テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

こんにちは・・中川です。(中川潤)
あ、こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)

あのねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
先ほどあの、「会社の方に、言ってはいるんだけど、考えてくれない」・・(中川潤)

って、おっしゃったの、ど、どういうこと・・(中川潤)
うん、あの、まだせい・・正式にはね・・(相談者)
うん・・(中川潤)
あのぅ・・「退職しますよ」っていうのは、はっきりは・・い、言ってないんですよ・・(相談者)
うん。(中川潤)
ただ、そういうふうな考えを・・会社の方には伝えてあるんですよね。(相談者)
うん、だから・・(中川潤)

例えば、「有給、もっと取らせてくれ」とか、そういうことじゃなくて、あのぅ・・労働条件の問題じゃなくてね。(中川潤)

ええ・・(相談者)
あの、もうそろそろ、限界だから・・(中川潤)

ええ。(相談者)
辞めたいんだと。(中川潤)

ええ。(相談者)
要するに退職したいんだという話は、してるということなんですね?(中川潤)
はぁい。(相談者)
はい、と、まともに・・(中川潤)

受け止めてくれないと。(中川潤)

はい。(相談者)
ということなんですね?(中川潤)
はい、でぇ・・要は、あのぅ・・退職・・(相談者)

するまで、あのぅ・・例えば、「退職決まりました」・・って言っても、たぶん・・あの、ここの現場・・って、うちの会社、人が、いないもんですから・・(相談者)
うん。(中川潤)

なかなか入るまでは多分、辞めさせて・・前の、ここにいた人も、そうらしいんですよね。(相談者)
うん・・(中川潤)

うん、あのぅ・・なかなか辞めさせてくれないっていう、要は、引き継ぎとか、そういうのもあるから・・(相談者)

あのね。(中川潤)

はい。(相談者)
あなたがおっしゃってる、その円満にってことの意味なんだけど・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
そこの会社、長いんですか?(中川潤)

そうですねぇ・・だいたい・・(相談者)

五、六年・・ぐらいですかねぇ?(相談者)
ぁ、五、六年ぐらいですか?(中川潤)

はい。(相談者)
いや、あの、円満にって意味は、例えば退職に伴ってですねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

それ相応の退職金規定があって・・(中川潤)
はい。(相談者)
退職金をきちんともらってとか。(中川潤)

はい。(相談者)

ぅ・・そう、そういうことを確保したいとか、そういう趣旨じゃなくて、ともかく・・(中川潤)
あっ・・(相談者)

それも・・含めてですねぇ。(相談者)
ふぅーん・・(中川潤)
ええ。(相談者)

まぁ、そこ・・に、なると、なかなか・・ちょっと難しい問題があるんだけども。(中川潤)
はぁい。(相談者)

あのぅ・・っていうのは・・(中川潤)

あの、率直に言ってねぇ・・(中川潤)
・・
はぁい。(相談者)

ぁ、ぁ・・その、あなた、いかにして円満に・・っていうこと・・を、大前提にされてる限りは・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)
これは永劫に次の人が・・ぁ、あなたの前任者と同じでぇ・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
うまく見つかるまで辞められませんよ。(中川潤)

ですよねぇ。(相談者)
はあ・・(中川潤)
はぁい。(相談者)

だから・・(中川潤)

ある程度、きっぱりと・・(中川潤)

あの、常識的な日限(にちげん)を切って・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
それは・・常識的な・・って意味は・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
あの・・た、例えば・・ぃ、ひと月とか・・(中川潤)

ふた月で、構わないですよ。(中川潤)

うん・・(相談者)
ねえ。(中川潤)

そんな・・半年も、とかって必要はないんだから・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

ひと月、ふた月の日限を切って・・(中川潤)

これ逆にねぇ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
使用者側の・・これは認められてはいないんだけども、使用者側の解雇の問題だって・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
一応・・原則的には一ヶ月前の予告で解雇なんだから。(中川潤)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)

ねえ・・(中川潤)
はい。(相談者)
ただあのぅ・・解雇の場合は解雇権の乱用で・・(中川潤)

はい。(相談者)
単純に、一ヶ月前に予告、あるいは、予告手当で認められる・・ってもんじゃないんだけれども。(中川潤)
はぁい。(相談者)

と、裏を返せば・・(中川潤)

あのぅ・・使用者側の解雇だって、原則的そこなんだから。(中川潤)

はぁい。(相談者)
一ヶ月前に・・(中川潤)

はい。(相談者)
それなりに、一ヶ月という期間があるんだから・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
・・
その間に、会社の方で責任もって手当すると。(中川潤)

はぁい。(相談者)
いう・・意味で、常識的期間・・ではあるわけですよ。(中川潤)

うん・・(相談者)
でぇ、法律上・・例えば・・(中川潤)

民法上は・・期間の定めがなければニ週間前とかって、あるけれども・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
まぁ、二週間前・・っていうのも、ちょっとね。(中川潤)

どないなもんかってあるから・・(中川潤)

はぁい、(相談者)
最低限、一ヶ月くらい・・(中川潤)

前に・・(中川潤)

はい。(相談者)
もう、はっきり、「わたしはもう、あと一ヶ月で、辞めさせて・・来月には、辞めさせていただく」と。(中川潤)

はぁい。(相談者)
「悪いけど・・もうこれ以上、もたないから」と。(中川潤)

はい。(相談者)
いうこと、おっしゃって・・(中川潤)

はい。(相談者)

ただあと、そこでぇ・・(中川潤)

そのぅ・・退職金規定に従った退職金払わない・・ってことになると・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
それについての、あのぅ・・(中川潤)

ぃ・・支払・・の確保するっていうのは・・(中川潤)

あの・・辞めた後、別の形で考える・・方策を考えるってことになる・・(中川潤)

っていうリスクはあるけれども。(中川潤)
はぁい。(相談者)
両方上手くいく・・まっとうするってことは、無理ですから・・k
無理です・・ああ・・(相談者)
所詮・・でぇ、二兎を追うってlことは無理なんだから。(中川潤)

はぁい。(相談者)

だから・・それは二段構えでやるしかないですよ。(中川潤)

はい。(相談者)
退職金規定が、相応にあって・・(中川潤)

ええ。(相談者)
でぇ、それに・・ぃ・・(中川潤)

準拠すれば、一定の退職金・・っていうのが、当然もらえる権利があるんであれば・・(相談者)

はぁい。(相談者)

あれば・・(中川潤)

辞めることは、常識的な・・事前告知期間をおいて・・(中川潤)

ええ。(相談者)
でぇ、辞めて・・(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ、そん時に素直に払えばいいけど、払わなければ・・(中川潤)

はい。(相談者)
それは次のステップとして、回収・・を、考えると。(中川潤)

ああ・・(相談者)
はあ。(中川潤)

いう考え方を取らないと・・(中川潤)

はい。(相談者)
いつまで経っても辞められない。(中川潤)

ですよねぇ・・(相談者)
ねえ。(中川潤)
・・
はぁい・・(相談者)
うん・・(中川潤)
はい。(相談者)

・・

ってことは、一番よくわかっておられるとは思うんだ。(中川潤)

はぁい。(相談者)
あなた自身が。(中川潤)
はぁい。(相談者)

でぇ、何よりもやっぱりあなたのお話しぶり聞いてると・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

あのぅ・・わたし以外に・・ちょっとできる人物がいないんでぇ・・(中川潤)

とかね。(中川潤)

はい。(相談者)
いうところ・・は、頻繁にお話に出るじゃないですか。(中川潤)

はい。(相談者)
だから・・あなたの・・それはすごくあの・・人間としては、すごくいい・・あの、大事なことでぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ、通常、普通・・に、仕事をしていくで、あ・・いく上で、当たり前で・・(中川潤)
はぁい。(相談者)
とても大事なことなんだけども・・(中川潤)
・・
はぁい。(相談者)

だけど・・(中川潤)

今の状況の中で、あなた自身が持たない・・(中川潤)

はい、はい。(相談者)
ねぇ、でぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
特に介護との関係で・・(中川潤)

はい。(相談者)
有給も、十分に取れないような状況だと・・(中川潤)

はい。(相談者)
ちょっと、参ってしまうと。(中川潤)

はい。(相談者)
いう事なんであれば・・(中川潤)
はぁい。(相談者)

ま、そこをー・・必要以上に・・(中川潤)

会社・・サイズに身を置いて・・(中川潤)

ええ。(相談者)

お客さんの事を考える・・(中川潤)

必要は、わたしはないと思う。(中川潤)
・・
会社の方に・・(中川潤)

その一ヵ月なら一ヵ月の、期間を与えれば・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
会社が何とかすべきことなんです。(中川潤)

ああ・・はい。(相談者)

というふうに、割り切らないと、どっかで。(中川潤)

はあ、そうです・・(相談者)
あなたは、だから割り切りなんですよ。(中川潤)

ああ・・(相談者)
うーん、ある意味でねぇ。(中川潤)

ただあの、ええ、そうなんですよねぇ、ただほら、あの、今、ちょっと・・歳が歳なんでぇ・・(相談者)
うん。(中川潤)
あのぅ・・まぁ、割り切って、まぁ・・や、辞めます・・って言う、言え・・てもまぁ・・次の仕事も・・ふっ・・仕事もさがさ・・ま、今・・いろいろ、あのぅ・・面接とかやってますけど・・ふふっ・・(相談者)
うん。(中川潤)

うん、まだそれが決まんない限りはちょっとやっぱり、今おっしゃったようにあの、何ていうんですか?割り切りではないって、言った方が、自分も近い・・(相談者)
ああ!そっちの問題ねぇ!(中川潤)

ええ・・(相談者)
うん。(中川潤)
そっちも、絡んで来るんでぇ・・(相談者)

ああ・・(中川潤)

もう、それは・・どっちかで、あなた優劣付けるしかないよ。(中川潤)

ですよねぇ。(相談者)
うーん。(中川潤)

ウーーン・・(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

だって・・次の仕事決めて。(中川潤)

ねえ。(中川潤)

はぁい。(相談者)

例えば・・「来週から出て来い」って言われた時に、
「出て来れますね?」って言われた時に・・(中川潤)

あなたのご気性からして・・(中川潤)

ええ。(相談者)
「はい、わかりました」・・(中川潤)

つってぇ・・(中川潤)

でぇ・・一週間で現場放り出すってこと、出来ないでしょう?(中川潤)

うんうん、無理ですねぇ。(相談者)
でぇ、会社とも・・今の会社とも相談して・・っていう・・(中川潤)

ぉ、お答えをなさるんだと思うんですよ。(中川潤)

ええ、ええ。(相談者)
ほいでぇ、今の会社と、ご相談され・・されれば、「冗談じゃないよ、おい・・一週間でぇ・・んな事すんなよ」って・・(中川潤)
ふふっ・・(相談者)
ぃ、言われちゃうに決まってるわけですよ。(中川潤)
いい・・はぁい。(相談者)

ねぇ?(中川潤)
あっ、はぁい。(相談者)
そうすっとあなた・・(中川潤)

股裂きになって・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
でぇ、結局のところ決まらないって、そういう状況にしかならない。(中川潤)

はぁい。(相談者)

ですよねぇ。(中川潤)

はぁい、そうですよねぇ。(相談者)
だからねぇ・・(中川潤)

あなたの中で、その、プライオリティがハッキリさせないとしょうがないです。(中川潤)
・・
それも二兎なんですから。(中川潤)

あっ、そうですね。(相談者)
ええ。(中川潤)

その、大事・・そりゃ大変なことなんですよ・・あのぅ・・あの、今のお歳でぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
あの、今のぅ・・あの、経済状況の下で、そのぅ・・次の就職先、それなりの就職先をねぇ・・(中川潤)
ええ。(相談者)
確保するっていうこと自体が・・(中川潤)

ええ。(相談者)
大変な事はよくわかるんですよ。(中川潤)

はぁい。(相談者)
わかるんだけど・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
でも、そっちが、大事・・なんであれば・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
逆に言うとやっぱり・・(中川潤)

ぃ・・い、今の職場での、そのぅ・・日常の、毎日の生活の糧っていうのは・・とっても、ねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
なんだかんだ言ったって・・あなたの生活の基盤なんだから。(中川潤)

はぁい。(中川潤)

そっちの方が、大、ウェイト掛かって来るのかもしれないじゃないですか。(中川潤)
****ねぇ、はぁい。(相談者)

ねえ?(中川潤)
はい。(相談者)

だから・・ふふっ・・その辺のところは、やっぱある程度按配(あんばい)するしかないわねぇ。m

そうですねぇ・・(相談者)
でぇ、姑息な・・ことを考えれば、そのぅ・・(中川潤)

・・

あのぅ・・その再就職先をねぇ・・(中川潤)

ええ。(相談者)
いくつか・・まぁ・・当たっておられるんだろうけども・・(中川潤)
はぁい。(相談者)
そこである程度のインターバル、を取ってもらえる・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
ところ、めっかったら、もうそこで割り切って・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
それが一ヶ月、二ヶ月先で、いいんであれば・・(中川潤)

ああ、はい。(相談者)
ええ、パーンとやって。(中川潤)

ええ。(相談者)
ええ、移ると。(中川潤)

いうぐらいの割り切りを、するしかないんじゃない?(中川潤)

あぁ、そうですねぇ。(相談者)
うん・・(中川潤)

その退職金・・とかそういうのは、もう、当てにはしてないのでぇ。(相談者)
でしょう。(中川潤)

ええ。(相談者)
うん・・だからむしろあなたの場合は再就職先とのバランスの問題でしょ。(中川潤)

そうですねぇ、はい。(相談者)
どっちかと言えばね。(中川潤)
はい・・(相談者)
・・
はい。(相談者)

だからそこのコース取りを・・(中川潤)

あの、間違えないように・・(中川潤)

あっ・・はぁい・・わかりました。(相談者)
でぇ、あなたがおっしゃってる会社に迷惑を掛けないっていうのも常識的な範囲で・・(中川潤)

はい。(相談者)
期間告知をされればいいだけの話だと思うのね。(中川潤)

あっ、はぁい。(相談者)
はい。(中川潤)

わかりました。(相談者)
よろしいですか?(中川潤)

あっ、はい、ありがとうございます。(相談者)
はい・・(中川潤)

すいません。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  次の仕事の目途も立ってないのに ただ 辞めたいではねぇ!
     現場 現場 と おっしゃってましたが  経験や 資格 ご相談者でなければ 出来ない特殊技能をお持ちなのでしょうか(・・?
     それがあれば 現在の 雇用主 も 勤務体系を考えてくださるのでは また いわゆる手に職があれば 何処でも 雇ってくれるのでは(・・?
     現在のお仕事が 稼げている ので あれば お母さまは 介護施設などにお任せになり ご自身の生活を大切になさったら 如何でしょうか(・・?

  2. 突然従業員が辞めてしまえば、当然会社は困りますよ。
    でもね、「この仕事ができるのは自分だけ」と思っていても、いなきゃいないで何とかしてゆくのが会社ってもんです。

    会社に籍を置いていながら別の会社への就職活動するのは倫理に反することです。不倫と同じですね。
    ですが今の労働環境ではやむを得ないかもしれません。
    自己中に徹して、自分自身が生き残れるよう、せいぜい知恵を働かせればいいでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA