テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月17日(木)は、柴田理恵&中川潤。43歳の相談者、夫は居酒屋とマッサージ店を営むも赤字続きで生活費を入れられない状態。相談者の介護のパートと義母の年金だけで生活をしている状態。息子は重度の発達障害。義母も軽度の認知症。一年ほど前に離婚を切り出すも夫は冗談としか取っていない。離婚してもその後の生活が不安。お金のない人から養育費は貰えるものだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:43歳女性(介護のパート) 夫65歳(居酒屋・マッサージ店を経営) 婚姻11年 子供二人 娘10歳 息子9歳(重度の発達障害) 義母88歳(軽度の認知症) 5人で暮らしている

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)
あっ・・(相談者)

ぁ、はぁい、もしもし?(相談者)
はい・・今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

えーっと、あのぅ・・主人と・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
離婚を考えてまして・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

えっと、その後の・・生活の心配とか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あとちょっと、家の事情が複雑なものでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・離婚をすべきか・・(相談者)

あの、どうしたらいいか?っていう・・(相談者)

心配なんですが・・(相談者)
あっ、はい、え・・っと・・あなたは、おいくつですか?(柴田理恵)

えっと・・40・・3です。(相談者)

はい、旦那さんは?(柴田理恵)

え・・60・・(相談者)

5・・に、なります。(相談者)
5・・はい。(柴田理恵)

えーっと、お子さんは、いらっしゃるんですか?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
・・
えーっと、娘・・(相談者)

が、一人と、息子です。(相談者)

はい、娘さん、おいくつですか?(柴田理恵)

え・・10歳と・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
む、息子が、9歳です。(相談者)

9歳・・あっ・・(柴田理恵)

じゃあ、お子さん、小さいですから、アレですねぇ・・(柴田理恵)
そうなんですねぇ・・はぁい。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

えっと・・その他、ご家族というのは?(柴田理恵)

いらっしゃらない?(柴田理恵)
えっと、義理の・・母が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
88になる母が・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

あのぅ・・一緒に同居してまして・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

でぇ、あのぅ・・母の方は、あの・・(相談者)

ま、軽度・・だと思うんですけど、認知・・症がありましてぇ・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

でぇあの・・息子の方がですねぇ、ちょっと重度の、あのぅ・・発達障害を持ってる子なんですねぇ。(相談者)
ああぁぁ・・はいはいはい。(柴田理恵)
・・
はぁーい。(相談者)

でぇ・・(相談者)
じゃあ、ホント・・この先心配ですねぇ。(柴田理恵)

そうなんです。(相談者)
ぇ、じゃあ、なぜこの・・ご主人と離婚なさろうと、思ってらっしゃるんでしょうか?(柴田理恵)

そうですねぇ、あの主人が・・半年ぐらい前からちょっと無収入に近くてですねぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

母の今、年金でぇ・・年金と、わたしも仕事してるんですけど・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

わたしの・・収入と・・(相談者)

あと、息子のあの、障害のてあ・・て(手当)でぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なんとか生活をしている状態にでぇ・・(相談者)
あっ、どうしてまた、無収入に・・なられたんですかねぇ?(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

ですねぇ・・なんて言うか・・(相談者)

仕事が好きでぇ、あの、お酒もギャンブルも何もしない人なんですけど・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
もう、とにかく・・(相談者)

越してきて・・ま、歳・・を、取ってから・・引越しを、してきたんですねぇ。(相談者)
ぁ、はぁい、はぁい。(柴田理恵)
そしてまぁ・・(相談者)

結局・・あのぅ、お店のほうも赤字で・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そいでぇ・・あのぅ・・もう少し、手を広げる・・ために・・(相談者)

別の仕事も始めたりして・・(相談者)

まぁ、結局、両方・・(相談者)

どうですかねぇ、あか・・じ(赤字)・・の、繰り返しというか・・(相談者)
うん、えっと、引越しなさってきて・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
この土地でぇ・・(柴田理恵)

あの、就職なさって・・(柴田理恵)

はい、自分で店を出したんですけど・・(柴田理恵)
あっ、お店を出されたんですか?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁぁ・・(柴田理恵)

ぁ、出されてぇ・・それでぇ・・(柴田理恵)

それが・・(柴田理恵)

あまりうまく・・いか・・なかった?(柴田理恵)

そう、あのぅ、夜・・の、あのぅ・・居酒屋を初めてぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

そいでぇ、まぁ・・あの、もっとお金が・・ねぇ、稼ぎたいからって、昼間時間があるので、昼間を・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

マッサージ店を始めたんですね。(相談者)
あぁ・・はぁ、はぁ、はっはっ。(柴田理恵)
はぁーい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

それでぇ、まぁ・・両方・・そんなにうまくいってないのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
どっちかの赤字を、どっちかが埋めるような状態の繰り返しですかねぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
そんな無収入っていうのは・・(柴田理恵)

その、今、両方やってらっしゃるけれども・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)

あのぅ・・(柴田理恵)

収入的には、入って・・(柴田理恵)

来ないっていうことですか?(柴田理恵)
そうですね、もう・・はぁい。(相談者)

あの、自分たちの、や、家賃とかの、お店のですね、二店舗あるので・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

その、まかなう・・(相談者)

ので、精一杯でぇ・・(相談者)
あぁ・・(柴田理恵)
結局は生活費・・(相談者)

っていう形で、家に入ってこない・・(相談者)
あぁ・・(柴田理恵)
状態が続いてます。(相談者)

これはどっちかに絞るっていうことは・・(柴田理恵)

できないものなんですか?(柴田理恵)
そうなんです、いやぁ、なぁ・・その話もしたんですが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、ちょっと、年齢も離れてるし、わたしに・・(相談者)

言われるのが・・(相談者)

なんか・・あんま、好かないみたいでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
仕事のことは?(相談者)
うん。(柴田理恵)
ぁ、あ~ん、あの、口を出すな・・っていう感じでぇ。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
うん・・「俺も考えてる」って、その一言でもう、終わるんですよねぇ。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
ふぅーん・・(相談者)

・・

あなたの・・お仕事っていうのは・・低収入っていうか、パートとか、そういう感じですか?それともちゃんと・・(相談者)
そう・・ですねぇ、あのぅ・・(相談者)
ずっと・・(柴田理恵)
ま、パートは、パートですけど、介護・・の、仕事をしてまして。(相談者)
あっ、介護の?・・はいはい。(柴田理恵)
はぁーい。(相談者)

でぇまぁ、息子が・・障害がなかったらわたしも・・正社員になりたいんですが・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
それもまたちょっと、難しくてぇ・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
はぁーい。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

はぁぁ・・(柴田理恵)

なるほど。(柴田理恵)

でも・・そうすると、でも・・(柴田理恵)

おうちにお金が入ってこない状態だと・・(柴田理恵)

ちょっと・・(柴田理恵)

厳しいですよねぇ。(柴田理恵)
そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あの、母が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・まだね、幸い元気で・・年金が入るのでぇ・・(相談者)
ええ。(柴田理恵)
それでぇ・・(相談者)

今は、やって来れてるんですけど。(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)
ねぇ、もう、母も年齢的も、88なのでぇ・・(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)
いつ、どうなるか・・っていう、心配もあるし・・(相談者)
うん、ふんふんふん・・(柴田理恵)
うーん・・(相談者)

あのぅ・・(柴田理恵)

居酒屋・・(柴田理恵)

と、マッサージっていうのは・・(柴田理恵)

うん。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

前も、そういう、おし、お商売、やってらっしゃったんですか?(柴田理恵)
そうですね、はい、ずーっと・・(相談者)

似たような・・(相談者)
あっ・・じゃあ、ずーっと、わりと・・こう・・(柴田理恵)

経験のあることでぇ・・(柴田理恵)
そうです・・(相談者)
その、初めてやったってことでは、ないんですねぇ?(柴田理恵)
はぁい、そうです。(相談者)
あぁぁ・・(柴田理恵)

なるほど・・(柴田理恵)

それでぇ、やっぱりその・・(柴田理恵)

お金のこと・・で・・(柴田理恵)

離婚・・(柴田理恵)

うーーん・・(相談者)
なさる・・(柴田理恵)
そうね、このまんまではもう・・(相談者)

心配で・・そんでぇ、主人はもう、家に・・(相談者)

帰って来ないんですね、あのぅ・・(相談者)

ちょっと家から離れた場所で、み・・お店をやってるのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

日曜日だけ、帰ってきてたんですね。(相談者)
うんうんうんうん。(柴田理恵)
うーん・・でも、もう、最近はちょっと・・(相談者)

もう・・お互いに、顔を合わせてもイライラするばっかりでぇ・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

うーん・・あのぅ・・一週間に一度しか、寝に・・帰って来ないのでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
もう、息子の理解も、全然できてなくって・・(相談者)
うん・・うん・・うん・・(柴田理恵)
うーーん・・(相談者)
そうですねぇ・・(柴田理恵)

・・

あの、ご主人と、離婚の・・相談はもう・・あのぅ、進んでるんですか?お話は?(柴田理恵)

うん、あのぅ・・ 一年前ぐらいですかね、もうこのような状態だったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

まぁ、娘が中学校行く頃にはもう・・別れてほしいっていう話は、一度はしたんですけど。(相談者)
うん、うん、うん。(柴田理恵)

うん・・まぁ、そん時は、たぶん本人は、冗談だと思って、笑ってはいたんですけどね。(相談者)
はぁ・・はっ、はぁ・・(柴田理恵)

あ、じゃあ・・(柴田理恵)
わたしは・・もう・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

結構前からちょっと、真剣に考えてて・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

別れたら・・(柴田理恵)

あなたの稼いできたお金と・・(柴田理恵)

でぇ、全部やらないと息子さん、娘さんのこともね。(柴田理恵)

うん・・それは、あの養育、養育費とかは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの、でも、請求できる・・ものですか?(相談者)

生活費も稼げない人から、せい・・養育費、取れるのかね?(柴田理恵)

そう・・なんですよ、そのお金がない人から・・何ももらえない・・んですかねぇ?(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

ちょっとその辺じゃあ、聞いてみましょうかね、先生に。(柴田理恵)
はぁ・・い・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)
わかりました。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
えっと・・今日の回答者の先生は、弁護士の中川潤先生です。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  ご主人との年齢が離れすぎてますネ お互い初婚同士なのでしょうか(・・?
     重度の発達障碍児と 痴ほうの姑を 抱えて 夫から生活費が入って来ない
     この事態を 夫はどうお考えなのでしょうね? 居酒屋にマッサージ店 と言うことは 人を雇っておられる(・・? 人件費 家賃 だけでも大変でしょう(・・?

     さっさと 双方の店をたたんで 手っ取り早く稼げる 事業所に雇用されて安定収入を得ることが 夫の取る道では?

     子の夫には妻子(老母)を養うと 言う 意識が欠如してますね!

  2. いろいろ言いたい事が多過ぎて(笑)
    どうにもならんでしょ もう夫婦として終わってるように見えますし
    後は離婚して一人で生きていく覚悟が有るか、ですね

この記事にはコメントできません。