テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月22日(木)は、加藤諦三&中川潤。7~8年前から認知症だった妻が老人ホームに入った。同居する独身の次男に話をしてもちゃんと聞いてくれない。長男は、妻が病院へ入院した時、連絡しても知らん顔。以前は、正月に1回、来ていたが今では縁が切れた状態になっている。その為、老人ホームに入った事を連絡するのも躊躇してしまう。どうしたものか、連絡すべきだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『現実と違う想像の世界に入ってしまうと、更に迷路は深まります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:71歳男性 妻 70歳 認知症でホームに入所 子供は二人 次男44歳(独身)と同居中 長男47歳は結婚し独立

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

どうも、お世話になりまーす。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

え・・70・・1歳になります。(相談者)
71歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え・・70です。(相談者)
70歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お、お子さんは?(加藤諦三)
二人。(相談者)
二人?・・何歳ですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

えーっと、40・・7と、40・・4です。(相談者)
40・・男、女は?(加藤諦三)
男・・両方とも男です。(相談者)
両方とも男・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
でぇ、今は、奥さんと二人で暮らしてるの?(加藤諦三)

女房はちょっと・・(相談者)
ニャアー(猫)
ホームの方へ。(相談者)
あっ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ニャアー(猫)
そうすると、あなたは今一人・・(加藤諦三)

で暮らしてるの?(加藤諦三)

次男・・が・・(相談者)
あ、44歳の次男が?(加藤諦三)
ええ、一人もんなんでぇ・・まだ。(相談者)
でぇ、一緒に暮らしてる・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

長男夫婦と上手くいかない

え・・まぁ・・(相談者)

ぁ・・女房が、ホーム行って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、長男にも相談できず・・(相談者)

このぅ・・女房が・・ホームに入るにも・・(相談者)

全然、そう・・(相談者)

連絡しても・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

返事も来ないような状態なんですよ。(加藤諦三)

ああ、喧嘩はしていないけれども、もう縁が切れたような状態?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ。(相談者)

ということは・・(加藤諦三)

長男は・・(加藤諦三)

お母さんが、どのホームに居るかも知らない?(加藤諦三)

と、思うんですよね。(加藤諦三)

これから・・先ね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分は、どうしてったらいいか・・ちょっと、悩んでて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だけど、さっきその・・44歳の次男と一緒に暮らしてるって、言・・(加藤諦三)

言ったですね?(加藤諦三)
え・・一緒に暮らしてるんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

ん、朝早く出かけて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
夜遅い・・(相談者)

ん・・ような時が多くてねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

帰ってきてもその、「ただいま」ぐらいは言うんですけども・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

自分の身の回りの事なんか、全然やらないんですよ。(相談者)

・・

ということは、なに?この44・・歳の次男の世話を、あなたがやってるってこと?(加藤諦三)

うん、世話までしてないけど、まぁ・・(相談者)

洗濯したりねぇ・・(相談者)

その、息子の・・(加藤諦三)

洗濯物、あなたが洗濯してるの?(加藤諦三)

そうなんですよ。(相談者)

うん・・そうなんだ・・(加藤諦三)
いや、こんなことしてるのも、しょうがないなと思うんだけども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
なんか・・自分のその・・(相談者)

これからどうなるのかなぁ?・・ってことが心配でねぇ。(相談者)
うーーーん・・(加藤諦三)
うーーーん・・(加藤諦三)

要するにまぁ・・次男の方が、たまに話するけども・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
なんっつうの・・(相談者)

あの・・(相談者)

ちゃんと聞いてくれないっていうかねぇ・・(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)
まともに・・(相談者)

受取ってもらえないから・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)
は・・話するのも・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
っていうまぁ、一人で・・勝手に悩んでるんですけども・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

それで、あなたがそのぅ・・奥さんがホームへ行く時に・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

あなたは一緒にホームに入るの・・手続きは、いろいろ出来なかったわけね?(加藤諦三)

そう・・ですね、それはでき・・あのぅ、要するに・・認知症・・でぇ・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

自分がまぁ、ずーっと・・(相談者)

7~8年・・(相談者)

まぁ、家・・で、め・・面倒を看てたんですけども・・(相談者)
あなたが?!(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

苦労・・随分、してんだねぇ。(加藤諦三)
まぁ、苦労っていうか、なんて言うか・・(相談者)

・・

まぁ、苦労とは思ってなかったんですけもどねぇ・・(相談者)

ただ・・そのぅ・・(相談者)
なんか、すごい偉い・・偉いこと言うねぇ。(加藤諦三)

いやぁ・・めん・・(相談者)
苦労とも思ってないなんていうのは。(加藤諦三)

いやぁ・・だって、しょうがないでしょ、一緒になって・・(相談者)

アレしたからねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だけど、この、47歳と44歳の息子からすれば・・お母さんのことでしょう?(加藤諦三)

そうなんですよねぇ・・(相談者)

・・

・・

うーーん、でぇ、そーの時にも、あなたが・・(加藤諦三)

世話してる時にも・・長男の方は・・(加藤諦三)

まったく知らん顔?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

前は、正月・・には、一回、来たんだけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

最近は、そういう・・(相談者)

来ないし、電話もないんですよ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

それ、な・・なんか、理由が・・あるの?(加藤諦三)

・・

・・

うん、理由は、まぁ・・(相談者)

・・

なんだか、よくわからんないですけども・・(相談者)

要するに・・嫁舅(嫁姑では?)の問題で、揉めたこともないんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

ただ、うちの・・まぁ、よ・・(相談者)

ぉ・・(相談者)

女房は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、そんなに頭いい・・方じゃないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

長男の嫁さんは、結構・・(相談者)

頭がよくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう・・面で・・もって・・(相談者)

あーん・・(加藤諦三)
我々とは、一緒に暮らすのは嫌だような・・(相談者)

こともあったんですけどね。(相談者)

ああ、このぅ・・(加藤諦三)

長男のお嫁さん・・の方ねぇ。(加藤諦三)
ええ・・まぁ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そんなような素振りがあったんだけど・・(相談者)

そうすると、長男と・・(加藤諦三)

そのぅ・・(加藤諦三)

あなた達が、上手くいかないっていうよりも・・あなた達夫婦と、長男夫婦とが、上手くいかないと・・こういうことか?(加藤諦三)

・・

・・

連絡すべきかどうか

うーーーん・・(相談者)

だから、それが自分でもね、悩んでて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だから・・その前の・・ホームに入る前の・・時に・・(相談者)

やっとそのぅ・・(相談者)

他の・・大きな病院へ・・(相談者)

にゅ・・入院させた時にも・・(相談者)

連絡取ったんですけど・・も・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、全然・・そのぅ・・(相談者)

来なかったんですよ。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

な・・それでぇ・・まぁ、も・・揉めたくもないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あたしも今・・(相談者)

この、ホームに入ってること・・(相談者)

もう、連絡は取ってないんですよ。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

で、あなたは、ホームにしょっちゅう・・行ってるの?(加藤諦三)

ま、だいたい、1週間に1ぺん・・行っても・・(相談者)

行くんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)
でぇ、あなたってことは、わかるの・・まだ?(加藤諦三)

・・

うん、わかる・・みたいな感じですけど・・(相談者)
う、うーん・・(加藤諦三)

・・

そうですか・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
それだけども・・まぁ・・そうすると・・今、その状態で・・(加藤諦三)

・・

子供の関係はこうなって・・(加藤諦三)

・・

・・

どうしたもんかなぁ・・っていうことですかねぇ。(加藤諦三)
そう・・だから・・(相談者)

あのぅ・・他に・・話・・しても、誰・・どうしても、愚痴みたくなっちゃって・・(相談者)

人には、話難いから・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
うん、愚痴・・愚痴が言える友達がいれば、愚痴言っていいと思うんだけど・・(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)
なんか、そういう・・友達は・・周りにいないんですか?(加藤諦三)

うん、まぁ・・いないこともないんだけど・・やっぱし、気を使ってくれて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、自分も人に・・まぁ・・ぁ、ぁ・・会った時は、なるべく、そういう話は・・(相談者)

したくないし・・(相談者)

と思ってるんだよねぇ。(相談者)

うーーーん・・(加藤諦三)

それで今日のあなたのそう・・そう・・具体的な相談じゃないわけねぇ?(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)
よ、よ、嫁舅が・・上手くいかないから、どうしましょう・・とかっていうんじゃなくて・・(加藤諦三)

うん・・まぁ・・でも・・(相談者)
とにかく、この・・はい。(加藤諦三)
それ・・あのぅ・・長男に、相談した、もう・・(相談者)

するべきかどうかは・・(相談者)

アドバイス・・いただいたらいいなぁ・・と思うんですけど。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

ただ・・長男・・(加藤諦三)

・・

は(わ)、病院に入ったよ・・と言っても・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
お母さんが・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

来ない・・わけですねぇ。(加藤諦三)

そうなんですよねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だからまぁ、それ・・や、これやで、いろいろ・・(加藤諦三)

悩んでいる・・(加藤諦三)

ということですよねぇ。(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

・・

弁護士の・・中川・・潤先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
あのぅ・・伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい、すいません。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 私なども初対面の人と会って話をしなくちゃいけないような場合、とても億劫な気持ちになります。
    たいていの場合、当たって砕けろという気持ちで死に物狂いでぶつかって行くのですが、どうということもなしに無事すぎてゆくのが通例です。
    世の中、そんなもんです。
    人が生きてゆくというのは、程度の差こそあれ、困難に立ち向かってゆくことですね。

  2. 普通の関係なら難なく連絡できる所だが
    相談者の歯切れの悪さから
    なにか色々、子供夫婦に対してやらかしてそうだと思った。

この記事にはコメントできません。