テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年12月23日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
拭えぬ罪悪感~悩み続ける人たち~ 53歳女性から、自分には反社会的な人間だった過去がある。夫や子供にその事実を隠しているので背徳感があり憂鬱で毎日落ち着かないというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は、53歳女性、夫54歳、子供2人、長女(中学3年生)、長男(中学1年生)の4人暮らし。

加藤諦三氏の〆の言葉『人に嘘をついてはいいとは言いませんけれども、自分に嘘をつかない事が第一です』

スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  いわゆる 常習累犯窃盗 でしたね 過去のことはかなぐり捨て これからの事だけお考えになれないのなら 心理カウンセリングでも お受けになったらいかがかな?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA