テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年12月22日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
拭えぬ罪悪感~悩み続ける人たち~ 60歳女性から、夫は10年前に女性の下着を盗み逮捕されたが最近異常に若い子を求めている。犯罪を繰り返す事が心配なので離婚をしたいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は、60歳女性(パート)、夫66歳、2人暮らし。子供は3人、長女30代、長男30代、次女20代

加藤諦三氏の〆の言葉『本能衝動の防衛に失敗した人は、社会的な適応はよくします』

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 離婚した方がいいんだろうね。
    もともと相性が良くなかったんだろうな。この夫婦は。
    夫の方も相当不満が蓄積して、その挙句の犯行なのでしょう。
    ただ、いくら不満が蓄積してもやってはいけないことをやってしまったのは致命的。弁解の余地なし。
    夫もこの相談者と結婚しないで、別の女性と結婚してたら犯罪者にはならないで済んだかもしれないね。相談者にも反省すべき点はあったんじゃなかろうか?
    とはいえ、いまさらそんなことを言っても仕方ないでしょう。夫婦双方とも人生を無駄にしたね。二人とも老後貧乏へまっしぐらな気がする。

  2.  中川先生のおっしゃる通り 治りませんね!
    これまで へそくり をやってこられていればよかったのに!
    調停で何とか纏まればいいですね。 

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA