テレフォン人生相談
柴田理恵・坂井眞

柴田理恵・坂井眞
テレフォン人生相談 2022年11月24日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
50歳男性から、7年前、知人と二人で代表になり会社を立ち上げたが、知人が2、3千万円を横領している事がわかった。どう対処すべきか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

相談者は50歳男性(経営者・会社2つ)、妻50歳、子供は2人で長女(高校1年生)、次女(中学2年生)。他、共同経営者の男、税理士

目次

スポンサーリンク

一緒に会社を立ち上げた知人に横領された

柴田理:もしもし、テレフォン人生相談です。今日はどんなご相談ですか?
相談者:今日はあの、横領についての相談です。
柴田理:横領?
相談者:はい、
柴田理:あなた今おいくつですか?
相談者:50です。
柴田理:ご結婚なさってるんですか?
相談者:はい、してます。
柴田理:えっと、奥さまおいくつですか?
相談者:も、同い歳ですね、はい、
柴田理:はい、お子さんは、いらっしゃいますですか?
相談者:上が高1でぇ、(はい)下が中2です。
柴田理:男のお子さん?女のお子さん?
相談者:お、女の子ですね、(両方?)はい、です。

柴田理:横領についてということなんですけれども、(はい)えっと、どういうご相談でしょうかね?
相談者:今から7年前にぃ、(はい)知り合いとぉ、(はい)まあ、一緒に会社を立ち上げてぇ、(はい)ふたり、ま、ダブル代表で、自分と、もうひとり、の人と、代表立ててぇ、ふたりで会社を立ち上げたんですよ、
柴田理:はぁい、はぁい、

相談者:その間、なかなかずーっと利益が、あがらなくてぇ、(はい)7年ぐらい、経って、まあ、帳簿とかもずーっと、見せてもらえなかったんですけどぉ、自分が、ヤイヤイ言ってぇ、帳簿見せてもらったらぁ、(うん)

相談者:そのぉ、もうひとりの代表はぁ、(うん)まぁ、離婚しててぇ、(うん)外注費とかっていうのでぇ、嫁さんの名前に振り込んでぇ、そういう処理をしててぇ、(ふん)あと自分のお母さんにも、外注費って言ってぇ、仕送りをしているっていうような形をしてたり、

柴田理:外注費という名前の下に、離婚してるっていうか、元の嫁、と、(はい)えっと、親に、お金を、振り込んでた?
相談者:ま、養育費と、仕送りをしてましたね。

相談者:外注中なんかしてないんですけど、
柴田理:うんうん、うんうん、はい、
相談者:脱税もしてるような形ですねぇ、

柴田理:帳簿の方は、最初から、もう片方のその人がやるっていうことになってたんですか?
相談者:そうですそうです、あの自分は、もう一個会社をもってるんでぇ、実質ちょっと、出資ぐらいしかできなくてぇ、(はい)実質経営者はもうひとりの、代表だったんでぇ、

相談者:でぇ、全部自分がぁ、仕事もして、(うん)経理も全部してて、だけど、経理も結構、そうやって滅茶苦茶なことを、されてたっていうことでぇ、
柴田理:あぁ、もう、もう、もう片っぽのダブル代表の、もう片っぽの人がぁ、ほとんど会社のことはやってた、

相談者:やってたってことです、はぁい、
柴田理:うん、うんうんうん、

相談者:でぇ、まあ、あとぉ、えーっと、620万は、なんか小切手で集金したこともあったんですけど、(ふん、ふん)その、もうひとりの代表が、(はぁい)

相談者:でぇ、それなんかでも、そのまんまぁ、小切手、手に入れてぇ、(うん)えっと、銀行に換金してぇ、(はい)そのまま自分のネコババして、帳簿には、つけてなかったですねぇ、
柴田理:会社の、お金を、ほんとに横領してる感じ、ですよねぇ?
相談者:そうですねぇ、(うーん・・)だからぁ、売り上げも、上がったっていうこともぉ・・帳簿には載せてないです。

柴田理:はああ・・
相談者:それも脱税にもあたるような行為も、してますねぇ、その一ヶ月前ですか、急に弁護士を使ってぇ、(はい)その、もうひとりの代表が、(はい)「会社を辞めたい」とかっていうふうに、通達してきたんですよ、

相談者:でぇまあ、辞めたら逃げれる、と思ってるの、かなんか知らないけど、そういうようなのが来ましたね、
柴田理:帳簿がおかしいな、とわかったのは、何ヶ月前ですか?
相談者:帳簿、わかってたのはもう、2年ぐらい前ですね・・とか・・

柴田理:うん、その2年の間はぁ、(はぁい)そのまま、放ったらかしになってたんですか?
相談者:一応、話し合いはするっていう話だったんですけど、ずーっと、その場が持てなくてぇ、
柴田理:それは、お忙しくて?
相談者:っていうふうに言ってました。

相談者:でぇ、けど、話の場はちゃんと作るから、って言っときながら、急に、一ヶ月前に、「会社を辞めます」みたいなことを、(ああ・・)弁護士つかって、言ってきましたねぇ、
柴田理:全然連絡は取れないんですか?
相談者:弁護士からぁ、(うん)直接連絡とったら、刑事事件にするみたいな事が書かれちゃっててぇ、

相談者:だからそこの弁護士経由じゃないと話が、取れないですね、今は、でぇ、自分は、どお・・ま、弁護士さんに相談するのか?警察に相談するのか?っていうのを今、悩んでての、この電話です。

柴田理:会社の、内容というか、そういうのはどんな会社なんですか?
相談者:LEDとかぁ、(はい)ま、製品を、ま、海外から仕入れて、それを売るような事業を、(ああ)してましたね、(はあ、はあ)はぁい、だから総額的にも、(うん)・・

柴田理:いくらぐらい?
相談者:2千万から、3千万ぐらいは行くんじゃないのかなぁ?専門家に、ちょっと見てもらわないと、これが横領にあたるのかあたらないのかも、ちょっとわかんないような内容もあってぇ、

柴田理:はああ・・
相談者:まあ、例えばぁ、会社にお金を貸し付けてんですよ、その彼は、150万貸付ててぇ、
柴田理:うん、

相談者:でぇ、その日に150万、返してもらってるんで、帳簿上は、

相談者:でぇ、おかしいですよね、
柴田理:うんうんうん、そうですねぇ、
相談者:その日に貸して、その日に返してもらうって、(はぁいはぁい)自分としてはぁ、それはもう、帳簿上、貸したってことにしといて、(うん)貸してないんだけど、(うん)だけどちゃんと現金は、かい、会社から返してもらってるってこと、してるんじゃないのかなと(ああ・・)、思っててぇ、(うん)でぇ、それも、問い質したい、つもりだったんですが、そうやって「辞める」っていうふうに・・して、

相談者:逃げられちゃってるんでぇ、
柴田理:うーん・・すぐにあのぉ、警察とかにぃ、言ったりするぅ、問題ではないんですか?
相談者:うーーーんっと、もう、一ヶ月前だったんでぇ、いろんなとこ、相談したいん、なかで、ここの、連絡先見つけたっていう、流れだったんでぇ、
柴田理:わかりましたぁ、じゃあ、ちょっと、先生に聞いてみましょうか?

柴田理:今日の回答者の先生は、弁護士の坂井眞先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA