テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2022年12月12日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
2022年を象徴する悩み特集、70歳女性から、妹が宗教にのめり込み母から預かったお金を勝手に引出し貢いだ。財産を次々と宗教に貢ぐ妹にどう対応すべきか?というご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

相談者は70歳女性、夫74歳、子供は3人で長男と長女と暮らす。妹68歳、母95歳、父は10年ほど前に他界、2、3年して妹が実家に入り込む

加藤諦三氏の〆の言葉『人生の諸問題を解決するためには「私は何をしたいか」をはっきりさせる事です』

目次

スポンサーリンク

母の財産を次々と宗教に貢ぐ妹

加藤諦三:もしもし?
相談者:あっ、もしもしぃ?
加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:はぁい、よろしくお願いいたします。
加藤諦三:はい、最初に、年齢教えてください。
相談者:70歳です。
加藤諦三:70歳、結婚してます?
相談者:はい、
加藤諦三:ご主人何歳ですか?
相談者:74歳です。
加藤諦三:74歳、でぇ、お子さんは?

相談者:三人います。(はい・・)

加藤諦三:でぇ今、一緒に、住んでんですか?
相談者:一緒に住んでるのはぁ、長男と長女です。

加藤諦三:はい、わかりましたぁ、(ァ、ハイ)それで、どんな相談ですか?
相談者:妹がぁ、宗教にのめり込んでおりましてぇ、
加藤諦三:いもう・・とっていうのはぁ、あなたの妹ね?
相談者:はい 10年ほど前に父が亡くなりましてぇ、(はい)母がぁ、ひとり暮らしになったんですけれどもぉ、(はい)

相談者:そこへ、父が亡くなってから2、3年してからぁ、あのぉ、妹が実家に、入り込んだ・・んですけども、

加藤諦三:現在は、ふたりで暮らしてるわ(はい、そうです)けですねぇ、はい・・はい、
相談者:はい、それで・・
加藤諦三:それで、この妹はぁ、何歳ですか?

相談者:68歳です。
加藤諦三:68歳ですか、はぁい、それでこの妹さんがぁ・・宗教団体に入ってぇ・・問題があるわけですか?
相談者:ああ、そうですねぇ、まず、父が亡くなったあとにぃ、(うん)母の財産をですねぇ、(うん)全部じゃないですけど一部を、わたしと妹で預かったんです。(はい)同じ金額を、
加藤諦三:はい、

相談者:でぇ、わたしのぉ、通帳も、印鑑も、カードもみんな実家に置いてあったんですけれども、(はい)

相談者:5年前に・・わたしの預かってるほうからぁ、お金をいっぱい引き出したんですねぇ、妹が、
加藤諦三:はぁい、はい、

相談者:でぇ、わたしは全然、その通帳を見てもいなかったので気がつかなかったんですけれどもぉ、(はい)銀行さんのほうでお金の動きがおかしいっていうことで、わたしに連絡が来ましてぇ、(はい)引き落としを止めたんです。
加藤諦三:はい、

相談者:そいでぇ、わたしがその妹に、 「このお金はなんなの?」って聞いたらぁ・・ 「資格を取るためだ」って言ったんですねぇ、
加藤諦三:資格を取るため?
相談者:はぁい、

相談者:どっかに・・
加藤諦三:そいでその資格を取るのになんでそんなお金がいるわけですか?
相談者:だからおかしいなと思ったんですけども、
加藤諦三:おかしい、はい、
相談者:ほんで、そのときにぃ、妹も同じ金額を預かってるんだから、「どうして自分のほうから使わないの?」って言ったらぁ、 「自分のお金老後のため」って言ったんですね、
加藤諦三:はいはい、

相談者:でぇ、そういうことが五年ほど前にあってぇ、わたしは妹のお金の使い方はすごく不信を抱いてたんですけれどもぉ、(はい)母が世話になってるからっていうことでぇ、(はぁい)黙っては来たんですけれどもぉ、
加藤諦三:はい、
相談者:今度・・土地を売ってもお金にならないから・・土地を贈与しろってわたしに言って来たんですねぇ、

加藤諦三:この土地っていうのはぁ、妹さん・・の、
相談者:あの、実家のぉ、土地ぃなんですけれども、(うん)母と妹と、わたしと、三人でぇ、共有名義になってるんですけれどもぉ、
加藤諦三:はぁい、はいはい、
相談者:わたしの分の名義を・・贈与ぉ、しろっていうふうに言って来たんですねぇ、
加藤諦三:はぁい、

相談者:んでぇ・・わたしもそれはぁ、納得いかないと思ったのでぇ、返答しないでぇ、そのままになってるんですけれどもぉ、(はぁい)一ヶ月前になりましてぇ、母のぉ・・介護の費用がかるのでぇ、費用を出してくれって言って来たんですぅ、

加藤諦三:はぁい、はい、

相談者:母はぁ、働いてましたのでぇ、そこそこの年金はもらってるのでぇ、(はい)「そんなにお金が足りないんだったら領収書を出して」って言ったんです。(はぁい)そしたらぁ(うん)、「お布施には領収書がないから」って言ったのでぇ、わたしはもう、さすがにぃ、ちょっとカチンと来てしまいましてぇ、

加藤諦三:要するに、あなたの言いたいことはどこですか?
相談者:その、年金の使い道ですよねぇ、預かってる、お金を母の費用だからと言ってぇ、素直にすっとそのお金を出したとしたら、妹がまた宗教活動にぃ、出すお金が増えるだけのことなのでぇ、
加藤諦三:ああ、なるほど、わかりました、要するにぃ、お金を出してくれっていうことにぃ、問題があるっていうのはぁ、宗教団体のほうにぃ、妹さんが、寄付してしまうっていうことですか?
相談者:そういうことですねぇ、(うん)だから、ああいうところって底なしだと思うんですよねぇ、あるだけの物みんなぁ・・吸い取ってしまうだけだろうと思うので、
加藤諦三:そ、そりゃそうでしょうねぇ、そうすると今日の相談というのはぁ、宗教にのめり込んでしまった妹さん・・を、どうしたらいいかということ?
相談者:あ、妹はぁ、一日中ぅ、テープを聴いたりなんかしてるようなぁ、有り様なのでぇ、直すのはハッキリ言って無理だと思うんですけども、
加藤諦三:はぁい、
相談者:宗教に、貢がれるくらいならわたしは、妹に渡したくないっていうことなんですけどぉ、

加藤諦三:単純に、考えればぁ、(はい)、あなたのお金だというのであればぁ、断れないんですか?なんか?

相談者:でもぉ、わたしのお金っていうアレではないですよねぇ?母のお金を預かってるんですからぁ・・これは妹がねぇ、宗教でもなんでもなくてぇ、正しい道でぇ、お金を使ってるんだったらわたしは、何も文句言いたくないんですけどぉ、宗教に、のめり込んでぇ、宗教の人たちに・・払ってるだけっていうのが、わたしの納得はいかなくてぇ、(はぁい)わたしはどうしてったらいいのかっていうことなんですよねぇ、

加藤諦三:はい、わかりました、今日はあのぉ、スタジオに、弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.   これまで この番組では 宗教については あまりオンエアされることはありませんでしたが ご時世柄  登場しましたねぇ。
     妹さんを 目覚めさせることは 無理でしょうから 貴女が 親の財産をしっかり 握られることですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA