テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月23日(木)
柴田理恵&大迫恵美子
50歳女性から、要介護4で3年前から認知症を患っている父、5年前に公正証書遺言を書く。施設に入る時、兄は父の持ち株を全部自分名義にして、経理兼監査役の相談者を解雇。最近、姉から遺言書の存在を知り、一度も見舞いに来なかった父の元に頻繁に来るようになる。

目次

スポンサーリンク

相続にまつわる兄弟の付き合い方

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:50歳女性(独身) 父83歳(要介護4) 母82歳(要介護4) 姉56歳 兄54歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理)

もしもし?(相談者)
はいこんにちは。(柴田理)
はぁい・・こんにちは。(相談者)
今日はどんなご相談ですか?(柴田理)

はい、あのぅ、相続にまつわる。(相談者)
はい。(柴田理)
あの、兄姉(きょうだい)の付き合い方について・・あのぅ・・ご相談させていただきたいと思って、電話しました。(相談者)
はい・・えっと、あなた今おいくつですか?(柴田理)

はい、あの50歳ちょうどです。(相談者)
はい、ご、あのご結婚なさってますか?(柴田理)

いえ独身です。(相談者)

はい、えっとじゃあ、えっと、ご兄姉(きょうだい)は?(柴田理)

はい、あのぅ、姉と兄がいます。(相談者)

あ・・(柴田理)
はい。(相談者)
お姉さんはおいくつですか?(柴田理)

はい、あのぅ・・56歳です。(相談者)
はい、お兄さんは?(柴田理)

54歳です。(相談者)
54歳・・(柴田理)

三人兄姉(きょうだい)なんですね。ご両親は・・(柴田理)

はい。(相談者)
おいくつですか?(柴田理)

はい、あのぅ、父は83歳です。(相談者)
はい。(柴田理)

母は、82歳です。(相談者)
は、は、82歳・・えっと・・(柴田理)
はい。(相談者)
相続っていうことは、どちらかが・・(柴田理)

はい。(相談者)
お悪かったりするんですか?(柴田理)

父が・・(相談者)

11年前に・・(相談者)
はい。(柴田理)
あの大腸がんになりまして。(相談者)
はい。(柴田理)

その、あの、すぐ後に・・脳梗塞も、あのぅ、合併症としてなってしまいまして。(相談者)
はぁい。(柴田理)

要介護3の状態で・・(相談者)
はい。(柴田理)

3年前に、認知症も患っております。(相談者)
あっ、はぁい、はぁい。(柴田理)

うん・・(柴田理)
わたしと母がずっと父親を・・介護していたんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理)

母も5年前にあの、心臓悪くしまして。(相談者)
ああ・・(柴田理)
あのぅ・・心臓の手術をしまして。(相談者)
はい。(柴田理)
10ヶ月後ぐらいにもう認知症になってしまいまして。(相談者)

うん・・(柴田理)
あの、母親は・・(相談者)

あの2年前から要介護4になっております。(相談者)
ああ・・はぁい、うん・・(柴田理)
はい、でぇ、あの父が、一時はあの、退院したんですけども、寝たきりの状態なってしまいまして、あの・・(相談者)
うん。(柴田理)
またその後、肺炎になって、また入院を・・(相談者)
うーん・・(柴田理)
してしまいまして。(相談者)
はい、はい。(柴田理)

でぇ、父が家に戻った時に・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

その時も、よ・・父親が要介護4の状態だ・・でしたので。(相談者)
はい。(柴田理)

あの要介護4の・・(相談者)

老人二人を・・(相談者)
うん。(柴田理)
わたしが、一人が・・(相談者)

ずっと介護をしているという状態でぇ・・(相談者)
ああ、ああ・・(柴田理)
でぇ、ケアマネージャーさんに・・(相談者)
うん。(柴田理)
相談してみたところ。(相談者)
うん。(柴田理)
施設・・申し込み、してみてくださいって言われましたので。(相談者)
うんうん・・(柴田理)
あのぅ・・施設申し込みをしたら、比較的早めにもう2ヶ月・・くらいでもう・・(相談者)

入所が決まったんです。(相談者)
うんうんうん・・(柴田理)

でぇ・・(相談者)

わたくしの・・(相談者)

仕事なんですけれども。(相談者)
うん。(柴田理)
父親が小さな会社を昔っから経営しておりまして。(相談者)
あ、はぁい。(柴田理)
でぇあのぅ・・父親が病気になってからは、兄が・・主に仕事をとってくるというようなかん、感じで・・(相談者)
うん。(柴田理)
そこの会社の・・(相談者)
うん。(柴田理)
経理を・・(相談者)

監査役として経理を、わたしずっとしていたんですけれども。(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理)

父親を、施設に入れるという話を兄にしたら・・(相談者)
うん。(柴田理)

あの、父親を役員から外して。(相談者)
うん・・(柴田理)

でぇ、父親の持ち株を全部自分のものにして・・(相談者)
うん。(柴田理)
わたしを、解雇したんです。(相談者)

えっ?!解雇した?・・はぁい。(柴田理)

されましてぇ・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

すいません姉の話になるんですけれども、今度。(相談者)
はい。(柴田理)

今から5年半前に。(相談者)
はい。(柴田理)

公正遺言書を作成しておりまして。(相談者)

公証人の・・(相談者)
ど・・誰が?(柴田理)

お父さんが?(柴田理)
ち・・父親がです。(相談者)
お父さんが?(柴田理)
父親が。(相談者)
はい。(柴田理)
はい。(相談者)
はい。(柴田理)

はい。(柴田理)
でぇ、公証人・・(相談者)
はい。(柴田理)
そして司法書士の先生と、そして行政書士の先生・・三人の法律家の方に・・来ていただいて。(相談者)
はい。(柴田理)
公正遺言書を作成したんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理)

兄には、父親の1つの土地を与えて。(相談者)
うん・・(柴田理)

そして姉には・・あの、200万近く・・父から借りていたお金があったので。(相談者)
うん。(柴田理)

その返済を免除する・・(相談者)

うーーん・・(柴田理)
という・・内容です。(相談者)
はぁい。(柴田理)
そして残りは・・(相談者)

今住んでいる土地と・・(相談者)
はい。(柴田理)
あの、現金などその他は・・(相談者)
はい。(柴田理)
あのぅ、次女のわたしに、受け・・遺すというふうな、遺言書を書いてあったんです。(相談者)

はあ・・(柴田理)
でぇ、父・・父が・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
あの、こういう遺言書を書いてくれるって言ってるんですが、あのぅ・・わたしが、土地もらっていいですか?って姉に言ったら・・(相談者)
うん。(柴田理)
姉は・・住んでいる、あのあなたが受け取るべきだから、あのぅ・・うん、その・・そのままでいいです・・ってそん時は、姉は言ってくれたんですけれども。(相談者)
うん。(柴田理)
姉の夫が、兄から・・(相談者)

下請けとして仕事をもらっている状態でして。(相談者)
うん・・(柴田理)

わたしも働いてたんで、わたしに収入があったので。(相談者)
うん・・(柴田理)
あの、姉に、い、今まで何回も・・あの、お金の援助をしてきたんです。(相談者)
うん。(柴田理)

うん・・(柴田理)
今回、わたしがもう・・(相談者)

解雇されてしまったので。(相談者)
うん。(柴田理)
そう、わたしからの援助はもう・・受けられないと思ったのか・・わかりませんが、あの・・(相談者)
うん・・(柴田理)
兄側についたほうが・・(相談者)

自分にとって・・(相談者)

都合がいいと思ったのか・・は、わかりませんが・・(相談者)
うん。(柴田理)
兄に・・(相談者)

公正遺言書があるということを・・話してしまったんです、最近。(相談者)

はい。(柴田理)
最近です。でぇ・・3週間ぐらい前から・・(相談者)

突然あの、今まで・・(相談者)

父のお見舞いなど行ったことなかった兄が・・(相談者)
うん・・(柴田理)

突然、あ、姉と一緒に、あの施設に行き始めて。(相談者)
うん。(柴田理)

でぇ、「お父さん遺言書があるんだって」とか。(相談者)
うん・・(柴田理)
あのぅ・・なんかテープレコーダーで吹き込んでるらしくて。(相談者)

それからも何回も施設に通って、なんかしてるみたいで。(相談者)
うーーーん・・(柴田理)
でぇ、施設に、あの主治医が・・(相談者)

も、いらっしゃるんです。(相談者)
はぁい。(柴田理)

でぇ、あのぅ兄が・・(相談者)

「診断書を書いて欲しいんですけど」って兄が言いだして。(相談者)
うん。(柴田理)
施設の人が・・(相談者)

「あの、何に使うんですか?」と聞いたら・・(相談者)
うん。(柴田理)
あの・・「父親が公正遺言書を作りたいと言ってるんです」って兄が言い出して。(相談者)
うん・・(柴田理)

でぇ、施設の方が、そんなの本人が言ったなんて、あのぅ・・疑わしいのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理)

あの、「診断書は、次女・・次女さんが必要と・・しない限りは、わたし達は、あの、出せません」って・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理)
断わってくださって(笑)・・(相談者)
うーん・・(柴田理)
でぇ・・(相談者)
その、公正遺言書はどこにあるんですか?今?(柴田理)

わた・・しの手元にあります。(相談者)
ふんふんふん・・5年前に作った・・(柴田理)

そうです、はい。(相談者)
ちゃんとしたものですね?(柴田理)

はいそうです。(相談者)
ふんふん・・(柴田理)

あの、兄と姉が・・その、駆け付けていって、遺言書の事を、父にとい・・問い質して・・録音しようとしている姿を思い浮かべるともうちょっと、やめてくれないかなと思ってぇ・・(相談者)
うんうん・・(柴田理)
それで、わたしがもう電話しても・・兄と姉がまったく・・出ないんです、出ない状態なんです。(相談者)

今後・・兄と姉と、どういうふうに、もう、付き合っていけばいいのかちょっとそれがわからなくてぇ・・(相談者)

危篤状態とかなったときとか、やっぱり会わせた方がいいのか、父親と母親にとって、やっぱり子供なので・・(相談者)
うーーん・・(柴田理)
今後・・(相談者)

お葬式とかも・・(相談者)

あの、わたしが・・(相談者)
まぁ、そりゃあねぇ・・うーん・・(柴田理)
うーん、はぁい。(相談者)

わたしが・・(相談者)
世間で、ああだ、こうだ言われない為には・・(柴田理)

父親の、積み立てとかも・・(相談者)
うん・・(柴田理)
わたし、知って・・る部分もあるので・・(相談者)
うん・・(柴田理)
お葬式の喪主に、わたしがなっても、兄と姉とはもう、縁切って・・いいのか・・(相談者)
うーーん、あのぅ・・(柴田理)
それが・・ちょっと・・はい。(相談者)

お父さんお母さんの、介護を・・(柴田理)
はい。(相談者)

はぁい。(相談者)

お兄さんとか、お姉さんとかは・・(柴田理)

はい。(相談者)
手伝ってくれたんですか?(柴田理)

いえ、あのぅ・・まったく・・手伝って・・もらえませんでした。(相談者)
まったくですねぇ?(柴田理)

病院の付き添いもすべて、わたしでぇ・・(相談者)
病院の付き添いも全部?(柴田理)
あのぅ・・そ・・はい。(相談者)
それは・・そうやって証言する人もたくさんいらっしゃいますよね?(柴田理)

両・・ケアマネジャー・・も、あのぅ・・わたし以外の人間には、会った事ありませんのでぇ・・(相談者)
ああ、ああ・・(柴田理)
はい。(相談者)
なるほど。(柴田理)

はい。(柴田理)

わかりました。(柴田理)

じゃあ、ま、とにかくそのぅ・・(柴田理)

お父様の、財産の・・(柴田理)
はい。(相談者)
相続で・・ご兄姉(きょうだい)と・・(柴田理)

揉めてると。(柴田理)

はぁい。(相談者)
この先どうやって・・(柴田理)
はい。(相談者)
その兄姉(きょうだい)達と・・(柴田理)

はい。(相談者)
え・・お付き合いしていいか?ってことですね。(柴田理)

はい、そうです。(相談者)
わかりました。(柴田理)

じゃあ・・(柴田理)
はい。(相談者)
今日の回答者の先生に聞いてみましょうね。(柴田理)

はい。(相談者)
はい、今日の先生は・・弁護士の大迫恵美子先生です。(柴田理)
はい。(相談者)
先生よろしくお願いします。(柴田理)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。