テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2022年12月30日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
65歳女性から、離れて暮らす一人息子、鬱病あり体調が悪そう。電話で自死をほのめかし借金を打ち明ける。過去に自己破産歴があり借金を立て替える気はないが、私はどうしましょう?パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は、65歳女性・夫74歳の2人暮らし。離れて暮らす一人息子41歳(うつ病歴あり・過去に自己破産歴あり)

加藤諦三氏の〆の言葉『人生に魔法の杖はありません。魔法の杖を求める事を神経症という風に言います』

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 借金の問題は息子が自分で解決しなくちゃいけない問題です。
    相談者にはこの件をどうこうする能力は無いのですから。
    自分ではどうにもできないことをワアワア騒いでもどうにもなりません。
    たとえどのような結果になろうとも、黙って受け入れるしかありません。
    たぶんご主人はそのことがわかっているのでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA