テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年11月4日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
68歳女性から、母が亡くなり一年、父の時には遺産分割があったが遺産分割の話がない。生活が苦しく遺産が欲しいが兄が苦手で話せないというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は68歳女性、22年前に離婚して一人暮らし。父は17、8年前に他界、母は1年前に他界、きょうだいは兄と弟がいる。

加藤諦三氏の〆の言葉『修羅場は早く作れ』

目次

スポンサーリンク

兄が苦手で話せない

加藤諦:もしもし?
相談者:はぁい、
加藤諦:はいテレフォン人生相談です。
相談者:はい、よろしくお願いします。

加藤諦:最初に、年齢を教えてください。

相談者:68歳です。
加藤諦:68歳、(はい)結婚してます?
相談者:今はしてないです。
加藤諦:あ、そうですか、何年前から一人ですか?

相談者:ん・・20、2年前です。
加藤諦:22年前・・(はぁい)離婚なさったんですか?

相談者:はい、

加藤諦:今はそうすると、おひとりで暮らしてんの?
相談者:はぁい・・そうです、
加藤諦:はい、わかりました、(はい)でぇ、どんな相談ですか?

相談者:母がぁ・・亡くなったことに対しての、相続についてなんですけど、
加藤諦:はぁい、お母さんは、いつ亡くなられたんですか?

相談者:えーっと、一年前です。
加藤諦:一年前、はい、

加藤諦:お母さんの相続の、どういう?

相談者:そうですねぇ、今からぁ、10・・7年、8年ぐらい前にぃ、うちの父親が亡くなってぇ、(はぁい)、その時に、亡くなって半年ぐらいしたら、遺産分割協議書っていうのが、あってぇ、
加藤諦:はぁい、

相談者:その時にサインをしたんですけど、(はい)・・9千・・6百万円ぐらいのぉ、父のぉ、遺産みたいな、あのぉ、山とか、土地とか、(はいはい)母屋とか含めてあってぇ(は、はぁい)、それがうちの兄夫婦が、弁護士さんにお願いして、(はい)遺産の分割するっていうか金額を決めてぇ、(はい)

相談者:家族、きょうだい、うちの母親、まだ生きてたのでぇ・・お話したときに・・兄が6千、8百万とか、6千万円ぐらい、もらってぇ、
加藤諦:はい、

相談者:母親が、2千万円、弟が7百万円、わたしが5百万円だったんです。
加藤諦:はい・・

相談者:スゥゥ・・それでぇ、うちの母の面倒を、看たり、してもらうのでぇ・・ま、ちょっと、金額的には納得できないけどぉ、スゥ、やっぱ、揉めるのもイヤだからぁ、印鑑を、押したんですよねぇ、
加藤諦:はぁい、

相談者:それでぇ、去年、うちの母親が亡くなったときに、(はい)、もう一年経つのでぇ、遺産分割、協議とかいうのがあるのかと、ずっと待っていてもぉ、(はぁい)ないのでぇ、(はい)、わたしとしても今、一人暮らしでぇ、(はい)、その5百万円をもらったときに、それを、土地ぃ、でもらったので、それを売って1千万円ぐらいになってぇ、
加藤諦:はぁい、

相談者:小っちゃいマンションを買ったんです、それに・・住んでるんですけどぉ、(うん)・・結局、貯金もなく全財産はたいて、買っちゃったのでぇ、(はぁい)でぇ、わたしはあの、週に三回ぐらい働いて、そのお給料で暮らしてる状態なんです。あのぉ、貯金・・
加藤諦:今現在ですねぇ?
相談者:はぁい、
加藤諦:はい、

相談者:それで、これからぁ、どうしようかなぁ?みたいに、貯金もないし・・でぇ、そのぉ・・母が、脳梗塞で亡くなったんですけど、(はい)、まだ元気なときにあたしが月イチぐらいに見に行った時に・・「わたしの、死亡・・保険、みたいなのがあるから、お前にあげるからね」っていうふうな話をしたんだけど、(うん)

相談者:それはもう個人的に誰も聞いてるわけじゃないので、(はぁい)、まあ、うれしいとは思ったけども、「ありがとう」みたいな感じだったんですけどぉ、(はぁい)・・うちの母親が亡くなった時にその、死亡保険金のことも兄も全然、聞いてないし・・

相談者:だから、もしわたしが、もらえる、権利があったら、もらいたいんです。
加藤諦:はい、
相談者:でぇ、それを兄に、ほんとは、話すのが普通なんですけど・・兄とはもうほとんど、話をしてない状態なので・・なんか言いづらいし・・

相談者:あたしが本当に離婚して困った時に、お願いしたことがあったんですけど、その時に、「オレオレ詐欺みたいだな」って言われちゃったことがショックでぇ、もぉそーゆー、お金の話はしたくないから・・弁護士さんにお願いして、(はい)

相談者:話を決めてもらいたいなと、思っているんですけど、わたしのそういう、すごく「お金」「お金」みたいにして、あさましい妹だと、思われたら嫌なんですけど、(はい)、どういう形から進めていいのかわからないんです。

加藤諦:どういう形から進めたらいいかっていうのは、今現在あなた達の親族の間に、(はぁい)別に人間関係のトラブルがあるわけじゃないでしょ?

相談者:トラブルっていうよりも、わたしは兄が苦手なんです。きょうだいでも、
加藤諦:え、ええ・・わかりました、お兄さんとは今・・お金の、話をすると先ほどの言葉で言うと、「あさましい」と思われても・・非常に・・
相談者:思われちゃうんです、今までもそういうふうに言われてきたからぁ・・どういうふうに、うん、
加藤諦:あ、今までもぉ、(うん)お金の話を、お兄さんを交えて、されてきてるわけですか?

相談者:うちの父親が亡くなった時に・・あたしがぁ、法律上ではねぇ、(うん)「母親が半分、あとの半分をきょうだい三人で分けるんですよね」って、(ええ)わたしが言ったらぁ、(はい)

相談者:わたし、がぁ、家を建てた時に2百万円、出したでしょう、とか、いろいろ言ってぇ、わたし達も子供がいないからぁ、これから大変なんだから、っていうふうな話で、何か丸めこまれちゃってぇ、わたしも5百万円になっちゃったんです。

相談者:スゥ、それ以上言うと、揉め事になるから、結局ぅ、ウフッ、判を押したっていうかですねぇ、
加藤諦:ああ、ああ、わかりました要するに、これ以上言うとぉ、揉め事になるから、
相談者:そうです、
加藤諦:できればぁ、揉め事でなく(そうです)解決をしたい、
相談者:はい、

加藤諦:そんな対面にはどうしたらいいか?っていうのが、今日の相談ですねぇ、
相談者:はぁい、そうです、
加藤諦:はい、わかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんので、
相談者:はぁい!
加藤諦:伺ってみたいと思います。
相談者:はい、

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA