テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2022年11月7日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
46歳女性から、離婚して息子と実家で暮らしてる。彼が出来たので結婚したいのだが家族に言える雰囲気ではない。自分の行動は非常識なんでしょうか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

相談者は46歳女性(バツイチ)、息子18歳、17年前に離婚し実家で両親と4人暮らし。他、付き合ってる男性、伯母

加藤諦三氏の〆の言葉『ファミリーを家族と訳す事は決定的な間違いです』

目次

スポンサーリンク

自分の行動は非常識なのか?

加藤諦:もしもし?
相談者:はい、
加藤諦:はぁーい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いします。
加藤諦:はい・・最初に年齢を教えてください。

相談者:46歳です。
加藤諦:46歳、結婚してます?

相談者:いえ・・バツイチです。
加藤諦:はい、(はい)離婚は、何年前ですか?
相談者:17年前です。
加藤諦:17年前・・はいわかりました・・でぇ、どんな相談ですか?

相談者:わたしの両親と、(はい)息子、四人暮らしなんですけれども、(はい)付き合ってる人がいましてぇ(はい)、付き合ってる人のほうは、ご、自分の、おかあさまに、(はい)わたしを、紹介してくださったとかぁ(ええ)、親戚の方にも、紹介して下さったりとかしてぇ、(ええ)いるのですがぁ、(はい)

相談者:わたしはぁ、自分の家族に、まだ話せていないのでぇ、(はい)あのぉ・・タイミングを見て、話したいと思っているのですがぁ、(はいはい)言い出せるようなぁ(はい)・・雰囲気、ではないのでぇ、

相談者:スゥゥ・・ちょっとわたしのぉ・・やっていることというか・・それってぇ・・非常識な、ことなのかな?っていうことを相談したくて、ええ、
加藤諦:ああ、なるほど、わかりました。

加藤諦:「言い出せる雰囲気ではない」という・・その「雰囲気」という・・のを、言ってるのはぁ、この、四人の、中の雰囲気のことですか?

相談者:そう・・ですねぇ・・特に母親かもしれません。
加藤諦:でぇ、あなたは、お母さんに対して・・(はい)こういうことで、わたしは、結婚したいんだいう・・ふうには、言い出せないっていうことは何かぁ、悪いことすることなの?
相談者:そうですそうです、はぁい、そういう感じもあります、わたしはぁ、離婚してぇ、この家に、やっかいになってるわけですからぁ・・ちょっと悪いことをしてるようなぁ、かん、かく(感覚)もあります。

加藤諦:あなた自身がぁ・・今の・・人間関係・・以外の関係を、作るというのは、許されないという感情というふうに思ってるんですよねぇ、

相談者:そうです。
加藤諦:うーん・・
相談者:それとぉ、(うん・・)母親なんですけれどもぉ、(スゥ)そういったことに、批判的な面がありましてぇ、他の方のことなんですけれどもぉ、
加藤諦:はぁい、

相談者:離婚をしてぇ・・男の人を作ったということにぃ、厳しい、発言もありますし・・(はぁい)子供を、連れての再婚は、絶対に許さないって・・以前から言っていましたのでぇ・・当のわたしのがそうだとは、言い難い、というか、言えるじょう・・きょう・・
加藤諦:まあ、そうなんでしょうねぇ、ほんとに、いろんな人の、いろんな考え方が、これは、いい、悪い、じゃなくてねぇ、

相談者:はい、

加藤諦:それぞれの人の、物事の見方の問題なんですよ、(ああ・・)例えばね(はい)、英語で「family」って言うでしょう、(はい)日本語の辞書見ると「家族」って、訳してあるでしょう、
相談者:はい、

加藤諦:これあなたの感覚から言うと、完全に誤訳ですよね・・だって、(ああ・・)「family」って言ったときのぉ、アメリカ人の、「family」という実態と、我々日本人が「家族」 と言った時の、「家族」というものとは全く別なもんですから、
相談者:ああ・・

相談者:わからなかったです。
加藤諦:例えばね、(はい)日本人はぁ、(はい)「家族」って言うとぉ、実の母と、実の父と、その子供って、それが「家族」なんですよ、
相談者:・・はい、

加藤諦:でぇ、僕はねぇ、アメリカの刑務所に入ってぇ、ずっと、調査してた時に・・(はい)ああ、なるほど、そうかと思ったのがぁ、ほとんどの人がね、なにが大切かって言うと、みんなねぇ、刑務所の中の人ですよ・・

相談者:はい、
加藤諦:第一にあるのは、家族なんですよ・・でぇ、アメリカのギャロップの調査を見てみると、大切なことの第一っていうのは、みんな、とにかく「家族」なんです、「family」なんです。

加藤諦:スゥゥ・・(ああ・・)ところがぁ、その「family」の内容が、(はい)ほとんどの人が、今、いる家族なんです。

加藤諦:実の母と自分と、義理の父親かもしれないし、(はい)、ところがこれは日本人に話すとね、「アメリカは・・」(はい)「家族が崩壊している」って言い方するんです。(はい)だから、「family」「家族」って言っちゃうけれども、(はい)この言葉そのものがもうすでに、それぞれの人によって違うんですよね、

相談者:はい、

加藤諦:あなた、「家族」って言うと、どういう・・

・・

相談者:今の四人だと・・思ってきます。

加藤諦:でしょう、

相談者:はい、

加藤諦:離婚した事、そんな問題にしてないでしょう?
相談者:ああ、問題に、してないです。
加藤諦:でぇ、なんでここで、大問題になっちゃうの?

相談者:はぁい?

相談者:そ・・はい、
加藤諦:だからそこら辺のことはぁ、今ぁ、の、あなたの、家族の人には、理解してもらえないわけ、

相談者:そう・・でした、それでぇ、言い出しにくくてぇ、(ええ)伯母に・・相談しましたら、(ええ)、厳しい目つきで・・見られたということと、引き合いに出すぅ、例える話も、酷いものでしたのでぇ・・

加藤諦:そうすっと今日のあなたの相談というのは、どういう事ですか?

相談者:あっ、
加藤諦:このあなたの今の四人、は、厳しい目で見られるという事は、でぇ、要するに悪いことだということで、(はい)あなた自身はどう思ってるわけ?

相談者:わたし自身はぁ、スゥゥ、ちょっとまだ迷ってるという感じです。
加藤諦:迷っている?
相談者:はぁい、ま、実は、結婚はしたいんですけどもぉ、(うん)結婚って言うとまたそこでぇ、子供ぉ・・置き去りにして、わたしだけ、幸せになるという罪悪感もありますし、子供のことも心配です。

加藤諦:はい、わかりました。とにかく今そういう状態でぇ、迷ってるけど、どうしたらいいんでしょうか?ってことですね、
相談者:はい、
加藤諦:スゥ、今日は、あの、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者は主体性が無い人だと感じました。幼い感じ。
    大迫先生もそう感じたのではないでしょうか。大丈夫かな?と。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA