テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月13日(金)は、加藤諦三&坂井眞。3年前に妻と死別、同様に夫と死別して1年の彼女と寂しい者同士で付き合い始める。1年前に彼女の持ち家の近くにアパートを借りて住むようになる。彼女は感情の起伏が激しく妄想に囚われ嫉妬深い。風俗の女性と付き合った過去を責め別れ話もでる。その度に誠意として慰謝料代わりのアクセサリーを要求、精神的にどうしてあげればいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉『過去に囚われて、未来を失ってはいけません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:56歳男性(自営業) 妻とは3年前に死別 子供二人(長男・次男)は結婚し独立 彼女57歳(夫とは4年前に死別) 自宅兼仕事場があるが、彼女の家に近くにアパートを借りて住んでいる

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、どうもお世話になります。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい・・56歳。(相談者)
56歳・・結婚してます?(加藤諦三)

あ・・ぇ・・して・・ましたけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・(相談者)

3年前に・・妻を亡くしてます。(相談者)

はい・・ぁ、3年前に亡くし・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうすると、今は、お一人で暮らしている?(加藤諦三)
そうです・・はぁい。(相談者)
ぁ、そうですか・・お子さんは?(加藤諦三)

長男と次男、いましたけど・・それぞれ結婚して・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
ま、独立してます・・はい。(相談者)
はい、わかりました・・じゃあ今、お一人ということですね。(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)
はい、それでどんな・・(加藤諦三)

・・

相談ですか?(加藤諦三)
今・・お付き合いしてる、彼女との関係で・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

え・・ちょっと・・いろいろ、問題がありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

彼女がちょっと、精神的に不安定でぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あの、僕の過去のことで・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・すごく、こだわってま、し・・(相談者)

っと(嫉妬)でぇ・・まぁ、怒りだして・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・まぁ、「別れたい」「別れたい」・・って、言うんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

まぁ、要するに、一人になるのは・・寂しい・・し・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、生活・・の・・金銭面的にも、ちょっと・・(相談者)

一人になると、やってけない・・っていうか・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

今、あのぅ・・(相談者)

二人で生活してるんですけど、一年前から・・(相談者)
あっ・・もう、いっしょに生活して、同棲してるんですね?(加藤諦三)
そうでした・・そうです・・でぇ・・(相談者)

ま、夜の食事を作ってもらって・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

で、ちょっと身体的に・・(相談者)

ちょっといろんな持病持ってて、ま、寝れない・・(相談者)

もんで、必ずちょっと・・(相談者)

早く寝て、はや・・なんて言うかなぁ・・8時間、9時間、睡眠とりたいということでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

食事作って、ちょっと片付けたら、今、ちょっと・・(相談者)

あのぅ・・自分の家も近くにあるもんで・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ、通ってる状態なんですけどね。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)
・・
そのぅ・・***・・あの・・(相談者)
そうすると、彼女は・・今・・独身・・(加藤諦三)

あのぅ・・彼女も・・(相談者)

あの、3年、4年前ですかね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
自分・・よりも、さらに一年前に・・(相談者)

旦那さんを亡くしてて・・(相談者)
ああ、そうですか、はい。(加藤諦三)

でぇ・・ぇ・・ちょっとその、タイミングが、出会いが・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
・・
その、ちょうど一年後?(相談者)
うん。(加藤諦三)
亡くなって一年後、ほいで僕が、亡くなってすぐの時に・・出会ってるもんで・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

もう・・寂しい同士でなんか・・(相談者)

くっついちゃったっていう感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

でぇ・・2年ぐらい・・こう・・(相談者)

付き合ってて、まぁ・・(相談者)

・・

一年前からちょっと、アパートを借りて、二人で。(相談者)

・・

うんうん・・(加藤諦三)
あの、住んでるんですわ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
だで、それぞれ持ち家あるんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そのぅ・・彼女の家に近いほうに・・アパートを借りて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、二人では・・住んでるんですけど、今は・・言ったように、まぁ・・(相談者)

今は夜だけ作りにきて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、帰って、ま、土曜日くらいは泊まっていくっていう・・感じかな。(相談者)
・・
ふんふんふん。(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

でぇ、あなたはまだ・・56歳ですから、現役で仕事を・・(加藤諦三)

そうです、あのぅ・・(相談者)
ま、毎日・・(加藤諦三)

そうです、要するにあのぅ・・自営ですもんで・・(相談者)
はい・・あっ・・(加藤諦三)

自営ですから、要するに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

通勤してるわけではないんですね。(加藤諦三)
うん・・だから元々住んでた・・(相談者)

住宅兼・・(相談者)

仕事場があって・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
そこからアパートに・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
通ってる状態ですから。(相談者)
ああ、なるほどね、はい。(加藤諦三)

・・

・・

それでぇ・・先ほど、彼女に問題があってと言った、問題というのは・・(加藤諦三)

その・・過去のことにこだわって、すぐに・・(加藤諦三)

怒り出すという性格のことを・・(加藤諦三)
そうです、そう・・(相談者)

おっしゃったんですか?(加藤諦三)
そう・・うん・・(相談者)

その原因が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・僕に正直あるんですわ。(相談者)
・・
それがちょっといろいろ、過去が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ありましてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)

その・・(相談者)

妻が亡くなる前から・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

ちょっと・・風俗にはまっちゃって、僕が。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、風俗の・・人と・・(相談者)

あのぅ・・いろいろ・・(相談者)

あったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その方が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

要するに、その・・(相談者)

彼女と出会う・・前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのぅ・・(相談者)

風俗に僕がハマって、風俗の・・女の人が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・ちょうど妻が、余命宣告受けた後に・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
その風俗の人と、ちょっと親しくなって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと癒された・・時期がありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それが3ヶ月ぐらいあったんですけど、突然、連絡取れなくなって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのぅ・・ちょっと調べて、親を通じて聞いたら・・(相談者)

覚醒剤で捕まったと。(相談者)

はあぁぁ・・(加藤諦三)
で、刑務所に入って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

それが・・元で・・要するにあのぅ・・(相談者)

出てきたら。(相談者)

相手の、弁護士から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

文書が来て。(相談者)

もう有りもない事を・・(相談者)

7~8年前から、内縁関係になりながら、その、女を作って、あの傷つけたっていうように、300万の請求が来たんですわぁ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

こちらも弁護士立ててまぁ・・いろいろ闘・・まぁ、調停にまで行って、調停の中で・・まぁ、結局40万でカタをつけたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのぅ・・払ったことに対しても・・(相談者)

「なんであなたが悪くないのに、そんな40万払うということは・・」(相談者)
うん。(加藤諦三)

「その女に、少しはね、愛情があった」とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ねえ、そういう可哀想だから、ということで・・(相談者)

もう、思い込んでいるじゃんねぇ、ずーっと。(相談者)
・・
でぇ、常に・・まだあなたは、前の女の人の・・風俗の女の事を・・(相談者)

思ってる、思ってる・・って言って・・(相談者)

すぐ、妄想に入るじゃんね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
一人になると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

とにかくもう、ほんとは別れたい、彼女は・・僕に対して別れたい・・(相談者)

ねぇ、こんな苦しみたくないっていう・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

ことを、訴えてくるんだけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
僕は、もう、そんな気持ちを、まぁ、今のあなたを愛しとるし・・(相談者)

あのぅその、過去のことは過去でぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

忘れて欲しいんだけど・・(相談者)

「あなたは一生忘れないでしょう」とか言ってくるし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

もうとにかくそういうふうに・・僕はその都度、何かいろいろ、事がバレる度に、彼女から・・いろいろ・・(相談者)

もう、このぅ・・慰謝料として、なんか・・買ってよ・・といういことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

アクセサリーとかいろいろ買ってもう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ねえ、5・・500万、600万使ってるじゃんね、彼女に・・それの誠意も、彼女は、当たり・・(相談者)
・・
当然のことしてもらったっていうか・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

あなた、ご自身は・・(加藤諦三)

この・・(加藤諦三)

・・

彼女・・と・・一緒にこれから・・(加藤諦三)

人生を過ごして・・(加藤諦三)

そうです。(相談者)
いこうと・・いうつもりなんですねぇ。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

ほんとにもう、僕にとっては・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

もう・・(相談者)

もったいないほどいい人なんですわぁ。(相談者)

お互いに・・(相談者)

じゃあもう・・荷物片付けて出てけや・・って、喧嘩になっても・・(相談者)

ま、ちょっと片付けて出てくことも、2~3回、あったんだけど・・(相談者)

また・・(相談者)

やっぱり戻ってくる。(相談者)
戻ってくるんですねぇ・・(加藤諦三)

そういう・・繰り返しなんですわ、今。(相談者)

と、彼女は・・まぁ、別れたいというけれども、実際は別れられない。(加藤諦三)

で、あなたに対して・・(加藤諦三)

まぁ、あの、過去のことを含めて、も・・憎しみを持っているんだけれども・・(加藤諦三)

別れることはできないという・・ことですね?(加藤諦三)

それか、そう・・(加藤諦三)
そうです、僕・・(相談者)
・・
あっ、相手が僕に対して、憎しみ?(相談者)
はい。(加藤諦三)
憎たら・・(相談者)

でぇ、僕は・・(相談者)
・・
あのぅ・・なんとも思ってないです・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
彼女を・・(相談者)
あのぅ・・あなたの方は、思ってないけど、彼女のほうは・・(加藤諦三)

そのぅ・・(加藤諦三)

風俗の人との付き合い、その他があって、あなたに対して・・(加藤諦三)

憎しみを・・(加藤諦三)

う、うん、そうです。(相談者)
も・・ってるわけですねぇ。(加藤諦三)
あのぅ・・持ってる・・うん・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

感情の起伏がすごく激しいもんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

どういうふうに、せ、精神的に・・(相談者)

どういうふうにしてあげたほうがいいか・・が、わからないのが正直・・(相談者)

な・・そ・・あのぅ、今日のネェ・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

相談なんですわぁ。(相談者)
・・
はい・・もう・・(加藤諦三)

大変、難しい・・(加藤諦三)

相談・・(加藤諦三)

ですけれども・・今日はあのぅ・・(加藤諦三)

スタジオに弁護士の・・坂井眞先生がいらしてくれているので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
え・・(加藤諦三)
・・
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. そうでしょうかねえ?
    加藤先生は相談者に変われと言ってるんですけど、どのように変われとは言ってませんよね。
    アドヴァイスに具体性が欠けてますから、相談者さんは何をどうしたらいいかわからないと思いますよ。
    それに加え、彼女を変えることはもちろんできませんから、結局のところ関係を清算するしかないのでは?

  2.  揚げ足鶏さんに 同感!
     言い方は悪いですが こんな女とは きっぱり 別れなさい!
     相談者のお子様たちも この事実を お知りになったら 同意見でしょう(・・?

この記事にはコメントできません。