テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2022年10月27日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
34歳女性から、婚活で知り合い、交際を半年で結婚したが最初からのお互いの嫌なところが目立ち、夫からは「悪口が多いので離婚したい」と言われているというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は34歳女性(夫の税理士事務所で働く)、夫42歳(税理士・2年前に開業)、娘5ヶ月、婚活で知り合い2週間でプロポーズを受け、交際期間半年で結婚して1年ちょっと経つ

目次

スポンサーリンク

結婚1年ちょっとで離婚話

柴田理:もしもし、(はい)テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですかぁ?

相談者:まだ結婚してぇ、1年ん・・ちょっとなんですけれどもぉ、(はい)もう・・離婚話が出ていましてぇ、
柴田理:ああ・・あなたおいくつですかぁ?
相談者:34です。
柴田理:はい、ご主人おいくつですかぁ?
相談者:40、2です。
柴田理:もちろんお子さん、いらっしゃらない・・ですよね?
相談者:あっ、(いらっしゃらない・・うん)それがぁ、まだ、生れたばかりのあか、女の子ぉ(ああ・・はい)、がぁ、5ヶ月ぅ・・
柴田理:5ヶ月?どうしてそんなぁ・・ねえ、赤ちゃんも生まれたばっかりでぇ、幸せな感じがするのに離婚の話になっちゃってるんですか?

相談者:交際期間がぁ、(うん)たった半年ぃ・・だったんです、でぇ、もともと結婚前提のお付き合いでぇ、(はぁい)もう、出会って二週間でぇ・・もうプロポーズされて、もう、結婚っていうのが先に決まった状態だったんですぅ、
柴田理:ああ、はぁい、はぁい、

相談者:でぇ、その半年付き合ってる間にぃ、でもぉ、他のどんな男性を見ても、一番この人が素敵だなと思ったのでぇ、(うん)、結婚はしたんですけどもぉ、(ほう、ほう、ほう)お互いぃ・・相手の嫌なところが、最初からあってぇ、(うん)まあ、向こうはぁ、わたしがぁ・・悪口を言うところぉ?がぁ、(はぁん)どうしてもぉ、嫌・・の、ようでぇ、(はあ)彼の中ではぁ、(うん)なんか全然関係ない他人のことを、ちょっと言っただけでもダメなんです。

相談者:最近あった話ではぁ、(うん)あのわたしぃ、がぁ、子供と一緒に入院してたんですけどもぉ、(うんうん)同じ同室のぉ、人がぁ、隣の人がぁ、神経質というかぁ、(うん、うんうんうん)ちょっと音が出ただけ「うるさい!」って言ってくるような人でぇ、
柴田理:あ、ああ・・

相談者:「最後の最後に嫌な思いしたわぁ・・」(うん、うん)って言っただけでもぉ、(うん)向こうは、もうなんか、「聞きたくない」っていう・・(ほお・・)人で、でぇ彼もぉ、あたしがぁ、「悪口をよく言うなぁ」と思ってたみたいでぇ、(うん)でもわたし以外にぃ、いないんでぇ、「まあ、いいかぁ」と思ってぇ、結婚したらしいんですよ、

柴田理:しぃ、不思議だな、っと思うのがねぇ、(はぁい)その二人、まだ若いしぃ、なんでぇす、お互いに、この人を・・でぇ、まあ、いっかぁ、みたいに、結婚したのかなぁ・・っとぉ、思ってぇ、

相談者:共通点がすごいたくさぁーん、あってですねぇ、(ふん、うん)婚活で出会ったですけどぉ、もう実家がぁ、もう、歩いて5分の距離のぉ、(うん、ふんふん)とこだったんでぇ、とか仕事が、まったくおんなじぃ・・(うん)業種だったりとかぁ(あ、ああ・・)、そういうのでぇ、話してると楽しくってぇ、(うん)

柴田理:あなたは、どこが、ちょっと嫌だったんですかぁ?
相談者:ぜんぜん、気持ちを、わかってくれないところです、ねぇ、あたしは、こう、わりかし、吐き出したい人なんですけどぉ、(うん)そのぉ・・ただ聞いて欲しかったりするだけなんですけどぉ、(うん、うん)、それを、聞いてくれないからぁ、(うん)悪口だから嫌だってぇ・・でも「あたしは、誰に探せばいいのぉ?」とか言ってぇ・・(うん、うん、うん)喧嘩も、したこともう、あるんです、

相談者:あとはぁ・・彼はぁ、まあ、個人事業主でぇ、(うん)そこにあたしがぁ、一緒に働くことになったんですけどぉ、(うん)給料を、くれなかったりぃ、身内になるからって、

相談者:わたしはすごい怒ったんです、(うん)でぇ、未だに彼はぁ、その事は間違ってないと思ってるんです、自分の中で、実は、二年前に開業したばっかりでぇ、(うん)まだ、あのぉ・・お金が、そんなに、なかったんですよね、あたしにぃ、毎月5万円のぉ、給料を、くれるんですけどぉ、(はぁい)「それはぁ、お給料じゃない・・」ってぇ、

相談者:「二人の、今後の生活費だからぁ、自分のことには使っちゃダメだよ」って言われたんです。それまだ、結婚してないときなんです。

柴田理:個人事業主って、ちゃんと、会社になってるん、ですかぁ?
相談者:そうです、はぁい、税理士、です、でぇあたしは、あのぉ、独身時代に、税理士事務所で働いてたんですぅ、(はぁい)、

相談者:でぇ、彼は税理士ぃ、(はい)なんでぇ、(うん)、わたしぃがぁ、入ればぁ、手伝ってもらえるしいいやぁ・・っていう感じで彼はぁ、(あ、ああ・・)あのぉ、思っててぇ、(うん)でぇ、あたしとしてもぉ、彼の事務所で働けるのはいいとぉ、思ったんですけどぉ(ああ、うん)、

相談者:給料はぁ、5万、だすけどぉ、(うーん)でぇ、それはぁ、生活費として使うからぁ、(うーん・・)好きなものに使わないでと、(うーん)言われてぇ、(うーん)でぇ、働いてるのにぃ、あたしのお小遣いないの?って、いう・・でぇあと、あたしがもう一個納得いかないのがぁ、(うん)彼はぁ、(うん)あたしと出会うまでにぃ、(うん)6年ぐらい付き合ってた彼女がいてぇ、その彼女がぁ、を、養ってたんですって、(うん)

相談者:でぇ、彼女は、6年間、働きもせず、何もせずぅ、家で、ただボーっとしてただけらしくてぇ、(ああ)そういう彼女の事はぁ、でも養うのにぃ、(うん)あたしは、働いてるのに、働いた分の対価がもらえないんだっていう・・のがぁ(ああ・・)、あたしはそこで嫉妬してぇ、「働いた分ぐらい、(うん)くださいよ」って言ったんだけど、(うん)そしたらぁ、「給料というのはぁ・・」(うん)「払う側が決めるんだ」と、

柴田理:ふふっ(苦笑)
相談者:「働きっぷりで、どんだけ頑張ってるかでぇ・・」
柴田理:えっ?ええー!!
相談者:「お金っていうのは、決まるだ」ってぇ、「ええっ?!」っていう・・でぇ、感じで、でぇ、も、もうでも、前の彼女には、そうやって、やってたわけです、
柴田理:じゃあ!
相談者:は、はぁい、はい、
柴田理:あなたも、勤めなきゃいいんですよ、税理士事務所に、

相談者:はああ・・そうなんですけど、なんかぁ、あてにされててぇ、(うん)でぇ、そういうのもずーっとぉ、彼に、言ってるんですけどぉ、(うん)全然、やっぱりぃ、自分の、考えを、まげなぁーくってですねぇ
柴田理:うーん・・

相談者:その、あとぉ・・今、従業員がいるんですねぇ、(うん、う、うん、うん)でぇ、そのぉ、従業員のぉ、女の子にぃ、最初は15万だったんですけどぉ、(うん)まだ、勤めて半年ぐらいの子でぇ、(うん)プラス2万、給料を・・上げたみたいなんですぅ、(はい)

相談者:ただその子ってぇ、全然、仕事を、しないしぃ、(うん)最初、簿記を取るって言って入ってきたのに、簿記を全然取らないしぃ、(うん)仕事ぶりとしてはぁ、わたしがやってたことと、まったく一緒なのにぃ、給料を、上げたんですぅ、(うーん・・)

相談者:でぇ、あたしはぁ、その最初の彼を知ってるからぁ、(うん)なんでその子には、そんなにお金あげれるの?自分でお金なんか使っちゃいけないって、わたしは言われてるのに、(うーん)なんでその子は、それだけもらえるの?って、

柴田理:うーん、
相談者:あたし、それを、怒ったんですよ、(うん、うん)この数日内に、(うん)そしたらぁ、「また言い出した」みたいなこと言われてぇ、「乗り込んだぁ」みたいな・・最終的にはなるん、ですよね、(あ、ああ・・)

柴田理:あなたとしてはぁ、(はい)離婚はどう思ってるんですか?
相談者:いい思い出もあるし、まだぁ、(はあぁ)そんなにぃ、めちゃくちゃ別れたいとかぁ、ん、いう思いはぁ、ないん・・ですぅ、

相談者:なるべくなら、今はまだ離婚したくないんでぇ、
柴田理:どうしてですかぁ?
相談者:悪口は減らそうとかぁ、そういう改善できる、ところを、あのぉ・・
柴田理:なおりますけかねぇ?

柴田理:ご主人はぁ、離婚ん・・を、したいと思ってらっしゃるんですか?
相談者:考えてるらしいです、はっきり決めてはないみたいですけど、
柴田理:なぜ、離婚したいかっていうことはぁ、話し合いなさいましたぁ?

相談者:ああ・・しまぁ、したねぇ・・

相談者:彼からするとですねぇ、あたしに何を言ってもぉ、(うん)あたしぃ・・に、責められるというか、すごい、あたしがぁ、聞き方がですねぇ、「なんでぇ?」「なんでぇ?」って言うのでぇ、なんか、詰めよられてるように、(あ、ああ・・)感じるらしいんですよ、

柴田理:うん、うん、うん、うん、
相談者:でぇ、あたしはぁ、(うん)ほんと、自分の中でぇ、知りたいから聞いてるんですけどぉ、(うん)知りたいから、聞いてるように、聞こえないみたいでぇ、だからこう、責められぇ詰むように、(うん、うん)感じるぅ、みたいでぇ、(うん、うん、うん)それぇ、がぁ、家に帰ってぇ、(うん)毎日あるとぉ、「しんどい・・」ってぇ、「ああ、悪かったなぁ・・」ってぇ、思ってぇ、こう・・

柴田理:えっ?!・・思ったんですか?悪かったって?

相談者:思いますよねぇ、
柴田理:ど、どういうところがぁ?

相談者:話し方もそうなんですけどぉ、給料2万円上げたって、その従業員のことに関してもぉ、(うーん)、まあ、彼からするとぉ、(うん)自分、決めたことを、否定されたような、(うん、うん)気がしたんだなぁ・・ってぇ、思ったからぁ、彼なりにこうやって考えたんだなぁ・・ってぇ・・

相談者:思うようなこう、寄り添うような気持ちが足りなかったなぁ・・って、思ったんですよ、

柴田理:違うと思いますよ、

相談者:えっ?違いますぅ?
柴田理:はい、

・・

柴田理:旦那さんのぉ、(はい)経営してる会社に・・口出すからですよ、

・・

相談者:へえっ?!

柴田理:そこが違うんですよ、

柴田理:じゃあ、まあ、今日のぉ、(はい)ご相談はぁ、(はい)旦那さんがぁ、「離婚したい」っておっしゃっててぇ、あなたはそんなでもないけれどもぉ、この先、どうしてったらいいですか?でいいですか?

相談者:ああ、そうそうそう、そうですねぇ、はぁい、
柴田理:ねえ、じゃあ、先生に聞いてみましょう、今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 相談者ばかりが責められてるような回答だったけど、相談者の夫にも大きな問題があると思うな。
    旦那は相談者を安価な労働力としてしか見ていない。
    離婚するのが正解だと思う。

  2.  一般的な離婚相談だと 離婚後の生活資金問題 結局手に職を持つ女性だったら自活できる  今回のご相談者 税理士 これだけで 稼げます
    さっさと 離婚なさり 自活なさい 子の親権は 調停→裁判 で 決めてくれるでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA