テレフォン人生相談
柴田理恵・坂井眞

柴田理恵・坂井眞
テレフォン人生相談 2022年10月20日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
揺れる心~難しい親子関係~ 66歳女性から、10年前に夫と死別し、ずっと依存してきた次男が結婚して家を出る事になり辛くて泣けてくる。なんとか次男と一緒に住みたいというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

相談者66歳女性(元教師)、夫は10年間に他界、次男37歳と同居中の2人暮らし。長男40歳は結婚し独立

相談者が女性の元教師、息子がらみでの電話、マシンガントーク、あの伝説の「ダンベルおばさん」こと「元祖ガチャ切り」を思い出す。でも、多少は人の話が聞けるようで電話を切る事はなかった模様

伝説の始まり 元祖ガチャ切りダンベルおばさん マンションを処分したいがダンベル振り回す引きこもりの息子が占拠

目次

スポンサーリンク

次男と一緒に住みたい

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですかぁ?
相談者:息子ぉ、が、結婚するにあたっての相談ですぅ、
柴田理:あなたおいくつですか?
相談者:66歳です。
柴田理:ご主人はぁ?
相談者:10年前に亡くなりましたぁ、
柴田理:息子さん、っていうのは、他にごきょうだいいらっしゃるんですか?
相談者:そうですねぇ、40歳長男は、結婚して家を出ております。37歳次男と、同居しております。でぇ、10年前に夫を亡くしてぇ、(うん)その次男にぃ、精神的依存して生活しています。

柴田理:そのこの37歳のぉ、
相談者:そうなんです、(はい)そうなんです、(はいはい)結局ぅ・・夫代わりの様なことぉ・・でぇ、えーっと、息子、とても性格が優しいもんですからぁ(うん)、帰ってくるとぉ、一緒にご飯食べぇ(うん)、おしゃべりしたり、(うん)一緒にテレビ視たりなんていう感じでぇ、(うん)頼り切った生活をしていたんですがぁ、(はいはい)

相談者:結婚することになりましてぇ、(はいはい)相手の女性の方が、ズゥ、土地をたくさんもってみえるもんですからぁ、(はあ)「そこに家を建てたらぁ」と言われていますがぁ、(うん)自宅から40分くらい・・車で40分くらいの所です。(はい)

相談者:わたしはぁ、今、住んでる自宅に、一人、息子が出てってしまって、一人取り残されて、一人ぼっちになるのがぁ、(うん)すごく悲しくって、寂しくってぇ、(はぁいはぁい)辛い気持ちぃ・・なんですぅ、息子の結婚自体に対してはぁ、反対とかそういうことではなくってぇ、(うーん)今までぇ、精神的に依存してぇ、あの、子離れが、上手くできてないと思うんです、自分に、(うん、うん、うん、うん)

相談者:でぇ、頼り切った生活ぅ、から、その息子がいなくなってしまうという状況が(うん)、すごく寂しいと(うん)思ってぇ、(うん)泣きたくなるような、気持ちぃ、でぇ、もう、ちょっと不安定な感じになっているんですがぁ(はぁい)、彼女の方がぁ、「あの良かったらお母さん一緒に住めばいいじゃないですか」って、言ってくれてるんです。

柴田理:え、ええ、ええ、えぇぇぇ・・!
相談者:ええっ!?とか思って、すごく救われた気持ちになってぇ、(はぁい)でぇわたしも、それに乗っかりたいと思うんですが、(うん)友達に相談すると、「絶対上手くいかないからぁ・・」(うん・・)「それは止めた方がいいよ」って、みんなぁ、異口同音にぃ、言うんですねぇ、(うーん、うん、うーん、うん)

相談者:うん、でもぉ、***でぇ、わたしがぁ、今、考えてるのがぁ、例えば一週間の内、半分を、そちらの、息子夫婦と同居させてもらって、あと半分は、今の自宅のほうに、(ああ)帰ってぇ、行ったり来たりの生活だったらぁ、(うん)あまり嫁さんもぉ、そん、ずーっと居るよりも、気を使わずに、いいのか、わたしにとっても、自宅で一人で居るのは寂しいんですが、(うん)

相談者:でもまた、息子の家に居てぇ、一緒に住めるわぁ、って思えば、まあ、我慢も出来るかなぁっていう感じでぇ、
柴田理:はあああ・・

相談者:そんなぁ、ことを、考えてて、言うと、お友達なんかはもう(うーん・・)、「無理だから一人でぇ、自宅に住んでた方がいいよ・・」って、言う(うーん、うん、うん、うん)言うんです。でもわたしは、せっかく?お嫁さんになる方が、そんな申し出してくださったらもう・・乗っかるなら今だな!あの、同居してみたいな・・って気持ちがすごく強いです。

柴田理:わたしが友達だったらぁ、やめたほうがいいと思う。

相談者:そうですよねぇ、
柴田理:だってぇ、(うん)息子さんはもう、(うん)お嫁さんのもんだから、
相談者:そう、それをわかってるんです、うん、
柴田理:それをねぇ、目の前で見るの、嫌じゃないですか、

柴田理:例えばばね、(うん)お母さんがさぁあ、(うん)今日は、あの話・・したい、今日はこのテレビみたから(うんうんうんうん)この話したいと思っててもぉ、(うん、うん、うん)息子はぁ、(うん)絶対、お嫁さんと話したいですもん、

相談者:そう長い時間じゃなくてもいいですから、息子が帰ってきたときに、もちろん、わたしと二人じゃなくて、嫁さん交えた三人でぇ、
柴田理:いやあー!
相談者:夕ご飯食べながら、
柴田理:いやあー!
相談者:ちょっと話して、っていうふうにはいきませんか?

柴田理:イラァッとすると思うなぁ、
相談者:嫁さんがね、
柴田理:違う!違う!(息子?)お母さんが!

・・

相談者:わたしがイラっとする?
柴田理:そう!!・・だってぇ!・・(うん)自分がずーーっと、「かわいい」「かわいい」「大事な」「大事な」息子をさぁあ、(はい)まるで、我がもののように・・取っちゃうんですよ、

相談者:でもわたしも、この家で一人で居たらもう、息子ぉ・・には遭えない、ずっと一人で暮らすっていうのがもう・・辛くってぇ(すぅ!)泣けてくるんです。

柴田理:おかあさん・・(ああ・・)でもさぁあ・・(うん)車でたかだか40分ですよぉ・・遊びに行くのは構わないけどぉ、(うん)そこで生活するとなったらもう・・それこそねぇ・・(はぁい)自分の大事な息子を取った嫁の・・(はい)箸の上げ下げから歯ブラシの置き方からぁ、(ええ)おたまのぉ、カレーの汁が垂れたとか、そこまでイライラするもんよぉ、

相談者:するかなぁ?じゅ(いやあ、ねぇ)だって、そういうのぉ・・気にならないタイプだと思うんですがぁ、

柴田理:そうならない為にも、あたしは遊びに行くのがいいなぁ・・!と思いますけどぉ、
相談者:そびに行くのがぁ?
柴田理:うーーん、それでもやっぱりぃ、一緒にぃ・・住みたいですか?

相談者:それはわたしが子離れ出来てないからぁ、
柴田理:すぅ、わかってらっしゃるならぁ・・しましょうよ、
相談者:その、子離れの仕方がわからない。

柴田理:(笑)
相談者:わたしが自分の世界を見つけることだと思うんです(うん)、いろいろチャレンジしてるんです、わたしも、ジムに通ってます、あの、カラダ動かす、スポーツジムに(はぁい、はい)、あ、仕事もわたし、長い間、教師を40年ぐらいやってて、(あっ)なので、今も、非常勤という形でぇ、(はあ、はあ、はぁい)ボチボチやったりとかぁ、(うん)

相談者:生け花とか、合唱とか、習い事もやってみたんです。
柴田理:はぁい、はぁい、
相談者:生きがいとかそんな風にはならなぁい、(ん)だから今、なんとかわたしもその自分の楽しみ見つけようと、あがいてはいるんです。

柴田理:すっごいがんばってらっしゃるとは思いますよぉ・・(**)だけどぉ、(うーん)息子さんの幸せを考えてみてください。

相談者:うーん・・
柴田理:息子さんはぁ、おかあさんに、ずーーっと、そうやってぇ・・いられたら、かわいそうじゃないですか?

相談者:か、かわいそうですかぁ?やっぱりぃ・・うっとうしい?
柴田理:うん!!
相談者:うーん・・
柴田理:今はねぇ、そういうふうに言わないけどぉ、(うん)お嫁さんと絡んだ時にだんだん・・「うっとうしいんだよ!!」ってもし爆発したら、どんな失望、し・・
相談者:だからぁ、(するかぁ・・)もう・・絶対トラブらないようには、わたしは我慢して、それを頑張らなきゃあね、それはぁ、すごく、もう茨の道だと思いますよ、我慢せんならんことがいっぱいだしぃ、(すぅ)言ったらぁ、何も言ったらあかんなぁ、とは思ってるんですがぁ、(うん)それでも上手くいかないかしらぁ?

柴田理:わたしはそう思いますけれどもぉ、回答者の先生がねぇ、アイディアを出してくれるかもしれませんからぁ・・(はぁい)ちょっと聞いてみましょうか?
相談者:はい、

柴田理:今日の回答者の先生は、弁護士の坂井眞先生です。
相談者:はい、
柴田理:先生お願いします。
相談者:はい、よろしくお願いしますぅ・・

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 世の中にはいろんな人がいるけど、本当にいるんだね、この相談者みたいな人が。
    嫁さんになる人が「同居してもいい」と言ったようだけど、ただのリップサービスだよ。真に受けてもらっちゃ困るよね。
    相談者は自分の都合しか頭にないから、現実がわからない。
    息子(次男)がマザコンじゃないといいけれど・・・

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA