テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2022年12月24日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
64歳女性から、私の親戚から財産目当てと言われ結婚一年目にして養子縁組を解消した夫、私両親が他界し3年前に実家に戻る話がこじれ夫に殴られ別居、今は息子と2人暮らしだが、財産整理しまた家族3人で暮らしたいのだが・・とパーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

相談者は、64歳女性、夫67歳、一人息子35歳、3年前から別居、1年前から実家で息子と2人くらし。

加藤諦三氏の〆の言葉『選択するという事は捨てるという事です。両方欲しがる人は全て失います』

スポンサーリンク

別居中の夫と同居したい

加藤諦三:もしもしぃ?
相談者:はい、
加藤諦三:はぁい、テレフォン人生相談です。
相談者:あ、こんにちはぁ、
加藤諦三:こんにちぃ・・
相談者:よろしくお願いしますぅ、
加藤諦三:はい、最初に、年齢教えてください。
相談者:60・・4歳です。
加藤諦三:64歳、
相談者:はい、
加藤諦三:結婚してます?
相談者:はい、
加藤諦三:ご主人何歳ですか?
相談者:67です。
加藤諦三:67ですか、
相談者:はい、
加藤諦三:お子さんは?
相談者:息子ひとい・・35歳です。
加藤諦三:はい、一緒に住んでんの?
相談者:はい、わたくしと一緒に、同居してます。

加藤諦三:っと今ぁ・・はぁ・・三人で暮らしてんですか?それとも、息子さんとふたり?
相談者:え、あの息子とふたり・・
加藤諦三:はい、わかりました。
相談者:です。
加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:3年前、ぐらいからぁ、(はい)夫と別居をしてぇ、(はい)両親が亡くなったもんですからぁ、(はい)実家に、わたし、戻って来てぇ、(はい)住んでいたんですけども、(はぁい)息子もぉ・・今から1年前ぇ、くらいにぃ、(はぁい)戻って来たっていう感じで、なんでぇ、(はい)できたら、夫も一緒にぃ、三人で、同居できたらな、っていう希望なんですけども、
加藤諦三:はぁいあい、

相談者:それでぇ、今、別居中ぅ、なんですけどもぉ、
加藤諦三:うん、

相談者:わたしがぁ、両親が亡くなったあと、(うん)家を、相続してるもんですからぁ、(うん)資産、とかぁ、整理をしたいと思いましてぇ、(はい)夫が住んでる、うちのほうもぉ、処分してぇ、少し、片付けてぇ行きたいと思いましてぇ、
加藤諦三:はい、

相談者:それについてはぁ、夫にも協力して、もらいながら、三人で、まとまって暮らしていけたらなぁって思ってるんですがぁ、
加藤諦三:はい、

相談者:夫は・・わたしのうちの中に入るっていうの、拒否してましてぇ、(はい)これから、どうやって生活してったらいいのかっていうのが、ちょっと今悩みなんですけどもぉ、

加藤諦三:あなたは、要するに今、別居してるのは、とにかく一緒に三人で生きたいと、
相談者:はぁい、そうです。
加藤諦三:だけれどもぉ、財産はそれぞれ、(はい)整理して行くことの中でぇ、(はぁいう)ご主人との意見が、一致してないということですか?
相談者:そうですね、ちょっと価値観が違っている感じなんですよ、
加藤諦三:価値観が違うというと、(はい)具体的に言うとぉ・・

相談者:夫はぁ、結婚したぁ当初はぁ、養子を、縁組をしたんですけどもぉ、(うん)わたしの身内からぁ、財産目当てぇ、でぇ、結婚したってぇ、いじめられたってぇ、本人が、言ってますのでぇ、(ええ)それが元じゃないかなぁと思うんですがぁ、夫にしてみればぁ、(うん)苗字を変えるとかぁ、(うん)一応、養子ぃ、のつもりで結婚したんですけどもぉ、(ああ)わたしのうちの、ほうに入るってことは、養子っていう感じになるのでぇ、
加藤諦三:ああ・・はあ、
相談者:それが耐えられないということだと思うんですがぁ、
加藤諦三:うんうん、

加藤諦三:そうかぁ、別居したけど今ぁ、(はい)三人で、(はい)一緒になろうっていう、
相談者:はぁい・・けどぉ、
加藤諦三:単純にそういうようにはいかない・・
相談者:はぁい、いかないわけですよ、はぁーい、
加藤諦三:わけですよね、ですよねぇ、
相談者:はぁーい・・だと思います。

加藤諦三:でぇ、今までも、財産のぉ、こと以外で、こういう価値観のことでね、(はい)どうしても上手く行かないってことはあってぇ、別居っていうのはそういうことなんですか?

相談者:やっぱり、両親がもう、年老いて、先が、見えなくなって来るとどうしても・・負担がわたしのほうに・・後継ぎとして来るもんですからぁ、
加藤諦三:ええ、

相談者:主人にもそういうことを、話して、協力して、もらおうと、思ったんですけれども、そういうことを話してるうちに、暴力を振るわれたりとかぁ、
加藤諦三:あっ、暴力っていうのはどの程度の暴力ですか?
相談者:はい、顔を殴られたりとかぁ、
加藤諦三:殴るのでもねぇ、
相談者:はぁい、なんか・・
加藤諦三:お尻を・・殴るっていうのと、顔を殴るっていうのとは、かなり違ってぇ、(はい)顔を殴るっていう場合にはぁ、(はぁい)相当あのぉ、心理的に、深い、お互いの間の溝があるね、
相談者:ああ・・

相談者:でぇわたしももう怖くてぇ、逃げて来ました。

加藤諦三:そうすっと、怖くて逃げて来たっていうほど、だと、単純な、財産整理でぇ、(はい)お互いに話をして合理的な解決はつきそうもないですねぇ、
相談者:はぁい、だと思います、はい、
加藤諦三:すっと今日の相談というのはぁ、(はい)そういう中でぇ、(はい)どうやって、解決したらいいでしょうかっていう相談ですか?
相談者:そうですぅ、

加藤諦三:ひじょーに(非常)、難しいと思いますけれどもぉ
相談者:はぁい、
加藤諦三:スタジオに弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてんのでぇ、
相談者:はぁい、
加藤諦三:伺ってみたいと思います。
相談者:はい、

スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  資金的余裕がおありですから ご主人の身辺調査を 興信所なりにご依頼なさり 決定的な女性関係の証拠を携え法律専門家にご依頼なさったほうがよろしいですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA