テレフォン人生相談
柴田理恵・田中ウルヴェ京

柴田理恵・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2022年12月29日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
76歳男性から、妻は1年ぐらい前から脊椎管狭窄症で腰が痛くイライラして私にあたる。妻は結婚前に統合失調症を患っており結婚後1年半経ってから教えらえ今も薬を飲み続けている。この痛みでまた悪くなるのではないか?夫婦喧嘩しても自分の意見が曲げられず否定できないと言う。パーソナリティは柴田理恵さん、メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京さんが回答者です。

相談者は、76歳男性・妻71歳、結婚して42年、子供なく2人暮らし。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者、いわゆる「正しい人」なんでしょうね。
    自分が正しいと確信してる人ほど厄介な人はいません。
    正義の人ほど残虐なことを平気でしてしまうのは歴史上枚挙にいとまがありません。
    たとえば宗教戦争などは典型的です。自分とは違う考えの人は悪そのもの。
    強引に力ずくでも自分の考えを相手に押し付けなくては気が済まないのです。
    相談者も今までそうやって奥さんを押さえつけて思い通りに生きてきたのでしょう。奥さんの我慢も限界に来てしまったのでしょうね。
    正しい人というのは視野が狭い人と同義語です。他者の意見を受け入れる度量を身につけなければ、自分の周りからは人が消え、索漠とした未来しかないでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA