テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年11月28日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
50歳女性から、26歳の長男が引きこもりになった。どう声を掛け向き合えば立ち直ってくれるのでしょうか?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は50歳女性、夫51歳、長男26歳との3人暮らし。次男は外に出て社会人として一人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『自分に正直、これが最善の生き方である』フロイド

目次

スポンサーリンク

引きこもり長男の接し方?

加藤諦三:もしもし?
相談者:あ、もしもしぃ?
加藤諦三:はぁい、テレフォン人生相談です。
相談者:すいません、よろしくお願いします。
加藤諦三:はぁい、最初に年齢を教えてください。
相談者:50歳です。
加藤諦三:50歳?(はい)結婚してます?(ぁ、はい)

加藤諦三:ご主人何歳ですか?
相談者:50・・1歳です。
加藤諦三:51歳・・でぇ今は、おふたりで暮らしてるんですか?

相談者:いえ、長男と一緒に・・

加藤諦三:長男は何歳ですか?
相談者:26歳です。
加藤諦三:26歳、(はい)三人で暮らしてるわけですね?
相談者:今は三人・・で、暮して・・(今は?)ってぇ、あの、弟がいるんですがぁ、(はぁい)、弟は別の、ところで、社会人で、ひとり暮らししてます、はい、
加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:長男・・が・・家に、引きこもりというかぁ、い、居る状態でしてぇ、
加藤諦三:いつ頃からですか?

相談者:大学ぅ、は、ちょっと中退、なんですけどもぉ、(はぁい)そのあとぉ・・は、ちょっとバイトをしたりぃ、
加藤諦三:要するに、家に引きこもってんじゃなくて、仕事してたわけですね、バイトって、
相談者:バイトはして、ちょっと辞めてぇ、そのあと、ハローワークに行ってぇ、(ええ)職業訓練を半年間受けましてぇ、(はぁい)2年前にぃ、(はい)8ヶ月ぐらいちょっと働いてました。

加藤諦三:そうするとぉ、この大学ぅ・・行かなくなったっていうのはぁ、何年生ぐらいのときですか?
相談者:ひとり暮らしをその時してたので、はっきりとはわかりづらいんですが、ま、ちょっと、休みが多くなってきてぇ、
加藤諦三:はああ・・
相談者:行かなくなってぇ、(はい)っていう形だと思います、はい、

加藤諦三:大学んときに、そういうような、生活をする・・傾向というのはぁ・・小学校、中学校、高等学校の、間には、あんまりなかった?

相談者:長男が小学生の頃に、(はい)家の中で、わたしと主人が喧嘩したりし、
加藤諦三:ん、はぁい、はい、
相談者:かなりなんかちょっとぉ、険悪な雰囲気というか、落ち着いて生活できなかったのではないかと、
加藤諦三:はあ、はあ、はあ、
相談者:それとすいません、小学校の5年生ぐらいからぁ・・

相談者:とにかく家の中で、

相談者:わたしも一切、怒らないようにしてぇ、この15年間くらいはぁ、夫婦でまず喧嘩もしないように、とにかく、落ち着いて暮らせるように、気をつけてるんですけど・・いろんな本読んで、怒らない・・
加藤諦三:ということはねぇ、
相談者:怒らないように、って言いますかねぇ、なんて言いますかぁ・・

加藤諦三:15年間、喧嘩はしなかったけれども・・スゥ、心のふれあい、っていうようなものは、なかったんじゃなぁい?

・・

相談者:っていうか、子供が小学生ぐらいのときにぃ・・ちょっとあたしも、おかしかったと思うんですけど、精神的に、誰も子供の面倒見てくれなくってぇ、(はぁい)ちょっと、追い詰められてしまってぇ、子供、に、手ぇ出してたりしてたもんでぇ、ズズッ、
加藤諦三:あ、ああ・・

加藤諦三:そうすると、子供の側からすると、小学校の頃からぁ、い、家の中はぁ、人間が、成長する、に必要な、心の触れ合いとか・・そういうものがないまま、幼年時代、少年時代を過ぎてぇ、大学まではきたけれども、自然と、大学に行かなくなって・・今は・・家に引きこもってるわけですね?

相談者:3月ぐらい前からちょっと消防団員ん・・に、入りましてぇ、会合があるときは、行ってます。

加藤諦三:引きこもりと言ってもぉ、(はい)家に、引きこもっているわけではないんですね?
相談者:買い物に、行ってくれたりぃ、(うん)あと夕食を、たまに、作ってくれたり、洗い物をしてくれたりはぁ・・

加藤諦三:お母さんと一緒に何か、夕食の仕事なんか、することもあるってなるとぉ・・ごく普通の、26歳の男性の部分っていうのはぁ、成長してるわけですよねぇ?

・・

加藤諦三:そうすっと、今日の相談っていうのはどういうことですか?

相談者:スゥ、もう自分がすごく悪かったってすごいわかってましてぇ(涙声)、
加藤諦三:ええ、
相談者:***頭の中が、ずーっと、15年間気をつけてますけどぉ、ぐるぐるぐるぐる回るんですねぇ(泣)

相談者:自分のしてきたことが(泣)・・

加藤諦三:ああ・・
相談者:嗚咽
加藤諦三:っということはぁ、今あなた自身がぁ・・非常に不安になってぇ・・わたしがどうしたらいいか?、今、困っていると、
相談者:いや、わたしではなく子供の相談です・・どうやって接してったらいいか、どういうふう、に、声掛けて接していくとぉ、
加藤諦三:あ、わかりましたぁ・・
相談者:立ち直れるっていうかぁ、なん・・
加藤諦三:そうすっとこのぉ、26歳の、息子さんと、どう接していったらいいでしょうか?っていう相談ですね、
相談者:はい・・ええ、
加藤諦三:はい、わかりました、今日はあのぉ、スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA