テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年10月19日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
揺れる心~難しい親子関係~ 59歳女性から、小さい頃から酷い暴言を浴びせてきた親が、高齢になって万が一の事があった場合の助けを求めてきたのだが、どう対応すればいいでしょう?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は59歳女性、夫61歳の2人暮らし。父90歳、母83歳

加藤諦三氏の〆の言葉『レジリエンスのある人は、困難を成長する機会であるというふうに受け取ります』

目次

スポンサーリンク

切り捨てられない両親

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもしぃ?
加藤諦:はぁい、テレフォン人生相談です。
相談者:あ、お世話になりますぅ、
加藤諦:最初に、年齢を教えてください。
相談者:59歳です。
加藤諦:59歳、結婚してますぅ?
相談者:はい、
加藤諦:ご主人何歳ですか?
相談者:61歳です。
加藤諦:61歳・・でぇ今、お二人で暮らしてんの?
相談者:はい、
加藤諦:わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:えっとぉ・・わたしの、実の親・・との関係についてぇ、(はぁい)ご相談したいんですけれども、
加藤諦:実の親っていうのはぁ、お父さんお母さんどっちですか?

相談者:えっと、両方とも、元気なのでぇ、両方ともぉ・・で、
加藤諦:両方ともですねぇ、(はい)はい、どういう問題があんですか?
相談者:まぁ、虐待・・とまでは言わないんですけれどもぉ、(うん)あたしに対する暴言がぁ・・小っちゃいときから割と、酷くてぇ、(はぁい)

相談者:ま、例えばぁ、「家畜より使えねぇな」とかぁ、すぅぅ・・「家畜のほうがよっぽど、金になる」とか・・そういうことはもう、小っちゃいときから結構言われてたから別にそ***
加藤諦:その暴言っていうのは何歳ぐらいからですかぁ?

相談者:いやぁ、たぶん、まぁ、幼稚園ぐらいのとき・・にぃ・・言われたのがぁ、(はい)、「お前のことはまったく信用していないから」っていうことを、言われたんですねぇ、
加藤諦:そうすると、信用していない・・から、っという、(だから)レベルの暴言であってぇ、(はぁい)

加藤諦:「お前なんか生まなきゃ良かった」とかぁ、
相談者:ああ、それはぁ・・
加藤諦:そういう・・
相談者:ありましたぁ・・「わたしの子ではないよね」とか、

加藤諦:「わたしの子ではないね」っていうのは、親が子供に言う言葉としては、かなりキツイ言葉ですよねぇ、
相談者:キツイ、そうですね、あと、信用してくれない、っていうことはぁ、わたしが、何を言ってもぉ、(ええ)

相談者:ふた言目にはぁ、「ああ、信用してないから」・・って言われてぇ、全部こう、流されちゃってぇ、だから結構、親にぃ、相談、することがあんまりなかったんですよねぇ、(すぅぅ・・)だからあのぉ、学校の先生だとか、養護の先生んところに行ってぇ、相談するみたいな形でぇ・・やり過ごして来たっていうか、

加藤諦:そうするとぉ、作法だとかぁ・・なんとかっていう、そういう暴言ではなくてぇ、(ええ)内容としてはすごい暴言ですよね、「お前を信用していない」っていうのはねぇ、
相談者:そうですねぇ、かなり酷いですよねぇ、(ええ)

加藤諦:それが、かなり小さい頃からあったと、
相談者:うーん、幼稚園の頃からぁ言われてました、
加藤諦:それでぇ・・よくもちましたねぇ?
相談者:いや、もうぅ・・幼稚園ぐらいからわたし、精神を、病んでてぇ、(ええ)内科に、連れてってはくれるんですけれどもぉ、(はぁい)

相談者:内科の先生がぁ、「いや、たぶん、これはぁ・・精神的な物だからぁ・・」っていうことでぇ、「一回、そっちのほうの病院に行ったほうがぁ、いいんじゃないか・・」っていうことを、何回かの先生に、(あ、ああ)言われ、たみたいなんですよ、(ええ)

相談者:ですがぁ、うちの、両親んに、ずっとぉ、連れてってもらえなかったですぅ、(はい)はい、
加藤諦:でぇ、そういうそのぉ・・小さい頃からぁ、(はぁい)今言ったような暴言、でぇ、成長してくるとぉ、(はい)まず、人間関係うまく行かないと思うんですけれどもぉ、(はい)人間関係はどうだったんですか?

相談者:人間ん、関係に関してはぁ、親がまったくあてにならないからぁ、(はぁい)自分でぇ、信用できる人とかぁ、自分を助けてくれる人を自分で見つけなきゃいけなかったからぁ、(はぁい)

相談者:学校とか、職場とかではぁ、割といい子ちゃん、を演じてぇ、そいでぇこう、自分の味方を見つけるっていう・・だからぁ・・親があてになんないから、その人たちに、相談して助けてもらうっていう・・そういう感じでぇ、生きて来たと思います。

加藤諦:それぇ、普通ぅ、だとぉ、そこでもって心理的に病んでしまってぇ、人間関係うまく行かないんですけれどもぉ、(ええ、ええ)あなたの場合にはぁ・・(はぁい)物凄いしっかりしてるねぇ、

相談者:そういうふうに、親以外の人に助けてもらわないと自分が生きてかれないからぁ・・っていうのは、常にありました。(ああ・・)ってか、小学校卒業するときにぃ、養護の先生がぁ、(ええ)「あなたはぁ、親ぁ、のことを、もう、見捨ててるっていうか、全然あてにしてないからぁ、だからいつも、凄い高いアンテナを張ってぇ、自分に、の、味方になってくれる人をいつも探してるんだよねぇ」ってぇ、

相談者:「だからぁ、いつもわたしのところに来たりぃ、なんとか先生んところに行ってぇ、助けを求めてるんだよねぇ」って言って、「でも、その、生き方ってぇ、たぶん正解だと思うからぁ、これからもずっと高いアンテナを張って生きてったほうがいいよ・・」っていうふうにぃ、言ってぇ、くれたのでぇ、それでずっと生きて来たみたいな感じでぇ、

加藤諦:すぅぅぅ・・だけど、それは、(ふふっ)ほんとに素晴らしい生き方ですねぇ、
相談者:いやいやいや・・
加藤諦:そ、そういう親の元に生まれてねぇ・・そこで、ひねくれちゃったりぃ・・人間関係がみんなうまく行かなかったりぃ、(ええ・・)そういうことが多いはずなんですけれどもぉ・・

加藤諦:なかにはもちろんいるんです・・そういう環境に生まれながらもぉ・・親に代わる、物を見つけて、つまり、通常の場合にはぁ・・現実は敵と思う、ことが多いんですよ、(はい)

加藤諦:だけど、あなたの場合には、現実は敵だとは思わなかったんですよね?
相談者:いや、親が敵だからぁ・・
加藤諦:うん、親は敵ですけれどもぉ、(ふぅぅぅ)親以外の人も、全部敵というふうには見ていないんですよ、

相談者:親よりはマシ・・って形ですよねぇ、
加藤諦:ああ・・

相談者:親ぁ、と比べたらぁ、親より全然マシだから、「こっちについてこう」っていう・・
加藤諦:ああ・・そいで今日の相談っていうのはどういうことですか?
相談者:でぇ、それぇ、でぇ・・そういうふうに、親を、思っているのに、親は今更ぁ・・になってぇ、もう、母が80・・3でぇ、父がもう90なんですねぇ、(はぁい)

相談者:親が弱って来たのでぇ、(はい)わたしに助けを、求めて来てるっていうかぁ、
加藤諦:ああ・・それはそう・・
相談者:「何かあったら頼む・・」とかぁ、(うん)言わぁ、れるんですよ、

加藤諦:それはそうですよねぇ、
相談者:でも、わたしとしてはぁ、一応母にぃ、数年前に・・「うちってお墓どこにあるの?」って聞いたら、うちの母がぁ・・「お墓のある場所教えたくない・・」って、「お前には、お墓参りに来てほしくないから・・」って、あたしに言ったんですよ、

加藤諦:はあ、ああ、
相談者:そのことをあの人たちは、すっかり忘れてぇ、自分たちに何かあったときにはぁ・・変な話、お葬式だと、お通夜とか、お墓のこととかもぉ・・ちゃんとやってほしい・・(うん)っていうことを言って来てるんですねぇ、(うんうん)

相談者:でも・・あたしとしては、「何都合のいいこと言ってるのぉ?」みたいな、(ええ、ええ)でも、親としてはぁ、わたしがちゃんと今、こういうふうに家庭を築いてるからぁ、(ええ)自分はちゃんと親としての、仕事はもう全部、きちんとやったからぁ、わたしが、ちゃんとこういう・・(うーん、うーん)生活を営めてるんだってぇ、(うん)思ってるからぁ、(うん)

相談者:正しかった人生だったとおも・・ってるんだと(はぁい)思いますけどねぇ、

加藤諦:でぇ、あなたの今日の相談というのはぁ、
相談者:はぁい、
加藤諦:これだけのことを言ってぇ、やってぇ、おきながらぁ、
相談者:うーん・・
加藤諦:今更こういうことを言っていると、
相談者:うーん・・
加藤諦:わたしはどう対応したらいいかっていうこと?

相談者:そうですぅ、わたしはぁ、そのまま、親をこう、見放したらってっか変な話だけどぉ、もう、放っといても、いいのかとかぁ・・たぶん、わたしがやったことに対して、きっと、親は絶対・・ああだこうだと文句はつけんのは目に見えてるし、(うん)

相談者:それなのになんでやんなきゃいけないんだろうとか、いろいろ悩んでたぁ・・
加藤諦:思いますよねぇ、
相談者:ねえ・・はぁーい、(はぁい)

加藤諦:そりゃもう、ごもっともな、相談だろうと思います。
相談者:はぁーい、
加藤諦:今日はあのスタジオにですねぇ、
相談者:はい、
加藤諦:幼児教育研究の、大原敬子先生がいらっしゃってんのでぇ、
相談者:はぁい、
加藤諦:おそらく、ああ!なるほどなというようなぁ、
相談者:は、
加藤諦:お話を伺えると思います。
相談者:あっ・・

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 相談者が今、幸せであるのならば、ひどい親でも優しく接してあげられる。それでいいのかも。

    でもちょっとくらい嫌味を言って反省させてもいいのでは?

  2.  まさに私も同じことを父親に言われたことがあります 「牛は売れば金になるが お前は何にもならない」 と 母親は「子供は捨て養いでよい 手をかけるもんじゃない」と 賃金を稼ぐ事に 全精力(体力)を使ってましたね。

     でもって ボケ(認知症)で要介護 自活不能の段階で 二人そろって介護施設 そして 看取ってもらい 葬儀業者にすべての事をゆだね 一切関知しませんでした 世間体がどうの 人としてどうか(・・? 等と言うことなど無視  これで 私の心の安定が保たれました。
     まぁ ご相談者には ご無理かな?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA