テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2022年11月3日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
53歳女性から、実家の母から沢山の荷物が送られてきて「必要ない」と言っても止めてくれない。小学5年から仲が悪い母と関わらずに生きていきたいというご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

相談者は53歳女性、長男14歳、離婚している。実家の両親、母88歳、父89歳、2人暮らし。きょうだいは兄がいる。

目次

スポンサーリンク

仲の悪い母と関わらず生きていきたい

柴田理:もしもし、(あっ)テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですか?

相談者:実家の、母、から、(はいはい)・・たくさん・・の、いらない荷物が送られてくることについて、
柴田理:あなた今おいくつですか?
相談者:50、3です。
柴田理:ご結婚なさってますか?
相談者:いいえ、離婚して一人です。子供一人、わたし、一人、はい、

柴田理:お子さんはぁ、おいくつですか?
相談者:え、14です、おとこ、の子、はい、
柴田理:実家のお母さんから、荷物がくるって、どんなもんなんですか?
相談者:昔、わたしがぁ、(うん)使ってたというらしい、お人形さんとかぁ、子供の頃着てた洋服とかぁ、(ああ・・)あとはぁ、買ったけど使ってない生地とかぁ、きっと母のぉ・・洋服、

柴田理:お母さまおいくつですか?
相談者:えーっと、80・・8・・***
柴田理:お父さま、おいくつぅ?
相談者:えっと、89です。
柴田理:えっとぉ、おふたりとも高齢で、ふたり暮らしですか?

相談者:はいそうです。
柴田理:んでぇ、お母さんはぁ、その、まあ、(はい)なんか、おっしゃってますぅ?
相談者:初めの頃はぁ、「送ったから」って、電話、とぉ、(うん)あと、まあ、「送ったから」ってだけですけど、あとはそのぉ、ほんとにそれが届くとぉ、(うん)箱が4つとかぁ、箱がぁ、5つとか、ほんとにたくさん送ってくるから、途中でほんとにいらない、のでぇ、(うん)「いらない」って・・やんわりぃ、言い出したんですけど、(うん)ん、それでもたくさん送って、くるからぁ、

相談者:ほんとにいらないんだ、ということとぉ、(うん)それに時間とられるのが嫌だからぁ、ちょっと、きつぅ、く、「やめてほしい!」っていうのを、何度も伝えたんですけどぉ、(うん)もうそれでも、してぇ、きてぇ、もう、わたしが例えば電話をとらなかったり、(うん)する、とぉ、「いや、3分だけ、聞いてください」とかぁ、そのもの、送ったものに関する説明をしたり、

柴田理:え?あ?向こうの?お母さんが?
相談者:はぁい、
柴田理:えっと、あなたはぁ、ごきょうだいとか、いらっしゃるんですか?
相談者:兄が、います、はい、
柴田理:ふんふん、お兄さんに言いましたぁ?そのこと、

相談者:伝えた事はあるけど多分、でも兄にはしてないから、兄は理解し、できないんじゃないかと思います。
柴田理:ん?、ん?ん?、お兄さん・・
相談者:あたし・・

相談者:にはぁ、そういうことしないからぁ、ハァ、あのぉ、わたしはそれは伝えてあるけど、たくさん荷物送ってくるとか、片付けれないからかもしれないけどぉ、ハァ、たくさん来るけどぉ、まあ・・ 見ないで捨てるものもあるだよ、っていうのはぁ、兄には伝えてるけど、特に兄は・・何も言わない、もしそれを兄がぁ、母に・・

相談者:言った場合は、(ウン)のは、母が、とても、激昂するだけなんで、

柴田理:お母さん、と、お父さんの年齢から言うと、認知症とかぁ(はい)、そういう・・可能性・・は、なきにしもあらず(あっ)じゃないかと思うんですけれどもぉ、
相談者:父は、とってもぉ、そんなことはなくってぇ、(うん)母ぁ、に、関しては、わたしと兄はぁ、少し疑ってるけどぉ(うん)、でも、側に居る父、からしたらまぁ、そこまでぇ、そういうことはない、と、テレ、ビとかもちゃんと、一緒に視るし、お料理もするしぃ、
柴田理:ああ、そうなんだ、(うん)だっ・・たら、なにか理由があるんですねぇ、

相談者:多分、そう、だろうなぁ、って思うん、です、はい、
柴田理:お母さんってぇ、どんな人なんですか?

相談者:ずっと、狭い、枠の中で生きて来た、みたいな感じ、ですねぇ、あんまり外にお勤めしてないしぃ、
柴田理:ずっと専業主婦で(ええ)いらしたんですね、

相談者:専業主婦、とぉ、まあ、家の、商売の手伝い、はい、
柴田理:ご近所付き合いとかも、あんまりない方ですか?

相談者:あまりないです、はい、
柴田理:あなたとぉ、そのお母さんとの関係はどうでした?仲良しとかぁ、あんまり、気が合わないとかぁ、

相談者:とても、悪か、ったです、小学、5年生の時から、自分では、自覚があります。
柴田理:どういう・・
相談者:わたしが転校、した先でぇ、新しい学校の友達はぁ(うん)・・遊びに誘ってくれたり、地域の活動に誘ってくれ・・た、ときに、(ウン)有無を言わさず、母が、断わったり、(ん?)お手伝いを、してもぉ、(うん)お手伝いの仕方が気に入らないというよりはもう、何かが、すべてがぁ、嫌だったんだと思うけど、その、わたしがしたことじゃないことを、あの、父とかに話をす・・作って、伝えるからぁ、あの、それでぇ、こう、わたしの立場がないというか、それ、を、元に、怒られるのでぇ、(うーん)あの、うん、そういうこと、が、いつもだったからぁ、

柴田理:うーーん、なんででしょうかねぇ?そんな・・

相談者:それがぁ、わ、ずっとわからかった、しぃ、わからなかったけども、ハァ、まぁ、家から出れたからですねぇ、自分はですねぇ、(ウン)もう、気にしなくてもいいし・・

・・

相談者:送ってくるものはもう、捨てればいいやぐらいに・・我慢できてたんですけど、(うん)、それがもう本当にぃ、今はぁ、わたしがぁ、とてもぉ、忙しいからぁ、(うん)・・ほんとに止めてほしいしぃ、(うんうん)

柴田理:お父さんには、その話、なさったんですか?
相談者:い、しました、何度もしました、
柴田理:そしたらお父さんなんて言いましたぁ?

相談者:スゥ、「わかるけどぉ・・」(うん)、「ごめんね」・・っていう感じですね、

柴田理:お父さんは・・お母さんとあなたがあんまり仲良くないって言う事は・・ご存知なんでしょう?

相談者:はい、知ってます、
柴田理:うーん・・
相談者:知ってるし、でも父がわたしを庇ったり、例えば、(うん)わたしが父を庇ったりしても、母はぁ、(うん)もしかしたら父に食事を作らないとかぁ、(うん)作らない、くなったり、とっても怒りだすから、(うーん)今度は父が可哀想だから・・

柴田理:ああーん・・
相談者:あんまり、言わない、
柴田理:いや、お母さんはちょっとこう・・カッときたりするぅ・・(ああ!)激しい性格の方なんですか?

相談者:ものすごく、お皿を投げてきたり、わたしに、まぁ、前、以前ですけど、(うーん)家に居たときは、(うん)お皿を投げてきたり、水を顔にかけられたり、
柴田理:ええっ!・・
相談者:そんな人でした、
柴田理:ふぅーーん・・

柴田理:なんでですかねぇ?今、お話聞いてるとぉ、(はい)な、なんでだろう?って、思うんですけど、(それがぁ・・)なんか・・
相談者:なんでか、わからないけど、もしかしたら母もそういうふうに育てられたのか、なぁ・・って、スゥ、なにかこう、ぅ、そういう、のがあったのかもしれない、っていうふうに・・
柴田理:ふぅーん・・

相談者:うん、思うけど、でも全然そんなのはぁ、見えなかったし、(ウーン)おばあちゃんは、わたし達にも優しかったし・・
柴田理:ふぅーーん・・
相談者:はぁい、

柴田理:お兄さんには、そんな、ふうに、ならないんでしょう?
相談者:ああ、兄にはしないですね、はい、

柴田理:でもね、なんかこう、送られてきてるぅ、(ハイ)内容、のぉ、昔の人形だったりね、(はい)昔の、あなたのお洋服だったりするとぉ・・(はい)

柴田理:なんかねぇ、

・・

柴田理:取ってあったわけでしょう?

相談者:そう、なんです、ずーっと、取って、った、その、ひ、その途中で引っ越しもしてたのに、(うん!)それも、そんなものまで持・・ってぇ、越してたんだと思ったらぁ、ハァァ、気持ちが、わたしには理解できないのでぇ・・余計、わからない・・

柴田理:傍からぁ・・(はぁい)、見るとぉ、(ええ)ああ・・自分の、子供のぉ・・(ええ)小さい頃のものを・・大事にとっといたんだなぁ・・子供の頃の洋服をとっといたんだなぁ・・

柴田理:好きだからぁ、送ってきたんじゃないのかな?・・(ああ)としか思えないんですよねぇ、
相談者:ああ・・そ、そうなんですね?
柴田理:うーん・・
相談者:そ、そう・・そう・・なんですかねぇ?それがぁ、もう、わたしは嫌いだから、きっと母のことが、だから嫌な・・のかなぁ・・っては、思うしぃ、(うん)でも・・い、狭い家に、4箱も5箱も・・送ってこられたらぁ、やっぱり・・嫌なんです。

柴田理:処分はしようとは、思わないわけですねぇ?
相談者:いや、もう、途中から見ずに捨てたり、し、処分します、でも、うん、どうしても、わたしの好きだったおばあちゃんの着物とか入ってるときはぁ、
柴田理:うーん・・
相談者:もう、それは捨てないようにしたり・・
柴田理:あ、ああーん・・
相談者:もう、それだけです、はい、

柴田理:お母さんとしては終活のつもりなんですかねぇ?

相談者:そう、かもしれないですねぇ、(うん)そう、それでも嫌って思う自分がぁ、(うん)・・い、嫌なのか、も、もう、あんまり感情、が、こう、触れないように、生きていきたい、母のことでは、

柴田理:うーーん・・
相談者:そう思いたいんですけど、それがわからない、どうやったらできるか、
柴田理:スゥ、じゃあ、今日のご相談っていうのはぁ、お母さんから、荷物が届いて・・

相談者:ええ、
柴田理:それが、嫌だと、どうしたい?っていう話ですか?

相談者:多分、母のこと、変えるのは、難しいと思うけど、もしわかるなら、あの、その、気持ちが、(うん)わかるなら(うん)、一般的にこうだから、きっとこうかも・・っていうのを、少し、知りたい、のとぉ、(うん)もう変えられない人を、(うん)変えない・・んだったら、自分が、極力、母、とか、実家に、触れずに、生きていく方法が、知りたいです。
柴田理:あなたは・・その、お母さんのことは、どうしても好きになれないわけでしょう?

相談者:あ、もう・・絶対に無理だと思います、はい、
柴田理:ああ、そうですか、
相談者:はい、
柴田理:だったら、そのぉ、この先、どうやって付き合っていったらいいか?っていう・・(ええ)ことでよろしい・・
相談者:この先、つきあわ・・付き合わないぐらいの・・

柴田理:あっ、付き合わないでいるには、
相談者:そう!
柴田理:どうしたらいいか?
相談者:そうです、そうです、そうです・・
柴田理:ってことでいいんですか?
相談者:ええ、
柴田理:でも、お父さんは・・好きなんでしょう?

・・

相談者:うんまあ、嫌いじゃけど、でも、もう、ハァ、それ以上に、嫌だから、
柴田理:わかりましたぁ、(ハイ)じゃあ先生に聞いてみましょうか、今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 娘を支配・コントロールしたいけど、娘が言うことを聞かない。それで少しでも自分の方を振り向かせるために嫌がらせをしてるんだろうな。
    いくら嫌がらせをしても、娘から何の反応も帰ってこないというのが最強のしっぺ返し。
    まあ、そういうことなんでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA