テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月21日(水)は、ドリアン助川&大迫恵美子。60歳男性から、10ヶ月ほど前に、86歳の母親が通っているデイサービスで倒れる。軽い脳梗塞だったが、処置が遅れたため寝たきりになってしまい、今では施設に入ったまま。訴えたいと思うのだが、アドバイスをいただきたい。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:60歳男性 母86歳(施設に入り寝たきり・脳梗塞とアルツハイマー) 兄(縁を切られる)と妹あり

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

もしもし?(相談者)
あ、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
こちらこそ、よろしくお願い・・いたします。(相談者)
今日・・どんなご相談でしょう?(ドリアン助川)

あのですねぇ・・(相談者)

10ヶ月ほど前にですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしの母・・(相談者)

86歳なんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

母が・・え・・通ってるデイサービスで、倒れまして。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

今・・そのぅ・・(相談者)

救急車を呼んでもらえずに、処置が遅れて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと、今は・・あのぅ、病院に、施設に入って・・まぁ、寝たきりの状態と、まったく重症になってしまいまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

施設側が・・(相談者)

気づいてるにもかかわらず・・(相談者)

救急車・・呼ばなかったことに対して・・もう腹立たしくてですねぇ・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
納得いかなくて・・(ドリアン助川)

裁判をかけたいなぁ・・と思っているんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

アドバイスをいただきたいと・・思って電話しました。(相談者)
あ、はぁい・・(ドリアン助川)

じゃあもう少し詳しく教えてください。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えーっと、あなた様おいくつですか?(ドリアン助川)

・・

え、わたしは・・(相談者)

60歳です。(相談者)
60歳・・(ドリアン助川)

お母様は・・(ドリアン助川)

その、デイサービスで倒れるというのは、そこにはどれぐらい前から・・(ドリアン助川)

え、 2年ほど前から、そこに・・週・・(相談者)

3日、通っておりました。(相談者)
2年ほど前から・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
週3日・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その送迎はそちらでやってもらえるんですか?(ドリアン助川)

でぇ、自宅から送迎ですね、送り迎えがついておりまして。(相談者)
送り迎えがついてたんですね?(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)
まぁ足が・・不自由だったもんですから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
車椅子で・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
乗せてくれて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

到着しましたらば・・(相談者)

家(うち)でもそうですが・・歩行器を使って歩く・・くらいの歩き方は・・出来てる・・た・・(相談者)

はい・・(ドリアン助川)
です。(相談者)

でぇ・・意識のほうは・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)

大丈夫だったん・・(ドリアン助川)
まったくしゃべれなくて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
意識は残っておりまして・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
あの、わたしなんかが行きましても・・(相談者)

親戚なんかが来ても・・(相談者)

反応はしますし、喜んだり泣いたりもします。(相談者)

ただ・・(相談者)
はい?(ドリアン助川)

口が全然利けなくなってしまいまして。(相談者)
あ、それはその、今の話ですね?(ドリアン助川)

あ、今です。(相談者)
ええ、そのぅ・・倒れる前は、問題なく・・(ドリアン助川)

・・

あのぅ・・(ドリアン助川)
それは全然問題なく、普通に元気で・・(相談者)
全然問題なく?(ドリアン助川)
元気でした。(相談者)
普通に・・はっ、はっ、はっ、はっ・・(ドリアン助川)

でぇ、これ倒れたって、どこが悪かったんでしょうね?(ドリアン助川)

それでぇ・・(相談者)

処置が遅れた・・(相談者)

んですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
病院では・・(相談者)

「軽い脳梗塞」って言われたんですね。(相談者)
軽い脳梗塞?はい。(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

んでぇ・・もう、まったく軽い症状じゃないので。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

「おかしい、これはおかしい」と、病院の先生も言ってたぐらいです。(相談者)

えーっと・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
すいません、まず・・(ドリアン助川)

デイサービス倒れたわけですよねぇ?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

その時に、軽い脳梗塞という診断をしたのはどなたなんですか?(ドリアン助川)

これは・・(相談者)

の・・後(のち)のです。(相談者)

わたしの、は・・妹が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

デイサービスに呼び出されて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

1時間後に。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

んでぇ・・(相談者)

デイサービスに、つ・・到着しましたら。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「お母さんの状況がおかしいので・・」(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「今から・・」(相談者)

「すぐに・・病院に行った方がいいですよ」と言って・・(相談者)

ええ。(ドリアン助川)
妹の車に・・(相談者)

職員が2人で・・(相談者)

母を抱えて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

押し込んでた・・状態です。(相談者)

はいはい。(ドリアン助川)

押し込んで・・(相談者)

妹、わたしの妹と・・(相談者)

に・・(相談者)

ぇ・・今から・・(相談者)

「病院、行った方がいいですよ」っつって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「急ぎなさい」と言って・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
追い出した・・という・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
じょう・・きょう(状況)があって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしは・・それを妹から聞いて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

もう・・憤慨してですね。(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)

もう・・いたたまれない状態です。(相談者)
このぅ・・デイサービスで倒れて、意識がなくなってる状況なのに・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・そこ、何もしてくんなかったと。(ドリアン助川)
・・
でぇ、妹さんが呼ばれて・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
妹さんが、ご自身の車で病院に運んだという事ですね?(ドリアン助川)
そうです妹が・・(相談者)

「救急車呼んだほうがいいんじゃないですか?」って言いましたらば・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

・・

「あなた行った方が早いから」と。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)
いう・・返答があったそうです。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
そのぅ・・病院まで・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
車でどれくらいの・・距離なんでしょう?(ドリアン助川)
15分・・ですね。(相談者)
15分?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ん、うん・・なるほど。(ドリアン助川)

それで・・(ドリアン助川)
それでぇ・・(相談者)
ええ?(ドリアン助川)

わたしは・・(相談者)

あのぅ・・デイサービスに「どうして呼んでくれなかったんだ?」と言って・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

話を・・聞きに行ったんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたら「わたしどもは・・」(相談者)

「契約書通りにしてあるんで」(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「一切・・」(相談者)

あのぅ・・「落ち度はありません」と。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

「契約書を見て・・」(相談者)

「くれてますか?」って、わたしに言うんですよ。(相談者)

ええ。(ドリアン助川)

でぇ、説明を受けましたらば・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まずは・・(相談者)

「家族に連絡する」と。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
いうふうに書いてあった、もちろんあったんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも・・(相談者)

救急・・「そんな家族に連絡してたらば・・」(相談者)

「どんどん処置が遅れて・・」(相談者)

「手遅れなるのわかってるじゃないですか・・」ってまぁ・・(相談者)
はい・・うん。(ドリアン助川)
そういう言い合いになったわけです。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

うん・・(相談者)

それでもう一度教えてください。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
今どういう状況なんですか?お母様?(ドリアン助川)

・・

おか・・母は・・(相談者)

今、もう・・(相談者)

・・

寝たきりで、おむ・・おむつも全部全て・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
みてもらったり。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん、右手は動くので、食事は自分でしますけど・・(相談者)

脳梗塞、アルツハイマーのひどい・・状態で。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう・・ボロボロボロボロ全部落とす・・(相談者)

でぇ、それを見て胸が苦しくて・・(相談者)

それと怒りと・・(相談者)

ん・・兄弟の・・(相談者)

あのぅ、考えも違うので。(相談者)

兄弟で、もう縁を、切っちゃったぐらいになっちゃてるんです。(相談者)
んん・・ご兄弟・・えん・・縁を切った方、どなたなんですか?(ドリアン助川)

わたしの兄です。(相談者)

お兄さん?(ドリアン助川)
と、妹と。(相談者)

はい・・(ドリアン助川)

は(わ)、どういう・・ふうに、違うんでしょう?(ドリアン助川)
もう、諦めて、そんなこと・・あの「お兄ちゃん言わないで」って、妹と・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

兄は・・(相談者)

遠く離れていますので、母にあんまり愛着持ってない・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
愛情もってない方なのでぇ。(相談者)

「お前がそんなこと考えてるんならば・・」(相談者)

「縁を切るぞ」って、この間・・(相談者)

そういう話になったとこです。(相談者)

うん・・縁を切ると云っても、あなたがやろうとしてる事は・・そのデイサービスを訴えようか、どうかって、そういう話ですよねぇ?(ドリアン助川)

そうです、そうそう・・(相談者)
あのぅ・・お兄さんに、どうして欲しい・・って話ではないんですよねぇ?(ドリアン助川)

どうして欲しい・・って話じゃないんですよ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
それは面倒なことに巻き込むな・・ってことでしょうか?(ドリアン助川)
もう、とにかくもう・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
目をつむって・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
全て、あ、諦めろと。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)
長男は長男として、何もやらない長男ですので。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あの、目下(もっか)のところ・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
やはりでも・・(ドリアン助川)

もう、そういった・・(ドリアン助川)

人間、家族関係の話も出てくるんですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
目下のところは最大の・・(ドリアン助川)

今日電話をかけてきてくださった理由というのは・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
え・・なんとかやっぱりこのデイサービスを、訴えたいという、そういうことでしょうか?(ドリアン助川)

それでぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
もう一つね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

訴える行動・・移してたんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

デイサービスの回答は・・(相談者)

・・

一切過失はない。(相談者)

はい。(相談者)
んでぇ・・(ドリアン助川)

本人じゃなければ・・(相談者)

受け付けない。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

そして・・(相談者)

後見人をつければ・・(相談者)

情報開示とか、そういうものはいたしましょう。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
いう・・(相談者)

ことの・・返答なんです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それでぇ、さ・・はい?(ドリアン助川)
万が一、もう一つ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
先生・・(相談者)

もう一つ・・(相談者)

過失があったとしても・・(相談者)

ぉ・・(相談者)

損害賠償を、払う・・ぅ・・ことは・・(相談者)

あり得ない・・ということも・・(相談者)

うん・・(相談者)
ま、しかしこれは・・今の段階の話であって・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
え・・(ドリアン助川)

ということですよねぇ?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ、わたしは、ま、裁判を、かけたいのは事実なんです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

どうしたらよろしいでしょうか?という・・(相談者)
ということですね。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

わかりました。(ドリアン助川)

今日の回答者の先生紹介いたします。(ドリアン助川)

弁護士の、大迫恵美子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者が言ってることは強引で理不尽な言いがかりですよ。
    だから兄も妹もあきれてしまって袂を別ったわけでしょう。
    理屈から言っても裁判を提起できる案件じゃないってことです。

    大迫先生のたとえ話で自分の無理に気付けばいいのですが、それだけの頭が無ければ気が済むまでやればいいでしょう。
    代理人の弁護士に諭されるのがオチでしょう。

    頭の悪いクレーマー。

この記事にはコメントできません。