テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年12月2日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
72歳女性から、夫が前立腺がんになり長女に入院日の立ち合いをお願いしたが娘婿から激しく断られ不信感がつのったで娘婿と縁を切りたいというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は72歳女性(脊柱管狭窄症の術後経過悪く立ち仕事が困難)、夫73歳(前立腺がん)、長女息子が下宿している。近くに住む長男(障害で車の運転できず)、県外に住む長女47歳(娘婿は単身赴任)

加藤諦三氏の〆の言葉『怒りは惨めさを訴える事に変装します』

目次

スポンサーリンク

婿と縁を切りたい

加藤諦三:もしもし?
相談者:はい、こんにちは、
加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください。
相談者:はい、72歳です。
加藤諦三:72歳、(はい)、結婚してます?(はい)ご主人何歳ですか?
相談者:73歳です。
加藤諦三:73歳・・(はい)、でぇ今、おふたりでくらしてんの?(はい)72歳と73歳で、(はい)、高齢者が、おふたりで、仲良く暮らしてるっていうのは、素晴らしいことですねぇ、
相談者:いえいえ(照れ)、あのぉ、わたしがちょっと、体が悪いもんですから、(はぁい)主人がぁ、家事を、ほとんどサポートしてくjれてるのでぇ、感謝してます。

加藤諦三:素晴らしい(いえいえ)ご主人ですねぇ、
相談者:ええ、え、もう、ほんとにねぇ、病院行くのもぉ、車椅子、押して、行ってくれますし、わたしの、サポートしてくれるのは、すごく感謝して、はい、
加藤諦三:そうですかぁ、それでぇ?

相談者:この度、主人もちょっと、癌が見つかりまして、
加藤諦三:ああ、あ・・ハァ・・
相談者:それでぇ、ふたりがぁ・・ダウンっていうことになったんですけども、
加藤諦三:はあ、あなたも癌なんですか?

相談者:いや、癌ではないんですがぁ、(はい)脊柱管狭窄症の、手術をしたんですけど、(はい)、その後に、ちょっとしたことでぇ、ちょっとまた痛みが、手術をする前に戻っちゃったんですね、

加藤諦三:ああ、そうですかぁ、
相談者:ええ、ええ・・それでぇ、毎日痛めておりますし、立って食事を作ることができないんですね、

加藤諦三:あ、ああ・・
相談者:立ちっぱなしで、
加藤諦三:つらぁ・・僕はぁ、あなたぁよりも、ちょっと上で、もう、80代なんですけれどもね、(はい)

加藤諦三:もう体ぁ、あっちこっちいって、ほんとに辛いです。
相談者:ええ・・
加藤諦三:でもあなたぁ・・ご主人とふたりで前向きに生きて行こうっていうんだよねぇ、

相談者:ええ、まあ、近くにぃ、娘がおりませんのでぇ、(うん)それで長男はぁ、近くに居るんですがぁ、(ええ)、障害があって、車の運転はできないんですね。

加藤諦三:ああ、ああ、
相談者:それでまぁ頻繁に何か・・助けを求めるわけに、いかないし・・

相談者:娘が遠く行ってしまった時点で・・自分達でぇ・・最期までぇ、行かなきゃ、仕方がないっていうふうには、考えてましたけど・・もう、そういうふうな運命だと思ってぇ、諦めてます。

加藤諦三:でぇ、今日の相談っていうのはなんですか?

相談者:実はぁ、(はい)夫に、前立腺がんが、見つかりまして・・入院、手術をすることになりました。

加藤諦三:はぁい、
相談者:それでぇ、手術日に家族が行くのはまず、長男に・・伝えたら、即答で、「僕が、行く」って言ってくれたので、(はい)長男に、「お母さんはいけないから・・」(うん)「先生に何か言われたら、もう一任するから」ってことで、(うん)長男に頼んだんです。

加藤諦三:ええ、
相談者:それで、入院日の日も・・家族に来てほしいということで、(ええ)長女ぉ、が、もう・・ちょっと離れた県外におりましてぇ、(ええ)長女ぉに、まあ、一週間って言うのは無理だろうなぁと思ったんですけど、(ええ)実はですね、その長女の、息子っていうのが、(はい)わたしどものほうに、下宿をしておりましてぇ、

相談者:そういう関係から、まあ一週間ぐらい来られるといいかな、っと思ったんですけど、(ええ)なかなかぁ・・返事がはっきりしなかったのでぇ(はい)・・長男に、「申し訳ないけどもう一日休みをとって・・」(うん)「入院の時にも行ってもらえないか?」っていうことを言ったんです。

加藤諦三:うん、
相談者:そしたら、職場へ一応申請を出して、結果が出るまでに、ちょっと5日ぐらい・・かかるから、(うん)お母さん、それまで答えを待って欲しい、という間に・・わたしと長女の間に、長女の婿が入ってきましてぇ、(ええ)ものすごく、わたしに・・責め立ててきたんですね、(はい)

相談者:まあ、それ以前にね、もう3年ぐらい前から、ちょっと、っていうような感じはあったんですけど・・子供がこちらに下宿に来るにあたっては、挨拶にも来ないし・・ほいでもう実際・・引き払ってほしいということを、言ったらぁ・・それも・・挨拶にも・・来ないし、(はい)主人も、わたしももう、不信感というかもう、娘婿ぉ・・を、がぁ、もう・・駒のように家族を、支配して動かしてるんですよ、

加藤諦三:ええ、

相談者:それで、ちょっと・・トラブルになりましてぇ、

相談者:あのぉ・・
加藤諦三:っていうことは今日のぉ、相談というのはぁ、(はぁい)ご主人が・・(はい)前立腺癌で入院するについて、(はい)付き添いを・・どういうふうにしたらいいか?ってことですか?

相談者:もう、その付き添いはぁ、長男がぁ、入院の時にも付き添いで行くっていうことに、職場の了解は得て、手術の日と、ふつか、行ってくれることになったので、解決はしたんですけど、(はぁい)その、娘婿との関係なんですね、

加藤諦三:あっ、今日の相談は、長女の婿さんとあなたとが、上手くいってないのを、どうしたらいいかということです?
相談者:あっ、はぁい、はぁい、

加藤諦三:はい、わかりました・・今日はあのぉ、スタジオに、弁護士の、中川潤先生がいらしてんので、(はい、はい)伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 一言で言ってしまえば、この相談者には順序良く筋道だってわかりやすく説明する能力が欠けてるのね。
    長々と喋っても、結局何が言いたいのか伝わらない。言ってることがアッチへふらふら、コッチへふらふら、肝心なことは言わない。聴いてる方はイライラする。
    他人に何かを伝えるときには、新聞記事の書き方なんかが良いお手本なんだけどな。5W1Hって言うじゃない。いつ、誰が、どこで、何を、なぜ、どのようにってね。
    この相談者、新聞読む習慣なんか無いんだろうなあ。
    こんな調子で長々と喋られたら、娘さん夫婦じゃなくても怒りたくなるよ。中川先生もお怒り気味の声を出してたなあ。

  2.  揚げ足鶏さんのご指摘の通りですぇ! 老婆の愚痴を聞かされてイライラしました中川先生じゃなくても リスナー諸氏 どなたも お怒りになったのでは 貴女が娘婿と離婚するわけないのですよ! このような方 がしゃしゃり出られたら 娘さんのご家庭 不和になります 物理的な縁を切られた方がいいですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA