テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年11月14日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
52歳女性から、二十歳の息子が「頭の中に文字が入ってくる」と言う。スマホ画面にそれに似た文字を表示して心を落ち着かせているが、どう対処すべきでしょうか?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は52歳女性、夫61歳、一人息子20歳(大学生)

加藤諦三氏の〆の言葉『「べきの暴君」は正しいようでコミュニケーションを破壊します』

目次

スポンサーリンク

息子が別の世界に行っている?

加藤諦:もしもし?
相談者:あ、もしもしぃ、こんにちはぁ、
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、52歳です。
加藤諦:52歳、結婚してますぅ?
相談者:はい、してます。
加藤諦:ご主人何歳ですか?
相談者:61歳です。
加藤諦:61歳・・(はい)今、おふたりで暮らしてんの?
相談者:いえ、息子ぉ・・ひとり息子がおりますぅ、はたちです。
加藤諦:はたちですか、(はい)はぁい、わかりました、でぇ(はい)、どんな相談ですか?

相談者:息子のことなんですけれどもぉ、(はい)高校2年生の終わりか、3年生のはじめぐらいからぁ、(はい)「頭の中に文字が、わぁーっと入ってくる・・」っていうようなことを言い出しましてぇ、

相談者:本人が自分でぇ、調べたところ、「侵入思考」・・って、いうらしい、ってことを、申してましてぇ、
加藤諦:も・・文字が入ってくるっていうのは、どういう・・こと?
相談者:えーっと、例えばぁ、神社とかぁ、そういう神聖な所でぇ、思っちゃいけないような、悪い言葉が、わぁーっと押し寄せてくるっていうようなことを、本人は言ってます。

加藤諦:高校生の頃っていうのはぁ・・(はい)そりゃ悪いこと、いっくらでぇ、口に出さないけど、思いますよねぇ?
相談者:そうですねぇ、わたしも別に、それを、例えば犯罪行為とか、口に出して言ったりしなければ、(うん)「思うのは、自由だよ」っていうふうには、言ってるんですけれどもぉ、

加藤諦:うん、
相談者:なんか自分で、そう思うこともなんとなく、嫌だっていうことでぇ、ここ一年くらいなんですけれど、スマホの画面や紙に、思い浮かぶ言葉に似たような、全く意味のない、言葉を画面いっぱいに出しましてぇ、(ええ)

相談者:それをいつも見てる、状態にしてるっていう感じなんですね、
加藤諦:うーん・・

相談者:でぇ、本人に昨日、「それを見てると落ち着くの?」って聞いてみたらぁ、画面とかぁ、のぉ、言葉に置き換えると、嫌な言葉が、後に残らないからぁ、みたいな事は、言ってたんですがぁ、

相談者:ただぁ、食事中とかぁ、道路を歩くときとかも、スマホのぉ・・画面とかを、ひろげっぱなしにしてるのでぇ、今後ぉ・・社会に・・出て行く上でそういう、ふうな解決方法でいいのかなぁ?っていうふうに、ちょっと、思いましてぇ、お電話させていただきました。

加藤諦:スゥゥ、今、言ったように、高校生の頃っていうのはぁ、社会的にはぁ・・(はい)大変、恥ずべき言葉と言うのを、(はぁい)、口に出さないけど思ってますよねぇ、(はぁい)だけど、われわれはぁ、心の中までがぁ、(はぁい)全部社会的に適応しているわけじゃないですからぁ、(はい)

加藤諦:心の中の本当に思っている言葉っていうのはぁ、(はぁい)、社会的適応している言葉、では無いんですよね、(はぁい)本能衝動の、防衛という言い方してるんですけれども、スゥゥ(はぁい)、(ええ)本能衝動の防衛という意味で、(はい)そういう悪い言葉っていうのはぁ、(はい?)言ってはいけないけれども、
相談者:はい・・

加藤諦:社会でうまく生きて行くっていうことは・・その本能衝動の防衛と、社会的適応性がうまくバランスをとって生きているわけで(うーん)、悪い言葉を、言葉の中に・・スゥゥ、持ったからってぇ、(うーん)それがぁ、高校生としても、おかしな、子供になっちゃったってわけではないですよ、

相談者:まあ、わたしもそれはぁ、そう、思ってぇ、るんですけれども、(うん)なんか、本人としては、例えば神社とか、本来であればお祈りするようなところでも、なんか、悪い言葉でぇ、思ってしまうとかぁ、

加藤諦:ただぁ・・
相談者:そういったことを、言ってましたねぇ、
加藤諦:あなた自身がぁ、
相談者:ええ、

加藤諦:ものすごく「こういうことをすべきではない」・・(うーん・・)「人間は、こういうことを考えるべきではない」
相談者:うん、

加藤諦:というような、こう「べきの暴君」
相談者:ああ・・

加藤諦:の教育が、少し行き過ぎてるってことはないですか?

相談者:そうですね、もともとちょっと、不安が強い子でぇ・・過干渉ではあった、かな?とは思いますねぇ、

加藤諦:あなたぁ、過干渉って言いましたけれど、こういうことはいい事、こういうことは悪い事、っていうことを、(うんうん)すごく、厳しくやっていたっていうこと?
相談者:そこまで厳しかった、あ、でも、いい事、悪い事ははっきり言ってたかもしれないですねぇ、

加藤諦:いい事、悪い事がハッキリしてもいいんですけれども、(うーん、うん)あくまでも、いい事、っていうのはぁ、状況を越えていい事っていうのはないしぃ、(うーん)状況を越えて、悪い事っていうのはないんですよ、
相談者:うーん・・

加藤諦:常に、社会の中で生きている(うーん)、社会的なぁ、許容範囲・・と、
相談者:うーん、うん、
加藤諦:社会の中、そのもので・・生きるのが(うーん)人間にとって・・

加藤諦:本能の、(うーん)否定になりますからぁ、本能衝動の防衛と、(うーん)そのふたつを、(うーん)上手く、バランスを取るというのがぁ(うーん、うん)、もっとも、正常な生き方なんですよね、
相談者:うーん・・

加藤諦:でぇ、あなたの、お子さんの場合には、今の話を聞くと、もしかすると、社会的適応性の方がぁ、(うんうん)先行しちゃっていてぇ、(うーん)本能衝動の防衛の方が、上手くいってないかもしれないですねぇ、

相談者:そうかもしれないですねぇ・・うーん、
加藤諦:でぇ、今、なんかあのぉ・・大学生で、問題、起こしてるんですか?
相談者:いえぇ・・真面目に、通ってますぅ・・
加藤諦:っと別に何の問題もおきてないわけです・・
相談者:はぁーい、

相談者:ん、なぁいですぅ・・

加藤諦:でぇ、今日のあなたの相談っていうのはぁ、(うん)なんで・・そういうような、(うん、うん)大学生になってしまったか?っていうことね?
相談者:そうですね(苦笑)
加藤諦:はぁい、わかりましたぁ、今日はスタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います(あ・・・)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  これは 高橋先生の領域ですね  通院加療が 必要です。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA