テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年2月4日(月)は、45歳女性から、8年前から3年間、寂しさや孤独、虚無感が拭えずチャットで出会った男性達と関係を持ち、5年前からは、会社の年下男性と不倫関係になる。30歳の彼が結婚するので不倫関係を断とうとするも、お互いに依存して終われない。幼少期の父のアルコール依存症が原因だろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『人は成長する為に、積極的な関心を必要とします』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:45歳女性 夫48歳 子供2人 13歳と10歳 会社同僚の30歳男性と不倫関係(間もなく結婚する) その他、父(アルコール依存症)・母・妹・祖母

もしもし?(加藤)

あ、もしもし?(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤)

あ、よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えてください。(加藤)

はい、40・・5歳です。(相談者)
40・・5歳・・結婚してます?(加藤)

はい、しています。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤)

40・・8歳です。(相談者)
40・・8歳・・お子さんは?(加藤)

はい、2人おります。(相談者)

ん、何歳でしょうか?(加藤)
10・・3歳と、10歳です。(相談者)

はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤)

複数の男性と不倫関係

はい、ま、自分の中・・で。(相談者)
はい。(加藤)

ずーーっとなにか、寂しいとか。(相談者)

はい。(加藤)
孤独とか。(相談者)

はい。(加藤)
虚無感・・(相談者)

とかいうのがぬぐえなくて。(相談者)
はい。(加藤)

それに伴ってちょっと、結婚・・後に、自分の・・行動・・が、とんでもないことになっているので。(相談者)

どう取り除いていったらいいのかな?・・っていうことなんですが。(相談者)
具体的に言うとどんなことですか?(加藤)
はい・・(相談者)
とんでもないことっていうのは?(加藤)

はい、まず・・最初・・は、子育てを家でしているときに、寂しさを・・感じはじめて。(相談者)
はい。(加藤)

チャット・・携帯を使って、他の誰かと話をしたり。(相談者)

はい。(加藤)

でぇ、そこから・・男性と会うようになったり。(相談者)
はい。(加藤)

そういうのは何年ぐらい前ですか?(加藤)
ネット上の男性と・・(相談者)

会っていたのは・・8年前から・・(相談者)

5年前ぐらまでの3年間で。(相談者)
はい。(加藤)

5年前に・・(相談者)

えーっと、職場で知り合った男性と、付き合うようになって。(相談者)
はい。(加藤)

5年間は・・その男性とは付き合・・ってはいる・・状態なんですけど。(相談者)

はい。(加藤)

最初はもう、それで満足していて、自分の寂しさが、まぎれてたんですが。(相談者)
はい。(加藤)

現在・・(相談者)

全然そんなことをしていても。(相談者)

自分のなかの・・(相談者)

孤独とか・・(相談者)
うん。(加藤)
虚無感は消えないな・・っていうふうに気づいてきて。(相談者)
うーーん、うん。(加藤)

これはやっぱり幼少期のことが関係あったりとか。(相談者)
うん。(加藤)
と、思い始めて。(相談者)

ま、先生の著書とか・・(相談者)
はい。(加藤)
いろいろ本を読んだり。(相談者)
はい。(加藤)
調べたりしているうちに。(相談者)
はい。(加藤)

どうしたらいいのかな?・・って・・(相談者)
うん・・(加藤)
今悩んでいるんですが・・(相談者)
それで、今あなたご自分でその幼少期の問題とか・・(加藤)

と、言われたんですけど、なんか・・(加藤)
はい。(相談者)
思い当たることっていうのがあるんですか?(加藤)
はぁい・・(相談者)

甘えたことがなかった幼少期

父が。(相談者)
はい。(加藤)

アルコール依存症で。(相談者)
はい。(加藤)

20・・2年ぐらい前に。(相談者)

はい。(加藤)

は(わ)・・(相談者)

お酒をやめてくれて。(相談者)

でぇ・・(相談者)
あ、もう止めてるわけですね?(加藤)
いや・・止めてるわけ・・(相談者)
あ・・(加藤)
その間にも紆余曲折、いろいろあったんですけど。(相談者)
ええ・・(加藤)

基本的には・・(相談者)
そいで・・(加藤)

止めた・・という状態が・・(相談者)

言えると思うんです。(相談者)
でぇ、お酒を辞めたんだけれども・・(加藤)

アルコール依存症なんです・・っていうのは、どういう意味ですか?(加藤)

そうですね、アルコール依存症というのは。(相談者)
はい。(加藤)
やはり、一生治らない・・(相談者)

症状・・(相談者)

ということらしいんです。(相談者)
はい。(加藤)
なので・・(相談者)

自分の意思を持って・・(相談者)
はい。(加藤)
やめているっていう状態を、続けていても、いつ何時、戻ってもおかしくないという・・(相談者)

意味合いで。(相談者)

それで・・(加藤)
ただまぁ・・(相談者)
はい。(加藤)

自分が育った・・(相談者)

10代というのは。(相談者)
うん。(加藤)
もう本当に、そのぅ・・アルコール・・(相談者)

に、振り回されていた家族であって。(相談者)
うん。(加藤)

ま、母や妹・・祖母なども・・(相談者)
うん・・(加藤)
そういうことを、中心に回っていた家庭で。(相談者)

いつもお父さんの。アルコール依存症を中心にして、もう・・(加藤)

家族全体、親族全体が回っていたという事ですねぇ?(加藤)
そう・・ですね、大人にな・・わたしが大人になってからは、まぁ、落ち着いてきていますが・・(相談者)
うん。(加藤)
今振り返れば、ああ・・そういえば・・(相談者)

甘えたことがなかったな・・とか。(相談者)
うん。(加藤)

こうしたい、ああしたい・・っていうことも。(相談者)

うん。(加藤)
言えなかったな・・(相談者)

って・・(相談者)
うん。(加藤)
思い当たるのが・・(相談者)
うん。(加藤)
自分の幼少期だ・・(相談者)

ということです。(相談者)

要するに、お父さんがアルコール依存症という事で・・(加藤)

まぁ、その他の人も含めて。(加藤)

小さい頃からまぁ・・(加藤)

基本的に人から保護されたっていう感覚がないん・・(相談者)
ないですねぇ・・(相談者)
ねえ。(加藤)

はぁい。(相談者)

やっぱり・・(加藤)

小さい子供ってのは、自分が保護されているっていう・・(加藤)

安心感で成長するわけですから。(加藤)
うーん・・(相談者)

はぁい。(相談者)
だから自分が、保護されてる、守られているっていう感覚が、全くない・・(加藤)

はぁい。(相談者)

でももう・・(相談者)

どうしようもない・・(相談者)

ことなので。(相談者)
うん。(加藤)

わがままであったり、そういう・・変な愛情の、ところを求めていったり、満足できてない・・ってところ見ると、あまり自分のことが好きではないし、自信もないし・・(相談者)
うん・・(加藤)

なのでそういうところどうやって、直して・・いい方向に・・(相談者)
うん・・(加藤)
これからの人生、していったらいいのかな・・(相談者)

離れられない

今でもその職場の男性とは付き合ってる訳ですか?(加藤)

そうです・・(相談者)

でぇ、今回、相手の方が結婚される・・(相談者)
うん。(加藤)
ことにもなって。(相談者)
うん。(加藤)
やっぱりもうそれではいけない・・(相談者)

ということで。(相談者)
うん。(加藤)
関係は断とう・・(相談者)

って、何度も話し合いをするんですけども。(相談者)
うん。(加藤)
まぁ先生の著書の名前を借りると・・(相談者)

「嫌いなのに離れられない」(相談者)

うん・・(加藤)
っていう、お互いが今度は・・(相談者)

依存症・・なのかな?・・(相談者)

うん・・(加藤)
っていうようにもう、違う・・問題もまた、抱えてしまっていて。(相談者)
うん、相手の男性は何歳ですか?(加藤)

30です。(相談者)
30ですか・・(加藤)
ええ・・(相談者)
でぇ、今、このわからない・・自分が、どうしたらいいかって?いうことですね?(加藤)

そうです。(相談者)
はい。(加藤)

今日は・・スタジオに幼児教育研究の・・(加藤)
あっ・・(相談者)
大原敬子先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤)
はい・・はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 大原先生、ブッタ切りでしたな。
    まったくロクな相談者じゃないですね。
    自分大好きな人・・・頭には旦那も子供も無いんですね。
    この期に及んで、まだ別れるかとか聞きますかね(呆)
    もしかすると、もう旦那には判ってるのかもしれません・・・

  2. ほんとうに旦那、気付いてないのかなあ?
    実は必死で耐えてたりしてね。もしそうなら妻への関心なんか押し殺さなきゃやってらんないだろうなあ。
    浮気してる側は自分がどんなに酷いことをしてるか理解できてないんだよな。
    でもその家庭はどうしても歪んだものになる。家族はたまったもんじゃない。

  3. この相談者は自分が妻で母親であることの認識が欠落していますね。自分さえ良ければ周りは関係ない。だったら離婚して自由になれば良いのに。離婚する覚悟が無い為、中途半端ですね。旦那さん既に気づいて、もしかして子供が成人したらこの相談者に三下り半を突き付けるかも?

  4. 最低な女ですね。幼少期の父の事を理由にして、自分を正当化してる。
    子育てしてるのかな?
    よくそんな不倫してる時間がありますね。

この記事にはコメントできません。