テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年11月11日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
15歳女性から、中学に普通に通えていない状況なので高校では学生らしい生活がしたくて受験勉強しているが勉強が思うようにいかないというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は15歳女性(中学3年生・小5の2学期から不登校で、今は教室以外の部屋に登校し自習し放課後帰宅できるまでになる)、両親と学習障害で不登校の弟と妹の5人暮らし。

加藤諦三氏の〆の言葉『人間が基本的に成長するためには母親と子供との完全な基本的な満足感が出発点です』

目次

スポンサーリンク

時間があるのに勉強できないのが辛い

加藤諦三:もしもし?
相談者:あっ、よろしくお願いします。
加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。スゥゥ・・最初に、年齢を教えてください。

相談者:15歳です。

加藤諦三:15歳?!
相談者:はい、

加藤諦三:高校生?
相談者:中3です。
加藤諦三:中3ですか、
相談者:はい、

加藤諦三:でぇ今ぁ・・お父さん、お母さんと、一緒に暮らしてるの?
相談者:はい、そうです。
加藤諦三:何人暮らしですか?
相談者:5人、暮らしです。
加藤諦三:5人暮らし・・あなたはぁ・・
相談者:長女なのでぇ、(ちょう・・)弟と、妹がひとりずつぅ、います。
加藤諦三:長女ですかぁ?
相談者:はぁい、
加藤諦三:はいわかりましたぁ、それで、どんなぁ、相談ですか?

相談者:学校には、普通には、ちょっと行けてないんですけどぉ、
加藤諦三:はぁい、(こ・・)何時からですか?行けなくなったのは?
相談者:小学校、5年生の2学期ぃ、からです。
加藤諦三:小学校の5年生の時から、はい、

相談者:はい、でぇ、高校は普通の高校を受験しようかなと思っているんですがぁ、(はぁい)いざぁ、受験勉強を始めると、あまり多くの、この勉強量に、ちょっと耐えられなくなってきてぇ、(うん・・)

相談者:高校には行きたいけど、ちょっとぉ(苦笑)、この受験勉強をしててなんか、自分がぁ、思っている、このぉ、一日何ページ、ワークをやってぇ・・とかぁ、そういう・・のが、全然、出来なくってぇ、そんな自分に何かちょっと苛立ちを、覚える、というかぁ、

相談者:日常生活がちょっとぉ、今まで通りにちょっと、出来なくなってきてぇ(苦笑)・・
加藤諦三:小学校の、5年生の時から、行かれなくなったぁ、行かれなくなったぁ、理由は何ですか?

相談者:学校のぉ、この、一日中、ずっと勉強して、っていうこの、システム・・自体が、ちょっと、合わなかったっていう・・感じです。

加藤諦三:別にぃ、学校で友達ができなくなったとかぁ・・イジメに遭ったとかぁ、何かそういうことではないんですね?
相談者:そういうことではないんです、特別仲が良い友達が居たわけでもなくぅ、(うん)という、まあ、広く浅くと言うような友情関係でぇ(苦笑)、
加藤諦三:うーん・・

加藤諦三:普通、真ん中の形でぇ、学校に行かなくなるってことが多いんですけれども、(はい)あなたの場合には、家が心配で、家を出らんないとかぁ・・学校に、こういう嫌なことがあって行けないとかっていうんではないんですね?

相談者:そうですね、ただ行きたくなくってぇ、後から考えてみると、たぶん学校ぉ・・で、みんなと授業受けてっていうのがちょっと、合ってなかったのかな?っていうふうに、今だと、思うというような(苦笑)、感じでぇ、

加藤諦三:うん、うーーん・・
相談者:当時はなんで行きたくないのかとか、そういうのは、あまりわかってなかったです。

加藤諦三:そいでぇ、学校に行かなくなりだした時に、(はぁい)先生が、家庭訪問するとかぁ・・スゥゥ、親が、いろんなことを、言うとかぁ、周りの変化はなんかなかった?
相談者:あ、あたしが行かなくなる前に、(うん)もう、弟と妹がぁ、(うん)ちょっと、学校に行けなくなっている状況でぇ・・

加藤諦三:あ、弟と、いも・・うともぉ・・
相談者:そう、弟と妹もぉ・・わたしよりもぉ、ふたりはもっとぉ、行ってなくってぇ、それがすごい羨ましくってぇ、っていうのはぁ、ちょっと、あったかな、とは思います。

加藤諦三:じゃあ、この、体操の時間が楽しいとかぁ、音楽の時間がつまんないとか、何かそういうことはなかったわけですか?
相談者:いや、体育とか行事物はぁ、結構好きだったのでぇ、(ええ)行事とかはぁ、出たいなぁ・・と、思ってはいたんですけどぉ、(うん)やっぱり、みんなをまとめるために先生が大きい声で怒鳴ったりぃ、(うん)誰かが怒られてたりぃ、(うん)そういうのを見てるとぉ、何か行事にも出たいけどぉ、最終的にはちょっと出れないみたいなぁ(苦笑)、ことは何度かあってぇ、

加藤諦三:わかりました、そうすっと今はぁ、弟も妹も、とにかくあなたも含めてぇ、
相談者:はぁい、

加藤諦三:なんとなく家にいるわけですね、

相談者:あ、今はぁ、わたしはぁ、中学に入ってからはぁ、(うん)午後、からぁ、学校のクラスじゃない、別の教室に行ってぇ、(うん)自分で勉強してぇ、(うん)もう放課後帰ってくるっていうのを・・ほぼ毎日、やっていてぇ・・

相談者:同級生ともだいぶ会えるようになったのでぇ、(うん)・・

加藤諦三:スゥゥ、そうすると今日の相談っていうのはぁ・・

相談者:ああ、はぁい、
加藤諦三:教室には行かれないけれども、学校には行けるようになってきてると、
相談者:はぁい、
加藤諦三:そしてぇ・・

相談者:高校・・はぁ、
加藤諦三:まあ、
相談者:普通の所に、ちょっと行こうかな、っていうふうに、気持ちがぁ・・傾いてきたんですけどぉ、(うん)やっぱり、自分がぁ、思い描くような、ふうには受験勉強が進まなくってぇ、(うん)そういう自分に疲れてきたっていうかぁ・・

相談者:フゥゥ・・なんでぇ、周りがもっと、授業に出て帰ってからの少ない時間でも、一生懸命勉強してるのに、(うん)自分は、滅茶苦茶、もっとたくさん、時間があるのにぃ、なんかぁ、勉強が、出来ないっていうのがぁ、ちょっとぉ(苦笑)、スゥゥ、辛くってぇ、どうしたらいいんだろうっていう・・相談です。

加藤諦三:はぁいわかりました、今日はあのぉ、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  中学生にしては しっかりした会話が出来てますね 相手の言うこともよく理解できるし かなりIQは 高い(・・? でも 集団になじめない  大人の女性でも このような言葉のやり取りができない 相談者がよくおられますね(・・?  
     ご自身の持っている得意能力を見出して 伸ばしてくれるような 受験塾とかお探しになって 通信制の高校という選択肢もありでは。
     それにしても子に関心ない 親はだめですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA