テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2022年12月26日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
60歳女性から、長年うつ病を患い最低限の家事しかできなくて家が散らかり放題、孫が「来たい」と言う時、来てもらえるように片付けたいというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は、60歳女性(仕事はフルタイム・鬱病で月イチで通院中)、20年前に離婚して一人暮らし。母子家庭で水商売をしながら育てた子供は息子2人、次男は結婚し孫もいる

加藤諦三氏の〆の言葉『最も理解を必要とする病気で、最も人から理解されないのは「ウツ」です』

スポンサーリンク

鬱病を患い片付けられない

加藤諦三:もしもし?
相談者:はい、
加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。
相談者:あっ、よろしくお願いいたしますぅ、
加藤諦三:はい・・最初に、年齢教えてください。
相談者:はい、60です。
加藤諦三:60歳、
相談者:はい、
加藤諦三:結婚してます?
相談者:いえ、20年前に離婚してひとりです。
加藤諦三:そうですか、(はい)そうすっと今、おひとりで暮らしてんですか?(はぁい)はい、わかりました。それでぇ、どんな相談ですか?

相談者:長年、鬱を患っておりましてぇ、(はい)月に1回、通院をしてるんですけれども、(はぁい)フルタイムでぇ、仕事はできているんですけれどもぉ、
加藤諦三:はい、

相談者:ただ、あのぉ、自分のウチに帰って来るともう、ぐったりしてしまってぇ、(うん)家事がぁ、最低限のことしかできないのでぇ、普通にまあ、自分だけで生活、生きて行くんなら、そのままでもいいと思うんですけれどぉ、
加藤諦三:はい、

相談者:息子がふたりおりましてぇ、(はい)、下の息子に孫がおりましてぇ、(はい)その、孫がまあ、今1歳なんですけどぉ、まだ今のうちはいいんですけれどぉ、(はい)「おばあちゃんちに行きたい」とか、
加藤諦三:はぁい、はい、
相談者:なると、もう、あげられないのでぇ、(うん)孫は一回しか来たことなくてぇ、(はい)でぇ、そのときはもう、一世一代の、大決心をして、家を片付けてっていうことなのでぇ・・何回も、来たことはあるんですけれど、玄関でブロックしてぇ、入れないような形ぃになっちゃうのでぇ、

加藤諦三:はぁい、
相談者:もうちょっと孫が大きくなってぇ、(ええ)「遊びに行きたい」って言ったときにあげてあげられるように、なんとかぁ、片付けられないかなと思ってぇ、

加藤諦三:はい、
相談者:今も目の前のテーブルの上がもう、ごちゃごちゃでぇ、物を除けて食事するっていう感じなんですねぇ、
加藤諦三:それはテーブルの上もぉ・・普通の人から見りゃなんでもないけれどもぉ、
相談者:うーん、うん、
加藤諦三:鬱んなって・・60歳でぇ・・

相談者:はい、
加藤諦三:もう・・そこの、紙切れ一つ動かすのも(ハァァ)億劫ですよ、
相談者:そうですぅ、

加藤諦三:でぇ、今日の相談というのはどういうことですかぁ?
相談者:なの、でぇ、もうちょっとやる気に、なるにはどうしたらいいかと思いましてぇ、
加藤諦三:ものすごい相談だねぇ、
相談者:(苦笑)はぁ、すみませぇーん、
加藤諦三:月に、一回通院してるって言いますけど、どのぐらいの期間ですか?それ、通院してんのは?

相談者:発症したのはぁ、(ええ)思い返すと22ぐらいのときでぇ、37のときから、通院はしてるんですけれども、
加藤諦三:はぁい、

相談者:15年間放置してしまったのでぇ、アノ・・
加藤諦三:放置したって、言うけれども・・20年以上通院してても、良くなってないんでしょう?
相談者:そうですねぇ、はぁい、

加藤諦三:だから、病院も、(はい)全然よく治療はできないっていう、そこら辺のところを、どう思ってるかっていう・・
相談者:もう、諦めてますっていうか、一生薬は飲み続けなきゃいけないなと思ってます。
加藤諦三:うん、それはぁ、一生薬を飲んでぇ、(ええ)今、60歳でしょう?

相談者:はぁい、
加藤諦三:ちょっと嫌なこと言うようだけど、高齢者の鬱っていうのはぁ、最近大変な問題なんですよ、
相談者:ええ・・

加藤諦三:でぇこれ、周りがほんとに理解できないんです。
相談者:そうですねぇ、うん、その身にならないとわかんないと思います。
加藤諦三:そうなんです、鬱っていうのはねぇ・・最も、周りの理解を必要とする病気なんだけれども、

相談者:うん・・
加藤諦三:最も理解されない、病気が鬱なんです。(はい)だから、あなたは、月に一回通院をしていてですよ、
相談者:ええ、

加藤諦三:それでまったく、良くならないでぇ、
相談者:はぁい、

加藤諦三:周りがぁ、そのことを理解しないでぇ、
相談者:ええ、

加藤諦三:息子を、親の世話しろって・・言いたいくらいなんだけど、僕は、
相談者:ええ・・

相談者:難しいですよねぇ・・

加藤諦三:難しいねぇ、だけど、(はぁい)あなた本当の気持ち、(はぁい)本当はあなた誰かものすごい、攻撃性あるでしょう?

相談者:そうです、ねえ、まあ、別れた、元夫とかぁ、(うん)お舅、さん、お姑さんに対してはすごい憎しみを持っています。

加藤諦三:ふたりですか?・・僕は違うと思うねぇ、
相談者:うーん、まあ、あとは生い、立ちぃの問題でぇ、(うん)、小さい頃に、両親が離婚してぇ、(うん)母子家庭で育ったのでぇ、(うん)、昔なのでぇ、母親は、まあ、水商売をしてぇ、
加藤諦三:うん、

相談者:夜、兄とふたりだけでぇ、4歳ぐらいのときから、ずーっと、子供だけでお留守番してぇ、大人になったのでぇ、甘える相手もいなかったしぃ、
加藤諦三:甘えるぅ、相手なんかまったくいなかったですよ、(はぁい)それなのにあなたねぇ、批判がましいっていうか、憎しみが表面に出ないからねぇ、
相談者:はぁい、

加藤諦三:捌けないんですよ、

相談者:もう、子供の頃からなんでもかんでもずっと諦めるのが癖に・・なってますのでぇ・・そのほうがもう楽になっちゃってぇ、います。
加藤諦三:子供の頃からね、(はぁい)だけど、本当に治るためにはね、

相談者:はい、
加藤諦三:本当のことに気が付かなければならないんですよ、

相談者:うん・・

加藤諦三:本当のことに気がつくぅ、と、いうことになるとぉ、
相談者:はい、

加藤諦三:お姑さんだとかぁ、(ええ)、別れた夫だとか、そんなレベルの問題でなくてもっと、親から始まってぇ、
相談者:はい、

加藤諦三:もう、どいつもこいつも八つ裂きにしてやりたいっていうほど、憎しみがある、はずなんです、

・・

相談者:うーん・・
加藤諦三:だけどあなた、それ怖いからぁ、(はい)意識しない、

・・

相談者:殺してやりたいほど憎いっていうん、今、自覚してるのはぁ、(うん)三人だけですねぇ、

加藤諦三:そこが問題だね、三人だ、ってことはね、
相談者:はぁい、

加藤諦三:もっといるはずです。

相談者:うーん、はい、
加藤諦三:ほんとのことを、気がついて治ってくためにはね、(はい)そんな、生やさしいこと、言ってたんではダメです。いつになっても、一番心の底に、押し込められてる感情が、捌けないからぁ、

相談者:はい・・ええ・・
加藤諦三:それでぇ、今日は、
相談者:はい、
加藤諦三:そういう中でぇ、
相談者:ええ、

加藤諦三:この人は・・ズバっとほんとのことを言ってくれるという人が・・いるんです。
相談者:はい
加藤諦三:幼児教育研究の、大原敬子先生です。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA