テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

お願いします。(相談者)
こんにちは、中川です。(中川潤)

よろしくお願いします。(相談者)

お話聞いてて、すごい大変だな・・とは・・思うんだけども・・(中川潤)
はぁ・・い・・(相談者)

直接のそのご質問のね・・(中川潤)

養育費・・仮に別れたとしてぇ・・(中川潤)
うん・・(相談者)

養育費請求できるのか?・・っていうお話なん・・ですけどもねぇ。(中川潤)
うん・・(相談者)

あのぅ・・養育費・・(中川潤)

って・・あのぅ・・具体的に・・例えば、す、その・・裁判所みたい・・な所で・・(中川潤)

うん。(相談者)
決めてもらうっていうことに・・(中川潤)

なったような場合ね。(中川潤)

はぁい。(相談者)
ど・・どういう形で計算するか・・っつったらぁ・・双方のそれぞれの収入から・・(中川潤)

割り出すしかないんですよね。(中川潤)
あぁぁ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
だから・・(中川潤)

あの、現実問題として・・(中川潤)

お店をやっておられるけど、営業経費で全部消えてしまって・・(中川潤)

実収入がない。(中川潤)

はぁーい。(相談者)
っていう・・(中川潤)

もしその通りだとすれば・・(中川潤)
はぁ・・い。(相談者)

取ろうにも取れないよね。(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
う、うーーん・・(中川潤)

はぁぁ・・(相談者)

だからその経済的な問題だけから言うと・・(中川潤)

ちょっと非常にドライな話・・に、なってしまうけども・・(中川潤)
・・
はぁい。(相談者)

生活費・・っていうか・・(中川潤)

仮に別れたときの、今後の生活・・(中川潤)

の、経済的な部分どうするか・・って言うと・・(中川潤)

うん・・(相談者)
旦那は当てにならない。(中川潤)

それから、お母さんのその年金ってのは・・これどうも・・(中川潤)

あのぅ・・ご主人のお母さんなのね?(中川潤)

そうなんです、はぁい。(相談者)

でぇ・・そちら・・を、でぇ、かろうじて今、なんとかやっておられるけども・・(中川潤)

ただ、その年金の方は・・まぁ、当てに出来ないですよね?(中川潤)

ああ・・そうですねぇ・・(相談者)
と、あなた一人が・・(中川潤)

の稼ぎの中で・・(中川潤)
やるしかない。(相談者)

やっていくっていうことは現実の問題として・・(中川潤)

うーん・・(相談者)
生活設計として、別れるとすれば、そういう組み立てを考えるしかないですよねぇ。(中川潤)

うーん・・(相談者)

うーん・・(中川潤)
そうですかぁ・・(相談者)
あのねぇ・・(中川潤)

そのご主人・・の、ことがイマイチ・・よく見えないんだけれども・・(中川潤)
はぁい。(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

あなた結婚されて何年ぐらいになるの?(中川潤)

うーん・・10・・1年になります。(相談者)

でぇ、結婚した頃ってのは・・(中川潤)

あのぅ・・お店・・やっておられたんだろうけど・・(中川潤)
はぁい・・そんときは・・(相談者)
それなりに・・羽振り良かったんですか?(中川潤)

そうですね、その頃は・・(相談者)

まぁ、おち・・落ちては来てました・・ような気がしますけどねぇ。(相談者)

うんまぁ、お店をやっておられて・・(中川潤)

うん。(相談者)
でぇ、店そのものは・・そりゃ確かに、あのぅ、収益上がってないみたいなんだけども・・(中川潤)
うん・・(相談者)

あの、一生懸命はやっておられる・・ことはやっておられるの?(中川潤)
そう・・そうなんです・・(相談者)

ああ・・(中川潤)
まぁ、そこがだから・・ねぇ・・あの、あんまり・・強く文句も・・(相談者)
うん・・(中川潤)
お酒を飲むわけでもない・・ねぇ、ギャンブルするわけでもないのでぇ・・(相談者)
一生懸命、やっておられることは・・やっておられるのね?(中川潤)
まぁ、そうなん・・そうなんですが、だから・・(相談者)
ふっ・・ふふふ・・(中川潤)
まぁ、ホントに、ちょっと、にく・・んで(憎んで)別れたいわけじゃないんですが・・(相談者)
はあ。(中川潤)
でも、ただただ、もう心配だし・・(相談者)
はぁ・・(中川潤)
その、一週間に一度しか帰って・・こなくても・・(相談者)
うん。(中川潤)
その、一回帰って来たときに・・(相談者)
うん。(中川潤)
お金を持ってねぇ・・(相談者)
うん。(中川潤)

あのぅ・・帰って来てくれれば、わたしも、あのぅ、義理の母の面倒もね・・(相談者)

息子の面倒も一生懸命がん・・ばれる(頑張れる)んですけど・・(相談者)
うん・・(中川潤)

もう、なんか「今日もないから」って、一言でね・・(相談者)
うーん・・(中川潤)

「こっちだって大変なんだ」とかって言われると・・(中川潤)

うん・・そのご主人ね・・(中川潤)

まぁ・・確かにそのズボラ・・っていうか、その・・(中川潤)

見通しの甘いところはあるかもしれないんだけれども・・(中川潤)
うーん・・(相談者)

あのぅ・・ぁお、お人柄としてね・・(中川潤)

そのぅ・・息子さんのことについて・・(中川潤)

全然、興味がないわけはないでしょう?(中川潤)

そうですねぇ、まぁ、理解は難しい・・ことは、あると思うん・・ですけど・・(相談者)

まぁ・・帰ってくれば声掛けるし・・近寄りもするんですけど・・(相談者)
うん。(中川潤)

まぁ、あの、本人はあんまり・・(相談者)

近寄っていかない、息子の方はねぇ。(相談者)
いや・・(中川潤)
あの、嫌とかじゃなくてぇ・・(相談者)
はぁい。(中川潤)
あの、障害があって・・まぁ・・興味がないことには・・(相談者)

み、見向きもしない・・って感じなのでぇ。(相談者)
ええ・・ええ。(中川潤)

そういう姿もあたしは見たくないんですよねぇ。(相談者)

あのねぇ・・ご主人自身がやっぱり、もう少し関わらないと・・(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
理解をしないと・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)

どうしようもない問題が・・(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
ねえ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
でぇ、おばあちゃんの、認知症ってのは、これはねぇ・・(中川潤)

もう・・お歳から・・しょうがないことなんだけれども・・(中川潤)
うん・・(相談者)
その、お子さんについては、この先・・(中川潤)

あなたたちご夫婦がどうなったって、お父さんなんですから。(中川潤)

うん・・(相談者)

ねえ?(中川潤)

そうかぁ・・(相談者)
でぇ・・彼がやっぱり、息子さんのこともっと理解してあげるべきなんですよ。(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
でぇ、そのベースとして・・やっぱり、無理やりにでもねぇ・・(中川潤)

その医者とちょっと話をする・・(中川潤)

うーん・・(相談者)
ことは・・させる必要があると思うのねぇ。(中川潤)
はぁい・・(相談者)
でぇ、どういう・・障害で・・ねぇ。(中川潤)

どういうものなのか?(中川潤)

っていうことを・・(中川潤)

ご主人自身、嫌だろうが、なんだろうが・・(中川潤)

うん・・(相談者)

話を、その聞いてもらいに・・まずは行かせないとダメよねぇ。(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(中川潤)
なんか・・(相談者)

その・・小さな溝がどんどん、家中をねぇ・・大きな溝に・・(相談者)
そうそうそうそう、そうなのねぇ。(中川潤)
ウーーン・・(柴田理恵)
して・・(相談者)

ねぇ・・(相談者)
うん・・(中川潤)

それでなんか、負を・・呼び寄せてるような・・(相談者)
せっかくのあなたの頑張りがね。(中川潤)

うん・・(相談者)
逆にそのぅ・・(中川潤)

あなたが頑張ったことが裏目に出ちゃってて・・(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
ねぇ・・(中川潤)

うん・・全部、なんか一人で抱えて・・(相談者)
そうそうそうそう・・(中川潤)
やって来てしまったっていう感じもありますねぇ。(相談者)
ウーーン・・(柴田理恵)
うーん、そういうことがあるよねぇ。(中川潤)
はぁーい・・(相談者)

だから・・まずもってそのぅ・・(中川潤)

息子さんの問題の理解と・・(中川潤)
うん。(相談者)
それから・・(中川潤)

それを・・(中川潤)

ある程度、わかった上でのその、お母さんの、この状態・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
まだ軽度の認知症とおっしゃってるから・・(中川潤)
ウン・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
ねえ。(中川潤)

その、それほど深刻ではないにしても・・(中川潤)

うん・・(相談者)
でも・・(中川潤)

お金・・あのぅ・・(中川潤)

なんて言うのかな?お金の問題が一番・・(中川潤)

今・・あの、要なんだよ。(中川潤)

ねえ。(中川潤)
うん。(相談者)

はい。(相談者)
要なんだけども・・(中川潤)

あなたが生活費さえ持ってきてくれれば・・(中川潤)

全てが上手く行くのにって、そっから始めちゃったら・・(中川潤)

うーん、ふふふ・・(相談者)
ねえ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

は、話は・・そこでガシャン・・って・・(中川潤)
・・
お終いなのよ。
ウン。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
ねぇ・・(中川潤)
・・
まずもって今の・・(中川潤)

あのぅ、わたしたちの・・家の・・状態ねぇ。(中川潤)

家庭の状態。(中川潤)

うん・・(相談者)

うん・・そこの・・人の関係ね。(中川潤)

はぁい。(相談者)
子供の問題であり・・お母さんの問題であり・・(中川潤)

それをわかってもらう。(中川潤)

共有してもらわないと、一緒にやっていけないですよ。(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(中川潤)

だから・・そこが・・(中川潤)

一緒にやってけるところまで話ができるかどうか?(中川潤)

うーん・・(相談者)

でぇ、そのためにはやっぱり・・あなたの方は、今切迫してるのはお金の問題・・これはその通りだと思う。(中川潤)

はぁい。(相談者)
だけども・・(中川潤)

言い方を何か工夫をして・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)
これ、自分のためだと思って・・(中川潤)
ウン。(柴田理恵)

お芝居してごらんなさいな。(中川潤)

はぁい・・(相談者)
ああ・・(中川潤)
なんか、顔見ると・・もう、なんかイライラしちゃって・・ふふっ・・くるんですよ。(相談者)
いやいや、そら・・わかるよ。(中川潤)
ウン。(柴田理恵)
あのぅ・・ふふっ・・今のお話を聞いててわかるんだけんど・・(中川潤)
そうです・・(相談者)

わ、わかるけど・・(中川潤)
そうですねぇ・・(相談者)
だけどそれやっちゃったら・・(中川潤)

うん・・(相談者)
あの、そのまま、今の気持をそのままね・・(中川潤)

ストレートにぶつけちゃたら・・(中川潤)

結局は、どツボにハマっていくだけじゃないですか。(中川潤)
そうですねぇ・・はぁい。(相談者)
はい。(中川潤)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  ご主人との年齢が離れすぎてますネ お互い初婚同士なのでしょうか(・・?
     重度の発達障碍児と 痴ほうの姑を 抱えて 夫から生活費が入って来ない
     この事態を 夫はどうお考えなのでしょうね? 居酒屋にマッサージ店 と言うことは 人を雇っておられる(・・? 人件費 家賃 だけでも大変でしょう(・・?

     さっさと 双方の店をたたんで 手っ取り早く稼げる 事業所に雇用されて安定収入を得ることが 夫の取る道では?

     子の夫には妻子(老母)を養うと 言う 意識が欠如してますね!

  2. いろいろ言いたい事が多過ぎて(笑)
    どうにもならんでしょ もう夫婦として終わってるように見えますし
    後は離婚して一人で生きていく覚悟が有るか、ですね

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA