テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年10月17日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
揺れる心~難しい親子関係~32歳女性から、同性のパートナーと精子提供で授かった2歳の息子と幸せに過ごしているが、将来、息子に父の存在をどう伝えればいいでしょうか?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は32歳女性(未婚)、息子2歳(精子提供で授かる)、同性パートナー38歳の3人暮らし。

加藤諦三氏の〆の言葉『物事の視点が多ければ多いほど、過去にとらわれることがなくなります』

目次

スポンサーリンク

父親の存在を息子にどう伝えるか

加藤諦:もしもし?(はい)、はい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしく(はい)お願いいたしますぅ、
加藤諦:最初に、年齢教えてください。
相談者:32歳です。
加藤諦:32歳・・お一人ですか?結婚してますぅ?
相談者:えっとぉ・・未婚ですけれども、38歳のパートナーと、2歳の息子が、おります。
加藤諦:はい、わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:38歳の、パートナーなんですけれども、(あはい)女性の方でぇ、わたし達、同性の、パートナーなんですねぇ、(はい)、でぇ、2年前、に、その息子ぉ・・がぁ、生まれぇ、たんですけれどもぉ、
加藤諦:えっ?ちょっと待ってぇ、今一緒に住んでんのは38歳の女性の方ですねぇ?

相談者:そうです、女性のパートナーです。
加藤諦:それで2歳のぉ、(はい)男の子っていうのはぁ、(はい)当然このパートナーの子供ではないわけですよねぇ?

相談者:あっ、そうなんです、わたし達ぃ、同性パートナーと8年ぐらい、過ごしてるんですけどぉ、(はい)精子提供を受けてぇ・・2歳の、息子を、まぁ授かっている、っていう状態なんですねぇ、

加藤諦:はぁーあ!そういうことですかぁ、精子の提供を受けてぇ、(はい)その子がぁ、今、生まれて2歳になっていると、

相談者:そうです、はぁい、
加藤諦:でぇ、今38歳のぉ、パートナーの、女性の方との、(ええ)関係はうまく行ってんですねぇ?
相談者:行ってまぁす。

加藤諦:そうすっと、これあのぉ・・外から見るとぉ、(はい)別になんの問題もなく非常に、(はい)和やかに、三人で暮らしてる、(あっ)わけでしょう?
相談者:そうですねぇ、 ありがたいことにわたしの両親とかぁ、そのパートナーの両親とかも、(うん)受け入れていただいてぇ、恵まれた環境でぇ、育っているなと思うんですけれどもぉ、(うん)

相談者:なので、今時点でぇ何か問題が、あるっていうわけじゃ、ないんですけど、(ええ)息子も2歳に、なったのでぇ、(はい)おっきくなって行くとぉ、まぁお父さんの存在とか、気になってぇ、来るのかなぁ?(はああ・・)とぉ、思いましてぇ、父親の存在・・っていうのの伝え方ぁ、でぇ・・先生のぉ(うん)ご意見を、伺いたいなぁっていう、
加藤諦:ああ、なるほどねぇ、(はい)

加藤諦:これはぁ、あの、非常に、単純に偏見の問題ですよねぇ、
相談者:うーん・・あっ、
加藤諦:あなた自身がぁ、(はい)このことを問題にし始めればぁ、(うーん・・)

加藤諦:当然それはぁ、2歳からぁ・・5歳になり、(うーん)、10歳になったときに、息子のほうねぇ、(はい)・・それは気になりますよ、

相談者:あ、ああ・・
加藤諦:だって世の中は、偏見を持ってますから、
相談者:そうですねぇ、(うん)はぁい、****
加藤諦:だからぁ、(はぁい)そのときにぃ、(はい)

加藤諦:あなたが偏見が全然ないのとぉ・・(はい)あなた自身がぁ、(うん)偏見を持っているのとでは、まるっきり違いますよ、

相談者:うーんうーん・・うん、う、うーん・・
加藤諦:あなた自身がぁ、やっぱり偏見があるわけぇ?

相談者:自分はないと思っていました、ただぁ、外からの、偏見がぁ・・息子に、行っちゃうのかな、今後?とかぁ、息子がぁ・・負けないでほしいなっていう・・
加藤諦:負けないでほしいなってぇ、あなたが負ければ、これは負けるに決まってるでしょう、

相談者:そうですね、
加藤諦:だけど、負けなければぁ、負けないんじゃないの?
相談者:そうですね、(うん)、わたしがもっと、自信を持ってというか・・強く・・
加藤諦:うん、自信を持ってというかぁ、
相談者:あるの大事ですねぇ、うん、

加藤諦:自分の視点ですよね、物事を見る(うーん)視点がぁ・・(うん)1つの視点でしか物事を見られない人と、(うん)いろんな視点から物事を見られる人とで、(あ、ああ・・)まるっきり違いますよ、

相談者:うん・・うん、
加藤諦:視点の多い人のほうがぁ、どんどん人生は開けるんです、(うん)・・(あっ)あなた自身がぁ・・キツい質問なるけれども・・男性に対してはどういう・・視点があるの?

相談者:はい、
加藤諦:これ、あなたの無意識の問題だからぁ・・
相談者:あっ、そうなんですね、
加藤諦:はっきりは答えられないかもしれないけれどもぉ、

相談者:はい、
加藤諦:あなたは無意識に男性に対してぇ、(はい)憎しみがありますか?

相談者:憎しみはぁ、ない、です、ねぇ、すぅぅ・・お付き合いした方もいたんですけど、安心感っていうのはなかったかな、とは思います。

加藤諦:うん?・・付き合ったけれども?・・男と女の関係は・・(うん)なかった?
相談者:まぁ、あった経験もあります。
加藤諦:あったこともある?
相談者:ええ、

加藤諦:同性に対する調査ってものはぁ、(うん)まだはっきりわかってないんですけれどもぉ、(はい)アドラーとかいろんな医学者はいるんですけれどもぉ、(はい)そういう人たちの中にですねぇ、同性・・愛が、生まれて来ちゃう場合にはぁ、

相談者:うん、
加藤諦:異性に対する憎しみがあるっていうんですよねぇ、
相談者:うーーん・・はぁい、
加藤諦:それで今聞いたんです、あなたの場合には憎しみが、異性に対してなんかあるのか?っていうことを、

相談者:特に、はい、憎しみは・・ないですねぇ、はい、ま、純粋に、好き、な人が、同性だったっていう・・考え方ですねぇ、(うん・・)はぁい、
加藤諦:でぇ、今日のあなたのぉ、(はい)相談っていうのはぁ、(はい)今三人でぇ、平和に暮らしているけれども、

相談者:はい、
加藤諦:今後どうしたらいいでしょうか?っていうのが相談?
相談者:そうですね、今ぁ、もう何も問題なく、幸せに暮らしてるんですけどぉ、(うん)2歳の息子がぁ、父親の存在、が気になったときにどういう伝え方を・・したほうが、いいのかな?っていう、のが質問です、はい、
加藤諦:わかりましたぁ、今日はあのスタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんで伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA