テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月4日(土)は、ドリアン助川&三石由起子。58歳女性から。2年前にシングルマザーになった37歳の娘、孫は小学6年生12歳になる。月に5回ほど、孫の世話を頼まれたり、一緒に出掛けたりするが、中学受験をする孫は進学塾に通っている。友達からインターネットで得た情報を、悪ふざけのように母親でなく、祖母に「やろう」と言う孫やその友達の親にどう対応すればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:58歳女性 シングルマザーの娘37歳(働いている) 5年前に別居し2年前に離婚 元夫55歳 孫男の子12歳(小学6年生・中学受験する予定)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
あ、もしもし?こんにちは。(相談者)
あ、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
よろしくお願いしまーす。(相談者)
今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

えっと・・6年生になる孫のことで、相談したいことがあって電話しましたけど。(相談者)
お孫さん、6年生?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい、何が起きてますか?(ドリアン助川)

えっと・・なんかあのぅ・・お友達が、インターネットで、エッチなサイトとか見て・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
セックスがどうのこうのとか、そういう話をするようになったんですよ。(相談者)

はいはい。(ドリアン助川)
先月ぐらいから。そし・・(相談者)
あの、男の子ですね?(ドリアン助川)
男の子です。(相談者)
はぁい。(相談者)

それでぇ、もう・・電波にも載せられないような・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、言葉を使ったり・・色々してるのでぇ・・(相談者)

もう・・あのぅ・・「ママに言ったら怒られる」って言って、あたしに話すんですけれども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

心配で。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
わたし・・娘・・に話したんですよ。(相談者)
ええ。(相談者)

そうしたら、「わぁ、わたしもよくわからない、どうしたらいいの?」って・・その、「インターネット見てますよ」っていうの、親御さんに言った方がいいのか?(相談者)
はい。(ドリアン助川)

先生に話した方がいいのか?(相談者)
はい。(ドリアン助川)
どう対処すればいいかわからなくてぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

しかもわたし女の子しか育てたことがなくてぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
その男の子の・・(相談者)

性の目覚めっていうか、まだ6年生で、そんな早くそういう言葉を聞いてきてぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
そんな話するのがもう、ものすごく心配でぇ・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
電話かけさせてもらいました。(相談者)
はい、ええっと・・(ドリアン助川)

ま、つまり・・お孫さんにとってはお婆ちゃんになるわけですね?あなた様がね。(ドリアン助川)
はいそうです、はぁい。(相談者)
んでぇ、あのぅ、これ、普通男の子ってぇ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

え・・まぁ、昔は、こういうもの無かった時代は、あのエロ本の世界とか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・そういうの見て、もう友達同士でこう・・貸しっこなんかするもんなんですけども。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お婆ちゃんには普通言わないですけどねぇ?(ドリアン助川)
だから言わない・・でしょう?(相談者)
ええ、お婆ちゃんに、なん、なんだって言ってくるんですか?(ドリアン助川)

いや、もう色々なんか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのぅ、「セックスっていいもんらしいねぇ・・」「気持ちがいいらしいねぇ・・」って。(相談者)
はぁぁ・・(ドリアン助川)
わたしに、「やろうよ」とか言うんですよ。(相談者)
いやぁ・・なん・・(ドリアン助川)
ええ、「家族でそんなことは・・しないの」とか言ってわたしも・・返事に困ったのでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

「そんなこと言って、ママに言わないでよ・・パニクるんだから」とか言って・・(相談者)
へえ・・(ドリアン助川)
言うんですけど、わたしは心配で。もう娘と話して・・(相談者)

はぁい。(相談者)
娘も「どうすればいいかわからない?!」って言うもんですから。(相談者)

あのぅ・・この・・6年生の男の子、12歳・・11歳かな?・・え・・(ドリアン助川)
あ、今年12歳になります。(相談者)
12歳なりましたね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ご兄弟は?(ドリアン助川)

え、一人っ子なんですけど。(相談者)
一人っ子?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
という事は、まぁ、あのぅ・・(ドリアン助川)

そういうことを教えてくれるお兄ちゃんとかも、居なかったわけですよね。(ドリアン助川)
はい、居ません。(相談者)

多分この・・(ドリアン助川)

友達同士・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

そういうのを、まぁ、盗み見て。(ドリアン助川)

そうそう・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
いろんなのを・・(相談者)

そのぅ・・見て。(相談者)
はぁい。(相談者)
見た・・子が、教えてるみたいなんですけど。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
それ、どんなサイト見てるの?っていうぐらい・・(相談者)

「叩いたりしてやるんだろう」とか。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
はあっ?・・みたいな・・(相談者)

まぁ、だから・・(ドリアン助川)
こう・・(相談者)
完全に大人のアダルトサイト・・を、見ちゃってるわけですね。(ドリアン助川)
た、多分、見てると思うんですよねぇ。(相談者)
うん、まぁ、簡単にもう・・見れますからねぇ、うーん・・(ドリアン助川)
そうです、そいで娘にその・・「お母さんに言ったら」って言ったんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「いやぁ、あのお母さん、ものすごく厳しくて怖いから・・」(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
「どうだろうね?」って二人で相談をしたんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

専門家・・の先生の・・(相談者)

お話・・聞いた方がいいんじゃなぁ・・っと思って、わたしが勝手に電話してるんですけれども。(相談者)
はぁはぁはぁ。(ドリアン助川)

あのぅ・・まぁ、わたしは専門家でもなんでもありませんが・・かつて男の子だった立場から言いますと。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

6年生でこういうものに興味を持つっていうのは全然、早くもなんともないですし。(ドリアン助川)
そうなんですか?(相談者)

わたしはもう小4の時、ぐらいからもう・・(ドリアン助川)

あはは・・(相談者)
そっちの方にしか興味がないぐらい、興味がいきました。(ドリアン助川)
あ、ああ・・そうなんですかねぇ・・(相談者)
ただ、それを・・大人に言うってことがなかったですねぇ。(ドリアン助川)

だから本当に・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
わかってたらって言うか・・(相談者)
ええええ。(ドリアン助川)
こう、耳だけ聞いて、言ってるから・・(相談者)

言えるんだと思うんですけど。(相談者)
はぁい、はぁい。(ドリアン助川)
ホントに自分で、実感としてわかったら、言うかなぁ?とか・・思ったりしてるんですけど。(相談者)
うーん・・あのぅ・・(ドリアン助川)
どうなんですかねぇ?(相談者)
お婆ちゃんとお孫さんの関係としてはねぇ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・本当のお母さんが、嫉妬しちゃうぐらい実は何でも言い合える仲だったわけですね、つまりこれまで。(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
「ババコンにならないでよ」って娘が言うぐらいでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

大好きなんですよねぇ。(相談者)
ふぅーん・・それはアレですか?例えば、あのぅ、あなたの娘さん・・が・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
共働きでぇ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・居ない時 お婆ちゃんとして、面倒みてたとか、そういうことはあるんですか?(ドリアン助川)
いや、面倒みる・・ってことはないんですけれども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あのぅ・・いつも学校の時は、がっ・・学校から帰ってすぐ塾。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
でぇ、休みの時もほとんど塾で、進学塾で・・中学受験のためにお勉強しますのでぇ。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

あのぅ・・孫が暇がある時に・・(相談者)

「ご飯食べに連れてってよ」とか。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
「カラオケしようよ」とか。(相談者)

そういう感じで・・遊ぶときはあります。(相談者)
「カラオケしようよ」とか、あの「セックスっていいもんだってね」って・・(ドリアン助川)
そう、ちょっと・・(相談者)
なかなか小6にしては・・言葉が・・(ドリアン助川)

完全に大人の世界ですねぇ。(ドリアン助川)

です。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
わたしに「やろうよ」って、言ったりするもんだから・・(相談者)
もう、それもねぇ・・(ドリアン助川)
はぁっ?!とかって・・(相談者)
ビックリしますけど。(ドリアン助川)
びっくりします。(相談者)
あのぅ、一緒には、暮らされてないですか?(ドリアン助川)
はぁい、一緒に暮らしてません。(相談者)
でぇ、月のうち何回ぐらい会うんですか?お孫さんと。(ドリアン助川)

月のうち・・5回ぐらいですかねぇ。(相談者)
お婆ちゃん、5回会う?(ドリアン助川)

結構頻繁に、やっぱり会ってるんですねぇ。(ドリアン助川)

頻繁ですかねぇ?(相談者)
うーん。(ドリアン助川)
た、まぁ・・ま、そうですかねぇ?(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

お婆ちゃんに、あのぅ・・「やろうよ」っていうのは・・(相談者)

うーん・・(相談者)
完全にギャグで言ってると思いますが。(ドリアン助川)

あの・・(ドリアン助川)
いや・・(相談者)
逆で・(ドリアン助川)
そう言ったら・・(相談者)
え・・(ドリアン助川)
「嬉しいだろう?」とか・・(相談者)

だから・・(ドリアン助川)
ギャグ・・ギャグ?(相談者)

ん、ん・・わからん。(相談者)
あのぅ・・ええ・・(ドリアン助川)
ギャグで、遊びで言ってる・・のかなぁ?・・ああ・・(相談者)

本気で言ってるとは、到底、思わないんだけど・・(ドリアン助川)
いや、本気で言ってるとも・・(相談者)
ぅ・・ええ。(ドリアン助川)
思わないけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ふざけて言ってるとも思わないんですけどねぇ。(相談者)
まぁ、その時、どういう態度をとるんですか?(ドリアン助川)
わたし?(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

わたしは(笑)・・(相談者)

「家族ではそんなのやらないの」って、「素敵な人が現れて、大人になってかやるもんだ」って、答えました。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

まぁ怒りはしないんですか?(ドリアン助川)

いや笑ってましたけど、ニコニコ。(相談者)
笑ってました?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ああ・・ま、だからその場・・(ドリアン助川)
「そうなんだ」みたいな感じでした。(相談者)
その笑いのなかの雰囲気・・での、言葉として出ちゃったのかもしれませんけども。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
・・
あのぅ・・(ドリアン助川)

この子は、え・・お母さんとあと、まぁ、お父さんいるわけですよねぇ?(ドリアン助川)

えーっと、離婚しましたのでぇ・・(相談者)
あっ、離婚したの?(ドリアン助川)

二年前成立したんですけれども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

え・・っと、1年生から別々、別居・・でして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、4年生の時に成立しましたのでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇ、もう、もう、ノーサイドで、こっからは、違う形のファミリーで・・(相談者)

の形で・・ってことでぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

運動会とか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
誕生会とかはもう、パパも呼んで、みんなでする感じで。(相談者)
ふぅーん・・な・・(ドリアン助川)
明るくやってますけど。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

わかりました、じゃあ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えっと、お母さんと・・二人で暮らしてるわけですね、普段?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

でぇ、え・・4年生から、もう完全にその、前のお父さんとも・・縁が切れてというか・・(ドリアン助川)

え・・(ドリアン助川)
まぁ、あの、籍は抜け・・ました・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ちゃんと、籍は抜けたんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

いろんな学校のイベント事も、パパも呼んで・・みんなでやってますけど。(相談者)
あっ、じゃあ、お父さん・・は、ま、今でも会ってることは、会ってるわけですね?(ドリアン助川)
はい!会ってます。(相談者)
会ってる?(ドリアン助川)
しょ・・しょっちゅう、遊んだりしてます。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うん・・お父さんとは今連絡取り合えるんですか?(ドリアン助川)

あの・・(相談者)
取り合えます。(相談者)
うん・・なんか相談事としては、これやっぱり父親の・・方に、い・・1回投げてみるのもいいかなぁ・・というふうに、今思いましたけどねぇ。(相談者)

ああ・・そうですねぇ。(相談者)
ねえ・・こういうことに関しては。(ドリアン助川)
いやぁ・・でも・・どうかなぁ?(相談者)
あのぅ・・(相談者)

あなたの娘さん、つまり彼の・・(ドリアン助川)

お母さんおいくつですか?(ドリアン助川)

37歳です。(相談者)
37歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
そのぅ・・去って行った、旦那さんは?

えーっと・・(相談者)

50・・(相談者)

50・・(相談者)

5歳かな?(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)
55歳ですねぇ。(相談者)
じゃあ、ずいぶん歳の差がある・・結婚だったんですね。(ドリアン助川)
そうですそうです・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
わたしと3つしか・・変わりません。(相談者)
あ、そうなんですか?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

その、その・・離婚した・・(ドリアン助川)

ゥ・・ゥ・・パパは・・(ドリアン助川)

相談相手になって・・くれますかねぇ?(ドリアン助川)

いやぁ・・相談相手にねぇ・・(相談者)
ウーン・・(相談者)
失礼だけど、なるかなぁ・・(相談者)

どうですかねぇ?(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・ただね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えっと・・(ドリアン助川)

お母さんと・・(ドリアン助川)

お婆ちゃんであるあなた、やっぱ女性・・ですから。(ドリアン助川)
女性ですもんねぇ、はぁい。(相談者)
この男の子の・・体と心の変化ってことに関しては・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
やっぱり、見えづらい部分、あるかと思うんですよ。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
でぇ・・思った以上にもう、あのぅ・・小さい頃から、ませてますから男の子も。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

そうですねぇ。(相談者)
それ、口にしないだけで。(ドリアン助川)
はぁ、そうなんですねぇ?(相談者)
うんいや、それはもう・・もう・・(ドリアン助川)

わ、わたしの口から言うのもなんですが・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ええ・・そ、そうです。(ドリアン助川)
うーん・・そうですかぁ?(相談者)
あのぅ・・わたしたちの頃、インターネットありませんでしたから。(ドリアン助川)
ねえ・・ないから・・はぁい。(相談者)
え・・エロ、エロ雑誌が落ちてるのは大体、雑木林なんですよ。(ドリアン助川)

ああ・・あはは・・(相談者)
そ、その雑木林の中入っていくのは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
小学校低学年までは、カブトムシ採るため。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
高学年になってからは、エロ本探すためって・・も、目的が分かれるんです。(ドリアン助川)

ああ・・そうなんですか?(相談者)
でも、それは、親は、知らないんですよ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ええ・・そういう感じできましたのでぇ・・(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
この・・子が、ちょっと行き過ぎてる部分、あるかと思いますけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
この子が早い・・ってことではないと思いますね。(ドリアン助川)

あっ、そうですか。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
はい、ええ。(相談者)
じゃあ、でもその・・今後どうしたらいいかという事は、それでは今日の回答者・・の先生に、相談してみましょう。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい、え・・三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。よろしくお願します。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今回の三石先生の回答、これはこれでちゃんとした一つの見解ではあります。
    ですが三石先生もしょせんは女ですから、思春期の男の子の性については理解しきれていない面があるのは仕方ありません。彼女の限界でしょうね。
    最初のドリアンさんの「父親に任せたら?」というアドヴァイスの方が適切です。
    三石先生推奨の対応では、この男の子の性に対する意識を歪んだ方向へ捻じ曲げてしまうと思います。
    子供にちゃんとした社会性を持たせるには、ただただ叱ったり脅しつけたりするのではなく、正しい知識を与えることが大切です。