テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月15日(水)
ドリアン助川&三石由起子。
35歳女性から、結婚し半年、布団を並べて寝ている5歳年下夫が悪夢でうなされ私の顔を蹴った。
夫から暴力を受けた事はないが寝ている時この症状が出るかと思うと隣で寝るのが怖くなってしまった。
病院で診てもらうと予約を取った夫。夫の隣は安眠できそうもない。

目次

スポンサーリンク

隣で寝てる夫に顔を蹴られる

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:35歳女性 夫30歳 結婚して半年 付き合って1年半

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリ助)

よろしくお願いします。(ドリ助)
もしもし・・(相談者)

お願いします。(相談者)
はい、今日どんなご相談でしょうか?(ドリ助)

夫の・・ことなんですけれども。(相談者)
はい。(ドリ助)

1週間ぐらい前に・・(相談者)

夜、こう、隣同士で一緒に寝てるんですがぁ・・あの、夜中にバッと起きて、「わぁっ!」・・って叫ぶような・・(相談者)

ことがありまして。(相談者)
ええ。(ドリ助)

でぇ、その後となりに・・わたし、寝てたんですけど。(相談者)

バンとこう、踵で顔を蹴られてしまってぇ(笑)。(相談者)
ええ・・(ドリ助)

でぇ・・わたしもその時、ちょっと・・(相談者)

こう・・(相談者)

夫の・・大きな声で、ぼんやりは起きたんですけども。(相談者)

起きて直後に、顔を蹴られた状態で(笑)・・ちょっとこう、ビックリしてしまってぇ。(相談者)
ええ。(ドリ助)

でぇ、「きゃぁ!」って叫んだんですよねぇ。な、なにかな?と思って。(相談者)

でぇ・・(相談者)

夫は、その声で・・(相談者)

自分もハッとして、「ゴメンネ」っていうふうに、謝ってくれたんですけども。(相談者)
はい。(ドリ助)
そんなこと初めて、結婚してから初めてそんなことがあったものでぇ・・ちょっと心配になってしまってぇ。(相談者)

あの、相談・・させていただきたかったんですけれど。(相談者)
ああ・・(ドリ助)

ちょっと待ってくださいよ。(ドリ助)

はい。(相談者)

一週間前に・・(ドリ助)
はい。(相談者)
二人で・・(ドリ助)

寝て・・(ドリ助)

あの、ベッドが並んでるんですか?布団ですか?(ドリ助)
あっ・・(相談者)

あっ、そうです、布団を・・二つ・・(相談者)
布団・・布団並べて寝ている。(ドリ助)
並べて・・はぁい。(相談者)

でぇ・・(ドリ助)

えーっと、「わぁっ!」って夜中・・夜中何時くらい?(ドリ助)

1時・・頃ですかねぇ。(相談者)
1時くらい。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
でぇ、これは完全に二人共寝てたんですね?(ドリ助)

そうですね、はい。(相談者)
せ・・(ドリ助)

ということはなんか、夢見たんじゃないですか?(ドリ助)

夫曰く、その時すごく怖い、まぁ夢を・・(相談者)
はい。(ドリ助)
見ていてぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリ助)

あの、逃げるような感じでぇ・・(相談者)
はい。(ドリ助)
ま、夢の中でも自分は暴れてい・・いたんだけれども。(相談者)
ええ・・(ドリ助)

それは、現実に自分は暴れているっていうのは、全然あのぅ・・思わなくってぇ・・(相談者)
ええ。(ドリ助)

なにが起こったか、自分は、わか・・らないんだけれども・・(相談者)

わたしが大きな声を出してぇ・・(相談者)

でぇ、こうまぁ、泣いてたというか・・(相談者)

でぇ、ビックリして・・(相談者)

つまり・・(ドリ助)
起きてきたっていう感じ・・(相談者)
横のあたなを蹴ったのも。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
夢の延長線上・・のことなわけですね?(ドリ助)

そうですね、蹴った・・ということ自体が・・頭には、ないというか・・夢・・まぁ、夢の中で、こう、もがいているような(笑)・・(相談者)
もがいてたら、足が当たっちゃったってことじゃないの?(ドリ助)

その時は部屋、灯り点いてました?(ドリ助)

いえ、暗かったです。(相談者)
暗かったのね?(ドリ助)

はぁーい。(相談者)
えーっと、あなた様、おいくつですか?(ドリ助)

35です。(相談者)
35歳・・(ドリ助)

はい。(相談者)
旦那さんは?(ドリ助)

えっと、30です。(相談者)
30歳?(ドリ助)

はい。(相談者)
あ、5つ‥年下の?(ドリ助)

旦那さん。(ドリ助)
そうですね。(相談者)

はぁい。(相談者)
ん、結婚してどれぐらいになるんですか?(ドリ助)

えっと、半・・年ぐらいです。(相談者)
半年?(ドリ助)

はぁい。(相談者)

半年か・・(ドリ助)

恋愛結婚なんですか?(ドリ助)

はい。(相談者)
はい。(ドリ助)

どれぐらいお付き合いしてる相手?(ドリ助)

1年半・・ぐらいですね。(相談者)
1年半?(ドリ助)

はぁい。(相談者)
ということは、結婚・・ああんっと、お付き合い1年で結婚なさったということ?(ドリ助)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

布団並べて歴はじゃあ・・半年?(ドリ助)

結婚する前も少し・・(相談者)

一緒には居たんですけれども。(相談者)
うん・・(ドリ助)

でぇ・・(ドリ助)
まだ1年は・・経ってないですねぇ。(相談者)

まぁ、この布団並べて寝てると、相手の寝言とかねぇ。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
え・・おならとかね。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
いろいろ聞こえてくるもんなんですよ。(ドリ助)
はい、はぁい。(相談者)
うん・・(ドリ助)

でぇ、「ああ、そうだったんだ」と、気付くもんですけども。(ドリ助)
ウーーン・・(相談者)
他には、なにもないの?(ドリ助)

・・

今までも、まぁ、寝言みたいなことは、あったんですが・・(相談者)
ええ。(ドリ助)

そんなに何かこう激しく・・動いたりだとかぁ・・(相談者)
うん。(ドリ助)

叫ぶような・・(相談者)

え、音とかっていうのは・・な・・かったですねぇ。(相談者)

うーーん・・(ドリ助)
だけど・・(相談者)

うん・・(相談者)
そうですかぁ。(ドリ助)

これ相当旦那さん、仕事のストレスかなんか、溜まってんじゃないのかなぁ?(ドリ助)

そうですねぇ、まぁ、ちょっと、ずーっと、休み・・が・・2週間近く、ちょっととれない・・時期っていうのもあってぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリ助)

まぁ、寝る時間は取れたんですけれども。(相談者)
うん・・(ドリ助)

ん、寝ても、ちょっと興奮して寝られない(笑)・・ような、夜があったとかぁ・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)
なんてことは・・(相談者)

あ、自分でも言って・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

え・・なんかこう・・(相談者)

十分寝られてないっていうのは・・一つあるかなぁ・・ってことは、言ってたんですけど。(相談者)
ウーーン・・ウーーン・・(ドリ助)

でぇ、あなたにとってショックなのは・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
こういうことが初めて起きたっていうこと?(ドリ助)
そうですね、あと、この・・先も・・(相談者)
うん・・(ドリ助)
なにか、やっぱり、こう仕事忙しかったりっていうことが・・あると思うんですけど。(相談者)
はい。(ドリ助)

そういう時にも同じような、症状になるというか、隣でぇ・・寝ていて・・(相談者)

こう、突然に(笑)・・なんて言うんでしょう?こう、まぁ・・(相談者)

・・

あの、本人は意識ないですけど、暴力みたいなことが・・(相談者)

ある・・とは、ちょっとやっぱり、こっちも隣に居るのが怖いなぁ・・っていうのが・・(相談者)
うーん・・(ドリ助)
あってぇ・・(相談者)

それが今・・目下の不安なのねぇ?(ドリ助)

そうですねぇ・・この人・・これからもこうやって叫んだり蹴ったりしてくるんじゃないかしらと。(ドリ助)
ウン・・(相談者)

はぁい・・(相談者)
・・
ちょっと立ちいったこと聞きますけどねぇ・・(ドリ助)
はぁい。(相談者)
ま、結婚して半年ということでぇ・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)

え・・ご夫婦ですからねぇ。(ドリ助)

うん・・(相談者)
夜、こう・・スキンシップあるでしょう?(ドリ助)

はぁい。(相談者)

その日もスキンシップあった?(ドリ助)

いや、な・・かったです。(相談者)
なかった?(ドリ助)
はぁい、ウーーン・・(相談者)
普段、どうですか?寝てる時以外に・・(ドリ助)

はい。(相談者)
旦那さんが、変な、こう、例えば、ご飯食べてる時に叫ぶとか、そういうことないんですか?(ドリ助)
あっ、いやそういうのは・・(相談者)
そういうのはないんですね?(ドリ助)
まったくないです、はぁい。(相談者)
じゃあやっぱりこれ、夢ですね。(ドリ助)

ウーーン、だと思うんですけれども。(相談者)
うーん・・(ドリ助)
はぁーい・・(相談者)

いやぁ・・(ドリ助)

あのねぇ・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)

ありますよ、あのぅ・・(ドリ助)
ああ、そうですか(笑)・・ウーン・・(相談者)
ええ、わたしあのぅ、昔・・20代、放送作家という・・(ドリ助)

仕事してましてねぇ。(ドリ助)

はぁい。(相談者)

性格の悪いディレクターについた時期、ありましてぇ。(ドリ助)
ふふふふ・・はぁい(笑)。(相談者)
もう、毎日、イジメのような・・(ドリ助)
ウーン・・(相談者)
時があったんです。(ドリ助)

ウーン・・(相談者)
その夜はもうねぇ・・(ドリ助)

うなされてぇ・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
横に寝てた人話だとねぇ・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
一生懸命、あのぅ・・(ドリ助)

宙空を殴ってるらしいんですよ。(ドリ助)

ああ、ああ、あ(笑)・・そうなんですねぇ(笑)・・(相談者)
ずーーっと、うめきながら・・(ドリ助)
ウーン・・(相談者)
でぇ、ねぇ、男・・(ドリ助)

まぁ、それ、男女関係ないかもしれませんけども。(相談者)

はい。(相談者)
こーれ、仕事の・・(ドリ助)

場で、こう、受けたストレスとかが・・(ドリ助)
うーーん・・(相談者)
夜、出て来ちゃうことあるの。(ドリ助)

うん・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

・・

でぇ、あなたは、旦那さんが、叫んで、蹴ってくるまでは・・(ドリ助)
うん・・(相談者)
100%信頼していたのに・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)

ちょっと夜は怖いな・・この人の、そば・・に、居るの怖いな・・って感じになっちゃった?(ドリ助)

やっぱり、あのぅ・・彼が、その、意識のないところで動いてしまうとかっていうのは・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

ちょっと怖いなぁ・・っていう・・のは・・感じます。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
これぇ・・ねぇ・・どう考えますかねぇ?(ドリ助)
うふっ(笑)・・うふふふふ・・(相談者)
・・
うーーん・・(ドリ助)
そうです(笑)・・(相談者)
うん・・(ドリ助)
でぇ、あのぅ・・一応・・(相談者)

病院の方にも・・かかってみたいということでぇ・・自分で、あの予約・・を入れてくれていてぇ・・(相談者)
あっ!病院?(ドリ助)

はぁい。(相談者)

これでもねぇ・・(ドリ助)

うん・・(相談者)
一回だけですよねぇ?(ドリ助)

あっ・・(相談者)

二日ぐらい前にも、実は・・(相談者)
あっ・・(ドリ助)
あ、あの夜中に・・(相談者)

右足が・・(相談者)

ふと目が覚めたら、右足が宙に浮いて(笑)・・なんかこう、足を上げてるような状態でぇ・・(相談者)
右足、宙にあげて寝てるんですか?(ドリ助)

右足をこう、ふ、ふり・・振り上げちゃったというか・・(相談者)

うん(笑)、なんかねぇ・・(ドリ助)

ふふっ(笑)・・(相談者)
あのぅ(笑)・・(ドリ助)

あなたすごく悩まれて電話掛けて来られたんですけど。(相談者)

はぁい。(相談者)
右足あげて寝てる旦那さんのこと考えると・・(ドリ助)
ふふふ(笑)・・(相談者)
なんか(笑)・・(ドリ助)
そんなこともないですよね(笑)、はぁい。(相談者)
笑えてきちゃうんですけど、ごめんなさい。(ドリ助)
うふふふふ(笑)・・はぁい、いえいえ・・(相談者)
まぁ、でも、その、安眠できない・・ですよねぇ。(ドリ助)

そうですねぇ・・(相談者)
今度は、何が来るかと。(ドリ助)

うん・・(相談者)
いやぁ、今日の先生、どんなふうにお答えくださるでしょうか?(ドリ助)
うふふ・・はぁい。(相談者)
紹介致します。(ドリ助)
はい。(相談者)
三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。よろしくお願いします。(ドリ助)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 人生経験が乏しい人からの相談でしたね。
    回答者のコメントも常識的なもの。
    相談者も納得できたようでメデタシ。

  2. 加藤先生リスペクト

    妻は寝相の悪い夫のキックが飛んでくるかもしれないので隣で寝るのが怖い ← キックが飛んで来ない位置に物理的に布団を離した方が安心なのでは?
    うなされる程のストレスに対する夫の心のケアは、無防備な就寝時のキックに怯える妻の不安とは別に考えたほうがよさそう。

この記事にはコメントできません。