テレフォン人生相談

不安な女性
2019年3月18日(月)は、加藤諦三&大原敬子。45歳女性から。父と母は仲が悪く別居しており母親とは毎日喧嘩、近所の子と比較され父親と同じサメ肌だと喧嘩を吹っ掛けられていた。自分自身を感じることがなく、不安で、幸福感がなく生き方がさっぱりわからないとの相談に、大原敬子が鋭く突っ込み、ドSな浮気相手と上手く行ってないと吐露する。
加藤諦三氏の〆の言葉『不幸を受け入れる。するとやる事が見えてきます。』

目次

スポンサーリンク

生き方がさっぱりわからない

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:45歳女性(今の仕事は2年ほど) 夫47歳 長女19歳 次女17歳 ドSな浮気相手の彼38歳独身(1年ほどの付き合い)

もしもし?(加藤)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤)

はい。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤)

えっと・・わたし45歳。(相談者)
40・・5歳。(加藤)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤)

はぁい。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤)
と、主人、47歳です。(相談者)
40・・7歳・・お子さんは?(加藤)

と、長女が19歳・・(相談者)
はい。(加藤)

次女、17歳です。(相談者)

はぁい、わかりました。それでどんな相談ですか?(加藤)

自分自身を感じることが出来ない

っと・・わたしは小さい時から・・(相談者)
はぁい。(加藤)

えっと自分をこう・・感じるっていうことがあんまりできなくって。(相談者)

何を感じることができない?(加藤)

自分自身を・・あんまり感じる・・(相談者)
あっ、自分自身を感じることができない・・はぁい。(加藤)

はい。(相談者)

いつもこう、人に・・(相談者)

こう見られたいっていう・・心境の方が多く出てしまってぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)

・・

こうしたら・・(相談者)

嫌われるとか。(相談者)
はぁい。(加藤)
こうしなかったら・・嫌われるとか。(相談者)
はぁい。(加藤)

そんなことばかり・・(相談者)

いつも頭にあります。(相談者)

自分自身を感じることが出来ないって・・(加藤)

辛いですよねぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)

・・

不安だもんねぇ。(加藤)

スゥゥ・・そうですねぇ・・(相談者)
人から愛される・・(加藤)

はい。(相談者)
受け入れられる・・好かれると・・(加藤)

自分・・(加藤)

を感じるんでしょう?(加藤)

スゥゥ・・瞬間、そうだと思います。(相談者)

でも・・あなた・・(加藤)

二人のお子さん育てて・・頑張ってきましたねぇ。(加藤)

あ、ありがとうございます。(相談者)

母から比較され、軽蔑され侮辱されてきた

うん、それでぇ・・(加藤)

結婚前・・(加藤)

親との関係はどうだったんですか?(加藤)

母とは・・あのぅ・・学生時代から毎日喧嘩でぇ。(相談者)

あっ、そうなの?(加藤)

わりと・・(相談者)

うん、喧嘩を吹っ掛けれれたような気がします。(相談者)

ぁ、お母さんの方から?(加藤)

はぁい。(相談者)

近所の・・子供と・・(相談者)

わたしを比較するんですね。(相談者)
ああ・・はぁい、はぁい、はぁい。(加藤)

わたしは・・わりと、補助なし自転車に乗るのが遅くて。(相談者)
はぁい。(加藤)

それを・・(相談者)

「近所の誰々はもう乗れるのに・・」(相談者)

「お前はまだ乗れない」(相談者)

はぁい。(加藤)
言われたり。(相談者)

はい。(加藤)
あと・・(相談者)

父とはすごく仲が悪かったんです。(相談者)

はぁい。(加藤)
母が。(相談者)

でぇ・・(相談者)
あ、お父さんとお母さんが仲が悪かった。はぁい。(加藤)
仲が悪くて・・(相談者)
はい。(加藤)
別居もしてたんですね。(相談者)
・・
はぁい。(加藤)

でぇ・・(相談者)

父・・(相談者)

の・・嫌なところが・・(相談者)

わたしにそっくりだ。(相談者)

って言うんですけど。(相談者)
ああ、ああ、ああ・・(加藤)

それが・・(相談者)

なんか、肌のこととかだったり。(相談者)

・・

うん・・(加藤)

父はその・・(相談者)

「肌がザラザラした、サメ肌だったと」(相談者)

うん・・(加藤)

「でぇ、お前もそれにそっくりだ」(相談者)

うん・・(加藤)
でぇ、自分の母の・・(相談者)

肌はツルツルでぇ・・(相談者)

兄は、そこは・・(相談者)

似ている・・っていうふうに・・(相談者)

よく比較は・・されたの覚えてます。(相談者)

そうなるとアレですよねぇ・・(加藤)

人から認められたいって気持ちは、ものすごく強くなりますよねぇ。(加藤)

・・

スゥゥ・・(相談者)

そうかもしれないです。(相談者)
だって、一番大切なお父さんとお母さんに、みとめて(認めて)もらってないんだもんねぇ。(加藤)

はぁい(涙声)。(相談者)

・・

世の中にはいろんな不幸な人がいっぱいいるのにぃ。(相談者)
うん。(加藤)

・・

わたしは自分ばっかりが大変・・っていう、気持ちがいつもあって。(相談者)
・・
うん・・(加藤)

どんな・・(相談者)

に、幸せなことがあっても。(相談者)

うん・・(加藤)

それを幸せと感じることができなくってぇ。(相談者)
うん、うん。(加藤)

なんかいつも自分だけ不幸の・・(相談者)

うん。(加藤)

星の下にいるみたいな気持ちでいて。(相談者)
うん。(加藤)

・・

・・

そんなことよりも何よりも・・(相談者)

もう、自分を楽しめばいいのにとか思うんですけど。(相談者)
うん・・(加藤)
楽しみ方も分からず・・スゥ・・(相談者)

興味もない・・(相談者)
そりゃあ、楽しみ方、わからないですよ・・(加藤)
・・
はぁい。(相談者)
だってぇ・・(加藤)

お母さんから、比較されてねぇ・・(加藤)

他の子ができるのに、あなたはこれが出来ない・・っていう・・いうことを言われて、ずーっと・・(加藤)

軽蔑された、侮辱されてきたら・・(相談者)

はぁい。(相談者)

・・

わたしはこれがしたい・・っていう気持ちより前に・・(加藤)

はぁい。(相談者)

復讐のの気持ちの方が出てきますもん。(加藤)

ズゥ・・(相談者)

・・

はぁい。(相談者)

・・

・・

生き方がわからない

でぇ・・(加藤)

今日のあなたの相談っていうのはそうすっと、お母さんとこう・・小っちゃい頃、毎日喧嘩しててこうだったと。(加藤)

はい。(相談者)

でぇ自分は今、こういうように思ってると。(加藤)

はい。(相談者)

でぇ、このわたしは・・(加藤)

どうやったら自分が・・自分を感じるようになれるか?・・っていうことですか?(加藤)

そうですねぇ・・(相談者)

もう、45なのに・・(相談者)
うん。(加藤)

・・

生き方がさっぱりわからないです。(相談者)

・・

・・

・・

うん・・(加藤)

あのねぇ・・(加藤)

はぁい・・(相談者)

・・

・・

・・

あなた結構救われてるんですよねぇ。(加藤)

40・・5なのに、生き方がさっぱりわからないって。(加藤)

はい。(相談者)

・・

40・・5なのに・・っていうところがわかってるんですよねぇ。(加藤)

大人になれない45歳っていう自分が。(加藤)

はぁい。(相談者)
自分自身を感じることができない・・人から・・(加藤)

嫌われるのが・・(加藤)

怖い。(加藤)

人から好かれたい。(加藤)

そして自分が・・(加藤)

何であるかわからなくなってしまった。(加藤)

どうしたらいいでしょう?っていうことですよね?(加藤)

はぁい。(相談者)

今日はあの・・(加藤)

そういうことでおそらく・・あなたが、ハッ・・とするような気付くこといろいろ・・あの、話してくださると思います。幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤)

はい。(相談者)




目次に戻る

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原)

こんにちは。(相談者)
あの、この1週間2週間・・(大原)

はい。(相談者)
はい、一ヶ月の間に・・(大原)

はぁい。(相談者)
夫か・・(大原)

はぁい。(相談者)
お嬢さん二人・・(大原)

なにかあなたの中に・・ありました?(大原)

ズッ・・(相談者)

ウン・・(相談者)

それがすべてのあなたの答えですよ、きっと。(大原)

会社の同僚と不倫関係

スゥ・・今、主人・・(相談者)

は(わ)・・(相談者)

あのぅ・・すごく温厚な人なんですね。(相談者)

ズッ・・(相談者)

なので、しゃべ・・っていても・・(相談者)

こう・・(相談者)

うん・・(相談者)

聞いて貰えたっていう感じがあまりないんですよ。(相談者)
温厚って言えば温厚・・(大原)

あっ・・(相談者)
あるいは無関心かもしれない。(大原)

はぁい。(相談者)
つまり、わたしの話に耳を傾けてくれない・・(大原)

夫。(大原)

でぇ、それはずっと知ってましたよね、変わりませんよね、夫が。(大原)

はぁい。(相談者)
ここ最近・・(大原)

なにかあったの?(大原)

ウーーン・・(相談者)

スゥ・・(相談者)

仕事・・が、とにかく合わなくてぇ・・(相談者)
今、お仕事なさってるの?(大原)

はぁい、事務所で、ずーっと・・(相談者)

ひたすら数字を打つんです。(相談者)

何年ぐらいなさってるの、それ?(大原)

2年半・・ぐらい・・(相談者)
2年半で、今ってことあり得ないですねぇ。(大原)
・・
っていうことは、その・・(大原)

人間関係が・・(大原)

絡まってるんじゃないでしょうかねぇ?違います?(大原)

わりとそうです。(相談者)

そうでしょう?(大原)

会社・・(相談者)

の人・・(相談者)

・・

と・・(相談者)
うん。(大原)
あの、ちょっと関係が・・(相談者)

・・

あります。(相談者)

えっ?男女関係ってこと?(大原)

そうです。(相談者)
じゃああなた(苦笑)・・やっぱり、要するに・・ほんとに話したいのは、男女関係だったんだけれども・・まず・・(大原)

人に責められるの怖いでしょう。だからまず最初に、「わたしわかったね」・・って。(大原)

「わたしはこんなに頑張ってるのに」って、話してから・・(大原)

今、この話をしてるんでしょう、あなたやっぱり。(大原)

ということは・・(大原)

これ、男女関係が上手くいってないっていうことね?(大原)

はい。(相談者)

・・

でも・・(相談者)

うん。(大原)
あ、そうです。(相談者)

でもいい?上手くいってない。(大原)

何年間のお付き合いですか?(大原)
はい。(相談者)
この彼とは?(大原)

えっと、1年ぐらいですね・・でも・・(相談者)
不倫ですか?(大原)

相手も?(大原)
それ・・(相談者)

いえ、違います。(相談者)

けど・・(相談者)
うん。(大原)

相談したかったのは、そこじゃない気がするんですけど。(相談者)
うん、うん(苦笑)、じゃあ、どれ?えへへ(苦笑)。(大原)

短絡的な承認欲求

あはっ(苦笑)・・(相談者)
じゃあまぁ一つは・・え・・ふふふ・・(大原)
ふふふ・・(大原)
自分も笑ってるんじゃない、あなた(苦笑)。(大原)
あはっ(苦笑)・・(相談者)
頭ん中、ぐちゃぐちゃなんでしょう?きっと。(大原)

はは・・はぁい、そうです。(相談者)
まずは・・(大原)
はぁい。(相談者)

夫は・・(大原)

まぁ、魅力自体なくなってきた、だんだん。(大原)
はぁい。(相談者)
ねぇ、しゃべっても、ねぇ・・(大原)
はぁい、はぁい。(相談者)
彼との恋愛関係、良かった。(大原)

はい。(相談者)
でぇ、恋愛が今、ちょっと・・(大原)

くすんできた。(大原)

でもまぁ、それもいいとしましょう、じゃあ。(大原)

はい。(相談者)
他に何があるの?(大原)

スゥゥ・・(相談者)

仕事内容が、合わないっていう・・(相談者)
それは・・(大原)

はぁい。(相談者)
あなたのやけっぱちで逃げてるってこと、それ、あり、あり得ないですね、2年間いるから。(大原)

それで自分は頑張ってる人ですからねぇ。(相談者)
・・
承認欲求の欲しい人はねぇ・・ほんとに頑張るんですよ。(大原)

だから、仕事が嫌だっていうのは・・彼との関係の中で仕事が嫌になったんだと思うんですねぇ。(大原)

非常に短絡的な考え方してるんです、あなた。(大原)

ふぅーーん・・(相談者)
あれもダメなら全部ダメだっていう感じ?(大原)

でぇ・・(大原)
あっ、そういうとこありますねぇ。(相談者)
そうでしょう?(大原)
・・
はぁい。(相談者)

自爆型なんですよね。(大原)

こんなに苦労して頑張って家庭守ってて。(大原)

この彼と上手くいったのに・・(大原)

なぜ今わたしは?・・っていう不幸を考えているの?(大原)

エエ・・(相談者)

イエ、違います。(相談者)
なに?(大原)

うーーん・・(相談者)

やっぱり最初に言っていた・・(相談者)

自分を・・(相談者)

感じとる・・(相談者)
そこに逃げちゃ駄目、あなた。(大原)

ハァァ・・そうですねぇ・・(相談者)
その彼が好きなら好きって認めることよ。(大原)

ウン・・(相談者)
そうでしょう?(大原)

はぁい。(相談者)

でぇ、別れちゃったの?(大原)

そこ・・さっきまで、トントントントン、ポンポンポンポン話してるのが・・(大原)
ふふふ(笑)・・(相談者)
そのぅ・・なんか途中でぇ・・(大原)
そうです・・(相談者)
なにをあなた笑ってるの(笑)?また職場から・・(大原)
はぁい。(相談者)
なんか、いや、まぁ、俺は、は、テレ(?)ちゃうのか・・(大原)

隠しちゃってるの。(大原)

聞いてもらえる相手には・・みんなわたしに・・承認欲求の一番始末悪いのはねぇ・・(大原)

誰も彼も、わたしに奉仕すべきだっていう人なんですよ。(大原)
ああ・・(相談者)

ねぇ・・(大原)
なるほどと、思い当たります。(相談者)
これ、加藤先生・・はははは(笑)・・そう・・(大原)
ふふ・・(相談者)
ただ加藤先生にも・・(大原)
はぁい。(相談者)
言ってるんです。「こうです、こうです」・・「あなたはしっかりと・・」(大原)

「わたしの話を聞くべきだ」・・になってるんですね。(大原)

あっ・・そうかもしれないです。(相談者)

ねえ。(大原)

はい。(相談者)
ところがあなた・・27歳で結婚してて、しかも今・・(大原)

恋愛をしている・・(大原)

最中かなぁ?(大原)

不幸な運命を勝手に想像

いや、もう・・(相談者)

・・

うん・・(相談者)

むかし(昔)・・の事を・・(相談者)

好きになる人は・・(相談者)

いない・・ってちょっと。(相談者)

思ってます(苦笑)。(相談者)

なにを言ってるの?(大原)

なにが欲しいの?あなたは好きだ・・あっ、承認欲求ですもんね。(大原)

あっはははははは(笑)・・(相談者)
もう、AさんBさんCさんDさん会社の人全部がわたしに・・(大原)

はぁい。(相談者)
ねぇ、注目せよと。(大原)

ハァァ・・(相談者)
そんなわたしは素晴らしい人間だって、したいんでしょう?(大原)

ウ、ウ、ウ・・(相談者)
承認欲求って、そうなんですよ。(大原)

ハァァ・・(相談者)
始末悪いんですよ、これ。(大原)

ほんとですね。ウフッ・・(相談者)
ほん・・っとに、あなたも思うでしょう?(大原)

はぁい、思います。(相談者)
そこで、今日の電話は・・寂しさのあまりに・・(大原)
はぁい。(相談者)
電話したんですよ、加藤先生に。(大原)

スゥゥ・・フゥゥ・・寂しい・・(相談者)
ただ加藤先生とお話してる最中に・・(大原)

はぁい。(相談者)

わがまま放題?(大原)

えっ?(相談者)
あの、夫はこうやってしゃべっても、相手しないでしょう?(大原)

はい。(相談者)
加藤先生は、「それでぇ?」「そうですか?」「そうですか?」・・って、ちゃんと返ってくるじゃない、話が。(大原)

はぁい。(相談者)
初めて自分が・・(大原)

・・

会話が出来たんですよ。(大原)

えええ・・(相談者)
でぇ、この恋人とは会話が出来たんですか?(大原)

う、うん・・はぁぁ・・(相談者)

なにためらってんの?今ごろから(笑)・・(大原)
うふふ・・へへへ・・とても・・(相談者)

Sな人でぇ・・(相談者)

・・

こう・・(相談者)

なんて言うんですかねぇ?(相談者)

彼、独身ですか?(大原)

はぁい。(相談者)

いくつなの?(大原)

30・・8・・(相談者)
立派な、あなた、年下の人?(大原)

フゥゥ・・(相談者)
もう・・なにがあなた不幸なのよ?(大原)
そう・・(相談者)

ほんとですよねぇ。(相談者)
そ、あったり前じゃないの、あなた。(大原)
ふふふふふ(笑)・・(相談者)

ふふっ・・(相談者)
ちょっと、いい加減にしなさい、あなた(笑)。(大原)

それで加藤先生に甘えて喋って、これでおしまいじゃない、あなた。なに言ってんのあなた、45歳で年下で。(大原)

ねえ?(大原)

はぁい。(相談者)

1年以上も付き合っていて。(大原)

子供二人がいて。(大原)

ねぇ、なんか暖簾に腕押しの・・(大原)

なんにも気づかいない鈍感な夫がいて。(大原)

ふふふ・・(相談者)
家庭はしっかりと守られていて。(大原)

なにが・・わたしは・・(大原)

幸せが・・感じられない・・って。(大原)

なに言ってるのあなた・・(大原)
ふっ・・(相談者)

今日の結論は。(大原)

ふっ・・あなたは・・(大原)

もう感情で、あの彼との関係が上手くいかないところで・・(大原)

全て勝手にねぇ、想像して、わたしは、すぐこうして、不幸の運命だわ・・って。(大原)

はぁい。(相談者)
過去の・・両親とか・・(大原)

・・

比較とか・・(大原)

はぁい。(相談者)
差別とか・・(大原)

でぇ・・こんなことがあったんだぁ・・ってことで一気に喋ると。(大原)

はぁい。(相談者)
感情はすぅーっとおさまるんですよ。(大原)

・・

・・

フゥゥ・・でもしゃべる相手いないです。(相談者)
いましたでしょう、加藤先生が。(大原)

あっ・・はぁい、でも加藤先生(苦笑)・・(相談者)

加藤先生、今だけですし(苦笑)。(相談者)

じゃあ(笑)、加藤先生に代わりますねぇ。先生、お願いします。(大原)
はぁい。(相談者)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

要するに・・世界は、わたしに、奉仕するべきだっていう・・(加藤)
ぁぁ・・(大原)

考え方だよね。(加藤)
フフフ・・(相談者)

ふぅ・・(相談者)

なんか・・(相談者)

最低ですね、そうやって・・(相談者)

スッ・・(相談者)

無差別に人から愛されたい

最低っていうよりも・・(加藤)

はぁい。(相談者)

こんなキツイこと言っていいのかどうかわかんないけど・・(加藤)

神経症なんですよ。(加藤)

神経症・・って・・(相談者)

・・

いつ・・(加藤)
どういうこと・・(相談者)

になるんですか?(相談者)

はい。(相談者)
対象無差別に人から愛されたいんです。(加藤)
ああ、ああ、はぁぁ・・(相談者)

・・

そう言われると、何となく腑に落ちますねぇ。(相談者)

だから・・(加藤)
はい・・はい。(相談者)
今やるべきことはねぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)
大原先生、おっしゃったように・・(加藤)
はい。(相談者)
その彼との関係と・・(加藤)

はい。(相談者)
もう一つはやっぱりねぇ・・(加藤)

さっき話てくれたように、過去にあったけれども。(加藤)

はぁい。(相談者)
それでもしっかり受け入れて。(加藤)

はぁい。(相談者)

それで、それに・・も関わらず、わたしは生きる価値があるんだという・・(加藤)

・・

そういうイメージを心の支えにして、生きていってください。(加藤)

・・

ハァァ・・(相談者)

わかりました。ありがとうございます。(相談者)

不幸を受け入れる。するとやる事が見えてきます。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

ああ、ああ、ああ・・って感じですね
どSの不倫相手とは、もう終わりそうなん?
いやいや、それにしても鈍感な夫って(笑)

泳がされてるだけかもしれませんけどね
温厚な人っていうのは、本音を隠す仮の姿かも
あんまり、甘くみてると・・とは思いますが

ご本人はちょっと、誘導された感が
あるのかもしれませんけれど
編集があったにしろ、聞いてる分には

どSの彼と、いろいろありそうです
それが、電話させてるような気がしますけど
とどのつまり

旦那も不倫相手も、話を聞いてくれないんだな

テレフォン人生相談2019年3月19日(火)予告

孤独が怖い43歳の独身女性からのご相談。

パーソナリティが今井通子さん、元シンクロ銅メダリストでメンタルトレーナーの田中ウルヴェ京さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. どきんちゃん

    対象無差別に愛されたいって分かるわぁ。私も親に認められなく育ったから承認欲求が強い。だれからも好かれたくて仕方ない。嫌いな人からの拒絶さえ嫌だなんですから。

    相談者さん腑に落ちたかな?親から心が満たされないと求める気持ちが大きくて辛いよねぇ。

  2. やれやれ、加藤先生も大原先生もご苦労様。
    こんな相談にも真面目に応じてやらなくちゃならないなんてねえ。
    この相談者、そのうちいつか天罰が下るぞお~

  3. 対象無差別に愛されたい、私も同じです。あと皆に奉仕されたいとか、夫は私をわかってくれない的な思いになる時もあります。
    それにしても、なんていうか、
    自分の心に空いた穴、さびしさは、夫や恋人が埋めてくれるものではなく、大人になってしまったら、せっせと自分で埋めるしかない・・・と思うようになってしまいました。
    悔しいけど。親に謝ってほしいとかもいろいろ思うけど。もう自分でやるしかない。
    人生相談でいつも薦められている「書くこと」。これはすごく効果ある気がします!

この記事にはコメントできません。