テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月11日(火)は、今井通子&高橋龍太郎。55歳のバツイチ女性から、同い年で30年以上前に同棲していた元カレ。思いがけず連絡が取れてしまい、自分だけ気持ちが先走っている感じ。余生を一緒に過ごしたいとまで妄想。会いに行きたいが、会ったら帰れなくなりそう。好き過ぎる気持ちをどうしたらいいかわからない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:55歳女性 約10年前に離婚し子供なし 一人暮らし 元彼55歳 17年前に離婚 19歳から22、3歳まで同棲 アロマセラピスト

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

あっ、もしもし、こんにちは。(相談者)
こんにちは・・(今井通子)
はぁい。(相談者)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

うん、何から話していいのかちょっと・・(相談者)

え・・緊張してるんですけど。(相談者)
あらっ?まずじゃあなたおいくつ?(今井通子)

えっと、55です。(相談者)

55歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
ご主人いらっしゃいますか?(今井通子)

えっと・・離婚しました。(相談者)

何年前?(今井通子)

約・・10年前です。(相談者)
10年前・・(今井通子)

はい。(相談者)

お子さんいらっしゃいます?(今井通子)
いません。(相談者)

あ、いらっしゃらない?(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・今あなた、お一人?(今井通子)

はいそうです。(相談者)
あら?(今井通子)
はい。(相談者)
じゃあ問題ないじゃないですか。(今井通子)

あ・・はぁい。(相談者)
うふふ・・どんな・・なんか・・質問をしたいことがある?(今井通子)

あの、あるんですけど、えっと、今からホント、何十年も前なんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

えっと、19歳から、20・・2、3まで、同棲してた人が居て。(相談者)
はい。(今井通子)

うん、当時ね。(相談者)

その方、同い年だったんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

「結婚しようね」っていう時期があって。(相談者)
はい。(今井通子)

うんでも・・あのぅ、ちょっと・・(相談者)

まぁ、結局・・別れる事になって別れちゃったんですけど。(相談者)
その原因は何でした?(今井通子)

父が犯罪を犯したですね、その当時。(相談者)
はぁぁ・・(今井通子)

小っちゃい犯罪ではなくって・・(相談者)

新聞に・・(相談者)

出るぐらい・・(相談者)
はい。(今井通子)
の、犯罪を犯しちゃって・・(相談者)
はい。(今井通子)

それでもう、あのぅ・・ホントに家の中がもう、地獄と化して、その時にもう、誰にも言わなかった、言えなかったんです。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、それを抱えて・・いるのがもうとってもしんどくって。(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

この人・・だから、ごくごく普通の家の子だったので。(相談者)
はい。(今井通子)

自分でも抱え切れないのを、この人に言って、なんか・・(相談者)

幸せに・・たぶん、この人を、してあげることが出来ない・・ってこう、自分で勝手にもう・・(相談者)

思っちゃって・・(相談者)

なるほど。(今井通子)

でぇ、自分で身を引いちゃったのね。(今井通子)
でも、大好きで、大好き・・(相談者)

うん、な、でも、身を引いたっていうよりはもう・・どちらかと言えば、えっと・・向こうの方が、もう・・(相談者)

去って行ったって感じです。(相談者)

・・

結局・・あたしがこう・・家がそういう状態で、言えない・・(相談者)

でもなんか・・(相談者)

様子がおかしい。(相談者)

・・

でぇ、喧嘩がやっぱり・・あるじゃないですか。(相談者)

はい。(相談者)
なんか、あるんじゃないかって、彼は思ってる・・(相談者)

のか・・その時は、わからなかったんだけど。(相談者)

やっぱり心ここにあらずで、本人も、その家のことで、ずっと、動いてたのが、自分だったので。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

でぇ、最近なんです、本当にもう、一ヶ月・・い、くらいかな?たまたまその、彼はあのぅ・・美容師さんをや・・(相談者)

ってたんで、その時。(相談者)
はい。(今井通子)

どうしてるかなぁ・・って・・(相談者)

思ったんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)
でぇ、まぁ、お店やりたいっていうのがすごい夢やっていうのを語ってた彼だったのでぇ。(相談者)
はぁい。(今井通子)

ひょっとして、あのぅ・・パソコンで・・(相談者)

その検索したらでてくるんじゃないかって、こう・・(相談者)

はい。(今井通子)
そういう感じで、軽い感じで・・(相談者)

したら、出て来たんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

うん、でぇ、お店をやって、でも、美容師は辞めてて、違う・・まぁ、職業なんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

えっと、ホームページが、出て来たんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、その時に・・(相談者)

もう・・(相談者)

なんか・・うん・・その、19、20(はたち)・・(相談者)

・・

21、その時の思いが、ガァーっとこう、甦ってきて・・(相談者)
はい。(今井通子)
もう、ホントに、もう胸がこう・・熱くなって・・(相談者)
はい。(今井通子)

もう苦しくなるくらい・・もうだからそれぐらい好きだったんです、自分としては。(今井通子)
はい。(相談者)

うん・・でぇ、あの電話を・・(相談者)

えっと・・勇気を持ってかけたんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

お店の方に。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

そしたら、えっと・・すごく懐かしんでくれて。(相談者)
はい。(今井通子)

「あのときお互い若かったよねぇ」とか、まぁ、そういう話をして・・(相談者)

彼があのぅ・・「僕・・17年前にもう、離婚してるんや」っていう話を・・(相談者)

聞かされてぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

「あっ、そうなんだ」って。(相談者)

「あなたは?」って言ったから、「わたしは、まぁ、約10年ぐらい前に離婚したよ」っていう話して。(相談者)
はい。(今井通子)

うん・・でぇ、あのぅ・・(相談者)

「遠方だけど、また、良かったらおいでよ」って・・(相談者)
はい。(今井通子)
言ってくれたりとかして。(相談者)

でぇ、「行けないよ、遠いし」って・・(相談者)

みたいな話・・をしているんだけど。(相談者)
はぁい。(今井通子)
結局・・(相談者)

わたしの・・気持ちの方が、強いような気がして・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

は・・先走ってしまう気持ちが、すごくあって・・(相談者)
はい。(今井通子)

今後、このままこう、お友達として・・(相談者)

ま、遠方に住まれてるので、相手は。(相談者)

はい。(今井通子)

だから、そのぅ・・(相談者)

うん・・っと、茶飲み友達でいるとか・・(相談者)

でぇ・・そういうふうに、こう大事に、そのぅ・・(相談者)

うん、でも、その自分の気持ちとしては・・(相談者)

うん、出来れば、余生を過ごしたいなぁ・・なんて、もう、妄想なんですけどね、これはホントに自分の願望だけなんですけど。(相談者)

うん・・(相談者)

最初の・・(相談者)
これ、電話、一回しかしてないんですか?(今井通子)

えっと電話は・・一回して、あとはショートメールのやり合いを、えっと・・ニ、三回、してます、まだ、最近の話なので。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

でぇ、彼は・・「遊びにおいで」と言ったんですね?(今井通子)

うん、あのぅ・・ま、職業は、アロマ・・セラピストなん・・に、なってたんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

「すごく、上手やからやってあげるよ」って言って・・でも、なんかお互いに、わたしの方が、こう・・ちょっと、こう、ま、その若かった時の話も、「わたし、大好きだったからねぇ、あなたの事は・・」って言って、んでぇ・・彼も、うん・・もう・・(相談者)

「僕も・・」えっと、震災があったじゃないですか。(相談者)
はい。(今井通子)
「その時に、探しに行ったんだよ」っていうことを、言われたんです、その時に。(相談者)
ああ・・(今井通子)

でぇ、あともう一個は、5年前に・・(相談者)

あの、たまたまなんですけど、えっと、友達と、あの、飲みの席で・・(相談者)
はい。(今井通子)
同棲した時の・・人・・の・・まぁ、わたしのことなんですけど、「一生、忘れられない」と。(相談者)

「でも、今後、一生、会うことはないな」っていう話を、した・・(相談者)

「5年前に、その話、したんや」って、聞かされた時に、もう、胸がもう・・もっと、熱くなってしまってぇ・・(相談者)
うん・・(今井通子)

うん・・あのぅ・・やっぱり・・(相談者)

二回目・・傷つくのは嫌なんですね、もう、この歳なので。(相談者)

今後・・(相談者)

どういうふうに・・えっと・・(相談者)

距離を・・縮めて行った方がいいのか、このままずーっと、友達として・・(相談者)

していけばいいのか・・(相談者)

それかもう、そのままもう、思い出として・・(相談者)
思い出として、これからも・・(今井通子)
封印した方がいいのか・・(相談者)
連絡止めた方がいいのか・・(今井通子)
うん、もう、その日はもう・・自分が好き過ぎてる気持ちが・・あの、前の主人と居た時も、あったのでぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

ただ、連絡の・・取り方が、わからなかったこともあったのでぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・(相談者)
じゃあ、どうしたらいいんでしょう?っていうことを、お聞きになりたい?(今井通子)
あ、そういうことです、はぁい、はいそうです。(相談者)
わかりました。(今井通子)

はい。(相談者)
今日はですねぇ、精神科医の、高橋龍太郎先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. そうね。たとえ上手くいかなくても何も失うものはないですね。
    ダメもとでチャレンジしてみればいいと思いますよ。
    ひょっとして上手くいったら、まるまる儲けものじゃないの。
    がんばれっ!

  2. 相談者さん一人で突っ走ってる感が否めない。
    昨今SNSで元彼や初恋の人とつながるのはよくあることで
    何回かショートメールのやり取りをするくらいでは
    はっきり言って「まだなにも始まってない」。
    一回ホントにあってみればスッキリするだろう、
    お互いに何十年前のその人ではなくなっているけれど
    がっかりするか、やっぱり好き!ってなるかは
    あってみないとわからないのだから。
    妄想で突っ走るのはどうなんだろう・・・ね?

  3. 状況を把握するのに 時間がかかりました
     NHKの子供科学電話相談に質問してくる 小学生(あらかじめ 質問を箇条書きにしている)のほうが まだまだ ましな質問をします。
     それにしても 煮え切らない ご相談者で呆れました。

     押しかけにょうぼでも 何でも おやりなさい!

  4. もし相談者さんの父が重大犯罪を犯さなかったら、どんな人生になったのでしょうか。
    父のために別れざるを得なかった恋愛を、40年経ってやりなおすのはアリだと思います。

    しかし、長い年月を経て見た目が大きく変わってしまってお互いビックリかと☆