テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年11月25日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
50歳男性から、78歳の母が私の所有するマンションに住んでいるがローンの支払いが厳しくなったので出て行って欲しいが、頑なに拒否するというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は50歳男性(バツイチ・彼女と同棲中・2年前に転職し所得下がる・高校を一ヶ月で辞める)、母78歳(生活保護受給中・相談者所有マンションで一人暮らし)。3歳の時に両親離婚、兄は父、相談者は母が引き取る。母再婚し父親(この人とも離婚)が違う妹41歳(既婚)

加藤諦三氏の〆の言葉『外面(そとづら)がいい人の言う事を聞いていてはいけません』

目次

スポンサーリンク

自分の所有するマンションに住む母

加藤諦:もしもし?
相談者:もしもし?
加藤諦:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:よろしくお願いしますぅ、
加藤諦:最初に、年齢を教えてください。
相談者:50です。
加藤諦:50歳、(はい)結婚してます?
相談者:いえ、してないです。
加藤諦:離婚してひとり?それともずーっとひとり?
相談者:過去に一度ぉ、あります、はい、結婚して・・
加藤諦:離婚してひとりですね?
相談者:そうですね、
加藤諦:何年間ぐらいですか?ひとりでぇ、暮らしてんのはぁ?
相談者:10年ぐらいですかね、
加藤諦:10年ぐらいですか、
相談者:はい、

加藤諦:はい、わかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:今同居してない・・おふくろぉ、がいましてぇ、(はぁい)70、8・・になると思うんですがぁ、(はい)住んでる、所ぉ・・がですね、わたしの、所有してる、マンションなんですね、(はい)

相談者:元々は、おふくろと一緒に、そこに、わたしも住んでたんですがぁ、(はい)仕事の関係でぇ、遠いところに、住んでるんですがぁ、
加藤諦:はい、

相談者:最初の頃はあのぉ、わたしが、いろいろとそこのマンションのローンですとかぁ、(はい)まあ、おふくろの生活費ぃ、ですとかぁ、(ええ)まあ、負担ん、してぇ、できてた状態だったんですけれどもぉ、(はい)

相談者:このところ、仕事も変えましてぇ、(はい)まあ、お給料も下がったんでぇ、(はい)ローンを払って行くぅ・・のと、まあ、今・・別に住んでるんでぇ、別のところのその、アパートの、家賃だとかぁ、生活費だとか含めてぇ、ちょっと厳しいんでぇ、(はい)

相談者:できたらおふくろにそのぉ、マンション、引越ししてもらってぇ、(はい)別のとこに住んでもらってぇ、マンションをですねぇ、まぁわたしはもう、そこに帰る、つもりないんでぇ、(はぁい)売ってしまいたい、もしくは貸してしまいたいというふうに思ってるんですねぇ、(はい)

相談者:ただそのぉ、おふくろがそのぉ・・ことにぃ、手紙なり、ちらっと話ししたり、した、ですけどぉ、そこがすごく住みやすくぅ・・みたいでぇ(苦笑)、
加藤諦:はい、
相談者:おふくろ的にはもう、一生涯そこにぃ、住んでたい、みたいな感じなんですねぇ、(はい)

相談者:そんなんでぇ、そのぉ、ハァ、2、3年ん、ぐらい前にぃ、わたしが今いる所ぉ、にですねぇ、遊びに、来てもらったんですけれどもぉ、(はぁい)、まあ、そのときにぃ、大喧嘩をしましてぇ(苦笑)、
加藤諦:はい、

相談者:今までその、仕送りぃ、でぇ・・おふくろの生活費ぃ、ですとかぁ、支えてたんですけどぉ、(はい)もうそれもちょっともうしないとぉ、

加藤諦:はぁい、
相談者:いう形でぇ、今、生活保護を受けてるんですよ、おふくろは、(はい)できたらローンももうはらぁえるのが、厳しいんでぇ、(うん)マンションから出て行ってほしいんですがぁ、(うん)、頑なに、拒否というかぁ、

加藤諦:うん、
相談者:「わたしを、殺す気か」みたいな感じでぇしかぁ、返事が、返って来ないんですねぇ、

加藤諦:それはぁ、78歳でぇ、女性でひとりでぇ、生活保護費でぇ、(はぁい)やってるということですけれどもぉ、
相談者:はい、
加藤諦:「わたしを殺す気か」っていうのは、まあ、本気じゃないでしょうけれどもぉ、

相談者:はい、
加藤諦:スゥ、そういう言葉っていうのはぁ、物凄く今不安だからぁ、言葉としては出て来ると思うんですよねぇ、

相談者:うーん・・
加藤諦:だってぇ、78歳でしょう、

相談者:はい、
加藤諦:働く場所があるわけじゃないでしょうしぃ、(はい)スゥ、今のマンション「出てけ」みたいなことを息子から言われたらぁ、本来だったら、自分はぁ、高齢者としてぇ、(はい)保護される立場ですよねぇ、
相談者:はぁい・・ええ、
加藤諦:でぇ、あなたぁ・・気持ちとしてはどうなのぉ?(はい)

相談者:2、3年ぐらい前・・なんですけどもぉ、(ええ)、こちらでぇ・・今、お付き合いしてるぅ、彼女がいまして、(うん)一緒に、生活、できないか、っていう、のもあってぇ、おふくろを、呼んで遊びに来てもらったんですね、(うん)

相談者:でえ、まあ、そのとき、同棲してたぁ、彼女と・・一緒に会ってもらってぇ、(うん)みんなで生活できればぁ、いいかなぁっていうふうに思ってたんですね、
加藤諦:うん、

相談者:彼女のほうはぁ、一向に、構わないって言ってくれてるんですよ・・ ただおふくろのほうがぁ、(うん)、頑なに拒否してぇ、スゥ、そのときに、「マンションを売りたい」っていう話もしたんでぇ、(うん)そしたらぁ、おふくろはぁ、まだ結婚してないのに、もう・・嫁と姑関係みたいな感じになっちゃってぇ、
加藤諦:うん、

相談者:付き合ってる彼女がぁ、悪いっていうふうに、まぁ要はその、彼女が、僕を、こういう人間に変えてしまったみたいな感じでぇ、
加藤諦:まあ、母親からすりゃあそうでしょうね、
相談者:はい、

加藤諦:結局今日の相談っていうのはぁ、同棲している、女性と、78歳の、高齢の、母親との関係がうまく行かないでぇ、
相談者:はい、
加藤諦:かと言ってぇ、あなたも、生活が、大変でぇ、母親の住んでいるマンションを売りたいけれども、(はい)どうしようかということですね?

相談者:そうですねぇ、はい、
加藤諦:はい、わかりました、今日はあのぉ、スタジオにですねぇ、弁護士の中川潤先生がいらしてるのでぇ・・伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA