テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年10月14日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
46歳女性から、離婚し婚活アプリで知り合った男性と結婚を前提に付き合っているが、イトコと称する女性と同居しているなど不審な点が多いというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は46歳女性(働いている)、3年前に離婚し財産分与の件で調停中、元夫の親権で子供2人(長男15歳・次男11歳)婚活アプリで知り合った彼55、6歳

加藤諦三氏の〆の言葉『自分の願望を通して現実を見る事を外化と言います』

目次

スポンサーリンク

不審しかない彼

加藤諦:もしもしぃ?
相談者:もしもしぃ、
加藤諦:はぁい、テレフォン人生相談です。
相談者:こんにちはぁ、
加藤諦:はぁい、最初に年齢教えてください。
相談者:はい、46です。
加藤諦:46歳、結婚してます?
相談者:いえ、してないです。
加藤諦:ずーっと一人ですか?離婚して一人ですか?
相談者:離婚して一人です。
加藤諦:離婚して・・何年前ですか?離婚したのは、
相談者:離婚したのはぁ・・3年前です。
加藤諦:3年前・・お子さんは?
相談者:いるんですけれども、親権が、元主人です。
加藤諦:でぇ何歳ですか?今、その、お子さん、
相談者:子供は15歳、11歳、男二人です。
加藤諦:それでどんな相談ですか?

相談者:今、お付き合いしている彼がいましてぇ、(はぁい)結婚前提に、っておっしゃってくださってるんですけれどもぉ、(はい)・・ちょっと不審な点があるので、どこまで信用していいかなぁっていう相談です。

加藤諦:彼は今何歳ですか?
相談者:彼は今、50・・5、か、6かあたりです。
加藤諦:んでぇ、どっか信用できないっていうのはどういうことですか?結婚を申し込まれてるわけですねぇ?

相談者:ええ、そうです。

加藤諦:それでぇ、「結婚してくれ」って言われてんのに、どっか信用できないっていうのはぁ・・

相談者:彼が、事業でつか・・ってて持っているマンションがあるんですけれどもぉ、(はい)そこをわたしに、使用貸借でぇ、(はい)・・使わせてくださってましてぇ、(はい)・・でも彼にはぁ、本宅があるんです。

加藤諦:ん?本宅があるということは、彼はぁ、結婚してるんですか?

相談者:いえ・・それを・・何度もお話したらぁ・・戸籍を取って来てくださってましてぇ、(はい)・・戸籍上はぁ、結婚してないことになってます。

・・

加藤諦:戸籍上は、結婚していないけれども、実際には、一緒に住んでいる女性がいるの?・・・(はい)・・・その女性との関係っていうのはどうなんですか?・・・彼が言うには「いとこ」って言います。

・・

加藤諦:さっき、そのぉ・・「なんか信用できない」・・っていうこと言いましたけどもぉ、(ええ)・・今一緒に住んでるぅ、人がいる・・男性であればぁ・・それはぁ・・どこか信用できないところがあるっていうよりも・・信用できないじゃないですか、

・・

相談者:はい、

・・

加藤諦:でしょう?

相談者:はい、

加藤諦:どこか信用できないとこがあると、ような、どういう意味ですか?

相談者:でぇ、本宅がありましてぇ、もしわたしに結婚・・言ってくださってるんであればぁ、その「いとこ」も、会わしてほしいと、

加藤諦:うん、
相談者:言ったんですけれどもぉ、「2年か3年後には、彼女は出て行くのでぇ、それまでお前を、自宅に呼ぶことはできない」って言うんです。(はぁい)

相談者:やっぱり、そこに女性の影があるのでぇ、わたしも、「いやだ」っていうのはずっと言ってるんです。
加藤諦:そうすっと、彼はぁ、女性と一緒に住んでいるということですと、あなたとの関係は今どうなってるわけ?

相談者:わたしのマンションには、毎晩、来てくださいます。
加藤諦:だからぁ、あなたとは一緒に住んでいないんですね?

・・

相談者:一緒に、泊まることはしてくださってるんですけども、食事はしてないです。洗濯もわたしはしていない、家財道具もないところに彼が来てくださる、っていうことです。

・・

加藤諦:要するに、彼はぁ、あなたと遊び相手としてぇ、時々会ってぇ、るということですか?
相談者:それも、(ゴホン)何回も聞いたんですけれどもぉ、「2、3年後には必ず結婚するんでぇ、このマンションでぇ・・俺を信用させてくれ」・・って言います。

加藤諦:すぅぅ、ちょっとよくわかんないんだけれどもぉ、あなたは今ぁ、離婚して一人でいるわけですよねぇ?
相談者:はい、そうです。
加藤諦:それでぇ、彼には、結婚はしてないけどもぉ、(はい)一緒に、住んでる人がいるわけですねぇ?
相談者:はいそうです。

・・

加藤諦:そうすっと相談っていうのはどういうことですか?
相談者:本当にわたしが、結婚してくださるのかぁ、
加藤諦:本当に結婚ん・・(うん)してくれるのかどうかっていうのを、(うん)、これだけの情報ではわからないけども・・話を聞けばぁ、(ええ)

加藤諦:これはぁ、結婚する気はないという・・・普通、常識的に考えればぁ、46歳と55歳のぉ、(ええ)二人が結婚しようっていうんだったらぁ、(ええ)それなりのぉ、体制を整えて行くわけでしょう?・・(はい)

加藤諦:でぇ、どこか信用できないっていうのはぁ、むしろ、逆に、どこを信用してるわけですか?結婚、する、とか、しないとかっていう、彼の話の、
相談者:はい、よく****ますとぉ、知り合って翌月にぃ、1ヶ月だけ・・マンションで暮らさせてもらったんですがぁ、夜しか、会えなくってぇ、毎晩、体の関係だけだったことにぃ、ちょっと怖かったのでぇ、デートも連れてくださらなかったのでぇ、お別れを告げたんです、(ん)最初の1ヶ月でぇ、(うん)

相談者:でぇ、わたしは自分のマンションに戻ったんですがぁ、そこから彼の猛アプローチが始まりましてぇ、「お前は、俺の婚約者やからぁ・・」って言ってぇ、わたしのマンションにずっと、来てくださったんです。

相談者:でぇ、誕生日の日にぃ、プロポーズをするから、婚約指輪を渡すから、ホテルマンの人?・・一緒に祝ってくださいっていう内容・・でぇ、ホテル予約してくださ・・
加藤諦:プロポーズはするけれどもぉ、(うん)結局単純に言えばねぇ・・(うん)あなたはぁ・・

加藤諦:客観的に見ればぁ、これはもう、結婚の、相手ではないですよ、

・・

加藤諦:むしろあなたは彼がぁ、自分と結婚したがってると思ってほしいという、あなたの気持ちが、あるわけです。

・・

相談者:はい、
加藤諦:そのあなたの気持ちに従って彼を解釈してるんでしょう。

・・

相談者:ええ、
加藤諦:客観的にはぁ、事実を見て解釈してるわけじゃないでしょう?

・・

相談者:はい、
加藤諦:あなたの・・願望を・・現実と見做して、話してるんじゃないですか、今、

・・

相談者:はい、そうです。

加藤諦:そうでしょう・・・妄想ですよ、

・・

・・

相談者:婚約指輪渡すっていうのも言ってくださったしぃ、(うん、それ)口約束はしてくれてます。
加藤諦:何度も言うように、あなたは結婚したいんですよ、

相談者:うん、
加藤諦:でぇ、自分の気持ちが、優先しちゃっていてぇ、その気持ちを・・現実と見做してしまってるだけの話ですよ、

・・

・・

相談者:あ、ああ・・
加藤諦:違いますか?

・・

相談者:そうです。
加藤諦:そうですよねぇ・・(うん)・・だからぁ、相談も何も、

・・

加藤諦:結婚する気もぉ、ないんだからぁ・・こんな話はぁ・・最初っからないものと、考えなさいっていう、心理的な、立場から言えばぁ、今言ったような答えになっちゃうんですけれどもぉ、

加藤諦: これはぁ、心理的なことよりもぉ、(はい)、客観的なぁ、事実の問題としてぇ、考えたほうが、いいと思うんです。

相談者:はい、
加藤諦:でぇ、今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるのでぇ、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 第三者の目から客観的に見れば明々白々なのですがねえ。
    今日のアドバイスで目が覚めてくれるといいのですが・・・

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA