テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年10月28日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
52歳女性から、三日前、夫から何の相談もなくマンションを契約し別居するというLINEがあったので、今後の法的な金銭対策を伺いたいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は52歳女性(専業主婦) 夫55歳、長男12歳

加藤諦三氏の〆の言葉『夫婦と言っても、赤の他人という関係があります』

目次

スポンサーリンク

LINEで別居の連絡

加藤諦:もしもし?
相談者:あ、もしもしぃ?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:お世話になりますぅ、
加藤諦:はい、最初に年齢を教えてください。
相談者:はい、52歳です。
加藤諦:52歳、結婚してます?
相談者:はい、既婚でぇーす。
加藤諦:ご主人何歳ですか?
相談者:55歳でぇーす。
加藤諦:55歳、お子さんは?

相談者:一人です。

加藤諦:何歳ですか?
相談者:12歳です。
加藤諦:12歳、男の子?女の子?

相談者:男の子です。
加藤諦:はいわかりました(はい)、でぇ、どんな相談ですか?

相談者:三日目に、主人が、何の相談もなく、(はい)ウィークリーマンションを、契約してお金も払ったのでぇ・・二週間後にぃ、(はい)っと、そちらにぃ、自分が別居するというような、報告を、LINEのほうで、してきてぇ・・

相談者:っと、それでぇ、
加藤諦:という事はもう、日常会話はなくてぇ、(はい)LINEで話をしてた訳ね?
相談者:そうですねぇ、日常会話なくてぇ、話し合いも、してくれないのでぇ、LINEのほうでぇ、(はい)主人のほうから、必要な事項は、**に、暮しているんですけれどもぉ、(はぁい)連絡ぅ・・事項は、そのような形で、取っていましたぁ、
加藤諦:はぁい、いつ頃からですか?離婚の話、なったのは?

相談者:主人のほうからぁ、「できれば別れたいんだ」っていうような話があったのはぁ、2、3年前にぃ、
加藤諦:ああ、そうですかぁ、
相談者:こう・・愚痴みたいな形でぇ、言われましたぁ、

加藤諦:2、3年前から離婚という言葉そのものがもうすでに出てたわけですね?
相談者:ま、できれば別れたいっていう(はい)ような話は、はい、(はい)

加藤諦:それでぇ?

相談者:三ヶ月間、ウィークリーマンションのほうに、(はい)とりあえず、住むことになったのでぇ、(ええ)その後のことはぁ、自分の方でゆっくり、準備をしてぇ、考えたうえでぇ、また報告をしますっていうような、話があったんですがぁ、
加藤諦:はぁい、

相談者:それだけで、金銭的な問題、生活費とかぁ、そういった部分は、どのようなことになるかっていうことがぁ、言及されていなかったのでぇ、えっとぉ・・
加藤諦:という事はもう、離婚する・・のがぁ・・
相談者:つもりではないかな、とは思うんですがぁ、
加藤諦:うん・・

・・

加藤諦:離婚後の、子供の養育費から始まってぇ、(はぁい)いろんな、話し合いを必要とするんですけど一切そういう話し合いはないんですね?
相談者:ないです。もしものことがあった場合にと思ってぇ・・もう3年ぐらい前からぁ・・主人に提示をしてくれるように何度もお願いはしていたんですがぁ・・

相談者:家の財産がどのくらいあるのかっていうのも、教えていただけなくぅ、(はぁい)・・しごと・・
加藤諦:あなたぁ、今、働いていないんですか?
相談者:はい、専業主婦でいますぅ、
加藤諦:専業主婦ですか?
相談者:はい・・それであの、LINEの方で、お金の面に関してはどのように考えて出て行くのか?ということを聞きましたらばぁ、(はい)

相談者:当面は、給与の入っている口座から、お互いに自由に、使ってぇ、わたしの方で足らなかったらば、自分で働けっていう・・(ああ・・)返事でした。

・・

加藤諦:話し合いっていう感じじゃないねぇ、足りなかったら、自分で働けって言うんじゃあ、すぅぅ、(はぁい)でぇ、話が出たのは2、3年前からってことですけど、(はい)それまでも、(はい)上手く、いって、はなかったですね?結婚生活は、

相談者:はぁい、5年ぐらい前にぃ・・(はい)主人がぁ、仕事で、海外のほうに、い、単身赴任をしていたんですがぁ、(はぁい)、1年9ヶ月ぐらい行っていたんですけれどぉ、(うん)5年前にぃ、帰国してからぁ、(はぁい)えっとぉ、すぐに様子がおかしくてぇ、(はい)子供の事もまったく、目に入らない状態でぇ、(うん)

相談者:自分の部屋にこもってぇ、(うん)電話をしていたり、(ええ)メールをしていたりとかっていうような状態だったのでぇ、(はい)子供ぉ・・がやっぱり、父親が、久しぶりに戻ってきたのでぇ、(はい)お父さんと、三人で仲良く暮らしたいんだけどぉ・・っていう話をしてるんだっていう話をしたんですがぁ・・

相談者:「よくある、世間で言うような、仲いい家族と言うのは諦めてくれ」って言われてぇ、(うん)わたしも、「いや、子供ぉ・・が、望んでいることだからぁ、お互いに話し合いながらぁ、ダメなところはダメでぇ、直していきながらぁ、上手くやれないか?」っていう提案をしたんですがぁ、もう一切拒否をされていたのでぇ・・

相談者:そのまま、わたしはぁ、あのぉ・・子供が可哀想なので、一応、上手くやっていくように、主人に働きをかけてきてはいたんですがぁ、2年ぐらい前にぃ、ずーっと態度が変わらないのでぇ、「どのようにしたい、のか?」っていうの聞いたらばぁ、初めてぇ、(うん)出来ればぁ、別れたいと思っているっていうふうに・・

相談者:そこで初めてぇ・・
加藤諦:なんか今の話聞くともう、ご主人のほうはもう、結婚生活そのものに(はい)、もう、見切りはつけちゃっているっていう感じですね、

相談者:そうですね、5年ぐらい前からもう、主人の中では離れていってました。
加藤諦:はい、それで今日のあなたの相談というのはどういうことですか?

相談者:突然の、別居の提案を受けてぇ、金銭的なものでぇ、もし、そのまま別居ぉ、続けていく場合のぉ、法的な?金銭関係の、手続きとかぁ、処理の仕方・・を、教えていただきたいですしぃ、
加藤諦:ああ、そうですか、

相談者:あ、あともし、三ヶ月後に離婚という話がぁ、だんだん、お互いに色濃くなってきた場合、金銭的な、処理の仕方ぁ・・慰謝料とか(はい)養育費とかぁ、財産分与の件とかでぇ、どのようにしたらば、わたしたちの生活が守れるのか?っていうことを、お聞きしたいんですがぁ、
加藤諦:はい、わかりました、

加藤諦:わりと、気持ちの問題は、そのものは整理ついてんです**、り、離婚はしな・・
相談者:はい、ついてます、(はい!)はい、
加藤諦:わかりました、今日はあのスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんので、(はい!)伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  先日の 税理士資格をお持ちの奥様とは真逆で 職業能力のないご相談者ですねぇ まず自活できる術(すべ)を 取得すべきですねぇ!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA