テレフォン人生相談
柴田理恵・塩谷崇之

柴田理恵・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2022年11月17日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
41歳女性から、半年前、夫から私の飲酒が原因で「離婚したい」と言われたが、夫の不倫が発覚、5年前にも不倫した事のある夫と離婚すべきか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は41歳女性(専業主婦)、夫52歳(自芸業)、結婚14年、子供2人、長男13歳、長女9歳

目次

スポンサーリンク

離婚と言い出した夫が不倫していた

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですか?
相談者:主人との、これからのぉ、夫婦関係、のことで、お電話しました。
柴田理:あなた今おいくつですか?
相談者:わたくし41です。
柴田理:旦那さんはおいくつですか?
相談者:52歳です。
柴田理:お子さんはいらっしゃいますか?
相談者:ふたりおります、長男が13歳、長女は、9歳です。

相談者:はい、
柴田理:これからの夫婦関係っていうのは、どういうことなんでしょうか?
相談者:約半年前にですねぇ、(はい)主人のほうからぁ、離婚ん・・・をしたいという、お話を、受けましてぇ、(はい)まあ、わたしぃの、まあ、飲酒、アルコールを飲むことです、(はい)飲酒の事でぇ、(はい)量が、多くて、ちょっと夕方ぁ、ぐらいにぃ、お酒飲み始めて夕食を作るっていうふうな形になってし、(うん)なっててぇ、まあそれは自分でも、ダメだなとは思ってたんですがぁ、

柴田理:うん、
相談者:まあ、それを直してぇ、もらわないとぉ、(うん)考えた、っていうこと言われましてぇ、(はぁい)でぇ、すぐあのぉ、次の日から、現在まで、アルコールを今、断ってるぅ・・
柴田理:あ、はぁはぁ、はぁい、
相談者:ですけれど、はい、
柴田理:はいはいはい、

相談者:それでもその一ヶ月ぅ、二ヶ月ぅ、経過していくなかでぇ、(はい)主人の態度っていうのが全然変わらなくてぇ、まあ、また、別の理由があるんじゃないかと問い詰めたところ、
柴田理:はい、
相談者:結局、わたしとの性格が合わない、(す・・)っていう・・ことを、まあ、(うん)言われたんですけれど、(はぁい)

相談者:わたしもなにかその、主人の様子見てるとぉ、(うん)考え事をしてる、心ここにあらずみたいな生活が毎日続いてましてぇ、
柴田理:あ、はぁい、はぁい、はぁい、

相談者:なにか別の事があるのじゃないか?と思いましたところ、(はい)ま、別の、女性が、居るってことがぁ、
柴田理:あ、ああ・・
相談者:発覚しましてぇ、(はい、はいはい)下の娘が、見てしまったっていうか、携帯のぉ、あのメッセージをやり取りしてるのを、覗き見してしまってぇ、(ほお・・)娘がわたしに言ってきたぁ・・んです。

相談者:ハートだらけのメッセージを、毎日、毎晩、(ああ・・)娘の、隣ので見てるところでぇ、(はい)まあ、娘が寝たの確認して、メッセージをやり取りしてたと、
柴田理:ああ、はあ、
相談者:いうことなんです。
柴田理:はぁい、はい、はぁい、
相談者:でぇ、それを問い詰めたところ、認めてくれてぇ、一応は、謝罪はしていただいたんですけど、
柴田理:あっ、ああ、ああ・・
相談者:離婚は、やっぱり、変わらない。

柴田理:ああ・・
相談者:っていうふうに言われぇ、ましてぇ、
柴田理:それ、相手はどんな人なんですか?

相談者:娘の、習い事してる先の、保護者さん・・そこに来る・・
柴田理:なら、保護者さんってことはぁ、向こうにも、ご家庭がお有りになるわけですよねぇ?

相談者:そうですねぇ、
柴田理:そのことが理由で、離婚、したとしてね、(はい)その女性と一緒になるってことは、できないですよね?
相談者:わたしも考えたんですが、(はいはい)まぁ、その人とぉ、一緒にならなくても、(うん)まあそういう人ができてぇ、新たに違う人生歩もうとしてるっていう気持ちにわたしはすごく見えてしまってぇ、

相談者:でぇ、こういうのがこの、一回ではなくってぇ、(うん)5年前にも、あったんですぅ、
柴田理:別の、女性?
相談者:そうです、ま、その時も、(うん)あの離婚っていう言葉が出てぇ、来ましてぇ、その女性と、直接話すことができましてぇ、どうやら主人はすぐそういう、「結婚」「結婚」と、この家庭は顧みず、こと、この家庭はもうとりあえず離婚をして、あの、ただ結婚をしたいっていうことを、すぐ、まあ、言う、性格みたいでぇ、今回も、それと同じ事なのかな?ってぇ

柴田理:じゃあ、
相談者:でぇ、***
柴田理:前の女の人も(はい)、別に、ご家庭があった人なんですか?
相談者:あ、その方はぁ、あの独身の方でぇ、
柴田理:うんうん、
相談者:ま、結婚っていう言葉を・・**、**

柴田理:女房と別れて、あな(ええ、ええ)、あなたと(はぁい)結婚する、みたいなこと言ったんですか?
相談者:はぁい、でもそれも結局、はん、一年も続かず、こちらの方に戻ってきあましてぇ、わたしも、居留守というった形で、信じ、ようと思ったんですがぁ、

相談者:今回、5年ぐらい経ってからぁ、(うん)またこういうことがあったのでぇ、
柴田理:アルコールの、習慣っていうのはぁ、(はい)いつぐらいからぁ・・だったんですか?
相談者:あっ、それがその5年前の、(うーん)その不貞が発覚したときにぃ、(うん)やっぱちょっと精神面が、あのぉ、弱くなりましてぇ、

柴田理:うん、
相談者:でぇ、そこからちょっと病院に通うようになりぃ、その、頃から、ちょっと増えてきた・・
柴田理:ご結婚って、(はい)何年でしたっけぇ?
相談者:14年です。
柴田理:14年ですか、
相談者:はい、

相談者:やっぱりどうしても疑った、目で見てたりとかぁ、何年か経ってからも、もう、蒸し返してそういう話をしてしまったりとかぁ、
柴田理:うーん・・うんうん、

相談者:そういうときにはもう、お酒の勢いっていうか、(うん、うん)そういうもので、(うん)言ってしまったことも、やっぱりありました。
柴田理:うん、うん、うん・・

相談者:でぇ、それはやっぱり逆に、今思うとぉ、いつまでも?それを、終始、言ってしまうと、わたしもそこはいけなかったなと、今はぁ、感じてぇ(うーん・・)、おりますがぁ、

柴田理:あなたはずーーっと我慢し続けじゃない?
相談者:え、まあ、我慢も、してきましたけれども、(うん)主人もやっぱり、わたしの、その感情の起伏っていうのを、そのアルコールで、起きた時にはぁ、あの人も、我慢してたのかな?

相談者:ただ、離婚って、目の前に、言葉にするとぉ、(うん)やっぱりわたしも専業主婦ですからぁ、(うん、うん)収入面も、精神的な薬っていうのは、まだ脱せなくてぇ、5年前からやっぱり、外に出るのもぉ、ちょっと勇気がいるようになってしまったりぃ・・
柴田理:ああ、そっかぁ・・ああ、そうですかぁ・・

柴田理:離婚、の、話はぁ、その後どうなってるんですか?
相談者:あたしがしなければぁ、普段通りの生活なんです、今も、
柴田理:あ、向こうは黙ってるわけですか?
相談者:はぁい、そうです、でぇ、わたしが、「気持ちは変わらないのですか?」と、
柴田理:うん、
相談者:質問すると、(うん)「変わらない」と、

柴田理:離婚する気持ちは変わらないって言うんですか?
相談者:はい、変わらないっと俄然言うんですぅ、(うん)で、でも、毎日おうちに帰ってきてぇ、普段通りに、過ごしてる彼を見るとぉ、(うん)

相談者:わたしだけがなんかこう、我慢してぇ、(うん)いう、気持ちになっちゃうんですね、どうしても、(うーん)わたしの人生も、考えるとぉ、このままで、いいのかなぁ?ってぇ、
柴田理:ずいぶん、自分勝手なぁ、人ですねぇ、旦那っつうのは、

相談者:そう、ですねぇ、わたしも、そうは、思うんですがぁ・・
柴田理:だって、そうでしょう?
相談者:そこを・・はぁい、
柴田理:あなたのこと、なんだと思ってんの?ご飯作ってくれる、機械だと思ってんですかねぇ?
相談者:あたしもやっぱりちょっと、一緒に居ることにもう・・

相談者:苦しくてぇ、(うん)どこか逃げだしたいっていう気持ちも、出てきてしまうんですけどぉ、
柴田理:うん、
相談者:逃げるところも、正直、なくってぇ、(うん)毎日、こう、自分の気持ちとぉ、戦い、ってぇ、一緒に居る、っていう(うーん)、感じぃ・・

柴田理:ご主人の、(はい)収入ってぇ、ちゃんとある・・方なんですか?(あっ)割と?
相談者:そうです、でぇ、主人は、そこぉに関してはぁ、全部わたしに預けてるんですねぇ、
柴田理:お給料・・を?
相談者:そうです、そこもだから不思議なんですよね、

相談者:もちろんそれ、ありがたくてぇ、(うん)大事に使わせていただいてるんですがぁ、(うん)なんかこう、離婚ってなってしまうと、(うん)いろんな準備をする方とかも結構、聞くのでぇ、準備をする、うえでもなんか、気が引けるというか、もちろん、財産分与とかぁ、(うん)住宅、ですね、(うん)そういう諸々、いろんなこと考えてるんですけれどもぉ、(うん)、

相談者:なんか、あまりそこまで、なんかこう・・重く考えない性格なのかぁ?
柴田理:うーん・・
相談者:すごく思い切ったこと、ボンっと言ってしまってぇ、(うん)あとでこう、気付くタイプの人なのかなぁ?って、思う、だけど・・

柴田理:収入、結構、ある方ですか?
相談者:そうです、自営業なのでぇ、でも、(うん)お小遣い、を、渡してぇ、それ以外はぁ、わたしが管理してるっていう、(うーん・・)形なのでぇ、

柴田理:ご主人はぁ、(はぁい)親権は、奥さんがもってっていいって言ってるんですか?
相談者:最初は自分と言ってたんですがぁ、(うん)でも、わたしがそこで、(うん)ま、頑として、そこは、譲れないので、裁判とか、調停とか、第三者の人と交えて、(うん)話する、勢いで、言ったらぁ、あまりそこに、重みは感じなかったです、ただ、離婚はずーっと言い続けてます。

柴田理:発覚したぁ、その習い事のぉ、(はい)保護者さんですね、(はい)さっきの、その人とはぁ、まだ続いてるんですか?
相談者:それも、わかりません、(ウン)主人の口からは、それが原因で離婚ではないって・・

柴田理:うん、
相談者:でぇ、その、言ったメッセージの、やり取りも、もう、消してしまったしぃ、
柴田理:えっと、それって、どのぐらい前のことでしたっけ?その、発覚したの?
相談者:3ヶ月ぐらい前です。

・・

柴田理:わかりました、先生に聞いてみましょう。今日の、回答者の先生は、弁護士の、塩谷崇之先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA