テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2023年1月9日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
54歳男性から、18歳の娘が2ヶ月前に彼と別れた。彼の友達に「相談に乗るよ」と言われて相談したら、話した事をSNSで拡散されて学校に行けなくなってしまったんですというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は、54歳男性(10年ほど単身赴任)・妻53歳・一人娘18歳(高校3年生)

加藤諦三氏の〆の言葉『問題が起きた時、相談する相手を間違えない事です。相談する人を間違える人は自分が分かっていない人です。噂話が好きな人は注意をしましょう』

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 「相談してはいけない人」には、この相談者さんも当てはまるのではないでしょうか。トンチンカンな人です。それがわかっているから、娘さんも「お父さんにだけは内緒にしておいて」と言ったのではないでしょうか?
    娘の失恋に対して、学校に対処を求める? 相談を受けた先生も内心呆れてたんじゃないでしょうか? 内心「なんで私が生徒の失恋の面倒まで見なくちゃいけないの? 私にどうしろと?」と思ったことでしょう。
    噂をまき散らした生徒はもちろん悪いに決まってるけど、すでに拡散してしまった噂はどうにもできません。親が心配するのは仕方ないですけれど、下手に動けば傷を広げるばかりです。父親は黙って見守る、それしかないでしょう。
    失恋などというものは、当人にとっては重大事ですけれど、周りの人々にとってはどうでもいいことです。噂をして楽しむくらいが関の山。
    娘さん本人が自分の心の処理をするしかありません。
    多かれ少なかれ、誰でも通る道でしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA