テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

はじめまして、高橋です。(高橋龍太郎)
あ、はじめまして、よろしくお願いします。(相談者)

問診

えーっと、その、辞められた前の仕事は、どれぐらい続いたんですか?(高橋龍太郎)
まるまる20年ぐらいです。(相談者)
20年ぐらい?(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

で、その会社では、そんなに大きな問題にはならなかったの?(高橋龍太郎)
あ・・(相談者)
今まで、この半年・・除けば・・(高橋龍太郎)

あ、えっと、やっぱりその上司・・自分の判断で、その、勝手に解釈をして、伝達をしなかったからっていうことでの、損害はちょこちょこは、あったんですけれども・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)

はい、それは、そんなにも、大きな・・トラブルとかにはなか・・ならないで、それは前からは、言われてはいたんですけれども・・(相談者)
前からは言われてはいるんだ。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ふーん・・(高橋龍太郎)
何かあったら相談しなさいっていうことですね・・自分の判断では動いたらだめですよっていうことですね。(相談者)

で・・その、失敗をするっていうときは・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
いくつか仕事が並列的に・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

行われてきて、1個抜けちゃったとか、そういうようなことですか?(高橋龍太郎)
そうですね。(相談者)
ねぇ。(高橋龍太郎)
はい、はい、そうです。(相談者)

こっから先、この仕事だけやってくださいっていうのは、丁寧にやれるんだ。(高橋龍太郎)
・・えっと・・時間をかけ・・れば、じっくり・・(相談者)
時間をかけて。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
時間をかければ。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ふーん・・小学校の時は、忘れ物やなんかはどうでした?(高橋龍太郎)
あ、でも、頻繁にはあったかもしれないです・・そう言われればですね・・(相談者)
忘れ物はね、だだ自分で覚えてないよね、現実に忘れ物って、小学生の時に・・(高橋龍太郎)
そうです、はい。(相談者)

本当は、お母さんに聞かないとわかんないところだよね。(高橋龍太郎)
そうですね、はい。(相談者)
うーん・・(高橋龍太郎)

運動は得意でした?
えっと、走るのは好きでしたね。(相談者)
逆上がりやなんかは?(高橋龍太郎)
も、普通にはできていました。(相談者)
ふーん・・(高橋龍太郎)

最近、例えば、最近っていうか、元々わりとよく、人に比べると転ぶとかそういうのあります?(高橋龍太郎)
あ・・ないです。(相談者)

転ぶっていうのはあんまりない?(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
それから、どっかの感覚が、すごく過敏になっちゃうっていうようなことはありますか?(高橋龍太郎)
えっと・・(相談者)

例えば、音だとか、はかくがすごく、あるとき凄く、こう自分にとって、きつく、自分にあたってくるような・・感じるとか、そういうようなことはありますか?(高橋龍太郎)
あ、そういう・・のもないです。(相談者)
そういうのもないですか?(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

注意欠陥多動症

ま、あの、本当は、そういう小っちゃい時からの・・成育歴やなんかを、ずーっと・・へたすると半日ぐらいかかって、お母さんを呼んで、聞いたりして、で、診断をくだす、病気の可能性が少しあって・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

それが、えー、最近ちょっと、病名が変わって・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
注意欠如多動症っていう病名があるんですけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

ま、どっちにしてもそういう、傾向っていうのは今の、あの・・若い世代って言ったら変ですけど、一般的に、みんな割とでてきていて・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

あの・・昔に比べると、そういう・・発達の障害があるのじゃないかっていう人がまあ・・昔の診断からすると、ここ5年ぐらいに、ホントに5倍、10倍の数、増えてるんですね。(高橋龍太郎)
はあ・・はい・・(相談者)

で、ま、逆に言うと、僕ら精神科医も、10年前は、そういう診断は、頭になしに・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

まあまあ、目先の、えー、対応の能力に、少し問題がある人として、場面、場面の、対応するアドバイスしかしてこなかったんですけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

少し長い目で見てみると、そういう共通の・・もしかすると病気があったのかもしれないって言って、最近は割と、その発達の問題について、フォーカスをあてるようになってるんです。(高橋龍太郎)

思い当たる節

それで・・えー、例えば、同じ職場にいながらも・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
過去10年間は、問題じゃないんだけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

少し役職が、上になってくると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
例えば、えー、今までは、自分は下の方にいたので、言われたこと、1つ2つを、ただ丁寧にやればよかったんですけれど・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

少し、マネジメントの仕事が増えてくると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
2つ、3つ、あるいは4つの仕事を、同時並行的にやりながら自分の仕事もやってっていうように、立場が変わってくると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

とたんに、今まであんまり問題じゃなかった事が、表面化してきて・・(高橋龍太郎)
ああ・・はい、はい。(相談者)
えー、そんなんじゃ、仕事なんないよって言われて、病院に来る人が、凄く多いの・・(高橋龍太郎)
ああ・・思い当たる節があります。(相談者)

たぶん、今、お話を聞いてると・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
あなたはそういう、傾向がどうもありそうなので・・(高橋龍太郎)
はい、はい・・(相談者)

ちょっと専門家に・・お話を伺いに・・あるいは診断を受けに行った方がいいかもしれませんね。(高橋龍太郎)
あ、わかりました。(相談者)

うん・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
なんか、可能性はあるように思いました・・印象として、あくまで・・はい・・(高橋龍太郎)

疾患と認めたくない自分

あ、そうですね、なんか、自分の中で、疾患と認めたくないものがあったもんで・・(相談者)
うーん。(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)
ですよね。(高橋龍太郎)
は、はい・・(相談者)

うーん・・あの・・(高橋龍太郎)
けども、そういうんであれば、受け入れるアレはでは・・自分の中で、あるもんで・・(相談者)

そうなんです、あの、介護の人で、さっき、生きがいを感じてたってお話がありました。(高橋龍太郎)

だから、1対1で向き合う時は、すごく丁寧に、いい仕事をなさるんだと思うんですけれども・・(高橋龍太郎)
あ、はい、はい。(相談者)

年齢がいって、いくつか、責任だとか、その同時並行的に、いろんな仕事しなく・・しなきゃなんない、特に事務方の書類も、一緒にやんなきゃなんない、中間管理職以上になると、すごく、問題が表面化する人が多いんですね。(高橋龍太郎)

ああ、実際にそうですね、この半年間は、やっぱりその・・事務方の仕事もしながら現場もしながらって形で、ずっと仕事は進めてきたもんで・・(相談者)
うん・・(高橋龍太郎)
はい・・(相談者)

そうですね。(高橋龍太郎)
はぁい。(相談者)
だから、是非、専門医をお尋ねください。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
はい。(高橋龍太郎)
わかりました、ありがとうございました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。