2回離婚し一人暮らしの母83歳、姉と妹(7歳下)

目次

スポンサーリンク

母に対する過去の不満が噴出

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。今日の、ご相談はなんですか?
相談者:あのぉ、母との関係について、ご相談したいと思いまして(あっ)お電話しました。
柴田理:はい、あなた今おいくつですか?
相談者:58歳です。
柴田理:旦那様はおいくつですか?
相談者:62歳です。
柴田理:お子さんいらっしゃいますか?
相談者:はぁい、二人おります。(はい)長男が、28歳、長女が26歳です。
柴田理:でぇ、お母様はおいくつですか?
相談者:83歳です。
柴田理:お父さんは・・
相談者:父とは、もう、わたしが中学の、1年生ぐらいの時に、(はい)離婚しておりまして、(はいはい)その後、あの再婚したんですが、(うん)えっと、その方とも(うん)離婚してぇ、います。
柴田理:じゃあ、今、(咳払い)お一人なんですね?
相談者:そうです。
柴田理:はい、

柴田理:え、じゃあお一人で、お母さんは暮らしてらっしゃるんですか?
相談者:そうです、でぇ・・
柴田理:そのお母さまぁ、との関係とは?
相談者:え、わたしには姉と妹がいるんですがぁ、(はい)姉と妹は、仲が、よくないんですねぇ、(う、うん)でぇ、一回目に、の、実の父親と離婚した後にぃ、(うん)あの再婚、したんですがぁ、(はい)その再婚相手が、お酒を飲むと人が変わるみたいなところがありましてぇ、(はぁい)なんて言うのか、そういうのも、わたしは多感な時期だったので、まあ、わたしは、高校に、行きながら、一人、暮しを、したんですね、

柴田理:ああ、はいはい、
相談者:でぇ、姉はもう、その状況が耐えられるずに、(うん)「大学に行きたい」とか、そう、いろんな、状況があったんですが、(うん)それがぁ、学費が出せない(うん)っていうような状況で、家を飛び出してぇ、いた状態で、妹は7つ下で、離れておりますのでぇ、(うんうん)その時は小学校も低学年だったのでぇ、(うん)もうとにかく、一緒に三人で、母とぉ、その、再婚した相手と、暮したっていう状況で、(あっ、はぁい)

相談者:もうきょうだい三人がバラバラでぇ、(うーん)育ったような状況がありましてぇ、
柴田理:じゃあ、お姉さんは一人でぇ、そのまあ・・
相談者:もう、家出をしたような、(あっ)もう、友達の家を転々とぉ、(おお・・)してぇ、まあ、妹もぉ、そのぉ、飲むとぉ、そのぉ、再婚相手がぁ、人が変わるような、いつもぉ、母とその再婚相手の間に入ってぇ、(うん)仲をとりもつみたいなこと(はいはい)だったっていうのを、結婚した後に、泣きながら聞いたような状況がありましてぇ、(はぁい)

相談者:でぇ、きょうだいとい、言ってもぉ、きょうだいじゃないような、(うん)他人のような、(うん)そんな感じで、でも、たまに、2、3年に一回、会ってぇ、(うん)母と、食事をするみたいな、(うーん)感じで、妹は22歳ぐらいで、結婚はしてるんですねぇ、(うん)

相談者:でぇ、わたしは29歳ぐらいで結婚したんですけれどもぉ、(うん、うん)この前、3年ぶりぐらいに妹と、か、母とか、と、食事をしたときに、(はい)わたしと妹が口論になったとき、があったんですけどぉ、(ああ、はぁい)そんときにこう、妹っていうんじゃなくて、一人の人として見た場合、ものすごいこう、苦労してるなっていうのがもう、すごい垣間見えてぇ、(ほう)

相談者:今まで母とは普通に、あの、食事に行ったり、こう、旅行に行ったりして、付き合っていたんですけど、(はい)この根源ってなんだろう?(うん)って思ってぇ、(うん)それが全てこう、母のこう、わがままだったり、女の意地だったり、(うーん)まあ、一回目の、実の父ともそんな、離婚はしたくなかったみたいなんですけれどもぉ、(うーん)

相談者:いつもいつもわたしが、あの、その、弁護士に、あ、一緒に遭うのも付き合わされたりぃ、父の会社の上司に会うのも一緒に同席させられたりっていう、そういう状況がその、小学校高学年だったりする(うん)ときに、ついて行ったので、もう、わたしがその、上司の前で、「もうこんなんだったら家を出て行こう」って言っちゃったのが、わたし、だったんですねぇ、(うん)

相談者:でぇ、それをきっかけに離婚するような事が、に、なったのでぇ、(うん)母はぁ、わたしを恨むっていうかまあ、「お前さえそういうことを言わなければぁ、離婚にならなかったのに」ってぇ、そのあと何度も言われてぇ、(はあ)

相談者:ただ、それはもう、自分の中ではもう眠っていた話だったんですけれどもぉ、(うん)この間、妹、口論になったときに、今まで封印してたものが全部、こう出て来て、(うん)フラッシュバックのように、あんなこともあった、こんなこともあった、一人で生活しててぇ・・お金がなくて、食べるものもなくてみたいな・・そんなこと、が、もう、ほんとにもう、どんどん湧き出てきてぇ、その感情が・・どうしていいかわからなくなってぇ、しまった・・

柴田理:妹さんとは、どんな喧嘩をしたんですか?
相談者:妹のぉ・・(うん)旦那さんも来ていてぇ、(はあ)母が目の前で居てぇ、わたしの娘が・・斜め前に座っていてぇ、えーっと、五人で食事をしたんですがぁ、(うん)ちょっとぉ、ワイングラスを持ったのでぇ、(うん)なんか、 「そんな持ち方おかしい」なんか、こう握ってもっていたので、「おかしいよ」って言って、それを、旦那さんのほうに、まあ、おとうとの方に、「もう、こうやって野放しにしていちゃいけないからね」・・って、言ったらぁ、(だ・・)「『野放し』ってぇ、どういう・・こと?」っていう、そのぉ、ほんんとに・・
柴田理:誰・・誰が、誰に言ったんですか?

相談者:わたしがぁ・・妹のぉ、旦那にですね、「こんなふうに、いつも野放しにしてたらダメよ」って、冗談のつもりで言ったのがぁ、(うん)すごい、冗談には、とれなかったみたいでぇ、(うん)「その、『野放し』って、なに?」って、(うん、うん)始まってぇ、ものすごい剣幕で、怒ってぇ、(うーん)ものすごい場が、もううちのぉ、娘なんか泣きそうだったんですけどぉ、母は飄々としててぇ、あの、妹と姉は、すごい仲が悪くて、いつもいつもこう、わたしが中に入ってとりもってるような関係でぇ、いつもLINEとかメールには・・

相談者:あの、お姉ちゃんがこうだって、妹から来るものでぇ、そういうのもいつも母にはぁ、あ、あたしがぁ、(うん)愚痴っていたような、(うん)状況なんです、(あの・・)またこんな・・
柴田理:妹さんとお姉さんが仲、悪いんですか?

相談者:そうなんです。
柴田理:あなたと、妹さんも仲悪いですねぇ、
相談者:いえ・・わたしとぉ、妹は、仲が悪いっていうことは、まったくなくてぇ、いつも、みんなで会おうっていうのは、いつもわたしが取り持ってぇ、
柴田理:姉さんと妹さんは、(はい)なぜ、仲が悪いんですか?

相談者:なぜだが、わからないんですけどぉ、(うーん)、結婚してからこう、たぶん家が近いのでぇ、家が近くてぇ、
柴田理:誰が結婚したときですか?
相談者:三人が結婚してからですね、

柴田理:あっ、お姉さんも今結婚してて、(はい)全部結婚してるんですね?
相談者:はい、そうですぅ、
柴田理:でぇ、結婚したぁ、ことで、疎遠になってってことですか?
相談者:そうです、(うん)疎遠になったのもそうですし、性格が合わないっていうのもそうですし、一緒に育ってきたないっていうのが一番の要因だと思うんですけどぉ、

柴田理:そのぉ・・ワイングラスの持ち方からぁ、どうしてお母さんがわがままだって話になったんですか?

相談者:ほんとはぁ、妹が、すごくあのぉ、メールでぇ、姉のことを、毎月、か、姉の子供達が結婚したとか出産したとかいうのはぁ、自分には全然知らせてくれないみたいな、そういうようなことをあたしに、あのぉ、メールをして、きてたんですけども、(はい)

相談者:もう、そういうことを、この歳になって、こう辛い話とか、嫌な話っていうのは聞きたくないからぁ、どうにか止めて欲しいなっと思ってるし、こう、疎遠になってしまって、きょうだいがバラバラになって、育った環境も違うのでぇ、もうこうなるのはわかっていたので、でぇ、性格も違うので、しょうがないんじゃないって、わたしがメールを返すとぉ、それにも腹を立ててた部分もあったと思うんですけどぉ、

柴田理:妹さんがねぇ、
相談者:はぁーい、んでぇ、わたしが、うまく・・はい、
柴田理:でも、仲が悪いんだったらぁ、なんでそんなもん、いろんなこと知りたいんですか?

相談者:あにと、そのおとうとの仕事が、関連して同じような仕事なのでぇ、あの会う場面が、あったりするので、
柴田理:し、仕事上の付き合いがあるんですね?
相談者:そうなんです、(はいはいはいはい)なのでぇ、誰がぁ、結婚したとか、誰がぁ、出産、妊娠したとかいうのが、すごくそのぉ、そこでわかってしまう?「なんでわたしには言ってくれないんだろう?」とか、そういうのがすごく今までもあったような・・

柴田理:そこまでなんでそのぉ、教えて欲しいとかぁ、そういうことにこだわるのがちょっとぉ・・なぜなのかがわからないんですけどぉ、
相談者:わたしもなんかぁ、付き合わなければいいのにな、と思うんですけど、そこがなんかどうしても、「きょうだいなんだから」とか言うのが、すごく強いんだと、思うんですけどねぇ、

柴田理:妹さんはやっぱお姉さん達ぃ・・を求めてらっしゃるんですかねぇ?
相談者:たぶん、そうだと思います。
柴田理:それでぇ・・お母さんのわがままっていうのはどこでぇ・・

相談者:再婚して、知らんではないんですけど、まぁ、それに近いような状況でぇ、(うん)今度はもう、離婚したいってなってぇ、その時も、蒸発ぅ・・したような状況で、離婚をしたんですねぇ、(うん)結局ぅ、(うん)、なのでぇ、何年間かぁ・・その行方知れずっていうかぁ、(うん)探しても、どこにいるか母親がわからずぅ、(うん)家もぉ、ほんと夜逃げみたいな状態でぇ、(うん)出て行ってぇ、(うん)みたいな・・

相談者:ん・・なんでこんなふうにバラバラに・・してきょうだいもバラバラ、子供達もバラバラにしてるのにぃ、(うん)自分は幸せに、なれないのかなぁ・・とか、そういうのを考えるとぉ、なんか妹も屈折してるしぃ、姉も、屈折してるしぃ、(うん)わたしも屈折してるだなぁと思ったときにぃ、(うん)

相談者:この根源はなんか、こう母親・・なのかなぁ?って、会う、その五人で会って食事してぇ、目の前でそういうふうに言われたときに、母親がなにもわたし、たちのきょうだい喧嘩に、入ってもくれなかったり・・だりいする、そのぉ、すぅぅ、母を見てぇ・・

相談者:なんでこうなんだろう?いつも、いつも、なんでわたしが矢面に立つんだろう?って、(うん)思ったときにぃ、やっぱり、このぉ、根源って母なんじゃないかなって、まあ、そういうふうに考える自分が・・おかしいのかなぁ?それとも、おかしくないのかなぁ?間違ってるのかなぁ?とか、そういうの今日ぉ、お伺いしたくてぇ、電話をしたんです。

柴田理:わかりました、じゃあ、先生に聞いてみましょう。今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ワイングラスの持ち方で仲たがい?なんとまあ暇な連中だこと!
    そんなクダラナイことで揉めてられるなんて・・・・・
    ウクライナの人々が聞いたらどう思うでしょうかねえ?
    小人閑居して不善をなす。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA