テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月21日(金)は、加藤諦三&大原敬子。48歳の女性、夫の実家のトラブルが原因で10年ほど前に心療内科に通っていた。その夫が6年前に他界し、何かと実母に頼っていたが、その母も2年前に他界。頼るべき人がいなくなり、再び心療内科に通い始める。不安で不安で生きていくのが辛く、引きこもり状態になっている。
加藤諦三氏の〆の言葉『怒りと憎しみと不安は、相関関係があります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:48歳女性 夫は6年前に他界 子供2人 長男20歳(県外) 長女18歳(同居・発達障害を疑う)

もしもし?(加藤諦三)
あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

ぁ、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
ぁ、48歳です。(相談者)
48歳・・結婚してます?(加藤諦三)

主人は6年前に亡くなりました。(相談者)
ああ、そうですか、お子さん?(加藤諦三)

えっと、上の子が・・はたち(20歳)で男の子。(相談者)
はい。(加藤諦三)

下が女の子で18歳です。(相談者)

では今3人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
上の子はちょっと県外に・・出てます。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな・・相談ですか?(加藤諦三)
えっと・・3ヶ月ほど前から・・(相談者)
あ、はい。(加藤諦三)
ちょっと・・3年ぶりに・・心療内科のほうに通院しているんですけども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

今ちょっともう不安だらけで。(相談者)
はい。(加藤諦三)
生きてくのが辛くて、引きこもっているような状態なんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・どうしたらいいのかな?っていう感じでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ちょっと電話をさしてもらったんですが。(相談者)
する・・(加藤諦三)

3年前から・・(加藤諦三)

心療内科に通ってる・・ん、通い出すきっかけは、なんですか?もうなんかすごく不安で日々が・・(加藤諦三)
えっとですねぇ、一番最初に心療内科に通ったのは、10年位前になるんですけど。(相談者)
ああ、そうですか、はい。(加藤諦三)

今とはちょっと違う心療内科の方に・・まぁ、ちょっとあのぅ・・(相談者)

主人の、実家の方で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっとトラブルがあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
寝れなくなってぇ・・(相談者)

ま、心療内科通って。(相談者)
うん。(加藤諦三)
自律神経失調症っていうことでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

何年か通ってたんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、そのうちに、主人が亡くなったりして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
また、体調悪くなってぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、その時は母が、手伝いに来てくれたんですけど・・今・・(相談者)
母って言うのは、あなたの・・(加藤諦三)
あ、はぁい、わたしの母です。(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)

はい。(加藤諦三)
まぁ、あのぅ・・母も、ちょっと2年ほど前に亡くなったのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
今はまぁ、本当に・・(相談者)

誰もこう、サポートをしてくれる人がいないっていうのも、わたしの中ではちょっと辛いんですけど。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)

でぇ、今、18・・18歳のお嬢さんは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

とは一緒に暮らしてるん・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

はぁい・・でぇ、お嬢さん、まぁ、もう、18歳ですから、自分の生活が・・あるから・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
そうお母さんとベタベタってことないと思うんですけど。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
お嬢さんと、はな・・いろんな話をするってことは、あるんですか?(加藤諦三)

ええっとですねぇ、下の子、ちょ・・っと、あの、病院で診てもらったわけではないんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、あのぅ・・(相談者)

あぁ・・発達障害があるんじゃないかな・・っていうのは、感じてるんです。(相談者)
ああ、そうですか・・はぁい。(加藤諦三)

それで、6年前にご主人が亡くな・・って・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ということですけど、ご主人の居る・・時から・・夫婦関係は、どうだったんですか?もう、10年前に・・心療内科行ってるってことは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのご主人が亡くなる前・・から、行ってるってことです・・よね?(加藤諦三)
そうですねぇ、はい。(相談者)

まぁ・・あまり夫婦仲は良くはなかったですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ、えっと・・主人は、一人っ子だったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、主人の母は、もう主人が小学校の時に亡くなってたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

父親にちょっと、内縁さんが居て・・(相談者)

そのぅ・・内縁さんが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、えっと、お父さんが亡くなる・・(相談者)

数日前に籍を入れていてぇ・・(相談者)

あ・・(加藤諦三)
ちょっと民事裁判で、婚姻無効の民事裁判をしたことがあるんです。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

それでわたしがちょっと寝れなくなっちゃって・・(相談者)

はぁぁ・・(加藤諦三)
でぇ、結局まぁ、主人は一人っ子なのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁわたし、サポートしてたみたいな感じでぇ・・(相談者)

まぁ主人も会社があるので、そうそう弁護士さんとの、お話も、なかなか行けない中・・わたしがサポートしているうちに、わたし・・が、調子悪くなっちゃったっていう感じなんですけど。(相談者)

要するにその、そこら辺の、先ほどの、そのぅ・・自律神経失調症って言われた・・(加藤諦三)

って・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
言われましたけども。(加藤諦三)

そこら辺の・・(加藤諦三)

トラブル・・は・・(加藤諦三)

あなたのご主人・・(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
ですねぇ?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
はい。(相談者)
でぇ、ま・・(加藤諦三)

あなたからするとそのぅ・・自分の・・(相談者)

主人が、そういう、いろいろなごたごたに巻き込まれて。(加藤諦三)
はい。(相談者)

その中で自分も振り回されて・・(加藤諦三)

自律神経失調症になった・・(加藤諦三)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)

ということですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

ん、ん、ある意味で、あなたは割と、ストレスには弱い・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

タイプなん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

そ、そ、それでぇ・・(加藤諦三)

今・・先ほど、引きこも・・ってる・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
状態だっていうの・・(加藤諦三)

だけど・・(加藤諦三)

買い物自体には、当然、出てるわけですよねぇ?(加藤諦三)
そうもうだから、必要最低限ですねぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
ちょっとあのぅ・・(相談者)

歯医者の予約があるとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
お買い物に行かなきゃ、もう何もなくなったから、行こう・・っていう感じでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう・・(相談者)

なかなか・・(相談者)

外に出てない状態です。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

なんか今・・すごく怖いんでしょう、生きてるのが。(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)

もう、これから、どうなるんだろう・・っていう思いは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あります。(相談者)

でぇ、今、経済的にはあまり心配してな・・なんか・・(加藤諦三)

えっとまぁ、今は・・遺族年金と。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのちょっと、家賃収入があるのでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
主人の方の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でも、そのぅ・・家賃収入も・・(相談者)
まぁ・・物件が古いのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
いつまであるか・・っていう不安・・(相談者)

が、あります。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

ただその不安は・・(加藤諦三)

あのぅ・・いつまでその物件があるかという不安よりも、もともと気持ちが不安だから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

その不安を・・(加藤諦三)

その古い物件を通して、感じてるだけで、もと・・もともと不安なんじゃないですかねぇ?(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

もう、あのぅ・・心療内科でも、もう、先生の方からは、不安障害っていうふうには、言われました。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

まぁ、ご主人との関係は、それほど良くなかったと言い・・ますけど、他にそのぅ・・あなたが深く関わりあった人っていうのは、どういう人が居るんですか?(加藤諦三)

・・

ウーーン・・(相談者)

ホント、主人以外とそうすると・・親・・ぐらいですか?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・はぁい。(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

・・

そうすっと、あなたの・・(加藤諦三)

目からすると、今、不安だと言うけど・・(加藤諦三)

不安の原因は、これだ!っていうのは、どうも、思い当たらないっていうことですねぇ。(相談者)

・・

ウーーン・・(相談者)

まぁ・・ホントに漠然と、生きていくのが辛い・・って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こ、これから、あと何年、自分が生きるのか、わからないけど・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

うん、ちゃんと働かなきゃいけないのに、行け・・行けてない・・っていう感じですかねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

あなた自身の親との関係はどうだったんですか?(加藤諦三)

あ、うちの、父親が・・たぶん、その、発達障害なんじゃないかな・・っていうのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
母とは、話してたことはあるんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ちょっと、変わってるっていうか・・自分の為にお金を使う人。(相談者)
うん。(加藤諦三)

っていう感じで。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まぁ・・ちゃんと会社には働きに行ってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう毎晩飲んで帰・・って・・ま、暴力とかは、一切なかったですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

もう、あのぅ・・家に・・(相談者)

全額を・・ちゃんと入れてなかったみたいで、母が、そのぅ、生活費・・が足りないっていうことでぇ・・(相談者)

常にパートをしてるような感じでした。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

そうすっと、あなたも・・やっぱり・・(加藤諦三)

・・

親子の関係で、十分に・・(加藤諦三)

愛情・・を・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
を、受けながら成長をしたってわけではないんですよねぇ?(加藤諦三)
あ、それは凄く感じます、なかったなぁ・・っていうのは。(相談者)
なかったなぁ・・っていうのね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

すっと、愛情がなかったっていうことは・・(加藤諦三)

自立っていうのは、出来てないですよねぇ?(加藤諦三)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)

して、今、頼るものが・・ないという事の不安なのかな?(加藤諦三)
あっ、それはあります、はぁい。(相談者)

もう・・48歳だと、普通だったら、自分を・・に頼る・・っていう・・(加藤諦三)

はぁ・・い・・(相談者)
事が・・出来て不思議ではないんだけど・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
あなたの場合には・・(加藤諦三)

成長のプロセスを見ると、自分に頼るってことは・・ではないわけですよね?(加藤諦三)
そうですね、はぁい。(相談者)

でぇ、他人(ひと)に頼りたいけれども・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
その、頼る人がいないと。(加藤諦三)
そうですね、はぁい。(相談者)

・・

でぇ今わたしは、どうしたらいいでしょうか?っていう・・ことですか?(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)

はぁい、わかりました。(加藤諦三)

あの今日はスタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。